« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005/10/31

本日

本日はお休みをいただいておりますが、仕事中でございます。

今日は年次特別休暇を取得しているんですが、これはいわゆる夏季休暇などにあたるもので、会社からいただいたありがたいお休みなんですが、有給休暇と違って翌会計年度に持越しができない休暇でございます。

で、忘れてたんですが、うちの会社、今月が期末でした。それを思い出したのが先週で、でも仕事も残ってたので、10/31はお休みとしつつもお仕事はおうちでしようと思ったわけです。

なので、今日は会社には行かず、家のことも少し手伝いながらこまごまとした仕事を片付けつつ、1日を過ごしてるような状況です。

天気、よくなって晴れてきたなぁ・・・

ちょっと、ヤセに行ってこようかな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/30

水の科学館

今日ではなく昨日の話。

例によってどっか連れてけといわれ、にもかかわらず出発が1時ごろになってしまい、ぶーぶー言われながらもおでかけしました。

場所はお台場周辺。

ついたのが2時半近くだったので、多くても2箇所くらいしか回れません。で、日本科学未来館に行くか水の科学館に行くか悩んで、上のこぞーに聞いたところ、水の科学館にいくことになりました。

水の科学館にはパーキングがないので、少し遠いけど東京ファッションタウンの駐車場にとめるのがホントなんですが、ワタクシの場合は下のこぞーが寝てしまってて車から降ろせないということもあり、そのへんに停めてしばらくは下のこぞーと一緒に待機してました。

水の科学館東京都水道局が運営する博物館みたいなもんで、入場無料です。

タダなだけにあんまりたいしたことないかと思ったんですが、こぞーは入館してからぜんぜん戻ってこなくて、車で1時間待ったけど結局戻ってくる前に下のこぞーが起きてしまったので、下のこぞーと二人で後を追いかけて入ってみました。

すると、これがなかなか楽しいものが揃ってて、こどもだけじゃなく意外とオトナも楽しめるんです。カップルとかもいたし。水を真空状態にした器の中で、沸点を下げて低温沸騰させたり、さらにはフリーズドライの原理で一瞬に凍結させたりというのを目の前で見せてくれたり。

自分でもいろいろ実験できるようになっているので、そういうのが好きな子は割と長い時間つぶせるなかなかよい場所でした。

おかげで日本科学未来館には行くことはできませんでしたが、それは次回に持ち越しということになったので、今度こまった時には日本科学未来館に行こうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残ってほしい・・・

11/1にNBA開幕ですが、その日までにロサンゼルス・クリッパーズの登録選手が確定します。

去年は開幕まもなくでサンズから解雇されてしまった田臥選手ですが、今年こそは定着してほしいです。

が、今は去年以上に開幕ロースターに残るのが厳しい状況のようですが、プレシーズンマッチでは割と調子もよさそうだったので、期待したいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッチ処理完了

コメント、遅くなりまして・・・

ようやく追いつきましたが、「最近のコメント一覧」のコメントが自分のコメントだらけになってしまい、かっこ悪いす。

やっぱりタイムリーにコメントしないといけませんね。。。

反省します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/29

バッチ処理ですいません

コメント、たくさんいただいていたのに全然お返事してなくてすみません。

申し訳ないと思いつつためてしまったお返事、10/16分までコメントさせていただきました。

バッチ処理になってしまいすみません。

これから、おくさんとこぞーどもをつれてお出かけせねばならないので、後ほど残りをコメントさせていただきます。

ではみなさん、よい休日を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分転換

えー、気分転換にメインページのテンプレート変えてみました。。

タイトル部分の画像は以前のものよりさらに長いヤツにしましたが、撮った場所は一緒。

たしか、USはKey WestのMallory Squareあたりで、メキシコ湾に日が沈んでいくときに撮ったもので、わりと気に入ってるんです。これ。

ETさんならどのへんか想像つくと思うんですが。あのへんに大きな船が停泊してるところがあったと思うのですが、確かあのへんから撮ったもんです。

いーなー、Key Westいっぱい行けて。ちょーウラヤマシイす。

また行きたい、key West

もし行く機会ができたら、今度は2週間くらいかけてFlorida Keys全体をゆっくりめぐってみたい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/28

BEAWorld 2005のGiveaway

BEAWorld追記。

今回のイベントに参加した人には、こんなの配られました。

まずはBEAのロゴ入りバッグ。
bea_bag


その中にはメモ帳とペン。
bea_notebook


メモとペンはまあ使えるからいいんですが、このバッグは実用性に関してはちと疑問・・・
だって、口のところ、ファスナーとかついてなくて、上からカバーみたいにふたするだけなので、中身とられそうで不安。

あと、Giveawayがバッグなら、事前にそうだと知っておきたかった・・・。だって、帰り道、スーツ着て自分のかばんとこれ2つ持って歩くの、結構大変だった。

んで、いま気がついたけど、去年も違う会社からスピーカーで出てたのに、去年は何にもくれなかった・・・。聞けば、他のスピーカーはもらってたらしい。

ちょっとくやしいかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

楽しいイベントでした

先日、10/25,26に開催された、BEAWorld 2005というイベントでは、久しぶりに多くの知り合いに会うことができ、なかなか楽しかったです。

初日の自分のセッションでは、壇上からは何人か自社の知り合いは見つけましたが、セッション終了後に声をかけてくれたA羽さんがきてくれていたことには気がつきませんでした。A羽さんは以前私がいた会社の現役エンジニアで、当時私が担当していた製品を、とあるSIに扱ってもらえないか模索してた頃に、その製品の検証や評価目的でその貸し出した先のSIベンダーのサポートに、とても力を尽くしてくれた非常に優秀なエンジニアなのです。ずいぶん久しぶりにお会いしましたが、相変わらず飄々としてて見た目は元気そうでしたが、きっと以前と同様、裏では死ぬほど仕事とユーザーをかかえて大変なんだと思います。

一方、出展ブースでは、さらにいろんな人が。

コグノスという会社にいるマイミクのmnakaくん。彼とはワタクシがまだエンジニアだった頃、某ISPにでっかいマシンを収めた時に一緒に仕事したことがあり、最後に会ったのは今年の正月。彼も今の会社はようやく1年たったくらいだと思いますが、現在はシニアコンサルタントとしてそれなりに楽しくやってるようです。1年ぶりに飲みにいきましょー。

某社ブース説明員としてきていたN村くんと単に遊びにきてたM下くん。二人とも、以前ワタクシが太陽族だった頃に、Grid Worldというイベントにプラチナスポンサーとして参加したんですが、そのときのブース内ミニ・シアターでのセッションスピーカーをやってもらったり、Oracle社のデータベース製品Oracle 10g RACとの組み合わせで、サーバーのコールドスタートからRACノードとして構成されるまでのプロビジョニング・テクノロジーのデモ構築に尽力してもらったエンジニア。その節はお世話になりました。

そうそう、マイミクのおもだかやさんにも久しぶりに会えました。1年ぶりぐらいかな・・・。いまや奥さんが会社員で自分はデイ・トレーダーな人となり、この日はIT関連のイベントに遊びに来たとのこと。でもこの人、会社やめる前はマーケターだったんですが、それ以前は相当に優秀なエンジニアで、日本法人の社員ながら、2年近くUSの開発部門にいて、当時のハイエンド系サーバのコントローラに乗せる制御用ソフトウェアをJavaで開発するプロジェクトに参画してた経歴を持ってたりします。とーぜん英語もぺらりんちょ。ワタクシが今の会社に来てから、一度はメシ食いに行こうといいながら依然その目的は達成されず。今度こそいきましょー。

あと、EMCジャパンをつい最近退職されたワタクシと同姓の方。なんでBEAWorld 2005にきたのかと思ったら、いまはこちらの会社にお世話になってるからだそうで。現時点では多くは語れず。なので、ちょっと落ち着いたら飲みに行きましょー。

番外で、BEAWorld 2005が終わった翌日、つまり昨日ですが、八王子に用事があって移動中の中央線の中で、EMCジャパンの現職SE、Y尾くんに会いました。かれもいつのまにか偉くなってましたが、つーか、それ以上に驚きだったのは、アンパンマンみたいに顔がぷっくりしてたこと。いやー、最後にあった時から10キロ増になってるに違いない。しょっちゅう中央線沿線の客先に出向いてるみたいなので、今度中央線沿線で飲みましょー。

みんな、連絡するから飲みにいきましょーね。

でわ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/27

あでゅ~、まいPC・・・(ToT)/~~~

かなしぃす。。。

まいPCが絶命寸前に。。。

昨日の夜、例によってお家で一仕事あったんで、珈琲飲みながら夜2時まで。

で、明日も早いし寝ようということでベッドへ。

朝、おくさんの、「あーっ!ぱぱのぱそこんが!!」という声にびっくりして飛び起き、リビングに行ってみると・・・

PC、昨日の夜飲み残しで置いてあった珈琲にまみれてました・・・

下のこぞー、いーたんにやられました。

けど、こいつ。。。登れないはずのテーブルの上まで登ってきて、テーブルの上に座って珈琲ぶちまけてたらしいす。

おそるべしこぞー。ますますあなどれず。

で、まいPC。

今は辛うじて動いていますが、極めて挙動不審で、ディスクがときどきいやな音をさせてます。

キーボードは既にお亡くなりになっており、使い物になりまへん。

本体が死に絶えるのも時間の問題って感じです・・・

あでゅ~、まいPC・・・(ToT)/~~~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/26

反省

昨日は、BEAWorld 2005というイベントで、自分の担当製品をテーマにしたセッションのスピーカーをやってきました。

が、今回の構成については反省しきりです。セッションの出来としては、ここ最近の中ではもっとも反省点の多いプレゼンでした。

最近のエントリにも書きましたが、準備に時間がかかったということも1つありますが、一番の反省点は50分のセッションで内容を欲張りすぎたことですね。。

BEAWorld 2005の初日はテクニカル・セッションの日なので、基本的には技術系の人が多く来場する(はず)なので、セッションの内容も技術よりの話にしたいワケです。

一方で、先週私のお世話になってる会社は、SOAというものについての戦略(それがメインではないですが)と他社との協業についての記者発表を行っていたので、どうしてもそのSOA戦略と協業の話もセッションである程度触れたいとうのがありました。

結果、SOA戦略と協業の話を3/1くらい。製品の話を3/2くらいの割合にせざるを得なかったのですが、やはり3/1をその手の話に割いてしまったので、どうしても製品の詳細までは話す時間がなくて、全体的に中途半端になってしまいました。

やっぱり欲張るのはダメね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/25

赤プリで

今日はBEAWorld 2005に行ってきます。

ワタクシのセッションは14:00からですが、きっと直前まであがいてるに違いないです。

あきらめたとか言っておきながら・・・

で、結局、練習したことはほとんどしゃべらず、結果としてその場の思いつきでプレゼンしてたりするワケです。

ま、それはさておき。

これをご覧のお知り合いの皆様で、BEAWorld 2005にお越しの予定の方。

セッションが15:00くらいに終わるので、もし時間があればぜひお声をかけてくださいな。

セッション終わったあとは、ぷらぷらしながらちょっとそのへんで休憩して、そのあと自社の出展ブースにおりますんで。

でわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あ、朝だ・・・

朝になってもーた。

も、あきらめよ。つかれたし。

それにしても、イベント関連のセッション・スピーカーやる時の準備の悪さ、何度やっても改善されず。

学習能力がないのか、単に学習する気がないのか・・・後者だな。後者だと思いたい。

さて、でかけるとしますか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も徹夜でごんす

ピッチ、できたはいーが、持ち時間内におさまんないす。

でもって、テキトーにはしょってみたらややあまり気味で終わったけど、中身がなくなりました。

今日も徹夜でランスルー・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/24

でけた・・・ピッチ

徹夜の上、朝飯も昼飯も抜きで、たった今ようやくピッチ仕上げました・・・

まさに自業自得とはこのこと。

ハラは減るわ眠いわでへろへろです。

が、しかし。

4分の1くらい初めてのスライド入れてるので、何度か練習しないと時間配分がわかりまへん。

とゆーわけで、これから練習。

まさに一夜漬け。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3分間ダイエット

じつは、今日で1週間がすぎました。3分間ダイエット始めてから。

先週の「あるある」でやってた、1日3分の有酸素+無酸素運動でやせられる新理論に基づく3分間ダイエットを続けてたのです。

曰く・・・

☆3分間を2週間やっただけで、2~3kgは落ちる!(個人差あり)
☆被験者全員やせた!(効果100%)
☆ちょっと応用すると部分ヤセも可能!

とゆーすぐれもん。ホントだったら。

なので、ホントかどうか、やってみることにしたワケです。

んで、とりあえず1週間経過してみての現状はというと。。。。

まあ、減ったといえば減ったかも。

1.2kgしか減ってないので誤差の範囲のような気もしないでもない。

でも、計ったのは昨日の夜11時で、その2間前に晩ゴハン食べた後なので、すきっ腹なら1.6kg減てとこかしらん。

とりあえずあと1週間、続けてみますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

そしていまだ確定せず。。。

むぅ。。。

ようやくスライドの候補を56枚まで減らしたけど、セッションの持ち時間50分なので、ここからあと最低20枚は減らさんとイカン。

あしたの朝までに完成するんだろうーか・・・

休憩、おわり。

次の休憩ではコメントもらいっぱなしで何にもレスしてないからコメント書きをします。

はー、がっくし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/23

いまだ確定せず

10/25から始まるBEAWorld 2005という、ITベンダー主催のイベントで、私も自分の担当製品を紹介するセッションがあるのですが、そこで使うプレゼンテーション・スライドの内容がまだうまいことまとまらず四苦八苦しております。

当然のごとく主催者側へのスライド提出期限はとっくに過ぎてるワケですが、先週中ごろにその製品にも関わりのある記者発表を行ったことで、その内容も反映させねばならずということで今日まで確定できずというのが実情。

とはいえ、いい加減明日の朝には提出できる状態にせねばならんので、今日は仕事の予定だったのですが、昨日のこともあった上に良い天気になってしまい、午前中はこぞー2人を散歩にでも連れてってやらねばみたいな状況になってしまいました。。。

今日は徹夜だなー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/22

散々な朝

真夜中、US社員向けのWebベースの社内セミナーに電話とブラウザで参加しました。

で、寝たの3時過ぎ。

朝7:00から世田谷でテニスの予定で、5時に起きる予定だったんです。

寝ないで起きてようかと思ったんですが、徹夜でテニスって、絶対に体動かないから少し寝ておこうと思ったんです。

で、うちの上のこぞーに「パパぁっ!おきなよーっ!」って起こされました。

コイツ、今日は朝はやいなーと思って起きたら10時でした。

も、テニス終わってました・・・。

んで、ショックを受けて落ち込んでるワタクシに、おくさんとこぞーが

「いつまでねるの?はやくでかけよっ!」

って怒るんです。
今日どっか連れてくって言ったかなーと思って、

「どこ行くの?」

って聞いたら、

「決まってない。でもどっか連れてって!」

って、逆切れ。どーも10時まで寝てて、何にもしてくれない私に二人とも怒ってるらしい・・・

い、いいがかりだ。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/21

いくらなんでもねぇ。。。

仕事の合間にasahi.comをながめてたところ・・・

紀宮さま、運転免許試験に合格」という記事をみつけました。

内容はというと・・・・

・府中試験場でAT限定免許試験受けました。
・で、受かりました。
・取得の理由は黒田氏との結婚後の民間人としての新生活に必要だから。

ということでした。

確かに皇族というのは注目度が高いですから、それが理由だと言われればそうなのかも知れませんが。

これって、ニュースとして載せるような内容なんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/20

あせっ

18:00開始の社内セミナーの資料コピーがおわらん・・・ずいまー。

75部両面コピーって、何分で終わってくれるんだろ。

もはやコピー機のスペックに全てを託すしかない状況す。

がんばれっ、CANONのコピー機、型番 IRC688N!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/19

早起き

早起きって言っても6時くらいですが。

今日は関係してるお仕事の1つの成果として、記者会見によるプレス発表があります。だもんで、9時半には現地到着してないといけないので余裕を持って早起き。

IT業界の中では、そこそこインパクトのある、記事にしてもらえそうな発表ができると思ってます。

でも、今日は同時刻に沖電気とシスコも大きな記者発表があるという噂で、もし本当なら記者が分散してしまうのでその点だけが気がかり。

さて、そろそろ支度しましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/18

新生シマンテックの日本法人社長

シマンテック日本法人社長に、買収された側の元ベリタスジャパンの木村社長が任命されたようですね。こちら

うまく立ち回れば買収された側のエグゼクティブといえども、必ずしも降格・退任ばかりではないということですね。ちなみにシマンテック前社長の方は、米Symantecのアジアパシフィック・日本地域担当の特別顧問ということらしいですが、この「特別顧問」みたいな類のタイトルがつくと、翌会計年度にはもういなかったみたいなことが多かったりして。。。

もっとも、シマンテックが今後、エンタープライズITビジネスを強化していくにあたり、従来より企業内データセンターにおけるミッションクリティカルシステムおよびILM関連ビジネスで実績を挙げていたベリタスのビジネスナレッジを活用する目的があってのことだとも思うのですが。

新社長も決まったことだし、ベリタスに何人かいるワタクシのお友達も、新生シマンテックでこれからも元気に頑張ってほしいもんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/17

Parking Ticket

久しぶりにやられました。

といっても、切られたのは奥さんですが。

これで次回更新時もゴールドはパァでんな。

こぞーの友達の家に遊びに行った時のことだそーな。

近くのパーキングがいっぱいだったそうで、つい停めてしまい。

時々見に来れば大丈夫と思って話し込んでしまい。

あ。見に行くの忘れてた!

と思って見に行ったら10分前に切符切られてたらしい。

あーあ、もったいない。

ま、切られちまったものはしょーがない。

考えても不愉快なだけだし。

さっさと忘れて楽しいこと考えればよいのだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/10/16

防災訓練

今日の午後、うちのマンション購入以来初の防災訓練実施です。

今年で6年目となりますが、その間一度もやらなかったということで、消防署からは「あんたら、いいかげんちゃんとやんなさい。」って指導されてたようで、我々の代の理事会主導でようやく実現。

以前書いたことがありますが、こういうことちゃんとやらずに実際にマンション火災など発生して、居住者に死傷者が出た場合、理事長はサイアクの場合刑事責任を問われることがあります。

多くの場合、防火管理の最終責任者である管理権限者はマンションの理事長です。火災や災害は起きる時には起きるんですが、要はやることやっててそういう事態になってしまうのはやむを得ないとしても、やることやらんで放置しておいて、それがゆえに死傷者が出たとか被害の拡大につながったみたいな話になると、刑事責任を問われちゃったりするワケです。

ちなみに、去年の9月に理事長のアタリクジ(ワタクシ的にはハズレクジ)を引いてからというもの、マンション管理について色々知識がついてきましたが、理事長が刑事責任を問われるようなケースというのは、火災や災害時の被害に関してだけでなく、けっこう色々あるんだということもわかりました。

理事長って、マジメにやるとホントに大変な仕事で、その割りに全然権限がなく、そのくせ責任だけはやたらに重くて、おまけに給料や手当てもでない、本業の仕事にも支障はでるし、家庭は崩壊しそーだし、マッタク割に合わない役回りなんです(それについてはまたいずれ)。

多分、その実態をしらないマンション居住者の方が理事長をやりたくない理由というのは、漠然と大変そうだからとか面倒だからとかそんな理由だと思いますが、一度やってみると、ものすごく具体的な数々の理由によって二度とやりたくないと思うはずです。

ただ、ワタクシの場合、かなりラッキーだったのは現理事会のメンバーのほとんどが、理事会活動に対して非常に協力的かつ前向きだったおかげで、理事長が全てを抱えることなく、各理事に役割を分担して担当理事のリードで色々な問題の解決に取り組んでもらえてるということです。

いろんな問題がいまだ残ってるマンションであるが故にやること山積なんですが、こんなの理事長一人じゃ到底とりかかれるようなものではなく、今日の防災訓練にしても、防火管理者になってもらった担当理事の方が、防火管理者となるための講習受講から始まって今日の実施に至るまでの全ての準備をほぼお一人でこなされていました。

この訓練実施に関して理事長のワタクシが時間を取られる事がまったくなく、そのおかげで長年懸案だった駐輪場の問題や住民交流イベントの実施などの方にワークロードをかけることができたというのがあります。ちなみに、住民交流イベントにしても、私がやったのは住民交流プロジェクトの立ち上げと住民交流担当理事の選任までで、そこからは担当理事を中心にプロジェクトチームの方でイベント実施までやってもらったので、ワタクシは途中から単なるオブザーバーとしてしか関わってません。

理事の方々には大変感謝しております。

ま、なんにせよ、本日の防災訓練、あいにくの天候ですが、とにかく無事に終わって欲しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/15

こぞー、また風邪

ま、しょーがないす。

一昨日くらいからまた下のこぞー、体調悪し。

鼻水と熱。38度に届かないくらい。

でも、こどもって、38度くらいの熱だとおかまいなしに遊ぶんですよね。

もちろん、体調は悪いのですぐ疲れるし、遊び終わったあとはぐったりしてたりするんだけど。

ワタクシが38度熱があったら、もうなんにもしたくないって感じ。

これから鍼治療にこぞーを連れて行きます。

でわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/14

カレーそば

久しぶりに「そじ坊」に行きました。

ちょっとおそいお昼ごはん。

なぜ「そじ坊」にしたかというと、他では見たことない「カレーそば」が食べられるから。

カレーうどんがメニューにある店はたくさんありますよね。

でもカレーそばは他でみたことない。

「今日はカレーそばだっ!」

と思って行ったら、カレーそば、メニューから消えていた。。。_| ̄|○ 

たべたかった・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バキってゆった

最近気がついて、以来気にしてることが。

つま先の向きを変えず(つまり下半身固定)、後ろを向いたり横に上体を向けたりするたびに、足首だのヒザだのが「バキっ」ってゆーんです。

連続して向き変えたり体ひねったりすると、「バキバキバキっ」っていいます。

1回鳴ったところはもう鳴らないかと思ったら、何度ひねっても「バキバキ」ゆってます。

もしや、あまりの運動不足で体から急速に柔軟性が失われてるのでは?

もともとかたい方ですが、ためしにちょろっとやってみたら、とてもヤバイことに。

少し前屈しただけで、太もも、ふくらはぎの腱が「ぶちっ」ていーそーな状態に。

誠に遺憾である。

健康診断の結果に落ち込んでるところに、さらに追い討ちをかけられ。

仕事のパフォーマンスのみならず、体のパフォーマンスも落ちてきて、心のパフォーマンスが急降下。

ここはひとつ、今日受けたセミナー、「スポーツ心理学に学ぶパフォーマンスを高めるための心のレッスン」で学んだことを生かし、V字回復をはからねばと思うワタクシなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/13

再会

昨日、Platform Computing社というグリッドコンピューティング関連ISVの新製品説明会に出席したんですが、場所が新宿パークタワーでした。

新宿駅からは15分くらい歩くので、あんまり便利なとこじゃないんですが、たまたまそこのビルには先日このエントリの中に書かれている、お世話になった○△さんがお勤めの会社のオフィスがあったので、ご挨拶と思ってアポなしで訪問してみました。

たまたま在社されていたので無事会うことができましたが、びっくりしたのがその○△さんと一緒にあらわれた方。なんと、以前の会社でお世話になった◇光さんでした。

お昼をご一緒させていただき、互いの近況なぞ知ることができたので、わりと有意義な訪問でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/12

発見

新しい果汁グミを見つけた。

めったに立ち寄らない会社近くのコンビニに寄ってみたら、洋梨グミが売ってた。

で、2つ購入。

一つはこぞーと奥さんに。

もう一つは自分用に。

だって、一つだと味見もしないうちに全部食われるし。

だから、2つ買ったことは、二人にはナイショぢゃ。

-abee

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定額小為替

事情によりある証明書を取得する必要にせまられました。

で、直接窓口に行くヒマがないので、郵送してもらうため証明書の発行手数料である500円を郵便小為替で送ることに。

1通500円の証明書を発行してもらうため、郵便局に行って500円の定額小為替を購入する予定。

でしたが、ふと

「小為替って、なんて読むんだろ?」

と思ってしまいました。

今まで郵便小為替なんて使ったこともないし、必要でもなかったので、読み方がわかりません。で、そのまま窓口に行って、いいトシしてヘンな読み方して笑われたくないなーと思い、ちょっとググってみました。

すると、こちらのブログのあるエントリがヒットし、そのエントリを読んでみることに。

こちらの方は「こがわせ」と読むか「しょうかわせ」と読むかでやんだ結果、確率1/2のギャンブルに出て、郵便局の窓口で「定額小為替(しょうかわせ)」と言って敗れ去ったそうですが、この失敗談を先に見つけられたおかげでワタクシは窓口で「小為替(こがわせ)ください。」といって、ハズカシイ思いをすることなく無事手続きを済ますことができました。

いやー、よかった。やはり先に経験してるヒトを見つけるというのは大事なことですね。
よりきみさんに感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初めての水族館

今週月曜日の10/10は体育の日でした。

でも週末から続く天候不良により、およそ体育と関係ありそうなことは何一つ出来ず、またしても「お休みなのに、うちはどこもいかないねぇ・・・」と、こぞーに言われかねない状況でありました。

が、一応ワタクシとしても、毎週毎週言われるのはシンガイなので、週末の休みが雨だったら連れてってみようと思ってたところがありました。

それは水族館です。

上のこぞーがまだ1才の頃、品川水族館に連れてったことがあります。そのとき、水槽の中を泳ぐ魚を見て喜んでたことを覚えていたので、下のこぞーも喜ぶかもしれないと思って連れて行こうと考えてました。

上のこぞーは1才11ヶ月の時にSan DiegoにあるSea Worldに連れてったこともあり、その時はShamu Showを見て喜んでたので、きっとこのくらいの子供は泳ぐモノ系に興味があるに違いないと思ったのでありました。

んで、体育の日はあいにくの雨だったので、外で遊ぶのではなく水族館見学ということにしました。この日行ったのは葛西臨海公園にある葛西臨海水族園です。

奥さんとかつて学生時代に遊びに来たことがある水族館。奥さんには「テニス以外でデートした、数少ない貴重な場所のひとつ。」とか言われてますが、この水族館にした理由が一応あります。ここって、マグロの回遊を再現させてマグロやらカツオやらを展示できるようにした当時では貴重な水族館でした。ワタクシ、マグロが泳ぐ姿、けっこうかっこいいなーと思ってるのです。

ただ、この日は混んでそーだなーと少々心配でした。あんまり人が多いようだと、下のこぞーには相当にストレスなので・・・。実はこの日、葛西臨海水族園は開園記念日で無料公開の日なのでした。この日以外にも、みどりの日(4/29)と都民の日(10/1)が無料公開日です。でもまあ、ダメモトで行ってみたワケです。

家を出た時間が少々遅かったこともあり、現地に到着したのは13:00前くらい。でも駐車場には並ばずに停められました。やはり雨だからか。さっそくタダで入れる水族園に直行し、真っ先にマグロの回遊を見せてみました。すると、下のこぞーが興奮しだして、人差し指で何度も水槽の中の魚を指差しながら、なにやら色々しゃべり始めています(何言ってんのかさっぱりわかりませんが)。やはりマグロは面白いのか?ちなみに上のこぞーはと言うと、出かける前は「えぇ~?水族館なんてつまんないよ~。」とかぬかしてましたが、マグロの回遊でひとしきりマンゾクした後は、いろんな水槽をどんどん勝手に一人で見てまわり、かなり堪能して喜んでました。

興奮のあまり、光量が足りないから動くなって言ってんのに上のこぞーまでじっとしてないもんだから、写真撮ったら二人してブーンて感じでブレてました。おかげでモザイク不要。
kasai_aquarium1

でまあ、予想通りけっこうな混雑でした。小さい水槽のまわりなんて、こんな感じ。
後ろから見たらヒトの頭しか見えん。
kasa_aquarium


その混雑の中、下のこぞーに履かせてた靴を混雑の中落としてしまって焦りましたが、総合案内所にちゃんと届いてて無事回収できたし、マグロの餌付けのショーも見られたし、上のこぞーはけっこう楽しんでたし、下のこぞーもマグロは気に入ったようで、おまけに行きも帰りも車の中で寝てくれてなかなかグッドだったし、雨ザーザーな休日のわりにはそこそこ充実したお休みになりました。

さて、今度の週末はというと・・・これがスケジュールが詰まってて大変です。

それはまた後日とゆーことで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/11

お元気そうでなにより。

今日はブログサーバーがAM9:00からメンテナンスとかで、さっきまでエントリをUpできず、困ってましたがようやく使えるようになりました。

その間、もちろん仕事はしつつもオンライン・メディアのニュースなんかに目を通したりもしてたわけですが、ふと懐かしい人の名前を見つけたので。こちら

お二人とも、元気でご活躍のようで、なによりです。

特に、○△さんにはマーケティングに入れていただき、師匠にもめぐり合って色々教えていただいたいたおかげで、現在もどうにかマーケティング部門で仕事を続けられております(会社は違ってますが)。

それにしても、あの方が

「導入する際のプラットフォームには、IBM製のデータベースソフトDB2とアプリケーションサーバー WebSphere を最優先で選択する」

なんてコメントを言うなんて、以前では考えられんことです。そのあたりにも時の移り変わりを感じてしまうのでした。

ワタクシもヒトのことは言えませんが。

太陽族にしかわからんエントリでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/10

鈴木・岩淵組優勝!

AIGジャパンオープンで鈴木・岩淵組が優勝しました。

いやー、りっぱ。第1~第3シードまで全部破っての優勝なので、ワイルドカードでの出場ではありますが誰にも文句は言われないカンペキな勝ちっぷりです。

ジャパンオープンで日本男子が決勝に行ったことは過去なかったはずとか前のエントリで書きましたが、こちらの記事によると実は男子ツアーの歴史上、日本人ペアで男子ダブルスの決勝に進出したこと自体初めてだったようです。

ふと気がついてみれば、鈴木選手は29歳、岩淵選手も30歳。

私にとってはいつまでも期待の若手ってイメージがありましたが、彼らももうベテラン。日本人選手は外国人にくらべて選手寿命は長いとか言われますが、どっちにしても二人ともこれからの伸びしろはもう期待できません(ダブルスはまたちょっと違いますが)。

この記事の中に、

「この優勝で男子もやるじゃん、と思ってくれれば」(鈴木)。男子復活ののろしが、高らかに上がった。

なんて一文がありましたが、確かにこの優勝はテニスやってる人間が聞けば、「おお、やるじゃん!」て思えるような結果ですが、これが復活ののろしになるかどうかはテニス協会にかかってると思います。これまで、松岡選手が現役で男子テニス貝を支えている間に、裾野を広げる活動や有望なジュニアのスカウティング、テニスを続けられる環境の整備といったことに対し、有効な手立てを打てずに今日の衰退を招いてるわけです(と、私は思ってます)。

少ない情報からしか判断できないので間違ってるのかも知れませんが、少なくとも自分が感じる限り、ここ何年も状況は大きく変わってないように思います。松岡、伊達、杉山などなど戦績を残してきた選手をみても、基本的には選手個人が頑張って成長し、そこまでの成績を残してきたということであって、協会主導の中長期強化プログラムの中から生まれてきたということではないし、ツアープロとして転戦し始めてからも、協会が何らかのサポートを定期的に行ってるということでもないし。

今回のジャパンオープンでは16歳の一藤木選手が若手の成長株として主催者推薦で出ていましたが、彼もご両親がより高いレベルのトレーニング・経験が積める環境をと考えてスペインに移住し、そこで活動をしてるのだとか。結局、個人が頑張ってるという図式だし、そういう環境を個人で手に入れられる経済的余裕がなければ、才能があってもテニスはできないという状況は変わってないんですよね。別にスペインに行かなくても、日本でテニスを真面目にやったらカネはかかりますからねぇ。小中学生のジュニアでも日々のトレーニングのレッスンフィー、シューズやラケットなどの消耗品、と試合のための遠征費とか全部合わせると、年間100万くらいは軽くこえちゃいますから。

サッカー協会とかに較べても、ビジョンとか理念とか何にも伝わってもこなければ伝えようともしてないし、相変わらずな感じもしなくもないですが、しかし、組織的に将来構想に向かって施策を講じて推進していくための母体はテニス協会しかないんですから、頑張って欲しいもんです。個人が成長して頭角を現すのをひたすら待ってるような状況からは早く脱して欲しいですね。

テニスネタを書くと、なぜか最後は協会批判になっちゃうんですが、まあ、自分が生きてるうちに誰かグランドスラム大会での男子シングルス優勝を見せてもらいたいなんて思ってるので、ついつい書いてしまうのかも。

何はともあれ、久しぶりにペアを組んでツアー史上、初の日本人ペアによる男子ダブルス優勝の快挙を成し遂げた鈴木・岩淵組には敬意を表したいと思います。

歴代No.1ペアが名を連ねるジャパン・オープン男子ダブルス優勝者の仲間入り、おめでとうございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/10/09

AIGジャパンオープン男子ダブルス決勝

鈴木・岩淵組、決勝進出してました。りっぱ。

私の頃はサントリーが冠スポンサーだったですが、その頃を思い返してみても日本人選手で男子の決勝進出は初じゃないですかね、シングルスも含めて。

おまけにこのペア、ワイルドカードで参戦して第3シードと第1シード破ってのファイナル進出。

まあ、第1シードでもランキング1桁の選手ではないので、面子を見る限りトーナメントとしてはハイレベルとは言い難いですが、それでも大したもんです。だって、サテライトでもチャレンジャーでもないですからね、この大会。

いやー、優勝して欲しいす。マジで。

昔に比べると、出場選手のグレードは落ちてる感は否めませんが(今年は特に欠場者続出だったようなので)、過去の歴代チャンピオンの名前を見ると、シングルスだけでなくダブルスもそうそうたる顔ぶれです。

私の世代だと、Scott Davis/David PateとかKen Flach/Robert Seguso、Stefan Edberg/Todd Woodbridgeなんてゆーペアもありました。Mark Woodforde/Todd WoodbridgeなんかはWoodiesとか言われた最強ペアだったし、ケン・フラックとロバート・セグソもランキングNo.1ペアでした。

勝ったら、こういう連中の仲間入りです。

シードも破って勢いがあると思うので、ここは一発かまして欲しいす。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/10/08

ラトビア戦追記

そうそう、結果は2対2でしたが、内容は最低になってしまいましたな。

前半だけで試合終わってれば、まずます喜ばしい内容だったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラトビア戦

両国選手が入場し、まずは君が代。日本代表がならんでいる。

ラトビアはどんなもんかあんまりわからんけど、代表選手の所属なんかみるとディナモ・キエフとかになってたりする。15年前なら間違いなく日本より強いチーム。けどまあ、今の代表なら、点数はともかく完封してもらわんと。などと思ってるうちに君が代おわり。

続いてラトビア。国歌が流れる。ラトビア代表の選手がならんでいる。

んん?なんか妙である。何が違和感あるんだろー。

と、考えてて気がついた。

こやつら、もう試合が始まろうかという時に、なんでバックパック背負ったままグラウンドに出て国歌聴いてるんだ?

スタジアム入りが遅れてバスからそのままグランドに入ってきたんだろーか。
それにしたって荷物くらいおいてこいっつーの。

まったくヘンなヤツラだ。だいたい日本代表に失礼だろーが。

と思ったので、おくさんを呼んで、なんでおかしいのか説明。

すると、

妻:「えーっ?そんなわけないでしょ。」
私:「いやいや、マジで。ほら、見てごらんて。」
妻:「いや、バックパック持ってないよ。」
私:「いやいやいや、ほら、バックパックのショルダーベルト見えるじゃん。」
妻:「・・・あれ、模様でしょ。」
私:「んーっ?」


うーむ。模様だった。

ち。ヘンなデザインのユニフォームだ。

って、難クセつけてる横で奥さんは見間違えるにしてもバックパックはねーだろてな感じで爆笑しておりました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/07

運動会前夜

明日は上のこぞーの運動会。

年長なので幼稚園では最後の運動会です。

下のこぞーの面倒見ながら用意はできないので、実家のおふくろに泊まりに来てもらいます。

朝、おくさんはおべんとなんかの用意。

おふくろは下のこぞーの相手。

アタクシは・・・朝7時前に幼稚園に行って、おべんと食べたりする場所をキープするための場所取りですぅ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

AIGジャパンオープン男子ダブルス

もう何年前だったか忘れてしまいましたが、鈴木・岩淵ペアのダブルスを見たとき、こりゃ結構世界でも通用するかもと思ったことがありました。

が、結局その後は両選手とも飛躍のきっかけをつかめず低迷(本人たちはどう思ってるか知りませんが)。シングルスもダブルスも世界じゃ結果を残せず月日が流れていきました。

で、ふと今朝の記事をながめてたら、鈴木・岩淵ペアがAIGジャパンオープンの男子ダブルスでベスト4に残っているという記事が。

おぉ、なつかしい。鈴木・岩淵のペアもツアートーナメントじゃ久しぶりに組んでるんじゃないかと思いましたが、何よりベスト4に残ってるということに驚きました。低迷する日本男子テニス界を再度盛り上げるためにも、ここらで一発国際大会での優勝を飾って欲しいです。

それにしてもAIGジャパンオープン、久しぶりにドローとか見たけど、以前と比べてビッグネーム呼べなくなったんですねぇ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/06

むー、アガってもーた

会社でのイントラブログとこのブログ。2つも書くとなると、ネタがなくなるのも早いし書く時間もかかって結構たいへん。

それはさておき、昨日は久しぶりにアガルってことを経験してきました。

割と本番に強いタイプで、緊張はしてもしゃべれなくなるとか動けなくなるとかはない方なんですが、昨日はここ数年の中では最もパフォーマンスを発揮できなかった日でした。。。

いやー、思ったことの半分も言えないし、思うように言葉が出てこないなんて経験、すんごい久しぶりでした。。。

こんなに緊張してあがったのって、いつ以来だろ??

まだまだ未熟なワタクシでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/05

忘れてた

そういえば忘れてました。

今週、あいのりを見損ねた。

舞台がロシアになって、モスクワとかの街並みなんかが映ってたので、見逃さないようにしようと決めてたのに。

最後にモスクワに行ったのって、確か高校生の時だったから、もう20年前にはなりますね。

クレムリンや赤の広場なんかの遠目からの風景は変わらないみたいだったけど、カリーニン通り(いまはノーヴィイ・アルバート通りってゆーらしいですね)なんかの店は随分変わった気がする。

グム(昔は国営百貨店のことだった)も今じゃ国営じゃなくて株式会社になっとるらしいし。

私の知ってるモスクワは旧ソ連邦時代のこと。

死ぬまでにもう一度、モスクワを見てみたいと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/04

マケタクナカッタ

結局、会社を出たのが10時頃。

電車に揺られて1時間。駅についてバス停へ。

23:04発。今23:04。でも、バスいない。

ちょうど行ったところか。。。
次のバス、23:19発。

15分て、家の最寄のバス停までが駅からちょうど15分。

風邪引いてて体もだるいけど、待ってるのもイヤ。
コンビニで買い物も頼まれてるし、歩くことに。

てくてく、歩く。
体は疲れてるはずなのに、歩いてるうちに体がキレてきた。
デスクワークでおんなじ姿勢でいるからだるくなるんかなー。
歩くほどに調子上がってきてる気がする。

なんて、思ってたら、後ろからバスが。
ち。抜かれた。

と、思ってたら、家の近くのバス停の手前にある信号が赤に。
バスが停まる。

・・・負けたくない。
先に歩いてきたのに、抜かれるのはなんとなくムカつく!
なので、信号すぐ横にあるコンビニまで急ぎ足。

バス停は信号の先。
信号が変わる前に追いついて、変わると同時にコンビニへ。

”バスに乗ってたら、今頃はまだバス停降りてる頃だな。”

なんて、コンビニの中で思ってたが、まあ、そんなのは15秒くらいの差なのであった。

でも勝ったからよしとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/03

ち。

せっかく今日は都心のオフィスだったのに。

午後からミーティングあるっつーんで、わざわざこんな家から1時間半のTYハーバーまで歩いて1分くらいのオフィスに来たとゆーに。

ミーティング、出なくてもいいって。召集は間違いだったとのこと。

むーん。

風引いて調子悪いのに、わざわざこんなとこまで来て損した気分。

も、おうちに帰りたいす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたに会えて

下のこぞー(いーたん)が1才の誕生日を迎えて、もう2日が過ぎました。

誕生日とはいえ、まだ1才で本人はまるで自覚はない(あたりまえ)のですが、いつかキミの1才の誕生日はこうだったと教えてあげられるよう、写真だけは撮っておきました。

特別、何もしてあげてはいないけど、初めての誕生日だったので、家族みんなで西国分寺の近くにある大きな公園に遊びに行くことにしました。近くに奥さんの友達が住んでいて、その公園は飼い犬のトマトの散歩コースだったので、電話してみたところ、これから散歩に来てくれるとのこと。そして、やってきた人懐こいトマトに初めてペロペロと手をなめられてしまったいーたん。でも泣くどころか満面の笑み。むしろ、トマトを遠ざけたら、もっと一緒にいたいのに引き離されたと思ったようで、大泣きでした。

そして翌日(昨日ですね)は、主役が寝てしまってできなかったお祝いを家族4人でやりました。とりあえずケーキを囲んでタイマーで撮影したり、自分で撮ってみたり。取った写真を見返しているうちに、「あ、これ、すごく嬉しくなる、宝物のような写真だな。」って思える1枚がありました。タイマーではなく私が撮ったものなので、こぞー二人と奥さんの3人だけの写真なんですが、真ん中のいーたんを挟んで上のこそーと奥さん。みんな、すごく、自然。いーたんはとても楽しそうに笑ってる。そしてにーちゃんとママがそれを見て嬉しそうに笑ってる。


子供は好きではありませんでした。結婚して、1年くらいで奥さんが妊娠。正直、もう少し二人だけの生活があった方がよかったなーと思ってたことも当時はありました。

妊娠3ヶ月になろうかという頃、切迫流産になりました。病院でみてもらったところ、赤ちゃんの心臓はまだ動いてるから、3~4日安静にしてその間にもし止まってしまうようなことがなければ助かるだろうということでした。奥さん、たくさん、たくさん、泣きました。産科病棟に入院したので、入院中、同室の妊婦さんたちが毎日のように赤ちゃんを産んで、大変だったけど嬉しくて、それを祝福してくれる家族や見舞い客と嬉しそうに話をしてる様子を感じながら、一方で自分の赤ちゃんは、もしかしたらダメかも知れないという思いのまま、毎日を自責の念にかられながら過ごしていたと後で聞きました。つらくて、つらくて、涙が止まらなかったそうです。

翌年、上のこぞーが誕生。あんなにか弱くて触れたらこわれてしまいそうだった赤ん坊が、日に日に成長し、表情も豊かに。「まぁま、ぱぁぱ。」と、満面の笑みで、言えるように。あの時、流産になってしまっていたら、こんなにも愛らしいこぞーには会えなかった。そのときのことを思い出すたびに、本当に、本当に頑張ってよく乗り越えてくれたと感謝の気持ちが湧き上がってきます。

そのこぞーも年長さん。いいおにーちゃんとして、いーたんの面倒を見てくれます。そして、いーたんはおにーちゃんが大好き。この1年、一緒に過ごしてきて、とにかく、おにーちゃんがやることを一緒にやりたくてしょうがない。ハイハイができるようになると、おにーちゃんの行くところについていきたいし、おにーちゃんの部屋に入りたくてしかたがない。

たぁにーちゃんといーたん。少し、年の離れた兄弟。おたがい、大好き。そんな二人をおくさんも私も大好き。子供が好きじゃなかったのに、親になって自分の子供が出来て、かつて親父やおふくろが言ってたことがやけに思い出されるようになりました。

世の中、実際にやらなくても勉強したり人から話を聞いたりするだけでわかることも多く、だからこそ先人の知恵を知る、本を読む、話を聞くというのは大事なのですが、やってみたり、その立場になってみなければ、絶対にわからないことも間違いなくあると思うのですが、その最たるものの1つが親の気持ち。

最近は日本も物騒で、決して子供にとってすごしやすい環境ではなくなってきつつあります。他人からだけではなく、自分の親からも虐待を受けたり殺されてしまったりする子供のニュースを見るたびに、自分の子供を見ては、「どうしてそんなことができるんだろう・・・」と思ってしまいます。まして、大好きだったはずの親に殺されてしまう時の子供が感じるであろう恐怖や悲しさ、無念さを想うと、涙が止まりません。ワタクシ、子供ができてからというもの、子供ネタや子供絡みのニュースには涙腺がユルユルになってしまっていて、どーにもなりません。

一方で、自分の子供への愛しい思いは、子供の成長を感じるたびに大きくなっていくのです。
頑張って、頑張って、心臓を一所懸命動かして生まれてきてくれた、たぁにーちゃん。この1年、大病することなく最初の誕生日を元気に迎えることができた、いーたん。ついつい、怒ってしまうことも多いけれど、二人が一緒にいて笑顔をみせてくれると、嬉しくて、愛しくて、楽しくて、ママとパパは、幸せになるのです。

「言葉にできない」

歌詞の内容からすると、本来の意味は少し違うんでしょうけど、二人を見てると、この曲の一節をいつも思い出してしまいます。

 あなたに逢えて  本当によかった
 嬉しくて嬉しくて  言葉にできない

二人に会えて、本当に、よかった。


明治安田生命(最近、不当な死亡保険金不払いで行政処分受けたりしてますが)のCMで、今の前のシリーズが「あなたに会えて」でした。このシリーズ、特に子供ができてからは見るたびに涙腺がゆるんでしょうがない。例えば、

「子供(春夏)」篇
「子供(秋冬)」篇
「家族の絆」篇

なんかも、こぞーどもとダブってしまってちょっとばかりウルって感じになりますが、見るとダメなのがこれ。

たったひとつのたからもの」編
たったひとつのたからもの-友達」篇
たったひとつのたからもの-懸命」篇

松田聖子と船越英一郎が両親役でドラマにもなっていた、「たったひとつのたからもの」の著者のお子さん、加藤秋雪くんをお母さんが取り続けた写真が「言葉にできない」の曲とともに流れていくCMです。

生後1ヶ月でダウン症と診断され、余命1年の宣告。それでも秋雪くんの成長を喜び、一日一日を一緒に過ごしていくことのできる幸せをかみしめ、毎日が充実した日々に。しかし、6年と3ヶ月後、その短い一生を閉じた秋雪くんの懸命に生きてきた姿が流れていきます。

ご両親は、大変な思いもしたと思いますが、それ以上に充実した幸せな日々をくれた秋雪くんに感謝してるのではないかと思いますし、短い命を懸命に生きてきた秋雪くんを誇りにも思っていることでしょう。その一方で、助けてあげられなかった無念さはいかほどかと思うと、自分の子供を持つ親としては何とも言えない気持ちになります。

もしこぞーどもが余命1年と言われたら・・・。
助けてあげたい。なんとしても助けてあげたい。
お金で解決できるなら、どんな手段を使ってでもかき集めてきます。自分の臓器を移植すれば助かる、でもそれをしたら、提供した自分は生きていけないと言われたら?それで助かっても、今の自分の歳までしか生きられないだろうと言われたら?
あげます。自分の命。それで今の私の歳までしか生きられないとしても、その歳まで生きることができれば、いろんなことができる。自分のように、大好きなテニスをやって、大好きな人に出会って結婚して、たぁにーちゃんやいーたんのような、大好きな自分の子供に出会うチャンスが残されるんです。うれしくて、うれしくて、言葉にできないような、そんな気持ちになれるチャンスがある。

そのためなら、自分の体はくれてやる。と、親になって思うのです。
そのとき、悔いはないでしょう。ただ、これ以上もう、一緒にいてあげられない。これから先は何も力になってやれないという無念さ、残念さだけは消えないでしょうね。。。

そんなことを思いながら、健康にここまで育ってくれたこぞーどもに思うことは、これからも、とにかく元気に育っていって欲しいということ。

いーたん、1才の誕生日を無事迎え、自分の中の思いをとりとめなくこんな風に書いてたら、こーんなに長いエントリになってしまいました。ご容赦を。

では、おやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/02

めげめげ

今日はつらかった。。。

期が変わって最初の理事会もあり、また、駐輪場絡みのミーティングもあって、家のことほとんど何も手伝えなそうだったので、夜3時過ぎから洗い物と洗濯物の後片付けをやって、2時間くらい仮眠とって理事会に言ったんですが、どうも調子が悪い。

熱をはかったら、少々あるんですが、それよかノドが痛いのと関節痛でかなりダメ。

理事会終わって戻ってくると、奥さんは思うように片付けができないだけじゃなく、今週は昨日も含めてほとんど彼女を二人の子供の世話から解放してあげられる時間を作れなかったこともあり、かなり精神的に煮詰まってて、こぞーどもへのあたりがきつくなってました。

で、午後から上のこぞーのアタマ切りに行くことになってたので、下のこぞーをベビーカーに乗せてこぞーどもと連れ立って外へ。上のこぞーを店において、下のこぞーと40分くらい散歩したんですが、今日はこの時間が一番キツかった。

今日は10月なのに30度をこえる暑さ。熱もあったので、体はどんどんだるくなるし、おまけに関節痛がどんどんひどくなってきて、歩くのがひどく億劫になってしまい、公園のベンチとかで休みたかったんですが、止まるとこぞーが泣くので、延々歩き回って1時間後に家に。

その後、昨日は主役が寝てしまってできなかった1才の誕生日のお祝いに、買ってきたケーキ(主役は食えないけど。生クリームちょっとなめさせたら、「なんじゃあこりゃあ!」って顔してた。)をみんなで囲んでしばしくつろいだものの、5:30からの別の打ち合わせの15分前に下のこぞーを風呂に入れ、時間ギリギリに風呂から上がってとりあえず着替えて打ち合わせに。

時間が経つほどに体調が下降していくのが、これほどリアルに感じられるのも珍しいというぐらい、ヘロヘロな一日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/01

1st Birthday

下のこぞー、1才になりました。

心の中では、感慨深い色々な出来事が浮かんできますが、それらをじっくり思い返してブログに書いてるヒマが今はない。

なぜなら、その1才になったこぞーが大騒ぎだから。早く世話に戻らねば。あー、はいはい、今行きますって。

とりあえずここまで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »