« N1 Grid Technology Architecture Overview | トップページ | First snow of the season is the last snow for me at Sun. »

2004/12/29

Charity Coffee

※これは以前のブログサイトに掲載されていた記事を移行したものになります。

 Sun Japanでは、社内にベンダーマシンが例えば用賀オフィスであれば各階に1つ、溜池山王オフィスであればお客様用のオープンスペースと社内用にいくつか設置されております。アイスコーヒーなんかだとベンダーカップ1杯で50円程度かかるんですが、ホットコーヒーは無料で社員は飲むことができます。ちゃんとした理由は知りませんが、むかし聞いた話ではUS Sunのオフィスではコーヒー、紅茶の類はブレークルームにコーヒーポットや各種ティーバッグとお湯、ホットチョコレートなどが置いてあり、勝手に飲み放題になっていますが、日本では全部ってわけにもいかないのでコーヒーだけは同じようにベンダーマシンのものを社員に無料で飲めるようにしているとのことです。

 で、今日は別にコーヒーがタダで飲める話をしたいのではありません。ここに目をつけて、ささやかながら社員一人一人に対し、大きな負担なくボランティアに取り組んでもらえるように考えたSun Japanのボランティアグループについてです。

 どの会社も多かれ少なかれボランティア活動やってるところは少なくないと思いますが、Sun Japanでもこうした取り組みは行われており、サン・ボランティアグループは、毎年必ずやってくるWorldwide Volunteer Week期間中でのボランティア協力やその他の取り組みを通年で行っており、現在はケビンさんという方がオーガナイザーとしてグループをまとめられております。

 Sun Japanが最初にこうした取り組みを始めたのは確か1996年からだったと思いますが、それ以降、本社用賀オフィスのある世田谷区で世田谷ボランティア協会の依頼を受けてヘルパーをしたり、養護施設などへの訪問とイベントの企画、海外出張などで余ってしまった各国外貨コインを集めてのユニセフへの募金など、地道ながら着実に継続して活動をされています。

 で、今回は新潟県中越地震によって被災された方々への支援活動として、ボランティアグループがチャリティ・コーヒー・プログラムを社内向けにはじめました。つまり、ボランテイアの一環として日頃社員が利用しているベンダーマシンにチャリテイ用のコーヒーを設定したのです。現在、ベンダーマシンでは2種類のコーヒーが無料で提供されているのですが、そのうちの1つを チャリテイ用に20円で販売し、集まったお金をしかるべき団体を通じて被災地へ寄付するというものです。

 今回に限らず、こうした天災による被害を受けられた被災地の方々に何かしてあげられたらと思う反面、何をどう具体的にしたらよいのかわからない、あるいは自分ひとりでできることは限られているしなかなかそうした時間も作れない等で行動に移すことができない人も多いのではないかと思います。このプログラムは、そうした人たちでも参加可能で、しかも大きな負担にはならずに小さな思いやりをひとつずつ集めて形にしていこうという取り組みです。また、あくまでもボランティアですので、強制にならないよう通常通り無料提供可能なコーヒーも残しているところにも配慮がされています。
 一杯20円ではたかが知れていると言われればそのとおりですが、一人一人では思いを形にできないものを集めてひとつの形にして被災地への支援に加われるということに意義があると思いますし、仮にこうした取り組みを他の会社でも行えたとしたら、全体で集まる金額はそこそこになるでしょう。支援の形はお金の寄付だけではないですが、被災地にとって復興のための資金は少しでも多く必要だと思いますし。

 ほんとうは、こうしたボランティア活動を行っていることをあまり外に向かって出すべきでないのかも知れません。売名行為に思われてもボランティアグループの方々は不本意でしょうし。ですが、私は同じ会社にこのようなすばらしい取り組みを地道にコツコツと続けている方々がいるということを同じSunの人間として誇りに思いますし、Sunがそういう会社だからと言うことではなく、むしろ、日々の業務の合間をぬって休日などにボランティア活動をされているこうした方々がSunを支えている、だからSunが素晴らしい会社であり続けられるのではないかと思うのです。

 ちなみに私はボランティアグループには参加しておりませんが、コーヒー中毒なのでこのチャリティには大いに参加させていただきました。好きなコーヒーを普段どおり飲んでるだけで支援活動に参加できるのは喜ばしいことだなぁと思いながら、約1ヵ月の期間中、毎日4杯、続けさせていただきました。

 ボランティア活動に参加できる機会を与えてくださったサン・ボランティアグループの方々に、この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

|

« N1 Grid Technology Architecture Overview | トップページ | First snow of the season is the last snow for me at Sun. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/2452349

この記事へのトラックバック一覧です: Charity Coffee:

« N1 Grid Technology Architecture Overview | トップページ | First snow of the season is the last snow for me at Sun. »