« 日本IBMが大規模データグリッド構築 | トップページ | Mixi を楽しむ »

2005/03/19

グリッドにおけるソフトウェアライセンスの問題

451 Groupによる調査で、グリッド・コンピューティングの普及に既存のソフトウェアライセンスモデルが妨げになっているという記事です。

この問題はずいぶん前から指摘されているものなので、問題提起の意味では新しくもなんともないですが、あらためて調査結果に基づく記事を見てみると、当時からほとんどこの問題について進展してないというのが印象ですね。

既存の大手ソフトウェアベンダーが売上減に繋がるこのライセンスモデルの変更をするとしたら、それを補う新たな収入源やビジネスモデルを確立するか、フォロワーによる戦略的ライセンスモデルが市場に受け入れられて無視できない影響をおよぼしてくるとか、あるいは既存のサービスを提供可能な商用利用でも無料のオープンソースソフトウェアの出現による脅威でもこない限りないような気がします。

|

« 日本IBMが大規模データグリッド構築 | トップページ | Mixi を楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/3353288

この記事へのトラックバック一覧です: グリッドにおけるソフトウェアライセンスの問題:

« 日本IBMが大規模データグリッド構築 | トップページ | Mixi を楽しむ »