« 今日の晩ごはん | トップページ | 3連休初日 »

2005/07/16

デュアルビュー液晶の使い道

昨日の朝、テレビでシャープが開発した「デュアルビュー液晶」のデモをやってました。記事にも出てましたね。

なかなか面白いもんで、1つの画面で2種類の映像を見る角度によってそれぞれ別々に画面全体で見せることができます。例えば、今テレビに向かってななめ左から見たとき、テレビの画面全体には野球中継が見えてたとして、そのまま右斜めの位置に移動すると野球中継ではなく、テレビドラマが見られるという具合です。

さすがは「液晶のシャープ」。

しかし、使い道はこれから考えるんですかね。
見る角度で違う映像が見られるので、リビングに1台置いて2人で見られるということはありそうですが、音は2つ出力を出してそれぞれがヘッドホンかなんかつけて聞くしかないですかね。

それに、ファミリーであっても一人で見たい、見られるときはあると思うんですが、昨日の感じだと正面から見ると映像がかぶるような感じで、正面からは見られないような感じでした。一人で見るときも端に移動して斜めからかぁ。。。

あと何があるかなー・・・使い道。

まあでも、他社にはない技術があるっていうのは、それだけで他社にはできない新しい市場開拓を起こせる可能性や、今までにないメリットを生み出す新製品を出せる可能性があるわけで、メーカーというのはこういう独自性は常に必要ですよね。

アタマの鍛錬も兼ねて、自分なりにデュアルビュー液晶の使い道ってやつを考えてみようかと思ってます。

|

« 今日の晩ごはん | トップページ | 3連休初日 »

コメント

見える角度で画像が異なるなら、宣伝表示に使うのが一番手近かな。
スペースの限られる車内の広告表示に使えば、1画面で2つの宣伝を流すことができます。

あとは"before-after"だとか、サッカーの試合をhome側・away側の両サイドから中継するとか、恋愛ドラマを男女の両視点から同時進行で放送するとか、お遊びの企画にはいろいろ使えそうです。

投稿: 某まとりくす担当者 | 2005/07/16 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/4989930

この記事へのトラックバック一覧です: デュアルビュー液晶の使い道:

« 今日の晩ごはん | トップページ | 3連休初日 »