« うーん、、 | トップページ | 匍匐前進→ハイハイ→つかまり立ち→・・・ »

2005/06/09

ドイツW杯出場

決めましたね、ドイツW杯出場。

今日はあちこちのブログで同じネタでエントリがあふれることでしょう。

今日は仕事も早々に切り上げ家路に着きました。最近、サッカーを始めた上のこぞーに今日は日本代表の試合があって、勝つとドイツW杯本選に出場できることを説明し、帰ったら一緒に応援しようと言って家を出ました。家に着いてリビングに行くと、白い紙に赤い丸をクレヨンで書いたものが壁に貼ってありました。これで応援をするんだそうです。さすがうちの子。

ワタクシは小学校2年の頃から種目を問わず日本代表を応援している人間です。フランスW杯出場かけて戦っている時は、会社の自分のパーティションには日の丸の旗を張って応援してました。同じように日の丸を掲げて応援するこぞー。遺伝ですな。

スタメンを見る限り、随分と守備的なメンバーだなーと思ってました(三浦アツが出てなかったのが残念だった)が、今日は最低でも引き分けなんで、前半からいきなり失点なんてのは、何としても避けなくちゃならない試合だったので、しょうがないかなと。まあ前半は無失点でしのいだし、後半は大黒が鈴木に代わって入ってから攻撃がよくなってきて前半と違って得点が期待できるような雰囲気が出てきてましたよね。

色々と批判の多いジーコや日本代表。確かに前回W杯と比べてチームとしての上積みはあんまりないように見えないこともないですが、それでも随分と強くなったもんです。今回は8年ぶりの予選で、1次予選から苦戦続きでしたが、フランスW杯の予選の時なんかは、同じアジアの中で、韓国、サウジ、イランなどにも勝てそうな気にさせる反面、格下に足元すくわれる可能性も相当にあって、どことやっても安心して見てはいられないって感じでした。今は、格下には負けないって雰囲気も出てきましたし、何より以前の日本代表と違うのは技量は大した違いがなくても、試合終了間際まで点取ってくれるんじゃないかと思わせるような頑張りが見られます。実際、後半に結構点取ってますしね。

たしかにW杯本選ではその頑張りもどこまで通用するかってのはありますし、現状から上積みがないままでは前回のように決勝トーナメント進出は難しいかも知れません。が、批判はいくらでもできますが、それをわかった上でなお、ネガティブなことは一切口には出さず、試合に臨んでは前向きに応援するのがサポーターの心意気ってもんでしょう。

ところで、今日は最後まで持つかと思ってたんですが、最後にまた北朝鮮、やってしまいましたね。過去の歴史上のこともあるでしょうし、金正日からのプレッシャーもあるでしょうし。。。日本にはなんとしても負けたくない、負けられないってのはあるんでしょうが、でもね、なんで本来はホームゲームのはずだったのが第3国での無観客試合になってしまったのか、全然わかってないんじゃないかと思ってしまいます。

正直、日本に勝つためなら何でもやるような国ですが、勝つためであればまだしも、もはや北朝鮮自身が負けを覚悟せざるを得ないあの時間帯に、まるでタダでは負けないと言わんばかりのあの所業(ま、日本の選手もちょっと起き上がり方がワザとらしかったですが)。文句を言うならまだしも、2度3度とケリを入れたりスパイクで踏みつけにしようとしたり、あれが北朝鮮というものだといえばそれまでかも知れませんが、自分たちを貶め、その誇りも汚すようなことを何度も繰り返しやってしまうあの国にはW杯本選に行く資格はないですね。

韓国は同じように厳しく日本に当たってくるし、ガンガン削ってくるラフプレイもありますが、彼らには彼ら自身の誇りを汚さないで最後まで勝ちに行くというプライドと執念を感じます。なので、彼らがアジア代表のひとつとしてW杯本選に出場できたとしたら喜ばしいとも思いますし、日本が先に負けたとしても韓国にはアジアの力を見せつけて欲しいという気にさせられますが、北朝鮮に対しては全くそういう気にはなりませんね。前回のイラン戦の分も含め、あんな試合しかできないなら、もう出てこないで欲しいです。

北朝鮮には技量的にも人間的にも素晴らしいプレイヤーである安英学のような尊敬に値する優れた選手もいるというのに。イラン戦で激高する北朝鮮の選手の中で、一人冷静に仲間と審判の間に入って場を収めようとしていた彼の姿にこそ、最後まで勝利をあきらめない執念を感じました。短絡的に激高して審判小突いて退場くらったって、全然勝利になんか近づかないワケですが、それを一人わかっていて、その場を冷静に収めて次に集中することこそ試合をあきらめない姿勢であるし、最後まで勝利に目指すという強い意志の表れであると思うのです。

最後に、試合も観られないのにスタジアム近くまで行って応援をされていた300人とも言われているサポーターのみなさんには本当にお疲れ様でしたと言いたいですね。テレビからでもサポーターが会場の外から声援を送っている声、太鼓の音などがはっきり聞こえていました。

asahi.comの記事には、英字紙ネイションの記者のコメントとして、試合も観られないのに日本人はなんでこんなにやってくるんだ、というようなことが書いてありましたが、それがネイションの記者には100年たってもわからない、日本人の心意気、大和魂ってもんだと言ってやりたいです。

これでドイツW杯出場となりましたが、予選は予選、本選は本選で、選手もまた再び本選の代表メンバーに選ばれなくては本選には出られない、という競争もあるわけで、本選に向けての準備がまたすぐに始まるんですね。

何はともあれ、3回目のW杯出場、めでたいことです。
本選での活躍を祈願して、とりあえず祝杯です。

|

« うーん、、 | トップページ | 匍匐前進→ハイハイ→つかまり立ち→・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/4474196

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツW杯出場:

» 日本代表 ドイツW杯出場! [すりこ木日記]
よかったね〜〜〜。 まあ、日本中がこの話題で持ちきりなんだろうね。 私も息子の誕生日じゃなけりゃ仲間と居酒屋でTV観戦するつもりだったんだけどね・・・。でも、北朝鮮の連中はこのまま帰国したら収容所に送られるなんて本当か冗談か分からない噂があるけど、どうなんだろうか?独裁国家は嫌だね。 まあ、そんなことは良いとして、通信社からの引用です。 {/face_nika/}{/face_nika/}{/face_nika/} 日本、3大�... [続きを読む]

受信: 2005/06/09 00:46

« うーん、、 | トップページ | 匍匐前進→ハイハイ→つかまり立ち→・・・ »