« はふー、ねむい・・・ | トップページ | トイザらス »

2005/03/04

Grid って、何なんでしょうね。

この記事で記念すべき100個目の記事になりました。いやー、我ながら頑張って続けてますね。

さて、 Oracle 10g World が終わって1週間になりますね。

ちょっと前に「Grid って何でしょう」というのを書きましたが、それの続きの前にとして Oracle 10g World の期間中に、Enterprise Grid Alliance の出展ブースで得られたことのサマリを簡単に。

[ EGAブースでの来場者の反応、感触など]
- EGA の認知度はまだまだ。知ってる人は全くと言っていいほどいなかった。
- GGF のことも知らない人が多かった。
- 「グリッド」に対する認知度、理解もさほど浸透していない模様。
- 「グリッド」という言葉自体は割と浸透しつつある。
- ごくまれに「グローバルグリッドでは、セキュリティが心配ですよねぇ」など尋ねられて、EGAのWGの紹介につなげられた来場者にも遭遇。

EGA はともかく GGF もあまり知られてないというのは、イベントが Oracle というデータベース中心のミドルウェア・ベンダーのものということで、客層が情報システム部門あるいはビジネス系IT関連の方が多かったからではないかと想像しました。

「グリッドとは何か」という質問についても、漠然とした質問が多かったことから、言葉そのものは割と知られてきているものの、まだまだ何者なのかは知られてないという感じです。これが研究・開発者や High Performance Technical Computing 系のイベントだったりすると、多くの人にとって「グリッドとは何か」というフレーズは「疑問」ではなく「テーマ」「主張」につながるもので、ヘンに答えようものなら「いや、グリッドとはそうではなく、かくあるべき」とか逆に持論を展開されちゃったりして、こちらも勉強になったりすることもあります。

団体としての当面の課題は、やはり認知度を向上させていくというこですね。この課題に取り組むことで、会社での業務とはまた少々異なる、「非営利団体のマーケティング」というものを学ぶことができそうですが、ここはやはり師匠の助言が必要と感じる今日この頃。

師匠、そろそろ一度、いかがでしょうか?(ククククイっと)

あれ?なんの話だったか・・・

そうそう、グリッド。

再びグリッド協議会の HP から・・・「グリッドとは」

グリッドとは、電気を伝える高圧送電線網(パワーグリッド)に由来しています。 コンセントに差し込めばいつでもどこでも必要なだけ電力が得られるように、情報コンセントに接続するだけで、ネットワークを通して、安全に・安定して・安易に様々な情報サービスを享受できるようにするための次世代インフラです。 ここで言う情報サービスとは、シミュレーションや数値演算処理だけでなく、データベースに収められたデータの分析、蓄積された知識の参照、観測装置の操作と測定値の読み取り、会議室における映像や音声の発信と受信など、様々な資源の利用が該当します。


「安全に」・・・・セキュリティ面での配慮がある
「安定して」・・・必要な時に必要なだけ仮想化された資源が提供可能
「安易に」・・・・ネットワークの向こうで起きていることをユーザは気にすることなく情報サービスへのアクセスが可能

なるほど。

つまり、ネットワークを介してコンピューティング・リソースあるいはサービスを利用でき、認証・セキュリティ上の仕組みが存在し、必要な時に必要なだけリソースを利用者に供給する機能を持たせ、そのリソースを利用する際に、そのリソースがどこからどのように提供されているかは利用者(ユーザーあるいはクライアントなど)は意識する必要がない(利用者に対してシステムの物理構成・ロケーションなどを仮想化し、唯一目にするのは「情報コンセント」の相当するインタフェース - ブラウザなど - のみ)ということを実現できるコンピューティング基盤であればよいと。

そう考えると Oracle 10g Database も立派にグリッド・コンピューティング環境を実現可能なミドルウェア(このソフトウェアだけで全部実現できるかどうかはあまり関係ないです。足りないところがあれば、他のソフトウェアと連携して実現できればいいので)と言っても良いのではとワタクシは思うのであります。たとえ実態が Real Application Cluster(RAC) であっても。Ian Foster の定義を加えると少々びみょーになってくる気はしますが。

某ベンダーの人で、「Oracle のは RAC であってグリッドなどではない。」なんて言ってたりするの聞いたことありますけど、ユーティリティ(電気、ガス、水道など)のように使えるコンピューティング・リソースの提供が可能な機能・テクノロジを実装しているならば、大きな意味でグリッドと言ってしまって良いとワタクシは考えています。

うーん、長いだけであまりしっかりした結論には至らなかった今日の日記でした・・・

|

« はふー、ねむい・・・ | トップページ | トイザらス »

コメント

行きましょう、といいたいところなのですが、来週出張で帰国してからでいいですか??

投稿: ひで | 2005/03/04 19:21

ししょー、さっそくのお返事恐縮です。
お帰りをお待ちしていますので気をつけて行ってらしてください。

あ、くれぐれも食べすぎ飲みすぎには気をつけてください。

チキンライス、フィッシュヘッドカレー、チャー・クウェイティエオなどなど・・・

ゆーわくに負けないでください。

投稿: あびぃ | 2005/03/05 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/3162724

この記事へのトラックバック一覧です: Grid って、何なんでしょうね。:

« はふー、ねむい・・・ | トップページ | トイザらス »