« ジダンが地団駄 | トップページ | はしご車にのる »

2005/04/03

寝返り-その2(危険な匂いが・・・)

先日、下のこぞーが寝返りうてるようになったことを書かせていただきました。

できるようになったことで、ソファにおけないとか色々注意しなくてはといった内容だったんですが、もひとつ大事なことを思い出しました。

それは、自分の身を守らねばならんということです。
いぶきくんはようやく寝返りをうてるようになりましたが、ゆっくり動くことはできません。一生懸命手足をジタバタさせて、体を回そうとするんですが、なかなか回りません。なので、回る時にはぎゅーっとひっぱったゴムひも弾いた時のように、半身になるところまで回るとそこからなかなか先に回らないのが、タイミングが合うと一気にくるんと鋭く回転するするわけです。

そんな時、ジタバタしていた足は凶器と化すのです!
先日、いぶきくんの隣で横になりながらあやしていた私は、ついうたた寝をしてしまいましたが、強烈な一撃に目を覚ましました。のほほ~んと寝ていた私のノドモとに衝撃が走り、げほげほ咳き込むワタクシ・・・そう、ワタクシの喉元にはいぶきくんのかかとが食い込んでいたのです。

足をどけて起き上がってみると、いぶきくんのその姿は、まさしくカンペキなフライングニールキックを喰らわしたフィニッシュのポーズ。そう、この頃のあかちゃんは、うつ伏せから仰向けに戻るそのとき、自分の足を凶器に変えて我々を恐怖のどん底に突き落とすのです。

そして思い出した5年前のこと。。。

うえのこぞーの時にもフライングニールキックを食らいましたが、そのときはノドモとではなく目と目の間、眉間の2cmほど下の鼻の骨に、こぞーのかかとがネリョチャギ気味に決まり、くらった数秒後には鼻腔の奥の方で生暖かい液体がつつーっとつたうのがわかったぐらいでした。んで、さらに数秒後には赤いものがポタポタと。。。

死ぬかと思いました、鼻へのフライングニールキック・・・
めちゃんこ痛いし。。

これからしばらくは下の子ぞーと添い寝するときには、かかとパッドの入ってる靴下でも履かせておかないと、翌朝ベッドが血だらけになってたりしますんで、緊張感を持って接する必要があることを再認識させられました。。。

|

« ジダンが地団駄 | トップページ | はしご車にのる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/3549427

この記事へのトラックバック一覧です: 寝返り-その2(危険な匂いが・・・):

« ジダンが地団駄 | トップページ | はしご車にのる »