« 今日で終わり | トップページ | 早起き »

2005/03/01

Grid って何ですか?

先週 2/24, 25 の両日、Oracle 10g World に行ってまいりました。

ホントは一般入場者として色々なセッションに参加したかったのですが、日々のお仕事に追われて会場には朝からいくことができず、結局は自分に割り当てられた時間に会場に行って、Enterprise Grid Alliance のブースでスタッフとして立っていただけで終わってしまいました。

そんなわけで私の Oracle 10g World は2日間延べ4時間程度で終わってしまいましたが、印象に残る出来事もあり、それなりに有意義ではありました。

印象に残ったことのひとつに、EGA のブースにいるときに何人かの来場者の方から同じような質問をされたというのがあります。それは、

 「グリッドって、何ですか?」

というものです。全くグリッドという言葉自体をご存じない方もいらっしゃいましたが、ここ数年グリッドという言葉だけは広く知られるようにもなり、ほとんどの方は漠然とでもグリッドに関する知識もお持ちのようでしたが、グリッドという言葉の定義が人あるいはベンダーによってまちまちで、何をもってグリッドというのかわからないというのが共通の疑問点でした。

そして今回はイベントが Oracle 10g World だったので、Oracle のグリッドとは何なのかという質問もいただくことが多かったです。

ご質問いただいた方々には大変申し訳なかったのですが、ワタクシは EGA のスタッフとして参加していたので、Oracle 社のグリッドに対する定義、考え方や取り組みをご説明するわけにはいきません。なので、隣のブースの Oracle 社の社員の方に振ってしまいましたが、決して冷たくあしらったワケではありませんので、どうかご容赦いただきたく。

ちなみに、グリッド協議会では、グリッドの定義としてこのように定義しています。

グリッドは広域ネットワーク上の計算、データ、実験装置、センサー、人間などの資源を仮想化・統合し、必要に応じて仮想計算機(Virtual Computer)や仮想組織(Virtual Organization)を動的に形成するためのインフラです。 また、米アルゴンヌ国立研究所兼シカゴ大学のIan Foster氏は、以下の三つをグリッドのチェックリストとして挙げています。
  • 集中管理されていない分散した資源のコーディネート
  • オープンスタンダードなプロトコルやインターフェースの利用
  • 単純には得られない質の高いサービスの提供

以上、グリッド協議会 HP より抜粋

最初の部分の説明だけだとやはり如何様にも解釈できてしまうので、やはりよくわからないということになるのかも知れませんが、Ian Foster のチェックリストを条件として加えると多少絞ることができるのではないかと思います。

まだちょっと続きを書こうと思ったのですが、昼休みが終わったのでとりあえずここまで・・・

|

« 今日で終わり | トップページ | 早起き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/3124738

この記事へのトラックバック一覧です: Grid って何ですか?:

« 今日で終わり | トップページ | 早起き »