« ニンテンドーゲームキューブ | トップページ | Elastico »

2006/05/21

MODEA

昨日、所用で荻窪駅に行ったときのこと。

荻窪駅北口を出て左手、ルミネの入り口近くにテントが張ってあって、そこでライブをやってました。今年の荻窪音楽祭の一環らしいですが、そのテントから流れる音にちょっと惹かれて、しばし立ち止まって聞いていました。

クラシック音楽を楽しむことを主な目的として、今年はモーツァルト生誕250年ということでモーツァルトをテーマに開催された荻窪音楽祭。会場はリニューアルされた杉並公会堂がメインで、それ以外の色々な場所、レストランや教会、福祉会館や病院など色々なところで開催され、このテントでのストリートライブもその1つということです。

そこでライブをやっていたのがMODEAというユニット。
Modea1
Modea2

最初はパイプイス10席くらいのところに3人ほど。それを遠巻きに眺める人が10人くらいだったでしょうか。それがいつのまにか50人以上の人が集まり、彼女たちの音に聞き入ってました。

クラシックを楽しむ荻窪音楽祭に参加してるということもあり、MODEAオリジナルの曲以外にモーツァルトのよく知られている曲のサビを13曲くらいのメドレーにして演奏してくれました。オリジナル曲もとてもよかったですね。そごう・西武の春のキャンペーンイメージソングに採用されたという「Romantic White」という曲もよかったですが、「流星の行方」
というのが気に入りました。あと、その日はやってなかった(と思いますが)のですが、MODEAのサイトにアクセスしたときに流れるBGMに使われている、「GARCON led to the Forest」という曲が一番好みかも。

ヴァイオリンとピアノ(キーボードかな)、パーカッションを駆使してつむぎだされるその音色は、クラシックを聞いたときのような安らぎや心地よさ、懐かしさを感じるメロディなのです。が、しかしその曲調はクラシックのそれとは違い、特に躍動感のあるリズムを作り出しているパーカッションのいろんな音色が、安らぎ、懐かしさと情熱を同居させた独特の雰囲気を作り出しているように感じます。

ビルの間のほんとに狭い空間で、ストレスが晴れるような爽快感と安らぎのある音楽を聞かせてもらいました。見上げると青空。陽の光に射し込まれて白く輝いている流れ雲。この日は暑かったこともあり、少し早い初夏の爽快な気分を味わうことができました。
Modea3

たまには、こうやって外でライブ演奏を聴くのもいいもんですね。

PS:
ちなみにこの30分後には大雨土砂降りになって、電車降りたあと最寄駅から家に帰れずボーゼンと立ち尽くすあるじでした。

|

« ニンテンドーゲームキューブ | トップページ | Elastico »

コメント

MODEAって、荒川静香選手がエキシビジョン
で使った、Celtic Woman とか、Enya のよう
で、気に入りました。

投稿: ひろん | 2006/05/21 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/10166836

この記事へのトラックバック一覧です: MODEA:

« ニンテンドーゲームキューブ | トップページ | Elastico »