« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/31

時間取れず

今日は書きたいことが2つあったのに書く時間を作れず。

家に帰ってから気力があれば書きます・・・

たぶん明日の日付になるだろーけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/30

アゴが痛いす

いわゆる顎関節症ってヤツに違いないす。

いっぺんも診てもらったことはないんですが、症状とか調べた限り、顎関節症。

アゴ痛くて口開かないし、カクカク音もするんですよ。
これがまた、気色悪いんだよね~。

でも、アゴが鳴ったり、アゴが痛くて口開かなくなるみたいなのは昔からなのです。

硬いものをヘンな噛み方すると起きるときもありますが、多くは体調が悪くなったり疲れがたまってきたりしてるなーと自覚症状があるとき。

ストレスってやつですかねー。
今朝ぐらいからアゴが鳴り始め、ランチの時にはもう痛くなってた。

いかんですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/29

少し進んだ

あるじ、本日もほぼ完徹にて、ようやく1つピッチが形になってきました。

出来としては80%くらい。ただ、本来このセッションのスピーカーとしてのみ注力できてたとしたら、現状の出来は50%というところですが、もはや妥協せざるを得ないところは潔くあきらめて切り捨てた結果として80%です。
あとはIDC Japanから引用したいリサーチレポートのグラフの使用許可が下りたらそれを盛り込んで、あとちょこっと細かい修正入れておしまい。

しか~し。あるじはもう1本ピッチを作らねばならないのでした。だって、2つセッション担当してるから。あり得ん・・・。
そして、その1本の出来は50%。中心になるところは確定したものの、ストーリー自体が全部決まったわけではないし、特に最初の「起」の部分が全然未着手。イメージだけアタマの中にあって、でもまったくダンプアウトできてない。

そして・・・締切はいずれも今日なのでした。

あるじ、いぜん崖っぷち・・・

休憩、おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

あるじ、いよいよ崖っぷち

実際、崖っぷちなのですが、それはそれとしてブログだけは書いてしまうという悲しい習慣が定着しつつある今日この頃。

あるじ、残り約1週間ちょっとと迫ってきた会社のプライベートイベントで話す予定のプレゼンピッチ、いよいよヤバイですっ!

明日が締切だというのに、2つもピッチ作成せねばならず、しかしこの週末に片付ける予定だったのが完全に計算違いです。。。

昨日は上のこぞーの誕生日パーティで昼間と夜はアウト(しかしこれは一応想定の範囲内)。問題はその後。こぞー、翌日のボーイスカウトで使う、シーターポン(シーターポンについては別途解説予定)なるものを翌朝までに完成させねばならず、これがまたすんごい面倒で時間を要してしまい、またしても徹夜(しかしこの日はたまたま昼寝を2時間ほど取ることができてたので耐え切れた)。

本日1日、日曜に全てをかける予定が、上のこぞーをボーイスカウトに送った後、下のこぞーの相手やら何やらで会社に行くことができず午前中はパァ。午後になりおくさんと下のこぞーは散歩にでかけ、パターンではその後昼寝になるはずだったので出社を取りやめ家で仕事することにしたが、これがまた裏目に。

下のこぞー、散歩で1時間くらいはいなかったけど、その後戻ってきてから3時前まで全開。昼寝する気配なんぞまったく感じさせず。

結局、上のこぞーがボーイスカウトから帰ってくるのを駅に迎えに行ったときにやっと寝たが、あるじは家に戻ることはできず。なぜなら、会社行くつもりだったので、夕方18:15の英会話のレッスンを予約してしまっていたのでした。当日キャンセルはできず、消化扱いになるのでやむを得ずこれからレッスン受けに新宿に。

その合間をぬって、Excelsiorでカフェラテ飲みながらピッチ作りの真っ最中。

で、いま、アイデアがどん詰まりになったのでリフレッシュ代わりにグチブログを執筆してたとゆーわけです。

さて・・・ピッチ作りに戻らねば。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/27

物思いにふける

雨降り続く一日。

少し遅い、こぞーの誕生日祝いに、母がやってきた。

上のこぞーは、おばあちゃんから昆虫図鑑をもらって夢中。付属のDVDにも大喜び。

下のこぞーは、「ばぁちゃん、ばぁちゃん!」って、何をするにもおばあちゃんを呼んで。聞こえないときには、呼びながらそばにやってきて、母の手の人差し指をぎゅうって握って、「こっち、きてきてっ。」って目をしながらじっと母を見る。

母は、孫たちといるとき、嬉しそうだ。

小雨交じりの肌寒い日、ずっと、続いて欲しいと願う、暖かなその光景。

続いてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

でいじー

でいじーからのメールだった。昨日送ったらしいが、あるじは気がつかなかった。

我が仕事のパートナーにして、ほぼ同期入社のでいじー。クソがつくほどマジメだし、仕事はできるし、おまけに英語もぺらりんちょで、パートナーとしてこれほど心強いヤツ(でいじーはヤツなのであった)はいないのだが、あるじに対してはマッタク容赦ないのが玉にキズ。

その男がわざわざメールをよこすとは、いったいなんだろう。

あるじはメールを開いた。

ほほぅ。
でいじーいつの間にか、by-jobでactor(でいじーはactressではないのであった)を始めていたらしい。。。映画に初出演したようだ。そのタイトルは、

DAISY

なんと、名前がタイトルになっとる。すごいじゃん。て、思ったけど、ストーリを読んだら、ここでの「デイジー」は花のことであった。

そうか、でいじー。まだ人として出演はさせてもらえず、花となっての出演か。ま、何事にも下積みは必要だ。そのうち人間の姿、本来の自分で出演依頼が来る日も来よう。

その日まで、がんばれでいじー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

全仏男子単予選

今年も全仏オープンの季節がやってきました。

女子は本戦ストレートインの選手を除いてシングルスの予選は全員1回戦負けで姿を消したとのこと。
ま、やむをえないところはあるでしょう。

で、男子はというと・・・。もちろん本戦ストレートインできるランキングの人はいません。では予選はといえば・・・・・・・誰も出てないらしい。。。

ランキング低すぎて予選に出られないってゆー選手もいるんだろうけど、全員出られないってことはないはず。回避したのか何なのかわかりませんが、誰一人としてグランドスラム大会にエントリしないなんて、考えられないなー。

日本男子テニスの夜明けは遠い・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/24

あるじ、ちょっとメゲ気味

最近の多忙振りには、あるじもさすがにメゲてきました・・・。

マンションの管理組合の仕事も、家のことにしても、今は仕事優先なのでやむをえないところもあるんですが、マンションの方はちょっとヤバくなってきた。

いい加減やらないと、任期終わっちゃうのに約束したことができない・・・。
焦りばっかつのってくるけど前には進まず。

家の方は・・・。こっちも事情があって、なんとか時間を作りたいのにひねり出せない。

あせる。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/23

My Dear Son, Happy Birthday!

でいじ~は信じてなかったですが、今日はあるじの上のこぞーの誕生日です。

平日であり、また、下のこぞーの暴れっぷりに落ち着いて食事もできない状況なので、今日はとりあえずこぞーの好きなビーフステーキとクイーンアリスが出してるパティスリー クイーンアリスのキャンドルというショートケーキを食べさせてお祝い。

ステーキは100gくらいのヤツを3枚焼きましたが、うち2枚ほどを食われました。おくさんとあるじで1枚をはんぶんこ。うちのこぞー、ショートケーキに目がないので、私の分のキャンドルもあげることに。

誕生日のプレゼント、何がいいか聞いたら、おっきな自転車が欲しいというのでそれにすることに。でもこいつには普段からけっこう色んなもんくれてやってるからなー。甘やかしちゃいかんと思いつつも、まあ、誕生日はしょうがないって感じで。

最近は、屁理屈は言うし、言われたことすぐ忘れてやらないし、言い訳多いしで、おくさんによく怒られているばかりか、怒られてもやらないもんだからついにはあるじにまで泣くまで怒られる始末。でもねー、寝顔見てると、かぁ~いぃんす。

本音では元気に何事もなく育ってくれれば言うことなしです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/22

Elastico

さっき、「やべっちFC」みてたら、エラシコの生みの親はセルジオ越後だってゆー話が出てて、そういえばちょっと前の日刊スポーツに載ってたなーと思って、メモ代わりのエントリ。

エラシコ最初にじっくり見たのはナイキのCMでしたが、こんなんドリブル中にできるフェイントなのかとタマげた記憶があります。

このフェイントの生みの親がセルジオ越後なのかどうかはさておき、これを国際試合で初めて使ったのがリベリーノといわれてますが、その試合が行われたのは1968年のことだとか。

38年前に生み出された技ですが、使うやつが使えばいまだに大きな武器になるっつーところがすごいです。エラシコ、あなどれず。このナイキCM版では、ロナウジーニョについてたマークはエラシコで股抜きされて完全に振り切られてますもんね。今年のドイツW杯で一番注目のプレイヤーはやっぱロナウジーニョだなー。

ロナウジーニョって、ホント、すんごいよなー。プレイ見てて、特にマークを抜いてくところとかスルーパス出すときなんかで、「今何やったのか、よくわからんかった!」みたいなプレイと「何やったのかはわかったけど、なんでそういう風にボールが動くのかわからん!」みたいなプレイを両方できるからすごい。

エラシコ、ちょっと練習してみたいって気があるんですが・・・ネンザしそうなワザなのでビビッてます。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/21

MODEA

昨日、所用で荻窪駅に行ったときのこと。

荻窪駅北口を出て左手、ルミネの入り口近くにテントが張ってあって、そこでライブをやってました。今年の荻窪音楽祭の一環らしいですが、そのテントから流れる音にちょっと惹かれて、しばし立ち止まって聞いていました。

クラシック音楽を楽しむことを主な目的として、今年はモーツァルト生誕250年ということでモーツァルトをテーマに開催された荻窪音楽祭。会場はリニューアルされた杉並公会堂がメインで、それ以外の色々な場所、レストランや教会、福祉会館や病院など色々なところで開催され、このテントでのストリートライブもその1つということです。

そこでライブをやっていたのがMODEAというユニット。
Modea1
Modea2

最初はパイプイス10席くらいのところに3人ほど。それを遠巻きに眺める人が10人くらいだったでしょうか。それがいつのまにか50人以上の人が集まり、彼女たちの音に聞き入ってました。

クラシックを楽しむ荻窪音楽祭に参加してるということもあり、MODEAオリジナルの曲以外にモーツァルトのよく知られている曲のサビを13曲くらいのメドレーにして演奏してくれました。オリジナル曲もとてもよかったですね。そごう・西武の春のキャンペーンイメージソングに採用されたという「Romantic White」という曲もよかったですが、「流星の行方」
というのが気に入りました。あと、その日はやってなかった(と思いますが)のですが、MODEAのサイトにアクセスしたときに流れるBGMに使われている、「GARCON led to the Forest」という曲が一番好みかも。

ヴァイオリンとピアノ(キーボードかな)、パーカッションを駆使してつむぎだされるその音色は、クラシックを聞いたときのような安らぎや心地よさ、懐かしさを感じるメロディなのです。が、しかしその曲調はクラシックのそれとは違い、特に躍動感のあるリズムを作り出しているパーカッションのいろんな音色が、安らぎ、懐かしさと情熱を同居させた独特の雰囲気を作り出しているように感じます。

ビルの間のほんとに狭い空間で、ストレスが晴れるような爽快感と安らぎのある音楽を聞かせてもらいました。見上げると青空。陽の光に射し込まれて白く輝いている流れ雲。この日は暑かったこともあり、少し早い初夏の爽快な気分を味わうことができました。
Modea3

たまには、こうやって外でライブ演奏を聴くのもいいもんですね。

PS:
ちなみにこの30分後には大雨土砂降りになって、電車降りたあと最寄駅から家に帰れずボーゼンと立ち尽くすあるじでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニンテンドーゲームキューブ

えー、ゲームの類はもうかれこれ5年くらいやってません。

やっぱり子供ができて、あんまりゲームやってるところ見せたくないとゆーのがありまして、やる回数が減っていくうちに新しいソフトを買うことも少なくなり、今ではもうまったく。
そんなあるじの家に、突如ニンテンドーゲームキューブがお目見え。

以前の会社の同僚が、ニンテンドーゲームキューブをタダでワタクシにくれました。新品です。

なんでも、会社の売り上げ目標大幅達成飲み会の抽選で見事1等を引き当て、もらいに行ったら商品がこれだったと。しかし、自分の家には3年前からテレビがなく、ゲームやろうと思ったらソフトのほかにテレビを買わなきゃいけなくなるので、いらんとのことでした。

そんで、うちにくれることになりました。らっきー。

お礼にランチで1600円弱のカレーをご馳走させてもらいました。

さて、次はソフト探しにいかないと・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/20

第2回住民交流会(の朝)

本日は、ワタクシが住んでるマンションの、2回目の住民交流会の実施日です。

が、りじちょーたるワタクシは今年も出ることができません。いま、ホントに仕事終わんなくて・・・。

しかし、2部制になってる夜の部には出ようと思っています。昼の部は出られませんが、あと4時間半後に市の施設からイベント用にプロパンガスとか長机とかもろもろ仮に行って、車で運んできて準備するところまではやろうかと。

その後はお仕事に戻ります。

でもなぁ、今日も徹夜しちゃったから昼はけっこうツライかも。。。少し、仮眠を取ったほうが良さそうなので、今から寝ることにします。

では、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

めがね、その2

新しいめがね、なかなか気に入ってるんですが、気になることがあって考え込んでしまいました。

いままで使っていたものより、レンズが汚れるのが早い気がする。もともと、まばたきするだけで、目からの分泌物が飛散とかして付着するって聞いたことはあるんですが。

なーんか、拭いても拭いても刷毛でこすったような汚れのあとが・・・。

んで、トイレ行って鏡をじーっと見ててわかったんですが、どうやらまつげがレンズの内側に触ってるらしい。。。
普通、レンズにまつげがさわってしまうのは調整がうまくいってない場合なんかです。なのでパッドとかの位置など調整してもらう必要があるんですが、見た感じそんなに目とレンズの距離も近いようには見えない。

どうやらまつげが長すぎるらしい・・・。

切ってみようかと思ったけど、失敗してヘンに切っちゃって妙な形になったり、なくなっちゃったりしたときのことを考えると、怖くてできん。直線的に前にまっすぐ伸びてるから触ってるような気がするので、ビューラーでカールしたらさわらなくなるかな。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

めがね

あるじ、今日は3時半に起きました。

仕事も佳境に入ってまいりまして、6月初めのプライベートイベントが終わるまでは、どーにも不健康な生活からは抜けられまへん。イベントやるのが仕事ならマッタク問題ないんですけどねー。このイベント絡みの仕事が、ものすごい負荷が高い割りに本業じゃなかったりするもんだから、本業圧迫で苦しんでるワケです。

そんなグチはさておき、ようやく6時になって別件のセミナー用プレゼン資料の作成が終わりました(でも、今月中にあと2本、スクラッチでピッチ起こさないといけないんですぅ・・・)。少し、息抜きがてら、ブログと皿洗いを・・・

何を書こうかと思案してましたが、めがねにしました。

ワタクシ、普段はめがねしてるんですが、下のこぞーが魔神と化しつつある頃から次第にレンズに傷がうっすらつき始めました。そして、今や破壊神トドラー、まさに核弾頭がオムツはいて飛び回ってるような状態になっており、何度も不意打ちをくらっては18年前に亡くなったじいちゃんがすぐそこに見えちゃうような体験をしてきたわけですが、おかげでレンズは傷だらけ。

何度も変えようと思いつつ、忙しさを理由にメガネ屋に行ってなかったんですが、ようやく買ってきました。で、レンズ交換のついでに、もう1つめがねを新調。

20060519megane

今までのとはちょっと違う形と色にして、気分で変えられるようにしました。レンズの形状もやや長方形っぽい感じに。ただ、かけたときの印象を柔らかくするため、レンズのフレームはなしのタイプにしたので、これで下のこぞーの相手はできません。

なので、また今週中にBicカメラに行ってきて、使い捨てコンタクトを買ってこようと思ってるところ。こぞーどもの相手をするときだけコンタクトレンズ。壊れても失くしても惜しくない。

それなりにお金はかかってしまいましたが、けっこう気分が良いのでよしとしましょ。

さて、んじゃ、皿洗いしてきます。でわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

ゆびでぶ

今回のシカゴへの出張は、ネンザという不幸に見舞われましたが、それ以外にも別のところで不幸になってました。

恐れてはいたのですが、帰国後初めて体重計に乗ったら・・・

そういえば、なーんか、ユビが太ったような気がしてたんですよ。骨と皮で薄くしか肉のないユビが太ったなーなんて感じてしまうってことは、他のところは相当・・・って感じですよね。

久しぶりに例の数字を出すと、416ってことです。

ほんと、まじめにやばいす。

目標は8月末までに5kg減です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/17

御祓い

あるじがおんなじ箇所をネンザしてしまったことは、マメにこのブログをご覧いただいてる方はよくご存知のことと思います。

やましたさんからは「同じところをネンザするのはトシとった証拠だ」とか、冷たい言葉を頂戴して凹んでるところですが、そのうちあることに気がつきました。

ネンザした時に履いてた靴、同じです。明るい茶色の革靴。しかもけっこうお気に入り。で、今日も履いてるのでよく見てみたんですが、2回ともハデに転んで足首も思いっきり捻ってるのに、この靴、捻った側の皮とかに全然傷がついてないんです。。。

お、おそろしい。。

この靴に祟られて、あるじはネンザこいたのかも知れないと思い、自らの念でお祓いをしました。正確にはお祓いではなくお願いしたんですが。

「ネンザ、とっても痛いんです。何か悪いことでもしたんだったら猛省しますんで、どうかひとつご機嫌直してもらえないもんでしょーか。あるじ、これ以上ネンザすると立ち直れないので、かんべんしてください。」

って、目をつぶって両手を右足の靴にかざし、念を送っときました。

これで勘弁してほしいもんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

サッカー独W杯日本代表FW

昨日、サッカー日本代表のメンバーが発表になり、FWは5名でJEF千葉の巻が入ってFマリノスの久保が外れるという事態になりました。

個人的には、久保が外れたのは残念でした。。。

確かに最近はコンディション不良で、しかもそれがなかなか上がってくる気配がないし、FWの軸に据えるにはあまりに計算できないこの状況を考えるとやむを得ずと思えるところもありますし。

また、ジーコは監督としてどうかってのはまあ、賛否両論あると思いますが、少なくとも選手としては海外でのプレー経験もあり、W杯を経験した超一流プレイヤーだったことを考えると、その選択基準は前々回の岡田監督がカズを外した時よりは、はるかに納得いくものがあります(ちなみに、ワタクシ的には岡田監督が何を言おうが彼の判断は間違っていたと今でも思ってるし、結果からみても間違っていたと言われても仕方がないと思ってます、はい)。

でもなー、久保くらいしか点取ってくれそうなイメージ、持てないんですよね、見てても。久保以外だと大黒です。なんだかんだで、ドイツW杯最終予選では一番点取ってますもんね。たしか3得点。4試合で3得点じゃなかったかな。。

ジーコ監督から信頼の厚い柳沢ですが、ワタクシ的には特に必要性を感じないので枠がもったいないなぁって感じです。最近でこそFWは点を取ってこそなんていう発言も耳にしますが、気がつくのが5年遅いす。何でもできるほかに、点も取れるみたいなのが強みみたいに言われてますが、FWである以上順番が逆です。点取れる他にXXXもできるとかじゃないとね。

高原は点を取ろうという意思はすごく感じるんですが、でも結局点取れてない。

何気で期待してるのは巻。ワタクシもかつてアイスホッケーやってましたが、アイスホッケーやってたのであれば当たりにも強いだろうし、踏ん張りも効くんじゃないかと。アイスホッケーやってると、内モモ、すごく鍛えられるんですよね~。あと、アイスホッケーってインターバル走をずっとやってるようなもんだから、それを生かして試合の後半になってもここぞというときに馬力効かせて最後まで動いてくれそうな気がします。

巻なら空中で相手のDFふっ飛ばしながらカラダごとゴールになだれ込んで点取ってくれそうな雰囲気は感じます。欧州やブラジルとやるには技術と経験は足らんのでしょうが。

玉田は・・・ま、いーや。

それ以外だと・・・ワタクシがFW以外で点取ってくれそうなイメージが一番あるのは、ヒデでも小野でも小笠原でも中村でもありません。

福西。福西って動いてるときや宙に浮いてるときの体のバランスもいいし、シュートセンスも感じるんですよねー。
柳沢よりよっぽど点取ってくれそう。

FWには常に不安がつきまといますが、奇跡の爆発を願って応援してます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/16

あるじのユウウツ

ユウウツと言えばユウウツだが、といってユウウツだと言ってても解決はしない。

だからといって何かをすれば解決するとゆーわけでもない。

だからユウウツになるのかなぁ。

がくっ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/15

足首、ちっとだけ重症かも

あるじ、足が痛くて眠れません。。。

シカゴ出張中に、直りかけてた右足首を再びネンザしてしまったワタクシ。その日はなるべく足を動かさないようにしてセッションを最後までこなし、寝る前には持っていった冷湿布を張って、翌日以降はたまたま持っていったテーピングでなんとかこなしてました。

でも、やはり捻ったあとすぐに冷やさなかったことと、その後すぐ歩いてしまったのが良くなかった。今日になってもあんまり痛みは引かないし、右足首の腫れもちょっと大きめ。なにより、内出血してるところの腫れが小さくならず黒ずんでるところの面積も小さくならない。内出血自体は止まってそうな感じではありますが・・・

ホントは病院とか行きたかったけど、着いた日は土曜日でもう夜遅かったし、翌日は日曜日で病院やってないしだったもんで。けど、これ、明日会社休んで病院か鍼灸院に行って、骨折してないかどうかと溜まってる血を抜いてもらうかしないとダメそう。

このままだと、仕事にも差し障りが出てきそうなので、明日はちょっと休んで行ってこようと思います。
うーん、あるじ、外傷的な痛みには弱いです。。。根性ナシなもんで、ヤンキースの松井みたいに骨折しててもグッと堪えて痛みに耐えるなんてマネはできません。痛いもんは痛いんで。

うーん、シカゴ出張、運気的にはトータルではマイナスだったんだろうか。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シカゴ最終日の朝ゴハン

シカゴ滞在最終日にもセッションがありました。午前中いっぱいセッションで、そのあと午後3時のJALで帰国予定。セッションは朝8:30~12:30までというタイトなスケジュール。タイトってゆーか、国際線で帰国するヤツのこと、ほとんど考慮してないとしか思えないスケジュールです。

そんな忙しい最終日でもホテルのつまんない朝食は食いたくないあるじ、まいぼすとでいじーを連れ立って、なーんとタクシーで朝食を食べにホテルを7:00に出発。あいにくの雨だったこともあり、タクシーもやむを得ず。

シカゴ最終日の朝食を飾るのは、ガイドブックいわく「アメリカで一番おいしい朝食」が食べられるという、Lou Mitchell'sという店のお食事。
20060512chicago4

この店、朝の5:30からやってるんですが、あるじ達が到着した頃にはずいぶんたくさんのお客がいてました。この写真で店の中半分くらい。あと半分も同じくらいの広さで既にお客でいっぱい。
20060512chicago11
この写真の空いてる席も、このあと15分くらいの間に全部埋まりました。

オムレツが10数種類あって、それ以外にも様々なメニューが。まいぼすはマッシュルームとダイストマトのオムレツをオーダー。けっこうさっぱり系の味付けっぽくて、あるじ的にはフレッシュトマトのダイス入りオムレツは好きです。

あるじはSpinach Omelet、ハム(たぶん)とホウレンソウ入りのオムレツ。それにHash Brownsを添えてもらって。
20060512chicago2

オムレツ頼んだら、何種類かのパンのうち、好きなのを選ばせてもらえます。これはレーズン。バター塗ってきてと言えば塗られた状態で出てきますが、あるじは自分で塗るのでそのまま。
20060512chicago1

おまけにチーズも入ってて、ふんわりアツアツです。んま~いっ!でもねー、でかすぎ。写真だとよくわからんかも知れませんが、この皿(つーかフライパン)、けっこう深いんですよ。確かにふんわりした仕上がりですが、いくらふんわりでもタマゴ1個か2個使ったぐらいじゃこうはなりません。少なくとも3つ、下手すりゃ4つは使ってます。
20060512chicago3

これ以外に、オレンジの6分の1個くらいとプルーンがついてきます。オレンジはよく熟してて美味しい。プルーンはニガテな食いもんなんですが、ここのプルーン、美味しかったなぁ。ほのかにシナモンの香りと味がして、なかなか美味しいもんでした。

せっかく撮ったからもうひとつ店の前の写真載せちゃお。
20060512chicago5
このお店、いまどき珍しい(そうでもないのかな?)キャッシュオンリーの店でした。カードで払おうとしたら、カードは使えんので現金で払ってくれといわれました。ないなら、そこにATMあるからおろしてくればいいと言われました。

なんだかんだで、食事だけはそれなりに充実させたシカゴ出張でありました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/14

シカゴ3日目

3日目、あるじの疲労と足の痛みはピークです。

前日のネンザで直りかけの足首に致命的なダメージを与えて慢性化に向けて着実に進捗しつつあるだけでなく、加えて昨日の会場の空調が効きすぎで寒くて血行が悪くなったところに、合わないマクラで寝たら筋をちがえたのかと思うくらいのひどい肩こりに一晩にしてなってしまいました。

しかしラッキーなことに、この日はオフサイトではなくホテル内のカンファレンスルームを使ってのセッションだったので、移動に苦労させられることが少なくてすみました。

本来ならば本日も朝食は他でいただくところですが、足が痛くて歩けないのでホテルの地下にあるレストランでバイキング形式の朝食。見せるほどでもないので多くは語らず。

午前中はおとなしく割り当てられたBreakout Sessionに出席。ワタクシは1月半ば入社の新参者ですが、例年Kick-offに出てる方々に聞きますと、今年はプログラムもしっかり組んであるし、販売・アライアンスパートナーも集めてソリューション展示やったり、ユーザーをゲストスピーカーに招いて各セッションで話をさせたりと、かなり気合が入ってて例年とは違うとのこと。ま、ぶっちゃけマッタク遊ぶ余地ナシってことらしいです。

午前の前後半のセッションの合間にある休憩時に、EMEA(ヨーロッパエリア)を統括しているマーケティングマネージャにばったり会いました。その時に、EMEAとJapanの間で、マーケティング活動を行う上での共通の問題点について、ランチタイムにミーティングやろうという話になって、ランチもホテル内でとることになってしまいました。いやー、ホントに仕事だな、これじゃ。

ただまあ、このミーティングはそれなりに有意義でした。各Region/Countryから個々にUS本社に言ってもなかなか声が通らないことも、EMEAやJapanなどから内容・時期を同じくした提言を挙げることで、地域特有の問題ではなく(それはそれで提言することは必要ですが)US以外の地域共通の問題点であり、それはすなわちGlobal Companyを標榜するならば全社的な問題であると主張することができるようになります。となれば、それに対する対応もこれまでより期待できるだろうというのが狙い。

ちょっと新鮮だったのは、こういう提言をEMEAという巨大な市場を持つヨーロッパエリアのマネージャから持ちかけてきたということですね。
これまで経験した外資系では、USはもちろんですがEMEAもかなりの力を持っていて、US落ちてきたDirectionをそのまま踏襲するというのはEMEAでは必ずしも行っておらず、自分らがいいと思ったことはUSが指示してきたアプローチと違ってたとしても勝手にどんどん進めて、「要は結果を出せばいいんだろ!」みたいなのがEMEAだったりしたんですが。
まして、EMEAからアジアエリアや日本に対して一緒にやっていこうなんていわれたこと、過去の外資系ベンダーではマッタクなかったんで。

またしても書くほどのことのないランチをホテルで済ませ、午後のセッションへ。このブログでは内容はかけないですが、このKick-offで経営陣が言いたいことはかなり明確になってて終始一貫してたので、理解しやすい内容になってました。が、このまま日本で展開するのは色々とハードルがあるのもまた事実。それを考えるのがマーケであるワタクシとでいじーの役目です。

午後後半のセッションは、まいぼすの指示によりキャンセルしてワタクシとでいじー、まいぼすの3人で、まいぼすの部屋でミーティング。今月予定している記者説明会のコンテンツの最終確認と登壇者の役割、ロジスティクスなどについてです。

うーん、あるじ、ちゃんと仕事してるわけやね。たまに仕事のことマジメに書くと、つまんない割りに長くなるな。。

ようやく本日唯一の楽しみだった夕食。まいぼす、でいじーと3人でタクシーを拾ってレストランへ。歩いても15分くらいですが、雨も降ってるしワタクシは歩きたくない状態なのでタクることに。

本日の夕食をいただくレストランはVong's Thai Kitchenです。hubbard St.とN. Rush St.の交差点近くにあります。Hubbard St.沿いは美味しい店があるようです。

予約なしで行ったらそこそこ混んでて、併設されてるバーで待つことに。まずはタイのビール、Singhaで乾杯。
200605113

15分くらいで席ができて移動。バーの支払いはバーで済ませましょう。レストランとは別勘定です。タイ料理とはいえ量はアメリカなはずと考え、やや少なめにオーダー。本日は5品です。

北京ダックロール(奥)と細切りチキンのサラダ(手前)と、あとなんかよくわかんなかったやつ(奥の右側)。
200605114

たぶん、ガーリックチキンライスヌードル。ちょっと辛くてウマい。パクチーはニガテなんですが、そんなに感じないので大丈夫。少しもダメな人はダメです。入ってることはちゃんとわかる味なので。
200605115

レッドカレー。グリーンカレーがなかった。。。でもウマい。
200605116

お店は客でいっぱいで繁盛してるし、昨日行ったイタリアンよりは客層も幅広く若い人も多いしスーツ姿でないカジュアルな人もいて、こっちの方が気楽に食べられますが、料理はちゃんとウマいのでおすすめできます。アメリカ料理に飽きたらぜひどうぞ。夕食は日々充実していてグッドです。

帰りもタクシー。店を出たのは21時を過ぎてたと思いますが、流してるタクシーも比較的多いのでそんなに苦労せず捕まえることができます。ダメなら店に戻って呼んでもらえばいいし。

ようやく3日目が終わり、足の痛みも少しだけ和らいできたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シカゴで泊まったホテル

今回、あるじが泊まったホテル、ハイアット・リージェンシー・シカゴの部屋はこんな感じです。本来は障害者用に考慮された部屋なので、そこそこ広く作られてました。
200605112

200605111

ま、とはいえふつうの部屋です。特に景色がいいわけでもなく。

ホテルのロビー。ちょっとくつろげる感じにはなってます。
20060512chicago7

でも一度も利用せず。ホテルにいるときはセッションに出てるか部屋で仕事もしくは寝てるだけだったもんで。
20060512chicago6

いちおう高級ホテルらしいですが、ホテルがあるブロック周辺にはあんまり店がなく、ロケーションはそんなにいいとは思わなかったです。たぶん、自分で選ぶならここには泊まらないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シカゴ2日目昼~夜

Sales Kick-off Meetingの会場であるAuditorium Theatreはこんな感じのところです。この写真は、今回の出張ネタエントリの中で唯一仕事に直接関係ある写真です。うーん、貴重だ。
20060510chicago9

昼食は近くのベーグル屋にでも行こうかと思ったんですが、あるじ、気の迷いでつい用意されているランチボックスを手にしてしまいました。
20060510chicago5

この手のものには過去何度も裏切られてる(ある意味期待通りでもある)にも関わらず、初めての土地、シカゴということでつい淡い期待をしてしまったのかも知れません。当然、イヤな予感もするので少しでもいい気分で食べられるよう、劇場を出て近くのGrant Parkへ。
20060510chicago7

リンカーンの銅像がある広場で、同僚のでいじーとお食事。
20060510chicago6

想像以上のマズさに完食には遠く及ばず。

マズいもん食って運気が悪くなったせいか、この後、あるじはとんでもない事態に陥って再び不幸になるのでした。(ToT)

中略。

あるじは痛む右足を引きずりつつも、同僚のでいじーとともに夕食へ。本日はJALのCAに教えてもらったイタリア料理屋へ。予約するときにドレスコードでジャケット着用とか言われてたのをでいじーはあるじに教えてくれなかったんですが、まあ他にも着てない人はいたのでよしとしよう。

この店、雰囲気もよく、入ったときには気づかず、座ってから気がついたのですが男だけで来てるのはうちらともう一組くらいで、あとは全部女性を連れている客ばっか。

で、出てきた料理も全部写真とったんですが、フラッシュたけなかったのでピンボケばっかで載せるのやめました。でいじーがこの店でフラッシュたいて撮るの恥ずかしいからやめてくれって言うんです。ち。しょうがない。

場所はHubbard St.とN. Franklin St.の交差点にあるCoCo Pazzoというお店。CAの方が言ってた通り、ちゃんとアルデンテなパスタと少し芯が感じられるリゾットが出てきてウマかったです。アメリカでパスタ食うと、たいていうどんみたいにデロデロに茹で上がったパスタが出てきたりしますが、ここのはホントにウマいです。

昼間のマズいランチボックス分の不幸は、このトスカーナ地方の料理を食べられるイタメシ屋で取り戻しましたが、少し前に捻挫で痛めた右足首を再びネンザこいてしまった分の不幸分はまだ取り戻せずな1日でした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シカゴ2日目の朝ごはん

あるじ、2日目はあまりネタがありません。

なぜなら、2日目からはお仕事の予定が一杯で、ちーとも遊びにいけないからです(つーか、仕事できてるのだから、仕事の予定で一杯なのは当たり前なのであった)。

今日は朝の8:30から市内の劇場、Auditorium Theatreを借り切ってのSales Kick-off Meeting開始です。しかし、それでも何とか旅の気分を味わいたいあるじは、ホテルで食べられるはずの朝食には目もくれず、同僚のでいじーを連れ立って劇場近くのArtist's Snack Shopに朝食をいただきに出発。
Pict0004

頼んだのはいくつかあったオムレツメニューのうちのひとつ。やはりアメリカの朝食は食いでがあります。
20060510chicago1

中にカッテージチーズが入ってて、ちょっと酸味があるのでサッパリ感のある味わい。いままであんまり食べたことない味のオムレツでした。
20060510chicago2

朝食もいただきまして、8時過ぎには店を後にして会場へ。

会場に向う途中、ビルの出入り口の窓枠のペンキ塗り替えをしてる人をみかけました。
20060510chicago4
長い棒の先にペンキを塗る刷毛を装着して塗ってました。確かに脚立にも上らずできるのですが、細かい作業はできないため当然塗り方はテキトーで、塗りムラ、塗り漏れあり仕上がりです。日本で自分の家のペンキ塗り替えをこれでやられたら、カネは払いませんな。やり直しです。

やはりアメリカ。クオリティに対する意識は日本とは違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

シカゴ初日の晩御飯

初日の晩ご飯。

いちおう、会社のWorldWide Sales Kick-off Mtg.に参加してるので、オフサイトのレセプションパーティがあります。

そうそう。あるじは出張で海外に行っても、このブログでは仕事のことはほとんどネタにしないので、何してるのかわからないまま出張記が終わり、単なる食い倒れブログになることしばしばですが、出張であるからには仕事です。で、今回は会計年度の始まりに際し、Sales Business Unitに所属する全世界でのkick-offイベントがシカゴで行われ、マーケティングからもちょこっと参加させてもらったワケです。

で、レセプションでゴハン食べられるのですが、今回は滞在が3泊4日しかないため、ナニが出てくるかだいたい想像の範囲内の食事より、名物料理でも食いたいなーということで出発。

会社を出てE. Wacker Dr.をシカゴ川沿いに西に1ブロック。N. Michigan Ave.を右に。これはその交差点で曲がるほうと反対側をパチリ。

20060509chicago31

そこから北上してHubbard St.を左に入るはずが、立体交差になってることを地図から読み取れなくて一本先のIllinois St.を左折。かくかく曲がりながら当初予定のHubbard St.に戻ってあとは西に向ってまっすぐ。歩きでだいたい10分ちょっとくらいだったでしょうか。Hubbard St.とN. Wells St.の交差点にある、こちらのお店でこの日の夕食をいただくことに。
20060509chicago33

Lou Malnati's Pizzeria。シカゴ名物、ディープ・ディッシュ・ピザの美味しい店と聞いて行きました。この日頼んだのはミネストローネとピザのMサイズ。Mサイズを3人でシェアしました。
20060509chicago32

20060509chicago34

うーん、でかい。厚い。ピザの皿が5cm近い深さで生地の厚さもかなりのもん。そこに具がさらに厚みを増して・・・
20060509chicago35
20060509chicago36

すんごいお腹いっぱい。これ、たしか3人で10ドルしないくらいじゃなかったかな・・・。酒飲んでないから安くすみました。味も、見た目よりはさっぱりしてて、このチーズがまたなかなかグッド。この大きさを1人2切れでしたが、飽きることなく最後までいただける味でした。

たまたまだと思いますが、日本人とか旅行者風の人もあまり店内で見かけず、地元の人が多いような感じの店だったので、地元に支持されてるピザが食えたと思ってよいみたいでした。

で、撤収する頃には9:00頃に。あたりは暗いですな。
20060509chicago37

帰りも歩きでN. Wells St.を南下し、高架を走るBlue LineとPurple Lineと平行にシカゴ川を越えるまで直進。あとはW. Wacker Dr.をひたすら川沿いに東へ。これはW. Wacker Dr.に出る前の、シカゴ川にかかる橋の上から下流(東側)の風景です。
20060509chicago38

いちおう、知らない土地なんで注意しながら歩いてましたが、思ってたよりは危なそうなところはなかったですね、行きも帰りも。ガイドブックなんかの注意書きも読むんですが、行ってみたら情報が古かったりするのでホテルのコンシェルジェで聞いたりして、あとは実際に行ってみてヤバそうだったら引き返してタクシーに乗るとかするのが多いんですが、今回は歩いてても大丈夫そうだなーと思って、てくてく歩いてました。

行きは夕暮れ時、帰りはもう暗い時間でしたが、まず通った道では車も多く、ベンツやベントレーなんかの高級車も路駐してたりするし、あんまりボロい車もそんなに停まってなかったこと、店には子供連れも多く、見た目ヤバそうな格好の客もいなかったこと、地元の女性が1人で歩いて帰宅する姿を何度か目撃したことなどから、まずまず安全なのかなと判断しました。21:00過ぎでも女の人1人で歩いてたりしてましたんでね。

初日、初めての土地にしては有意義な夕食でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/12

シカゴ初日その3

シアーズタワーからの帰りはループ(L)を使って帰ることにしました。雨もぽつぽつ降ってたので。シアーズタワー近くのQuincy駅まで歩いていき、そこから乗ることに。
20060509chicago21

よくわかんなかったですが、CTATransit Cardを5$分買ってオレンジラインに。ループには複数の行き先の路線がありますが、パープル、オレンジラインはこっちのホーム、ブラウンはあっちみたいに書いてあるので迷うことはないですが、そのラインがどっち回りなのかはホームとかにある路線図みないとわかりません。なので、最初にインフォメーションに寄ってBus & Rail Mapとゆーヤツを手に入れておくと便利ですね。ワタクシの場合、行きに歩いてるときに見つけたシカゴ・カルチュラル・センターの中にあるインフォメーションを見つけたので、そこでもらいました。

Transit Cardがあると自動改札なんですが、日本の自動改札機と違ってカードを入れる向きを上下だけじゃなく裏表も間違えずに入れないと反応してくれません。日本のは優秀だなぁ。一緒に行った方がなかなかゲートを通過できず少々てこずったものの、めでたくホームに。同じホームに違う路線の電車が入ってくることがあるので、電車の先頭車両の上部の行き先と色を確認。特にアナウンスなどの予告なく入線してくるので油断すると行き先が確認できないす。まあ、とりあえずは無事車内に。
20060509chicago22
中は思ったほど汚くもなく、まあ、普通でした。
3つ先のState/Lake駅で下車。いったんホテルに戻りかけたんですが、ちょっと買い物をしに行くことにしてOld Navyのあるところまで歩くことに。ループはこんな感じのところを走ってます。
20060509chicago23

歩いてる途中で、さっき見たやたらに高い教会を再び発見。遠目から周りのビルと比べるとこんな感じ。
20060509chicago25

買い物終えて再びカルチュラル・センターへ。こんどは反対側、Washington St.側から中へ。3階にティファニーがデザインしたドームとステンドグラスがあるというので、見に行ってもいいかそのへんのスタッフに聞いたらOKだというので見せてもらうことに。
20060509chicago26

20060509chicago27

帰りはちょっとだけGrant Park内を通ってホテルに。パーク内の野外シアター。
20060509chicago28

その他、帰り道でみたビル。ぜ~んぶでっかい。
20060509chicago29

20060509chicago210

このビルは、窓一面に向いに建ってるビルがきれいに写ってたので撮っちゃいました。
20060509chicago211

それにしても、今回はビルばっかりだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シカゴ初日その2-シアーズタワー

シアーズタワーに行ってきました。既に30年以上前に造られたビルとは思えないですが、現在は世界第3位の高層ビルだとか。110階建てで443mですが、オフィステナントが入っている高さとしてはまだ世界一だとか言ってた気がします。

スカイデッキに行くにはカネがかかります。入り口は、オフィスへのエントランスがあるFranklin St.側ではなくJackson Blvd.側にスカイデッキ用のエントランスがあります。そこからチケット購入カウンターがある階にエレベータで行きます。チケット買ったあとは、シアーズタワーの生い立ち映画を見せられて、その後スカイデッキへ。

エレベータの中、扉の上部にディスプレイがあり、へんちくりんなアニメキャラがなにやら説明を始めます。
20060509sears8

スカイデッキは103階ですが、到着まで約50秒くらい。到着と同時にアニメキャラはお役ご免。高速エレベータですねぇ。
20060509sears1

スカイデッキの中。意外に広くない気がする。
20060509sears5

お土産屋。こぞーに何か買っていこうかと思ったけど、あまり心に響かないものばっかだったので買わずじまい。
20060509sears6

スカイデッキより四方を眺める。まずは南側。ここから見えるところより奥に南下すると治安が悪くなるエリアらしい。
20060509sears2

南東方面。ミシガン湖がでかい・・・。ミシガン湖近くに見えるスタジアムがNFLのシカゴ・ベアーズの本拠地らしい。
20060509sears3

やや北東側。マグニフィセントマイル付近。いやー、でっかいなーこのビル。200m級の高層ビルが全然高く感じないわ。
20060509sears9

北西方向。やや北寄り。
20060509sears4

西側。こっちも見えるところより西側に行くにつれ治安が悪いらしい。
20060509sears7

うーん、ちょっとシカゴ来たって感じがして少しマンゾク。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/11

シカゴ初日その1

初めてのシカゴ滞在。シカゴといえばワタクシの頃はNBAブルズ。マイケル・ジョーダンが一番思い浮かびます。それ以外だと、アル・カポネとかシアーズタワーとかそんなイメージ。

オヘア空港からバスで30分くらいの移動。さすがに摩天楼発祥だけあって、ダウンタウンが近づいてくるにつれ、多くの高層ビルが見えてきました。
20060509chicago1

15:00ちょっと前に宿泊先のハイアット・リージェンシー・シカゴに到着。けっこう、高級ホテルらしい。チェックインし、もろもろの手続きもすませてナニはともあれ街中へ。この日の午後しか自由に動ける時間がないので、大忙しです。

この日は街中をぷらぷらしつつ、シアーズタワーには行ってみようと思ってたので、まずは歩きでループエリアの方に。ホテルから出てすぐ、さっそく高層ビルが。ついつい上を見上げてしまうあるじ。
20060509chicago2

E. Randolph St.を西に向って歩いてたら、最初のループの駅を発見。Randolph駅でした。
20060509chicago3
でも行きは歩きなので利用せず。

そこを過ぎてState St.を1ブロック南下し、Washington St.を西に向って2ブロックほど歩いたら、やたらに高層な教会を発見。シカゴでは教会も高層ビルなのか。
20060509chicago5

シビックセンターを通り過ぎて次の通りを南下し、またちょっと西に1ブロック移動して再び南下して。シカゴの町は建物はちょっと古い感じがするけど、大都会って感じです。ループエリア周辺はオフィスと大学とか学校とか多いような感じでした。ちゃんとスーツ着て歩いてる外人、多かったですもん。街も意外ときれいでしたねー。そこらじゅうにゴミとかあるかと思ったら、きれいだった。

さて、ぷらぷら歩いてるうちにシアーズタワーが見えてきました。
20060509chicago6

ここのスカイデッキに行く予定だったんです。100階以上の高層ビルに入るのは初めてのような気がするなぁ。

つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/10

シカゴ行き機内にて

あるじ、年を重ねるごとに、どんどん遊べない出張になりつつあります(出張で遊べないのは当たり前なのかな、やっぱ)。

今回は成田空港第2ターミナルにて、出発前に上司と同僚の3人で寿司なぞつまみましたがその後カフェに移動してミーティング開始。出発40分前まで1時間ちょっとミーティングしてました。うーん、まさに今回の旅の目的は「ビジネス」。

無事15:40に出発。上にあがって1時間くらいしたところで、厚い雲の上を巡航。変わった形の雲の景色だった(下の方)ので一枚パチリ。
20060509jal1

続いて機内食。寿司食って5時間くらいしか経ってないですが、ちゃんといただいちゃいました。機内食はマズイといわれますが、ワタクシがかつてロシアに行ってた30年近く前の機内食に比べれば、抜群にウマいです。今でもUAとかAAに比べれば、日本の航空会社の機内食ははるかに良いです。贅沢言わずに食べましょう。
20060509jal2

チェックインするときに確認したら140席くらい空席があるとのことだったので、空いてるはずと思ってたらやっぱり空いてました。しかし他人のアタマばっかりある風景を後ろから写すとゆーのは、どーも気が引けますね。。。
20060509jal3

今回、あるじは一生懸命機内では起きてました。で、到着する6時間前から寝始めて到着2時間前くらいに起きるようにして時差調整に励みました。目を覚ましたころには次の機内食が出て、もうすぐシカゴって状況だったので、だいぶ思惑通り。
20060509jal4

20060509jal5

まもなくシカゴにつくというあたり。地面も見えてきました。
20060509jal6

て、ここまで書いたけど、ホントに書きたかったの、なんだったっけな・・・。最近、こういうの多いなー。書いてるうちに思い出すかと思ったんだけど、思いださなかつた。うーむ、面白くないエントリになったなぁ。。

そうそう、書きたかったことではないですけど、いろいろと問題噴出のJALですが、やっぱ日本の航空会社の方がいいです。

今回、シカゴに滞在するのは初めて(経由はしたことある)だったので、なんかオイシーもん食べたいなぁと思って、CAの一人に聞いたんです。そしたら、普段CAの方々はオヘア空港近くのホテルに宿泊することが多く、あまりダウンタウンまで行くことがないそうで、聞いたCAの方(たしか田村さんとネームプレートに書いてあった)は、ダウンタウンあまり知らないとのことでした。

ま、しょーがないすね。ってことで、終わったんですが、30分くらいしたら客室内のCAに聞きまわってダウンタウン、特に滞在予定のループエリア近辺で美味しいお店を5つくらい書いたメモを持ってきてくれました。

「本当にごめんなさい。これぐらいしかわからなくて・・・」

って、謝ってましたが、いやいや、こちらこそありがとうございました。

そこまでしてくれるとは思ってなかったもんで、ちょっと嬉しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/09

シカゴ出張

あるじ、現在成田エクスプレス19号の車中です。

NEXでも仕事、空港でも仕事、飛行機の中も仕事と既にスケジュールはいっぱいです。

とりあえず空港についたら、PCの充電しないと・・・

今朝は6時半に上のこぞーを起こして、平日の朝っぱらからカブトムシの幼虫の住処の土を交換。

ホントは連休中にやる予定だったんですが、何かと忙しく日中は外出してたりしたのでなかなかやれませんでした。そのうちGWが終わってしまい、島忠で飼育用のおがくずと栄養土を買ってはきたもののやらずじまいでした。そしたら、こぞーが

「パパの出張中に、かぶとの幼虫、死んじゃうね。だって、汚いところでゴハンも食べられなかったら、パパ、死んじゃうでしょ?」

・・・まぁね。その通りですよ。

昨日の夜、早く帰るからやろうとか約束してたのも破ってしまったので、今朝はなんとしても約束を果たさねばと思って起きました、はい。

だもんで、今朝は出張準備もまだだったのに、カブトムシの土換えてました。しかし、おかげでさなぎになる前に土をきれいにできたし、出張してる間に餓死したとか言われずにすみます。やれやれ。

ではそろそろ寝ます。さすがにずっと起きてるのは疲れる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/08

出張準備なんだが。。。

あるじ、明日からUSはシカゴへ出張です。

飛行機はいま航空業界で話題独占のJAL。頼むから無事に送り届けてちょうだいね。

その前に出張準備せにゃならんのですが、昨日の徹夜がきいてて眠くてしょーがないす。いま、眠気覚ましにブログ書いてますが、限界近し。

ここはいっぺん、すかっと寝てしまって4時ごろ起きるべきか、死ぬ気で2晩徹夜して明日の機内で死んでるのがいいか悩みどころです。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あるじ、GW明け前に徹夜

ま、結局、徹夜となりました、はい。

GW明け最初の月曜の朝を一睡もせず迎えることになるとは思いもしませんでした。はっはっは。
大学時代の試験前の一夜漬けを思い出しますね。

さて、そろそろ出かける用意をしますか。

ねむい・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/07

甘かった

あるじ、まだまだです。。。

明日は日経SYSTEMSの取材が入ってるのです。

ま、一応テーマがワタクシの担当の内容だったので受けたワケですが、その時点では我が社のその分野における取り組みの状況や技術的特長、他社との差別化のポイント、今後の予定などなど、まったく把握できてませんでした。

で、GW前に社内のサイトやらなんやら探しまくり、先日の出張で知り合ったUS本社の何人かからも情報をもらって、どうにか資料だけはかき集めたんですが、目を通す時間がありませんでした。

でもまあ、このGW中に1日くらいはこれに費やす時間が作れるだろうと思って、お持ち帰りにして明日の取材に備える予定でした。なのに・・・

旅行の予定も遊びの予定も特に立てず、例年に比べても平穏に終わるはずだったのに、今年は過去最高に忙しいGWで、結局この時間まで、まとめて資料に目を通す時間を作れた日が1日もなかった・・・。

誤算は下のこぞーの発育度を見誤ったのと、いつのまにか夜型に移行してしまったこぞーどもの生活習慣を是正できないまま今日まで来てしまったこと。

一通りざっと目は通したものの、取材をこなせるだけの深堀ができてない。まじでヤバイ。

もー、病気になっちゃおっかなー、あした・・・。
あさってから出張で1週間いないしねー(^^;

だめかな、やっぱ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/06

火事場の・・・

角をつかんで制圧し続けること10時間とはおそるべし。しかも82歳で。こちら

最近ニュースになったクマほどではないにせよ、野生のカモシカだって相当なもんです。

それを10時間、角をつかみ続けてカモシカを弱らせるなんて、無職って書いてあったけどホントは何やってる人なんでしょ。

82歳にしてステゴロでカモシカ制圧だなんて、人類もなかなかたいしたもんですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

楽しい日々を

その娘の名前はVaishavi (たぶんね。難しくてよく聞き取れなかったけど・・・)。5才の女の子です。
府中からお父さんとお母さんと一緒に歩いて遊びに来たそうです。

5月5日のこどもの日。こぞーの願いもむなしくディズニーランドには当然行きませんでした。じゃあ、何したのかというと、クワガタが欲しいというので一橋大学のキャンパスにクワガタがいそうなクヌギの木を探しに行きました。おくさんと下のこぞーと、みんなで自転車に乗って。

ひとしきり探して、キャンパスの中にある陸上競技場に出ました。だだっ広くて緑のフィールドに、下のこぞーの目がキラリ。大喜びで走り回りはじめました。上のこぞーもフィールドに出て、持ってきたグローブとボールでワタクシとキャッチボールなぞ。

そうして、うちのこぞーどもがボールで遊んでると、一人の女の子が遊びに入りたそうにしながら近づいてきました。少しの間、そばで見てるだけでしたが、ボールが近くに転がったのをきっかけに加わってきました。うちの上のこぞーは人見知りなので、知らない子が来ると無視するか遊びをやめてしまいます。下のこぞーは、まだ遊べるほど大きくもなく、分別もないので相手にはなりません。

その子が来てすぐ遊びをやめてしまってはかわいそうだったので、ワタクシが相手をすることにしました。上のこぞーも最初は遠慮がちでしたが、途中からまた入ってくれて3人で。20分くらいたったでしょうか、上のこぞーがのどが渇いたからお茶買ってくるといっていなくなったので、ちょっと休憩に。

「あの子、どうしたの?」と彼女が聞くので、「のどが渇いたから何か飲みたいって。飲み物買いに行ったんだよ。」って。

それをきっかけに、彼女と少し話をしました。

最初に見たときから、この子はインド人だとすぐわかりました。目が大きくて、特有の顔立ち。かつてロシアに住んでいた頃、アパートでよく遊んだインド人の子たちを思い出します。女の子は特にかわいい。

遊びに加わったときには、少し日本語をしゃべったのでわかるのかと思ったんですが、飲み物のことを聞かれたときは英語でした。英語で答えたあと、「日本語、話せる?」って聞いたら「ほとんどわからない。」って言うので以降は英語で話しました。

いろいろ、話をしてくれました。

ワタクシ:「どこから来たの?」
Vaishavi:「バンガロールから来たの。」
バンガロールといえば世界中のIT企業がオフィスを構えるインドのシリコンバレー。日本人会もあります。
ワタクシ:「いま、どこに住んでるの?」
Vaishavi:「府中。マルショウ、知ってる?」
ワタクシ:「ああ、スーパーの丸正ね、知ってるよ。」
Vaishavi:「丸正のある通りをまっすぐ行って、旗がある建物が見えたら曲がるの。そこが家。」
(旗が見える建物って、なんだろなー・・・ちょっとわからん)

Vaishavi:「くるる、知ってる?」
ワタクシ:「くるる?うーん、わかんないなぁ。」
Vaishavi:「トイザらス、知ってる?」
ワタクシ:「トイザらス、知ってるよ。府中駅のすぐ近くのね。」
Vaishavi:「トイザらス、くるるの中にあるの。」
ワタクシ:「あー、思い出した!トイザらス、くるるの下にあるでしょ?」
Vaishavi:「うん。そこでよく遊んでるの。お友達の子にもよく会うの。でも、その子は英語がしゃべれないし、あたしはその子の言葉がわからないから、英語教えてるの。あいさつから。How are you?って聞かれたら、I'm fine!って言うのよって。」
(うーむ、英語教えるときの基本は万国共通なのかな・・・)

続いてもう少し会話。

ワタクシ:「お父さんのお仕事は?」
Vaishavi:「お父さんは、東芝府中で働いてる。」
(なーるほど。それで府中に住んでるんだ。バンガロールから来たっていうからエンジニアなのかも・・)

ワタクシ:「お父さんとお母さんとは英語で話してるの?」
Vaishavi:「そう。あそこにいるのがお母さん。お父さんはとなりで眠そうにしてる。」
と、両親を指差して教えてくれました。

ワタクシ:「誰が英語教えてくれるの?」
Vaishavi:「おかあさん。おかあさんが先生になって教えてくれるの。」
ワタクシ:「日本はどう?日本は好きかい?」
Vaishavi:「日本は好き。」
ワタクシ:「そうなんだ。どうして?」
Vaishavi:「日本は、町がきれい。このあいだ、海に行ったの。そしたら、ビーチもきれいだった。ゴミとかなくて、きれいね。」

仕事では英語が必要だから話してますけど、それによって英語が好きになるとか言葉が通じて嬉しいとかは全然ないんですわ、ワタクシの場合。しゃべらなくて済むものなら、仕事で英語は使いたくないってタイプなんで。
でも今日ばかりは、多少とも英語が理解できることを嬉しく思いました。また、もっとちゃんと話せたら、この子にもっと日本のこと教えてあげられるのになぁと、少々悔しい気持ちにもなりました。


その後、もう少し一緒に遊んで、うちは帰る時間に。「もう帰るの?」って言うので「うん。ごめんね。もう帰る時間なんだ。この子(下のこぞー)、お昼寝の時間なんだ。」

帰り際、お父さんお母さんのところから、「Thank You!」って大きな声で挨拶してくれたVaishavi。

こどもの日だっつーのに、自分ちの子の相手もろくにしないで他人んちの子と遊んでなにやってんだかと思わなくもなかったですが、この子には日本や日本人に接したことでイヤな思いをしてほしくなかったんです。自分が小さかった頃、最初にモスクワで地元の子供たちとケンカになってすごくイヤな思いをしたことがあり、しばらくはロシアとロシア人のこと嫌いになったままだったことがあるんです。

きっと、2~3日すれば誰と遊んだかも覚えてないと思うんです。ましてインドに帰る頃にはすっかり忘れてることでしょう。でも、ある日の休日、知らない日本人だったけど、話しかけたら遊びの輪に入れてもらえて、いやな思いをすることもなく楽しく1日を終えられた。そうなれば、また少しだけ日本を好きになってくれると思うんです。

日本を離れるその日まで、少しでも多く楽しい日々を日本で過ごしてくれたらと、こどもの日に出会った少女のことを思うのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/05

Royal Kona

いつも飲んでるコーヒー豆がなくなったので次のを開けようと思ったとき、たまには気分を変えて違うのにしよーと思いました。

実家近くの花冠という珈琲屋さんからもらってきた荻原のマメにしよっかなーと思ったとき、棚の奥の方にしまってある別のマメに気づきました。

Royal Konaでした。

そういえば、ハワイに行ったときに買ってきたの忘れてました。

ハワイ島のコナで栽培されてるコナコーヒー。150年以上の歴史があるとか。

とくにどこに行ったわけでもないのに、なぜだかとってもあわただしいGW。仕事も振ってくるばっかりで、やれどもやれども増える一方。他にもいろいろ悩みもあり・・・。

で、想像の世界にしばし逃避するための扉になってもらおうと、Royal Konaを開けました。

みんな寝静まったこの時間に、コナコーヒーの香りを楽しみつつ目を閉じると、そこはもう白い砂と青い空、熱い陽射しの下、波の音が心地よいハナウマベイの風景が・・・。

あぁ、このまま想像の世界で寝てしまいたい。

で、5分ほど浸った後、月曜の取材に備えてお仕事開始なのでした。
みんなが寝てるいまじゃないと仕事できないもんね。

ほんの少し、自分だけの、ほっと一息。でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

こどもの日

本日はこどもの日。

しかし何も予定ナシ。こぞーはどこか連れてけって言うだろうが(実はすでに昨日言われたがムチャ言うからその案は却下した)、めんどっちぃ。

だいたい、連れてけとか言っておいて、この時間になってもぐーすか寝てるって、どーよ?ここのところ、夜更かしがひどくなって寝るのが遅いので、どんどん朝が遅くなってる。夜更かしになってるのは子供にだけ原因があるわけではないので、頭ごなしには怒れないところもあるが。

昨日言われたのは、

「明日はディズニーランドに行って、その日泊まって次の日もディズニーランド行って、あさっては多摩テック。」

とゆー案。いやー、まったく行く気がしないな。昨日ニュースでやってたけど、ハニーハントともバズライトイヤーも3時間待ち。朝9時について昼抜いて並んでも15時までに2つしか乗れないってなによ!ファストパスもどうせ午前中で全部なくなるから、あんまり役に立たないし。

かしわ餅くらい食べようかと思ったけど、うちのこぞー、かしわ餅とかキライなのです。餡子は好きだけど柔らかいのがイヤらしい。

ちょっとはこどもの日っぽいことをさせてやろーかと思いつつもNo Ideaなあるじでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/04

GWの予定

一昨日買った日経ビジネスの5/1号に載ってた記事。

今年のGWは5/1, 2に有休入れれば9連休の大型連休にすることができるんですが、日経ビジネス誌の調査によると回答者の6割が「特に予定はない」とのことです。

海外もしくは国内旅行を計画している人の割合はそれぞれ去年より増えてるらしいですが。

で、うちは特に予定はない方に属してます。

「予定はない」理由の1位だったのが「もともとゴールデンウィークは旅行をしていないから」ということですが、これまた我が家はこれに属します。

さすがに上のこぞーが小学生になって勉強せにゃならなくなったので、平日にほいほい休ませるわけにもいかなくなってきましたが、それまではGWとか年末年始休暇にどこかに出かけようなんて発想、マッタクなかったですね。

理由は簡単で、トップシーズンは何するにも費用が一番高く、その割りに人が多すぎてろくに遊べず、マッタク割に合わないから。同じ理由で、ディズニーランドとかも土日とかにこぞー連れて行かないですもん。一度だけ気の迷いで日曜日にディズニーシーに連れて行ったことありましたがサイテーでしたね。二度と行かないと決意を新たにさせていただきました。

今年1月にハワイ行ったのも、年末年始休暇が終わった翌週に有休4日くらい突っ込んで5泊7日の旅行を決行。日本企業ならヒンシュクモノですよね、きっと。

ま、そんなわけで今年のGWもマッタク予定ナシ。

とは言っても、なーんにもしないとそれはそれでおくさんには怒られるし、こぞーにはぶーぶー言われるので単発で何かをやったりはします。

昨日は、アイスエイジ2を上のこぞーが見たいというので、おくさんと上のこぞーを府中の東宝シネマ近くに降ろして、ワタクシは下のこぞーを寝かしつけるためにドライブ。1時間ちょっと寝ましたが、家を出たのが早すぎて、まだ上映開始時間前に下のこぞーは起きてしまい、そこから2時間ちょっと時間稼ぐの大変でした・・・。

でもまー、上のこぞーはアイスエイジ2も見てムシキングもやったようだし、下のこぞーは1時間半も散歩できたので、これまたまずまずご機嫌。よかったよかった。こっちはホントに疲れたけど。風邪気味だったし。。。

ま、正直言って、GWはさっさと終わって欲しいです。。全然休めないんだもん。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/05/03

グリーンピース

うちの上のこぞー、こどもが一般的に食べられないようなものもへーきで食えるやつです。

生タマネギそのまま食うし、ピーマンもそのまま。ニンジンスティックもぼりぼり食うし、長ネギもOK。大根もナマだな。

ま、そんなヤツなんですが、グリーンピースがきらいってことがわかりました。

今日、冷凍ピラフ食わせたらグリーンピースだけきれいに残ってる。なんでか聞いたら、グリーンピースは苦くてマズイんだそーな。そういわれたので一口食ってみたら、確かに美味しくない。苦いというか渋いというか、表面の皮と中の果肉の境目ぐらいのところにマズさを感じます。

これは冷凍だからなのだろーかと思いつつも、そういえばグリーンピース最近食ってないなーと。で、食ってみたけど大してウマくない。これって、彩り以外の使い道、なんかあるんだろうか。決して主役にはなれないけど、脇役としては欠かせないユーティリティ的な食材ってあるけど、グリーンピースって欠かせないもんでもないよーな。色以外、特に味的には欠かしてもおっけーみたいな。

どーなんすかねぇ。

「グリーンピースの入ってない○○○○なんて、考えられんっ!」

みたいな料理を思い出したい・・・。

と思うあるじでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/02

ぐぐるとぉくお休み

ワタクシの友人・知人はお休みの人が多いようで。

Google Talk立ち上げてても、会社の同僚一人以外はだーれもオンラインになってない。

他には一人だけ、同業他社のエンジニアがオンラインになってるけど、ステータスが「GW」だって。休みか、ちくしょ。

世界最大のソフトウェア会社にお勤めのししょーはオンラインのよーだがアイドル状態なので、きっと忙しいのであろう。

やすみたい・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の予定

今日は天気悪そうですね。

本日は、すんごい久しぶりに原宿に行きます。しかも、竹下口の方。今となってはマッタク行く目的も必要性もないところなのですが、今日は竹下口を出てまっすぐ竹下通りを突っ切って明治通り沿いにあるお客様のところに行くのです。もはや何年ぶりだか思い出せないですが、行くことになりました。

でもって、夜は飲みに。こないだ転職が決まった友人の転職祝いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

フェイント

そろそろ帰ろうかと思って家に電話。おくさんが出ました。

あるじ:「あー、もうすぐ帰る。」
奥さん:「わかったー。」
あるじ:「今日、なに?」
奥さん:「あ、今日、面倒だったからパスタにしちゃった。」
あるじ:「パスタね。いいんじゃない。」
奥さん:「・・・。」
あるじ:「?」
奥さん:「・・・・・・・。」
あるじ:「じゃ、食べないで帰るよ。パスタなんでしょ?」
奥さん:「んーーー・・・・。ない。」

あるじの分のパスタまではなかったそーな(ToT)

もう。。。グレるよ、まじで。

さて、ナニ食って帰ろうかなぁ。。。

でわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

えーじぇんと

今日は、あるじを今の会社に紹介してくれたエージェントと昼に会うことになってます。

あるじは過去の転職活動を通して、リクナビなどの人材派遣・転職支援のサイトから4社ほど登録したほか、こじんまりした会社のエージェントとコンタクトがあります。

今日会う予定のエージェントは、時々連絡をくれて会いに来ては昼ゴハンご馳走してくれます。で、その時に転職後の状況や問題などないか話を聞いてくれるほか、最近の転職市場の動向を聞かせてくれたりとか、転職希望のやついたら紹介してねとかいう話をしてます。

あるじとしては、とりあえずエージェントに会うと少々リッチなランチにありつけるので、連絡が来るとすこぉしだけハッピーですな。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

イマドコサーチ

昨日、ドコモのイマドコサーチサービスを利用するため、上のこぞー用の携帯を契約しに行ってきました。

もともとワタクシ、個人用の携帯をいまだかつて持ったことがなく、仕事で持たされてるから使ってるけどそうでもなければ必要ナシって考えの人なので、ましてや子供に携帯なんざ、マッタク必要性を感じてないので中学になろうが高校になろうが買ってやるつもり全然ナシだったのです。

しかし、昨今のぶっそうな日本の事情や、小学校の先生のえー加減な仕事っぷり(それについては後ほど別エントリにて)に、「こりゃー自分らで出来ることはなんでもやって、自分の子供の安全は自ら確保せにゃならんな。」と思うようになったわけです。

そんな矢先、おくさんが4月末までにキッズケータイを契約すると本体タダになるというキャンペーンやってるのを聞きつけ、それを契約してこの春から実施のイマドコサーチを契約すれば、万全ではないにしろ、少しはこちらも安心できるんじゃないかという話を持ってきました。

で、契約することにしました。

ホントは送り迎えも親ができれば安心ですが、おくさんは下のこぞーの世話があるので毎日はムリ。私も、頑張って朝は送れたとしても帰りはムリ。ということで、不本意ながらキッズケータイを購入し、こぞーに持たせることにしました。

イタリアなんかじゃ、誘拐事件が日常茶飯事なので必ず親が子供を迎えに行くと聞きましたが、日本もそんなに遠くない将来にはおんなじようなことになってるんじゃないかと考えてしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »