« Oracle 10g World 2005 | トップページ | 牛丼統合 »

2005/02/26

豚丼

吉野家に数年ぶりに行きました。

最後に行ったのは日本でではなく US は San Diego よりやや北の La Jolla に出張したとき。
Kearny Mesa の Convoy St 沿いにあった吉野家で食した牛丼が最後です。

ホントに牛丼はないんですね。当たり前ですが。
味が変わるので従来の材料が手に入れられるようになるまでは販売しない方針というのをきいたことがありますが、ホントは出したいでしょうし、出せばそれなりに売上もあがるだろうに、頑張っているなーと思います。

で、牛焼肉丼と豚丼を見て考えた末、牛丼に雰囲気が近そうな豚丼を注文しました。

牛焼肉丼も良さげでしたが、焼いてるわけなので煮込んだ味とは違うだろうなと。で、豚丼の方は豚肉ではありますが、煮込んで作っているような感じだったので、牛丼を偲ぶことができるかと思いまして。

食べてみて思ったのは、まあ、当然牛丼とは味も食感もちがうのですが、ツユがしみ込んだゴハンをほうばるとその味には、たしかに牛丼の面影を感じることができました。

もひとつ思ったのは、豚丼の雰囲気、日本の牛丼というよりも US で食べた牛丼を思わせるような色合いと味でしたね。そもそも US で牛丼食べてたときも日本の味とは全然違うのがわかってるんですが、それでもゴハンをふくめて和食系が食べたくて通ってたというのがあります。つまり、本来の牛丼の代替品として食べてたわけです。

そのときのことを思い出させるような味でした。

別に十分おいしくいただきましたし、まあ安いし、早く出てくるし、ちょうどオフィスから Oracle 10g World の会場に移動中で時間がなかった私には重宝な食べ物でした。

でもやっぱり日本の吉野家の牛丼、食べてみたいですね。

|

« Oracle 10g World 2005 | トップページ | 牛丼統合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/3080777

この記事へのトラックバック一覧です: 豚丼:

« Oracle 10g World 2005 | トップページ | 牛丼統合 »