« 晴れた日 | トップページ | 今日も(ToT) »

2006/04/18

a sprained ankle...

その瞬間、

「めきょっ!!」

って、ゆったんです。「ぐきっ。」じゃないんです。「めきょっ!」って・・・
骨までいったかと思うくらいの激痛が・・・。


駅に着いて、バス停を見るとそこには府中駅行きのバスが。乗れそうかなと思って小走りにバス停へ。距離にして約50~60m。間に合いました。バス停について、乗車口の後部ドアまであと2mというところで、地面より一段(約10数センチ)高いバス停にいた高校生が不意に動いてこちらの方に。よけようと少しカラダをひねったときに右足の着地が当初予定より5cmほど右に・・・。

段差の切れ目に右足の幅の左半分だけ掛かったんですが、走ってた着地の勢いでそのまま踏み外し、外側に強くひねってしまいました・・・。

やった瞬間、さっきの音(が聞こえたような気がした・・)がして、同時に目の前真っ暗になって吐き気がしそうなくらいの激痛。これで私服でも着てたらガマンしないでそのへん転げまわって「いってーっ!」とか言えたんですが、今日に限ってスーツでした。さらりーまんたるもの、スーツ着てるときはアクシデントに遭遇しても、何事もなかったかのようにしれっとその場を立ち去らねばなりません。

そう思って、痛みをこらえ右足に体重かけたら、まったく力が・・・。どうにか左足一本で立ち上がったものの、完全に足を引きずり、バスのステップは手すりにつかまってよじ登るしかなかった。。。

どんな感じかわからなかったんですが、とりあえず空いてる席に座ってこっそり足首を両手で圧迫。なんか縛るものないか考え、もってたハンカチを取り出して、それで患部のちょっと上をギッチギチに圧迫して応急処置。とりあえず毛細血管からの出血を最小に。。

家の近くのバス停から家まで約100m。ホント、目に涙浮かべちゃいました・・・。

家に帰って患部確認。腫れてる・・・。氷で30分、圧迫しながら冷やし続け、どうやら痛みは少し治まったものの、やっちゃってから足を動かしたぶんだけ直りが遅そう・・・。

昔、現役でテニスやってた頃は、試合中に捻挫しても、よっぽどひどいの以外はやった瞬間にコールドスプレーがんがんかけて即座にテーピングでガッチガチに固めて圧迫して、そのままプレイ続けたりしてましたが、今考えるとなんちゅう怖いもの知らずな。

いまそんなことしたら、ホントに泣いちゃいます。いたくて。

そんなわけで、今日は帰ったら、ちゃっちゃと残った仕事を片付けて、風呂入ってビールなんて思ってたのに、ずっと冷やしてたから仕事は終わってないし、風呂なんか入ったら血管開いてまた出血しちゃうし、同じ理由でアルコールもダメ。

ふてくされてブログ書いてますが、そんなことをしてても仕事が片付くわけでなし。

今日はあるじの日ではなかったのね。。。

|

« 晴れた日 | トップページ | 今日も(ToT) »

コメント

いっ、痛そう。。。
(なんか、その光景が目に浮かぶ)

お大事に。

投稿: ひろん | 2006/04/18 10:02

> (なんか、その光景が目に浮かぶ)
やったことある人には、よけいにリアルなんだよねぇ・・・

いやー、ほんっとに、いたい。。。

投稿: あるじ(abee) | 2006/04/18 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/9643419

この記事へのトラックバック一覧です: a sprained ankle...:

« 晴れた日 | トップページ | 今日も(ToT) »