« $5.25 | トップページ | 中村屋っ! »

2006/03/31

NIFTY-Serve

まだやってたとは知らなかった・・・。これですけど。

もともとがコンピュータ好きでもなんでもなく、この業界に入るまでパソコン通信てものがあることすら知らなかったワタクシにとっては、インターネットが初めてのコミュニケーションの手段だったので、なくなったところで全く影響はないんですが・・・

それにしても2万人に影響って、どの程度ほんとかわかりませんが、まだまだ使ってる人は多いんですね。

移り変わりの激しいこの世界にあって、19年もの間続けられたサービスってのはすごいっす。

|

« $5.25 | トップページ | 中村屋っ! »

コメント

ニフティサーブのきっかけって、通信機能付ワープロ専用機、富士通OASYS 30AFでしたっけ?
http://www.ipsj.or.jp/katsudou/museum/computer/FUJ-OASYS30AF.html

いろいろ物議を醸すジャーナリスト・大谷昭宏氏も「私はワープロ派だ」と先日TVでのたもうておりました。氏が(今はなき)OASYSユーザーかは不明ですが、まだまだPC切り替えしていない方もいるようですね。


投稿: momotoshi | 2006/04/01 10:15

OASYS、、、懐かしい、社会人になった当初はOASYS親指シフトを強要されたもんだ。。。
いまだに富士通はOASYSキーボードは作ってるみたいだけど。。。

当時メールといえば、外向けにはNIFTY、社内ではmail command だった。。。

投稿: やました | 2006/04/01 11:58

OASYS と言えば、

 "はときいん" でしょ。

私も、OASYSのワープロ(親指シフト)で、
Niftyを始めました。mailもねぇ.. 学術用の
ネットワークだから、仕事では使ってはいけ
ないと言われていた...

Linux なんて無かったので、DECのノートPC
に、BSDを入れて、emacs を使っている人が
尊敬されていた。。。(勿論CUI)

汎用機のストレージ(DASD)が1Gだったし、
携帯電話は弁当箱くらいの大きさがあった。

今では、ノートPCで、2Gのメモリーが搭載
できるし、携帯電話は、当時のPCよりも
高性能なコンピュータだからねぇ。。。


まさに、隔世の感。。。


投稿: ひろん | 2006/04/01 14:23

> DECのノートPC
なにっ? やっぱFMR-60だろ。

投稿: やました | 2006/04/01 16:34

>なにっ? やっぱFMR-60だろ。

ははは。
私にあてがわれたのは、FMR-30だったなぁ。

先輩が、FMR-60 を使っていて、特権階級が、
FMR-70 を使っていたような。

なぜか、書記さんは、TOWNSを使っていた。

投稿: ひろん | 2006/04/01 20:04

うーん、みなさん。世代がわかってしまうよーなコメント。。。

OASYSなんて、今の若いもん、さっぱりでしょーな。OASIS(標準化団体のね)の間違いじゃないのとか言われそう。

親指シフトなんて、なんのことかサッパリでしょーな。

TOWNSもまたしかり・・・

投稿: あるじ | 2006/04/09 08:31

みなさん、ローマ字みたいですね。JISカナよりいいのは分かりますが…。

親指シフトに比べたらあきまへん。

投稿: oyaoya | 2007/01/14 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/9367546

この記事へのトラックバック一覧です: NIFTY-Serve:

« $5.25 | トップページ | 中村屋っ! »