« AIGジャパンオープン男子ダブルス決勝 | トップページ | お元気そうでなにより。 »

2005/10/10

鈴木・岩淵組優勝!

AIGジャパンオープンで鈴木・岩淵組が優勝しました。

いやー、りっぱ。第1~第3シードまで全部破っての優勝なので、ワイルドカードでの出場ではありますが誰にも文句は言われないカンペキな勝ちっぷりです。

ジャパンオープンで日本男子が決勝に行ったことは過去なかったはずとか前のエントリで書きましたが、こちらの記事によると実は男子ツアーの歴史上、日本人ペアで男子ダブルスの決勝に進出したこと自体初めてだったようです。

ふと気がついてみれば、鈴木選手は29歳、岩淵選手も30歳。

私にとってはいつまでも期待の若手ってイメージがありましたが、彼らももうベテラン。日本人選手は外国人にくらべて選手寿命は長いとか言われますが、どっちにしても二人ともこれからの伸びしろはもう期待できません(ダブルスはまたちょっと違いますが)。

この記事の中に、

「この優勝で男子もやるじゃん、と思ってくれれば」(鈴木)。男子復活ののろしが、高らかに上がった。

なんて一文がありましたが、確かにこの優勝はテニスやってる人間が聞けば、「おお、やるじゃん!」て思えるような結果ですが、これが復活ののろしになるかどうかはテニス協会にかかってると思います。これまで、松岡選手が現役で男子テニス貝を支えている間に、裾野を広げる活動や有望なジュニアのスカウティング、テニスを続けられる環境の整備といったことに対し、有効な手立てを打てずに今日の衰退を招いてるわけです(と、私は思ってます)。

少ない情報からしか判断できないので間違ってるのかも知れませんが、少なくとも自分が感じる限り、ここ何年も状況は大きく変わってないように思います。松岡、伊達、杉山などなど戦績を残してきた選手をみても、基本的には選手個人が頑張って成長し、そこまでの成績を残してきたということであって、協会主導の中長期強化プログラムの中から生まれてきたということではないし、ツアープロとして転戦し始めてからも、協会が何らかのサポートを定期的に行ってるということでもないし。

今回のジャパンオープンでは16歳の一藤木選手が若手の成長株として主催者推薦で出ていましたが、彼もご両親がより高いレベルのトレーニング・経験が積める環境をと考えてスペインに移住し、そこで活動をしてるのだとか。結局、個人が頑張ってるという図式だし、そういう環境を個人で手に入れられる経済的余裕がなければ、才能があってもテニスはできないという状況は変わってないんですよね。別にスペインに行かなくても、日本でテニスを真面目にやったらカネはかかりますからねぇ。小中学生のジュニアでも日々のトレーニングのレッスンフィー、シューズやラケットなどの消耗品、と試合のための遠征費とか全部合わせると、年間100万くらいは軽くこえちゃいますから。

サッカー協会とかに較べても、ビジョンとか理念とか何にも伝わってもこなければ伝えようともしてないし、相変わらずな感じもしなくもないですが、しかし、組織的に将来構想に向かって施策を講じて推進していくための母体はテニス協会しかないんですから、頑張って欲しいもんです。個人が成長して頭角を現すのをひたすら待ってるような状況からは早く脱して欲しいですね。

テニスネタを書くと、なぜか最後は協会批判になっちゃうんですが、まあ、自分が生きてるうちに誰かグランドスラム大会での男子シングルス優勝を見せてもらいたいなんて思ってるので、ついつい書いてしまうのかも。

何はともあれ、久しぶりにペアを組んでツアー史上、初の日本人ペアによる男子ダブルス優勝の快挙を成し遂げた鈴木・岩淵組には敬意を表したいと思います。

歴代No.1ペアが名を連ねるジャパン・オープン男子ダブルス優勝者の仲間入り、おめでとうございます。

|

« AIGジャパンオープン男子ダブルス決勝 | トップページ | お元気そうでなにより。 »

コメント

you wrote
> 私にとってはいつまでも期待の若手ってイメージがあり
> ましたが、彼らももうベテラン。日本人選手は外国人に
> くらべて選手寿命は長いとか言われますが、どっちにし
> ても二人ともこれからの伸びしろはもう期待できません
> (ダブルスはまたちょっと違いますが)。

そういえば、マッケンローがシュティッヒと組んで
ウィンブルドンで優勝したことがありましたなぁ...

投稿: ひろん | 2005/10/10 14:00

5-4、5-4って違和感ありません?

投稿: くし | 2005/10/10 21:51

> ひろんさん

懐かしいね、そのペア。シュティヒが全然だったのをマッケンローが引っ張りまくって優勝したって記憶があります。

> くしさん

ATPが今年からダブルスは5ゲーム先取にしたんだって?

違和感ねぇ・・・ありあり。
何かを変えて新しいことを試してみようという精神には賛同するが、その結果として5ゲーム先取のノーアドなんてのが結論だというなら、考えたやつは浅はかだといいたい。

どーせダブルスを早く終わらせてシングルス重視にしたいってことだろ。表向きの理由はともかくホントの理由はそんなところだ。きっと。

さっさともとのルールに戻せってのがワタクシの意見です。

投稿: あるじ(abee) | 2005/10/29 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/6331811

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木・岩淵組優勝!:

« AIGジャパンオープン男子ダブルス決勝 | トップページ | お元気そうでなにより。 »