« 今が耐えるとき・・・かな | トップページ | 「きしだ なおき」氏のお話 - Java Computing 2005 Spring その2 »

2005/03/13

NetBeans かぁ・・ - Java Computing 2005 Spring その1

も、終わっちゃった話ですが、3/10, 11と六本木アカデミーヒルズで開催されていた Java Computing 2005 Springに参加してきました。これまでJavaとは遠く離れてお仕事してましたが、今の仕事の関係で少々勉強する必要がでてきたため、先日の丸山セミナー参加に続き、本業でアップアップな状況ではありますが無理して行ってきました。

主には仕事に関係のあるセッションでの情報収集が目的だったので、初日はBEAのDIABLOとProject QuickSilverの2つのセッションに参加。2日目はIBMの午後のセッション枠ぶち抜きトラックで”US発最新情報 - 「SOA徹底解剖」”というテーマでIBMの考えるSOA戦略の話を聞きました。

で、2日間で一番楽しかったセッションは、初日に聞いたA-3セッションの「ワイルドに、巧みにあやつるタイガー、J2SE 5.0(Tiger)とJ2EE 1.4 対応オープン ソースIDEの実力 - NetBeans 4.0日本語版いよいよ登場!」でした(つーか、タイトル長すぎ!)。

これは主催企業である Sun のセッションだったので一番大きな部屋でやったんですが、 その部屋の中の雰囲気は昨年6月にサン・フランシスコで開催されたJava Oneの基調講演をやった会場をすんごくこじんまりさせた感じでしたが、スクリーン4台使って参加者用の座席を横に大きく広げた感じで、ちょっとUSのセミナーっぽい感じがしました。

Sun の社員の方2人とフリーのプログラマーでNetBeansの愛用者でもある、その世界じゃ知られている「きしだ なおき」氏の3人でセッションを展開してました。

最初にSunの社員の方が、簡単にデベロッパーを取り巻く状況を説明し、NetBeans 4.0 日本語版の機能概要とEclipseとの比較対象を簡単に説明しておりました。NetBeans 4.0 日本語版の特徴は以下のように説明がありました。

・Apache Antベースのプロジェクト管理システム
・リファクタリング
・JDK 1.5(Tiger) サポート
・Web Application 開発の効率化
・モビリティ
・デバッガーの改善
・ウィンドウ周りの改善

また、Eclips との比較も簡単にではありますが盛り込まれてました。

でも個人的には、それよりも「きしだ なおき」氏の話が面白かったです。
その内容とは。。。

つづく・・なぜなら今とっても眠くてこれ以上書けないゆえ・・・

|

« 今が耐えるとき・・・かな | トップページ | 「きしだ なおき」氏のお話 - Java Computing 2005 Spring その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/3275487

この記事へのトラックバック一覧です: NetBeans かぁ・・ - Java Computing 2005 Spring その1:

« 今が耐えるとき・・・かな | トップページ | 「きしだ なおき」氏のお話 - Java Computing 2005 Spring その2 »