« カゼに違いない | トップページ | いぶきくんの子守唄 »

2005/03/22

初タコヤキ

980円のタコヤキ機続編です。

で、買ってきた次の日、すなわち昨日になりましたが3/21の月曜日、お昼ゴハンの代わりにタコヤキパーティにしました。

初めて作るタコヤキ、見よう見まねでネタをつくり、まずはやってみることに。油を塗ってとりあえず流し込んで具をいれます。用意したのは、チーズ、たこ、天カス、紅しょうが、コーン。チーズとたこは一緒に入れないようにして、それ以外は必ず入れるようにしてみました。

takoyaki4

竹串を使って回すのですが、これがまた難しくも楽しい。うちのこぞーも必死こいてやってました。

takoyaki5

初めてにしては良い色合いに・・・
わりと有名な「銀だこ」という店ではこの段階で油をだーっと引いて、表面を揚げたような感じにしてカラッとさせるのが特徴ですが、うちではやりませんでした。

takoyaki6

完成!
なんか、それっぽくていい感じ。

takoyaki3

食べても結構ウマイ。いやー、初めてにしては形になってたのでよしとしましょう!

とはいえ、次回はもっと上手に作りたいと思うのですが、どうもコツとかわかりません。タコヤキ上手にできる人(大阪出身の方とか)からアドバイスもらいたい感じです。

最後は油で表面をカラッとやった方がいいんでしょうか。それとも、他にここは重要みたいなポイントがあれば知りたいす。

あと、今日は材料がお好み焼きと似たようなもんだったので、ソースは「おたふくソース」で食べたのですが、どうもワタクシ的には違うソースの方がいいような気が。。おたふく、ちょっと甘いかなーと。タコヤキといえばソースはこれだっ! みたいなのがあればこれも知りたい。。。

タコヤキ、なにげで奥深し・・・

あ、ちなみに、この日の夕食はお好み焼きでした。

|

« カゼに違いない | トップページ | いぶきくんの子守唄 »

コメント

うちでは、粉は、ニップンのたこ焼き粉を
ベースにしています。
http://www.nippn.co.jp/product/nippnokonomi.htm

ソースは、ちゃんと「おたふく たこ焼きソース」を
使いましょう(^^;)。

http://www.otafuku.co.jp/online/search_com_detail.asp?com_cd=159312&online_type=INIT

チーズ、コーンは邪道です。
「銀だこ」のように最後に油でカラッとするのも、
関西では見かけません。個人的には、ふわっと
仕上げるように頑張って作ります。

うちでは、タコや天カスを入れるタイミングで、
お醤油を入れてます。

嫁曰く「ホットケーキをたこ焼き器で作ると
鈴カステラができる」とのことです。

# レポート、お待ちしております(^^;)。

ちなみに、これは、昨年うちでおこなわれた
たこ焼きパーティの時の写真です。アップ
すぎて良くわからないと思いますが(^^;、ご参考まで。
http://blog.akapin.net/akapin/archives/2004/11/post_13.html

投稿: あかぴん | 2005/03/22 10:09

あ、どもども。ひさしぶり。コメントありがとう。

いやー、なるほど。やはりタコヤキあなどれず。

粉も「タコヤキ用」があるとは。私は知りませんでしたが、このコメント見て嫁に言ったら、知ってたらしいんだけど「タコヤキにも使える」って書いてあったので買うのヤメてお好み焼き粉を使ってしまったそうです。

そんなことではイカンということで次回は粉も専用でいきます。あと、ソースも「タコヤキ専用」ソースがあるとはおどろき。これも次回は購入してパーティに備えたいと思います。

コーンとチーズはなー・・・こぞーがタコ食わないんだもん。タコヤキなのに。タコヤキ作るとタコどけてヤキの部分しか食わない。

だもんでコーンとチーズ。ま、これは子供用の食いモンであってタコヤキではないということでよしとしましょ。

近く、第2弾を企画して実践にうつしてみたいと思います。

投稿: あびぃ | 2005/03/23 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/3388658

この記事へのトラックバック一覧です: 初タコヤキ:

» たこ焼き:曙橋吉田家 [スパナチョブログー]
一升瓶をかかえて市ヶ谷出社。今晩はなーさんちでたこ焼きパーリーだから。 しかし... [続きを読む]

受信: 2005/03/27 03:13

« カゼに違いない | トップページ | いぶきくんの子守唄 »