« 「きしだ なおき」氏のお話 - Java Computing 2005 Spring その2 | トップページ | ツイてないしネムい・・・ »

2005/03/14

ほわいとでぃ

いわゆる、「ほわいとでぃ」ってやつですね。

その由来はあっちこっちに書いてあるので、特にほわいとでぃに詳しくもないワタクシが説明するまでもないことですが、由来自体はそれなりの物語ですが、ホワイトデーという名前の由来はキャンディの販売促進を目的としたものなのでロマンもくそもありません。食い気です。

詳細は以下参照。

ホワイトデーは、バレンタイン司教の殉教からひと月後、その男女はあらためて二人の永遠の愛を誓い合ったという話に由来する。
ヨーロッパをはじめ、世界中の多くの人々に語り継がれ、「ポピーデー」「フラワーデー」「クッキーデー」「マシュマロデー」と呼ばれていた。
日本では、全国飴菓子工業協同組合の1978年名古屋総会において、全飴協ホワイトデー委員会を組織する決議採択が行われ、「ホワイトデー」と定めて1980年3月14日から始まった。
全国飴菓子工業協同組合は、キャンディーの販売促進が目的であったため、「キャンデーの日」にするという意見もあったが、将来的見地から見送り、関東部会で「ホワイトは純潔のシンボル。ティーンのさわやかな愛にぴったり」と「ホワイトデー」に決定されたもので、日本固有の呼び名である。
ホワイトデーが3月14日になった由来には、古事記や日本書紀から日本の飴製造の起源を拾ったとする説もあるが、後から付け足された由来であろう。
語源由来辞典-「ホワイトデー」より引用

とくにこれと決めてなかったので、帰宅途中に伊勢丹で2つ買いました。いずれも「横浜フランセ」というところのお菓子で、ひとつはマロングラッセ、もひとつはウィーンの方のお菓子に似せたようなミルフィーユのようなお菓子だったと思います。

なんで「思います」かと言うと、買った時はおいしそーに見えたので自分が食べたいと思うものを買ったんですが、時間がたつにつれ、どんなんだったか忘れてしまいました。で、家についてみたら、家族はみーんな寝てたので、奥さんに渡してもないのに自分で開けるわけにもいかず、その姿を思い出せないまま今に至っています。

最近、奥さんにはストレスのたまることが続いてて、結局先週末も仕事やら何やらで時間が作れず、約束してた2時間だけ買い物に行く時間を作ってあげるというのも守れませんでした。奥さんにしてみれば、その買い物も自分のためじゃなく家のことなんだけど、まとまった時間がないと選んだりできないのでということだったんですが。。。

そういうのが毎週積み重なっており、ストレスもたまるし計画したとおりに行かないから家のことも片付かないしで、結構メゲてるはずなんだけど、こぞーどもの前ではいつも明るく振舞っています。

ほわいとでぃでお菓子もらったからってストレスがなくなるわけでも仕事が片付くわけでもないんですが、きっと食べてるその瞬間だけは、ちょっとだけいい気分になれるんじゃないかと思って買ってきました。

「ゆっくり本よむ時間がほしいなぁ・・」って昨日の夜ぽつりと漏らしてたおくさん。もう、自分で好きなもの買い物に行くとかよりもさらに当たり前のことができなくて、ホントに普通のことをしたいっていう思いが伝わってきます。

なんとか今週こそは時間を作りたいと。
国立にはけっこう落ち着ける喫茶店とかオープンカフェもあるので、そこで2時間くらい、ケーキとハーブティとかでゆったりしながら本を読む時間を作ってあげたいと。。。

今年の「ほわいとでぃ」のプレゼントとして、「独りの時間」をあげられたらと思うのでした。

|

« 「きしだ なおき」氏のお話 - Java Computing 2005 Spring その2 | トップページ | ツイてないしネムい・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/3302193

この記事へのトラックバック一覧です: ほわいとでぃ:

« 「きしだ なおき」氏のお話 - Java Computing 2005 Spring その2 | トップページ | ツイてないしネムい・・・ »