« 南の島の2日目の食事 | トップページ | 南の島の3日目:ハナウマ湾 »

2006/01/14

餅つき

マンション管理とはちょっと違うんですが、本日はワタクシの住むマンションで「新年お餅つき」のイベントが開催されました。主催は住民交流プロジェクトで後援は管理組合理事会。このイベントは昨年5月に実施したイベントに引き続き、住民交流を目的としたイベントとして2回目になります。

住民交流プロジェクトは、ワタクシが理事になった期の理事会のメンバーを中心に、理事以外の居住者の方にも数人加わっていただいて、昨年より立ち上げたプロジェクトチームです。現在はメンバーを一部入れ替えて活動を継続中。

それに対して組合は何してるかってゆーと、基本的にはプロジェクトが持ってきた企画に対して検討を行い、承認の上でお金を出すってことが一番の役割。あと、イベントの準備、実施時の手伝い、後片付けなどの黒子仕事が大きな役割。

で、リジチョーたるワタクシの役割はというと・・・プロジェクトチームのメーリングリストの管理で便宜上自分も登録しつつもROM状態。あと、時々ミーティングにオブザーバーとして参加するも、わりと好きなことだけ言って帰る盟迷惑な人(オブザーバーじゃないじゃん!)。

しかしこのリジチョー、記念すべき第1回イベントの週は出張によって不参加。今回もかろうじて当日はいましたが、その前日までのさまざまな準備には、南の島へ逃亡中により再び貢献せず。自分で「住民交流プロジェクトを立ち上げる必要があると思いま~す。」って立ち上げといて、肝心なときにはいつもいない、ふてぇやろーです。

まあ、しかし今回は準備期間が足りなかった割には、前回のイベントである程度段取りの組み方が理解できてたこともあり、当日には大きな混乱もなく無事終了。1週間前までの申込人数が30人程度で心配しましたが、再度の告知を行ったところ、当日は大人と子供を合わせて70名ちょっとの参加をいただきました。

参加してくれた子供たちのほとんど全員が餅つきも体験できたし、イベントの最後の福引まで残ってくれた人はほぼ全員だったので、それなりに盛り上がってくれてイベント自体は成功したといえると思います。

一方で今後の課題となるであろうことも2回のイベントを通して少しずつ明確になってきました。

  • 参加者の層と面子の固定化
    2回のイベントともなるべく多く参加者を集めることを目的としたため、大人と子供の両方である程度楽しめそうな内容にしたことで、子供のいる家族の世帯の参加が多く、高齢者やご夫婦だけの世帯などの参加が極端に少ない。
  • 効果測定の定量化
    最終的にはアンケートで参加・不参加を問わず全世帯にアンケートを実施して、なるべく効果を定量化できるような指標を考えるワケですが、これが意外と難しい。。 でも、住民交流プロジェクトを後援している管理組合側としては、絶対に必要なものがこれなので、なんとかうまいこと作る必要があるのと、回収率を上げる工夫も今後の課題です。 一応、この2年間はプロジェクト扱いでやってますが、今後、プロジェクトまでいかなくとも組合主催で定期的に何かのイベントを行うには毎年の予算取りが必要になりますが、そのためにはこうしたイベントの意義と効果が居住者の生活に重要であることの証明をして、正当性があることを示す必要があります。 なので、居住者の意見が反映されているアンケートで、多数(気持ちとしては有効回答数のうち3/2くらい)が有意義であると感じてくれないと、イベントの継続的実施を主張しにくいと思ってます。

とはいうものの、最初から全部うまくいくわけでもないし、少なくともこの2回は参加者も多く最大公約数を集める目的は達成できているので、この実績をベースに少しずつ趣向や参加者のターゲット層を変えて、これまで参加に躊躇されてる方々が参加しやすいイベントを企画できればと。

なかなか大変ではありますが、自分が主体でやってる駐輪場のプロジェクトとは違い、ゼロから始まり積み上げた実績はすべてプラスへ向かう時期にある前向きプロジェクトなので、任期満了までの残り8ヶ月、プロジェクトチームの方々にはがんばっていただきたいと願ってます。

|

« 南の島の2日目の食事 | トップページ | 南の島の3日目:ハナウマ湾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/8167033

この記事へのトラックバック一覧です: 餅つき:

« 南の島の2日目の食事 | トップページ | 南の島の3日目:ハナウマ湾 »