« グリッドにおけるソフトウェアライセンスの問題 | トップページ | たこ焼き機 »

2005/03/20

Mixi を楽しむ

最近始めたもののひとつがこのブログですが、もひとつ、ソーシャルネットワーキングサイトにも入ってみました。
いまはMixiGree、それから米国の方のあるサイトの3つに参加していますが、現在はMixiを中心に遊んでいます。

「友達の友達は・・・」的な感じで、ネット上で知り合いを増やす、あるいはテーマ別に作られた様々なコミュニティに参加して共通項を持つ人たちと知り合いになって交流を広げていくことができる。ってゆーのが良いところなんでしょうね。

でも個人的には、ネット上で知り合う人たちと、まったく面識もないまま先々も付き合えるような関係は築けないと思うし、実際会わないことを前提にしたままの交流を続けるという気もないので、いっときメールなどでやり取りはあってもそれが続くことはホントにまれです(でもゼロじゃないところがまた面白いですが)。

でも中にはそこから進展して、実際にお会いすることになって付き合いが広がっていく場合もありますよね。こうなると、ほとんどは一時的な挨拶と交流で終わる中からそれ以上の交流につながった貴重な関係なので、逆にかなりハッピーな気分になれたりします。

それ以外に、私は検索機能を使ってその時々の気分で適当に条件をつけて検索したりします。で、そこに表示された方々のページを無作為に選んで足あとつけにいくのですが、これがかなり楽しめます。

必ずしもホントのことをプロフィールに書いてるとは限らないので、どこまで信用するかはこちら次第なんですが、それでもこうしたプロフィールを見ていると、およそ自分の日常の範囲ではお目にかかることのできない職業の人や、趣味を持ってる人、まったく違う考え方(反対の考え方ではなく異質で対極にもいない考え方)を持ってる人などに触れることができます。

また、そうした方々が参加されているコミュを見ると、これまた自分が聞いたこともないテーマのコミュニティとかを見つけることができ、そこをちょっとのぞいてコメントが書かれているトピックをみたりしてると、これまたいろんなテーマや意見、知識を得ることができて、ちょっとの間だけ、ネット上の仮想現実の世界ではありますが、非日常の世界の表面に触れることができて、いい息抜きになってます。

こんな感じで楽しんでます。
ネット上のお付き合いから現実世界のお付き合いに至るまでの過程では、自分で色々サイトの中ををめぐって楽しんでるのもいいし、自分でいろんなリスクを判断しながらも少しずつ交流を図っていって、最終的に現実世界でのお付き合いにまで辿り着ける人に出会えた時の嬉しさはまた格別です。

そんなわけで、飽きるまではしばらくソーシャルネットワーキングサイトの住民でいようと思う今日この頃です。

|

« グリッドにおけるソフトウェアライセンスの問題 | トップページ | たこ焼き機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/3364509

この記事へのトラックバック一覧です: Mixi を楽しむ:

« グリッドにおけるソフトウェアライセンスの問題 | トップページ | たこ焼き機 »