« 2005年はグリッド関連マーケティング予算増 | トップページ | 病に侵される私 »

2005/01/24

Solaris 10 への Application 対応状況は?

 今日の IT Pro に米 Sun の社長兼 COO のジョナサン・シュワルツが米 IBM のサミュエル・パルミザーノ宛に IBM が自社ソフトウェアの Solaris 10 対応に積極的でないことを批判し、顧客の声にしたがって対応するよ強く要請した旨の手紙の内容を自身のブログに掲載したとの記事がありました。

 言わんとすることはよくわかりますが、それを IBM がやらないからといってブログで書簡を公開してるあたり、逆に Sun の方にはこれぐらいしか手がないのかなと思わされてしまいました。結局、IBM に「現時点では Solaris 10 上での需要がそれほど見込めない。」という言い訳をされても覆せるだけの材料がないゆえ、ブログに公開し世論に訴える形で Porting を要請するしかなかったのかと。。

 個人的には Solaris はいい OS だと思います。好きだし。他の UNIX OS と比較してもそうですし、Linux なんか(なんかって言ったら怒られちゃいますが) Solaris が何年も前に実現してるようなことを今一生懸命インプリしてわけですし(ただ、当時の Solaris よりも数倍早いスピードで機能拡張されてるとは思いますが)、持てる機能と成熟度から言えば Solaris は非常に優れた OS であり、その最新リリースの Solaris 10 は x86 プラットフォームにおいても SPARC 版と同様に最新の機能を同時に提供されているため、x86 ユーザーであっても Solaris 10 の機能をフルに活用することができるワケです。

 たかが OS、されど OS なのが Solaris ですが、一方で所詮 OS というのもまた真理。どんなに優れた OS だからって、それだけではユーザーにとってなんの役にも立たないのはご承知のとおり。アプリケーションがあってこその OS なのですが、IBM に Porting せざるを得ないようにするためには、Solaris 10 が x86 プラットフォーム市場において、ユーザーに支持される OS、今後インストールベースが確実に伸びていく OS であることを Sun が示さなくてはならないですよね。

 UNIX OS 上で稼動するアプリケーションでは、圧倒的な対応アプリケーションが存在する Slaris ですが、それは SPARC 版での話で、x86 プラットフォームではとても SPARC 版にはおよびません。Solaris 9 の時にいったん x86 版をやめてしまったツケですが、今後 RISC サーバーのシェアは下降傾向にあることはどの調査会社も言っていますし、CPU やメモリの性能向上により、大規模な SMP マシンもそうは必要なくなっている今、Solaris の主戦場は x86 サーバーに移るわけですが、ここでは既に Windows と Linux 相手に出遅れており、必然的に動くアプリケーションも少ない。

 ブログに載ってた Solaris 10 対応を表明している ISV はどれも IBM とぶつかる製品を持ってる会社ばかりなので、減少傾向とはいえまだまだ大きなインストールベースを持つ SPARC Solaris に対応するのは当然ですし、x86 Solaris にも対応を表明してるベンダーもあります。

 そう考えると、企業である以上、でこれからインストールベースを奪える可能性が高い OS に対し、 わざわざソッコーで対応してくれるワケないですし、まして x86 Solaris に至ってはますますしないような。。。Power 5 で ロックインしようとしてるともありましたが、Power CPU は Power.org で少なからずオープンになっちゃいましたので、今後は Sun もあんまりいえなくなるんではないでしょうか(SPARC も似たようなもんでは?)。

 長くなりましたが、Sun には IBM の牙城を崩すべくがんばってもらいたいですが、ブログで批判するよか IBM のソフトウェアと競合製品を持つ ISV と結託してベンダー・ロックインの IBM に真っ向からケンカをふっかけるとか、Solaris の成長性、市場優位性を証明して IBM に対応せざるを得ない証拠を突きつけてユーザー全部味方につけるとか、口ゲンカじゃなくてバトルしてほしいですね、昔みたいに。それか、どうしてもやってほしいけど定量的に証明できないならポーティング費用負担して、x86 プラットフォーム上でのソフトウェア・ライセンス料の売上をいくらかコミットしてでも IBM にやらせるとかしてもらいたいものです。

 最近、なんでもかんでもブログからこういう話が出てきますが、そればっかりが目立つってのもどうかなーと思っててこんな感想を書いてみました。

 きっと、これ見て文句言いたい人とか、お前はワカッテナイみたいなこと言いたい人もあるでしょうけど、これは私が率直に思った感想文なのでお許しを。

でも私はこう思うなんてのはゼヒ聞いてみたいですね。

|

« 2005年はグリッド関連マーケティング予算増 | トップページ | 病に侵される私 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/2680405

この記事へのトラックバック一覧です: Solaris 10 への Application 対応状況は?:

« 2005年はグリッド関連マーケティング予算増 | トップページ | 病に侵される私 »