« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/30

本日の予定

あるじ、減量を開始したにも関わらず、本日はひろんさん、やましたさんと二子玉川で飲んじゃう予定です。

まあ、でも今日は、かる~~~く済ませるつもりなので、きっと大丈夫なはず。。。

ドイツ対アルゼンチンもあることだし、さくっと変える予定。さくっとねっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/29の努力と堕落と結果

6/29

努力:

バンザイスクワット x 3セット
バンザイスクワット応用腕立て20 x 2セット
バンザイスクワット応用腹筋15 x 2セット

アミノ酸系ドリンク摂取

堕落:
おやつにアップルパイ摂取
23時過ぎにゴハン2杯摂取

6/29の結果:
+-0kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/29

GGFとEGAが合併

かつて、前職・前々職時代にあるじが関わっていた、グリッドの業界団体であるEnterprise Grid Alliance(そのうちサイトが閉鎖されるでしょうね)が、事実上業界唯一のグリッド標準化団体だったGlobal Grid Forumと合併しました。こちら

そんで、新しくできた団体がOpen Grid Forumだそうです。
まだ、発表資料とかOGFのサイトの内容をちゃんと読んでないので、合併して何がどうなったのかよくわからんです。新しい議長はGGFの議長だったマーク・リネシュ氏が就任したようです。彼は米国Hewlett Packard社のVPで、日本にも何度も来てる日本通な人です。電車も一人で乗れるし。HPみたいな大企業のVPなのに、気さくな人でした。

あるじは昨年末まで、EGAの日本運営委員会で運営委員として仕事をしていましたが、今年1月の転職を機に運営委員を降りました。

正直EGAでの活動はなかなか楽しかったですが、スポンサー企業の立場からするとスポンサーフィーの割に見返りが少なく、成果物もなかなか出てこないという状況が1つの問題としてあったのかなぁと思います。

ただ、EGAの設立趣旨はよかったと今でも思います。要は、グリッドの標準化技術などを、はやく企業やベンダーが使えてメリットを享受できるような活動を行っていくというのが本来の目的でした。一方、GGFは組織としては大きくなりすぎて、ワーキンググループ間でやってることに重なりが出てきたり、標準仕様策定などもけっこう進みが悪くて、いつになったら実用となるのかサッパリわからんような状況だったりもしました。

まあ、しかし、結局一緒になっちゃいましたね。

で、あるじはというと、現在の会社に転職してから、会社としてグリッド協議会には加盟しておいたほうがよいですとか社長と本部長に提案して、グリッド協議会に入会することになりました。それがこの4月のこと。

現在、あるじは、会社での仕事のほかにグリッド協議会の運営委員としても活動しており、ワークショップの企画担当になってしまったので、けっこう忙しいです。

でもまあ、この仕事は半分自分の好きでやってることですし、気楽にやれて楽しいす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/28 減量開始

昨日から減量開始しました。よって体重は昨日時点のものを基準にします。

当面は食生活は変えず、バンザイスクワットを基本にした運動量増加による減量を試みます。

ちなみに昨日のメニューはこんなかんじ。

バンザイスクワット1分間セット x 3
バンザイスクワット応用腕立て20 x 2
バンザイスクワット応用腹筋15 x 2

当面の目標は、まずは2週間続けることですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/28

ドイツW杯8強

さすがにベスト8にもなると、弱いとこはないですね。

日本に関しては、まだ考えがまとまらなくて書いてないですけど、ベスト8の試合が終わるまでにはちょこっと書いておきたいす。

さて、ベスト8での勝ち組ですけど、ワタクシ的にはこんな感じになるんでないかと。

ドイツ対アルゼンチン:
いっつも思いますが、とにかくリケルメをガンガン削って攻撃力半減。ドイツは試合毎にパフォーマンス上がってきてますが、守備陣にはまだ不安アリと見てます。でも攻撃陣はいい感じになってきてて、クローゼとポドルスキーのFW2人で7得点稼いでる(日本とは正反対だ・・・)ので、期待できます。
ドイツの勝ちを予想。

イタリア対ウクライナ:
どっちもあんまり突出したプレイヤーがいない両チームですが、決して好調とはいえないシェフチェンコを抱えながらここまで上がってきたウクライナはチームとしてのまとまりを感じます(これまた日本と正反対)。イタリアは王子様の調子がイマイチですが、まあ、別に王子様がいなくとも特に困ってるわけでもなし。イタリアかなぁと思いながら、気持ちでウクライナの勝ちということで。

イングランド対ポルトガル:
フィーゴ好きだし、デコもロナルドもパウレタも好き。なんだけど、イングランド優勝ってW杯始まる前から言ってたのでこの試合はイングランドが勝ち。

フランス対ブラジル:
いやー、フランス、すごかったなー、昨日の試合。ベテラン奮闘。ジダン出てくると攻撃が遅くなってFWとかみ合わないとか言われてたけど、昨日は自らも得点。ブラジルと勝負できるところまできましたよね。でも、いまのままだったらブラジル。だって、結局FW(つーかアンリ)とはいまだにあんまりかみ合ってないので。ジダンとアンリがかみ合ったらフランスだなーと思いつつ、きっとブラジル。

もうすぐW杯も終わりだなー。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/27

2006年ウィンブルドン開幕

今年もウィンブルドンの季節がやってきました。
どうしてもサッカーW杯の方を見ちゃいますが、これはこれでやはり見たい。

初日は全部雨で流れたらしいですが、それもまたウィンブルドンらしい。

男子はロジャー・フェデラーがやはり優勝候補No.1なんでしょうね。個人的には、アガシがもう引退しそうなので、年代的には近いからちょっと応援してます。

女子は誰が優勝するかよくわからんですね。一桁シードもらってる人なら、全員優勝のチャンスありそうな感じ。けど、第12シードのマルチナ・ヒンギスがどこまで上がれるかけっこう楽しみ。あと、杉山選手、すごいですね。30代なのにシングルスでも第18シードついてます。頑張って欲しい。

個人的には、男子についてはビッグサーバーではなく、また、後ろからストロークで押し込んでくるのでもなく、サーブのキレとボレーのテクニックで勝負するサーブ&ボレーヤーに勝ってもらいたい。サンプラス以来、あんまりそういう選手勝ってるの、みかけないし。。。だから、ちょっと前まではウィンブルドンではティム・ヘンマン応援してました。

最近の選手、ぜんぜんわからんので、今年のウィンブルドンでは早いラウンドから観戦して、そういうプレイヤーいないかチェックしたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーサイエンスショー

先週土曜日、西国分寺に多摩・島しょ子ども体験塾主催の米村でんじろうの「スーパーサイエンスショー」を見に行ってきました。

笑っていいとも!なんかでもちょこちょこ見せてたこともあるサイエンスショー、身近なことで科学に触れて学ぶ楽しさを味わえそうなので、おくさんが申し込んでたら当たりました。この日は1日2回公演ですが、それでも応募者数10,600人だそうで、よく当たったもんです。

で、うえのこぞーと二人で行ってきました。あの日以来、すっかり自転車で行くのが好きになったこぞー、この日も自転車で行くことに。既に走行距離は100kmを越えました。

この日の実験は、ハイパーペーパーブーメラン、巨大空気砲、科学特捜隊実験コーナー、声変わりハウス、風船まきまき実験で、所要時間は2時間。中身全部説明すると長くなるので省略。

いずれも実験そのものが非常に楽しくて、それに加えてそれをより効果的にわかりやすく伝えるための演出や、飽きさせない工夫がされてて、あっという間の2時間でした。

最近は学校でもあんまりこういう授業は少なくなってるみたいだし、加えて塾に通わせたりしてると勉強はできるようになるかもしれないけど、考える力や工夫する力が衰えているようです。遊びもDSとかゲームばっかで、うちの上のこぞーも同級生がだいぶゲームを持ち始めてて、欲しがってるらしい。

でも、この時期、こどもにとってはこの類のゲームはメリットがほとんどない。マンションなんかでもそうですが、天気のいい日に子供たちがマンションのエントランスに集まって通信対戦でゲームをもくもくとやってます。なーんにも会話しないで。

けっこう子供と話す機会あるんだけど、最近のこどもってほんとに考える持久力が全然ない子多いですね。考える力というより思考する持久力。集中力が続かないって言ってもいいのかな。覚えたりするのは早い子もいるし、その学年にしては勉強できる子もいるんだけど、考える力があるのとは違う。

そういう意味でも、こういう実験を通して、なぜそうなるのかという理屈の部分を理解するのと、どうしたらできるのかという工夫の部分を考えて実践するということを学ぶのは大事なことだなぁと。でんじろう先生が子供の頃は、普段の遊びの中で学べたことを、いまはこういう機会を作らないと子供たちにその機会を与えられないってことに現代社会における育児・教育の問題の一端を見た気がします。

しかし、一方でこどもたちってのはやっぱり正直で感受性も豊かなようで、普段はゲームばっかやってる子も少なくないだろうし学校の授業中に騒いでばっかの子もいただろうに、でんじろう先生が実験を見せて説明をしてる時なんか、みんなシーンとして話聞いてるもんね。

やっぱり、面白いと思ったことには、こどもたちはのめり込むし、真剣に話も聞くし、集中力も続くってことなんですね。将来、Creativityを持った人間にするには、こうした体験をたくさん積むことが必要なんだろうなと思いました。

家に帰ると、さっそく今日みた実験のひとつを家にある道具と材料でなんとか再現しようとしてたこぞー。

こっちがいろいろと勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/26

今年3回目のUS出張最終日

最終日。

どーしても一度は寄ろうと思ってたベーグル屋に今回も。朝8時過ぎにホテルをチェックアウトして、101をサンフランシスコ国際空港に向けて北上し、途中、Unversity Ave.で降りてベーグル屋で朝食を。

University Ave.を101方向に見て写真を。
20060617usvisit02

El Camino Realに向ってUniversity Ave.を撮影。
20060617usvisit06


ベーグル屋到着。
20060617usvisit04

この日の朝食はターキーソーセージとオムレツのベーグルサンド。
20060617usvisit01
ほんとはパニーニにしよーと思ったけど、でいじーがここに来たならベーグル食いなさいとゆーのでベーグルに。

でいじーはトマトとチーズ、オムレツの入ったベーグルサンドを注文したら、トマトが入ってないことに怒って文句を言いに。うーん、さすがは英語の達者なでいじー。しかし、戻ってきてさらに怒ってる。いわく、

「ったく、自分が入れ忘れたくせに、指摘したら、『それじゃ、あなたのためにトマトを入れてあげますよ。』とかぬかしやがった。その前に『大変申し訳ございません』だろーが!」

でいじー、キミの言うとおりだ。しかし、メリケンにはそんな理屈は通じないのかも知れんな。

でいじーが珍しいポストだから写真撮ってくれと言い張るので、やむを得ずとった写真。どーみても消火栓にしか見えんのだが。。。怒りで何かがブチ切れてしまったのか、気の毒なでいじー。
20060617usvisit05

その後、ふたたび101を北上し、すんごい早く空港に到着。
20060617usvisit07
はっきり言ってやることなし。

しょーがないのでゲートの近くで、でいじーとお茶。あるじはアイスカフェモカをオーダー。
20060617usvisit11
すんげー甘いかと思ったら、意外にさっぱりしててウマかったが、量が桁違いなので飲みきれまへんでした。

よーやく終わった今回の出張記。

次こそほぼリアルタイムに書きたいなぁと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/25

USで再会

なんだか、USに出張すると誰かしら必ずと言って良いほど以前お世話になった方々に再会します。

今回も、往路・復路の飛行機でそれぞれ1人ずつ。

行きの飛行機が同じだったMac K氏に。前々職時代にあるじがエンジニアだった頃に某OEM担当営業だったK氏とお付き合いがありました。その後、どこへやらか転職したと聞いていましたが、そこも辞めてこの4月から某チップメーカーの営業部長らしいです。

帰りの飛行機で同じだったのかO氏。これまた前々職時代にあるじがサポート部門のデスクトップ製品系サポートエンジニアだった頃、ネットワーク関連製品・技術のサポートエンジニアだったのがO氏です。エンジニアとして非常に優秀な方でしたが、入社後2年ほどで現在の会社に移られました。

当時の某S社はまだまだ業績もうなぎ上りだった頃に現在の会社に転職されたのですが、現在の会社の勢いと某S社の現状を見るにつけ、先見の明もある人だったんだなぁと関心してしまいました。
こちらの方も某チップメーカーの技術部長としてご活躍中。

ちなみに、こちらのお二人、同業他社でバリバリ競合でございます。お互いにお互いのこと知らないと思いますが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

US出張最後の晩餐

ちょっと遠出をしすぎてしまい、晩飯に出遅れてしまいました。9時を過ぎると、とたんに食える店が減っていきます。

この日も、ラーメン食いたいと思って、Milpitasまで行ったけど店じまいで、そこから今度はSan Joseに行ったけどここもだめで、結局、夜遅くてもやってる店が多いMountain Viewのダウンタウン、Castro St.に行ってみることに。

で、やっぱりやってました。いろんな店。圧倒的に中華が多いが・・・。とゆーことで、あるじたちも海鮮中華の店に。

豆乳鍋。
20060616usvisit23

過去にはあまり経験したことない味でしたが、ウマいかマズいかと言われればウマい。具沢山だし、これだけ食いながらビール飲んでてもよかった。
20060616usvisit24

BBQポーク入りワンタンメン。ワンタンはまあまあ。麺はテキトーだったけどそこそこ。スープは薄味でまずまず。BBQポークはない方がよかった。
20060616usvisit25

最終日にしては少々寂しい晩餐となりましたが、それまでけっこう食べてたので、まあよかったかも。この日の食事代が一番安くすんだなぁ。

てなわけで、よーやく終わりに近づきつつある、今年3回目のUS出張ネタでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

US出張4日目のある場所

ここに来たのは8年ぶりくらいですな。

駐車場から100mばかり歩いたところからビーチが見えます。ちょうど反対側を向くとFisherman's Wharfっぽいところがありました。
20060616usvisit18

うーん、りぞーと。
20060616usvisit20

Boardwalkからみたビーチ。日焼けしたい。。
20060616usvisit21

Boardwalkにはアトラクションもいろいろ。あそびたい。。。
20060616usvisit22

こぞーどもを連れてきたら喜びそうなものもたくさんありました。

海の見えるオープンカフェで茶でもしたいところでしたが、テキトーなところが見つからず30分ほどぶらついて帰途に。

タフな仕事の続くあるじの「ほんの束の間」の息抜きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/24

US出張4日目夕方

前回から続き

んまいローストビーフサンドを食ってエネルギー補充したあと、ふたたび海に向って、84号線、La Honda Rd.を太平洋に向ってひた走ります。その間、でいじーは助手席でぐーすかぴー。どっちがあるじかわかりません。

で、ついにやってきました。海ですっ!San Gregorio Beachに到着。
20060616usvisit06
けっこう波は荒いですが、ビーチに河口があって、このちょうど曲がりくねったところがすごく浅くてビーチが防波堤みたいな役割になってるおかげで、すごく穏やかで子供を遊ばせておくのにちょうどいい感じ。

ビーチから丘の方に向って歩いていけるところ。ここをずっと上っていくと、ビーチからは30mくらい上になります。
20060616usvisit07
そこからビーチと反対側をながめてみると、

こっちをみても、
20060616usvisit08

あっちをみても、
20060616usvisit10

雲ひとつない青空。
20060616usvisit11
15分ほどいてビーチをあとに。

1号線を南下。これまた、びゅーてぃふぉーな空と太陽。窓を開けて走っていると、ほのかに汐の香り。右手に見える海をながめつつ、いやされるあるじ。
20060616usvisit12
この時点で運転は既にでいじーに交代済み。やくとく。
MAZDA 6、さらにグレートだったのは、サンルーフつきだったのでそれを開けてシート倒して天井からみえる青い空を眺めつつドライブ。
ちなみに写真はルーフから外に手を出して車の屋根の上から走行中に撮影。よい子はマネしてはいけません。

違うビーチに到着。おもしろいスポーツやってる人たち発見。
20060616usvisit17

カイトを上げてワイヤーを自分の体に装着し、カイトで風を受けて進んでいくサーフィンみたい。なんてゆースポーツかは知りませんが、波に向って(沖に向って)進んでいくこともできるのでなかなか面白い。
20060616usvisit16
波にのってジャンプすると、カイトの影響でふわっと浮いてふわぁ~っと降りてくるところがまたなんとも。

いやー、海っていーねー。カリフォルニアなら、やっぱ空と海と太陽だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイエンスショー

昨日、家に着いたのは3:00すぎ。 そのあと、24のシーズンIV観て寝たのが朝6:00。 で、いま、こぞーと伝次郎先生のサイエンスショーを観に、西国分寺にいます。ねむ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゃぶしゃぶつづき

で、その後、同じく六本木の桜庵というところで、楽しいことしてきました。

いやー、こういうの6年ぶりぐらいだったから、ひさしぶりにちょー楽しかったわ。

と、タクシーの中で書いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/23

しゃぶしゃぶ

今日は、しゃちょーのオゴリで、六本木の瀬里奈でしゃぶしゃぶをゴチになってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラジル戦

オーダー、気になる。あるじの予想、てゆーか希望。

FW:
大黒、巻

MF:
前左から中田(英)、中村
後左から稲本、福西

DF:
左から三都主、中沢、坪井、加地

GK:
川口

4:4:2でいきます。日本は過去の試合見ても、3:5:2の方が守備は安定するけど、もう守ったってしょーがないから。
イエローカードもらってるエメルソン、カフー、ロビーニョ、ロナウドは出てこないかもしんないけど、ロナウドには出てほしい。今大会に限っては、ホントにデブだし動けてないから、ロビーニョなんかに出てこられるよりは全然マシ。

個人的には出てきたらイヤ(つーか、だれが出てきてもイヤだが)なのが、ジュニーニョ・ベルナンブカーノ。こいつ出てきたらフリーキック与えられない。たぶん、ブラジルで一番フリーキックすごい。

日本はヤナギと高原はもう使わない。もう点取れそうな雰囲気、持ってないもん。
もう負けでもいいから、今日は最低2点、全てFWが点取ってほしい。
日本て、まだW杯本大会じゃ、3大会出て中山と鈴木の2人で2点しかFW点取ってねーんだもん。

この8年、FWは進歩ナシってことになっちまうからね、このまんまじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

今年3回目のUS出張4日目

この日はトレーニング最終日。どうにか3日間こなし、最終日てなこともあってやや早めに終了。

日もまだ高い上、サマータイムで日没も遅いので、気分爽快になるためにちとドライブに。目指すは太平洋。

この道はかつて某S社に在籍していた頃、1ヶ月のOJTにおくさん同伴できてたときのとある週末にドライブした時に通ったことがありました。かれこれ8年くらい前の話。

山道ですが、なかなか気分は爽快。すると、こんなところにレストランが。ウマそうなので寄ってみました。
Alice's Restaurantです。太平洋側へ抜ける道(Page Mill Rd.とSkyline Blvd.の交差するあたりだったかな・・)の途中にあります。
20060616usvisit01

クラムチャウダーが好きなあるじは、とりあえずは頼みます。具沢山でんまい。
20060616usvisit03

絶品だったのはこれ。ローストビーフ(だったと思う)のサンドイッチ。
20060616usvisit04

肉の色とソースからして、見ため味が濃そうだったんですが、食べてみると全然そんなことなくて、しっかりした肉の味とちょうどいい味付けのソースによって、ホントにうんまいもんが食べられました。
20060616usvisit05

またひとつみっけたアメリカの美味しい店でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/21

ゴハン・・・

帰ったらゴハンなかった・・・久しぶりだなー、予告ナシでゴハンなかったの。

やむを得ず自分で作ることに。

ご飯も味噌汁もなければ、ぷらっと食べに行っちゃうんだけど、その二つはあるってゆーと食べに行くのもったいないなーと思ってしまう庶民派のあるじ。

なので、野菜室を漁っておかずをなにかこさえて食うのです。

これから作るので、しつれいします。

でわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/20

US出張3日目の夕食

本日はでいじーおすすめのCLARKESという1945年創業の由緒正しい(かは知らないが)ハンバーガー屋で晩御飯。Los Altosにもあるらしいですが、今回はMountain ViewのEl Camino沿いの店に。
20060615usvisit18

注文もでいじーと同じものを注文。
20060615usvisit21

ブルーチーズ入りハンバーガー頼んじゃったので、ブルーチーズが大して好きではないあるじには少々なじめない味。でも、ハンバーガー自体はぐっど。中のハンバーグが、ちゃんと肉っぽくってうんまいです。

ハンバーグとトマトだけ乗っかってて、レタスとかオニオンとかピクルスとかその他諸々のトッピングは自分で好きなだけのっけて挟んで食べるとゆースタイル。

値段はちょっとお高め。これに飲みきれない量のコーラをつけて、しめて$10くらいでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年3回目のUS出張3日目その2

トレーニングの山場を越え、少しほっとしたあるじとでいじーは、ちょっとだけ遊びに行くことにしました。
天気の良いカリフォルニアは気分爽快です。
20060615usvisit11

20060615usvisit12

そこはシアターでございます。この日行ったのはSanta ClaraでGreat American Pky.近くにあるAMC Mercado 20とゆーシアターです。
20060615usvisit16

日本ではまだ未公開の、Mission Impossible IIIやCars、Xmen 3などが公開中。かつて、GozziraやDeep Impactなんかも公開前にここで観たことがあります。今回はでいじーのリクエストによりMission Impossible IIIに決定。

こっちのシアターは席がでかくてゆったりサイズ。席は指定ではないので、テキトーに空いてるところに。この日は平日なせいか、ガラガラなので好きなところに座れました。この後、晩御飯をいただく予定だったので、メリケンサイズのポップコーンやホットドッグ、不必要なまでにでかいコーラなどの飲み物は購入せず、映画に集中。ちなみに中の売店はこんなかんじ。
20060615usvisit14

映画の内容は、英語が苦手なあるじには全部理解することは不可能でしたが、ストーリー的にはそれほど難しくないので、ちょろっと聞いてわかる範囲の内容と、画面の状況とドンパチの状況で大体理解できました。まあ、単純に楽しく観られたのでよかったです。内容的に、「そりゃムリがあるだろっ。」って突っ込みたくなるところも多々ありましたが、まあ、それはよしとしましょ。

終わって出てきたのは夜の20:00ちょっと前でしたが、外はこんなんです。
20060615usvisit17

日本もサマータイム導入してほしい。これだけ日が長いと、個人的にはメリットいっぱいだ。

その後、あるじとでいじーは、でいじーオススメのハンバーガー屋へと向いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/19

FW不在の日本

なんでこんなに人材がいないんだろうってゆーぐらいFWがいない日本。

ペナルティエリアに侵入し、キーパーと1対1ならFWにはパスなんて選択肢はイメージとして浮かんじゃいけないんです。

角度がなくたって1対1なら打つんだよ!タマダ!

それ以上に最悪なのはヤナギ。

あのどフリーを決められないFWなんざ、もう次の試合から出さないでほしい。今日の試合ではチャンスメークは向こうが圧倒的だったし、シュートで終われた数も負けてる中で、合わせるだけで決められた勝てるための最大の得点チャンスに右のアウトサイドで合わせて枠すら外すとは、もうサイアクだわ。

大黒も大してよくなかったけど、ろくに前線にボールがいかなくなってしまった残り5分の時間に投入されてもって、毎度のことながら思うわけです。高原は相当に走り回って守備にも貢献してたんだから、代えるなら残り5分まで引っ張らず残り20分で投入したってよかったはず。

玉田を少し引き気味の真ん中付近に据えて、そこにボール出してスペースのあるところからドリブルで突っかけさせて、前の大黒に繋ぐとかマークがセンターに集まったところでサイドに散らすとかだってできたんではと。まあ、とにかく、遅いんだよ、交代させるの。

可能性はもちろんゼロではないが、日本は事実上終戦。クロアチアがかろうじて可能性が少し残ってる程度ですよね。

今日、オーストラリアがブラジルに4対0以上で負けてくれて、仮に日本がブラジルになんかの間違いで勝ったとしても、せいぜい1対0か2対1。その上でオーストラリアがクロアチアと引き分けてくれることが、現実的には必要でしょうか。。。オーストラリアが勝ったらダメだけど、クロアチアが勝っても得失点差を考えたらアウト。

心が晴れないW杯だ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/18

出張中にワークアウト

今回も結局出張中に全部書くことはできませんでしたね。

出張3日目の夕食前まで書いたところで、あるじは既に日本に戻ってしまいました。うーん、やっぱ出張中は時間がない・・・。でもまあ、ここ2日くらいの間に全部書こうと思ってます、はい。

それはさておき、あるじはこの出張中、1つの目標をひそかに掲げて渡米しました。

そう。それは「太らない」こと。
前回のシカゴ出張中に食いまくったせいで2.5kg増となったのですが、これがまた日本に戻ってもマッタク落ちず、大変な事態に陥っていました。

この上、今回またさらに増量となった場合、もはやリカバリは不能な事態となること間違いなしだったので、今回ばかりはなんとしても悪くて体重維持、あわよくば減量を目指してやってきました。そのための秘策をあるじは考えてUSに上陸しました。

初日こそ着いたばかりだったのでやりませんでしたが、2日目から、あるじはワークアウトに励みました。こんな感じです。

■2日目
朝:
バンザイスクワット1分 x 3セット
夜:
ホテルのジムにて筋トレとランニング、サイクリングの組合わせによるワークアウト(1時間)
ストレッチ20分

■3日目
朝:
バンザイスクワット1分 x 3セット
夜:
バンザイスクワット1分 x 3セット
バンザイスクワットの応用で腹筋15 x 3セット
同じくバンザイスクワット応用で腕立て15 x 3セット
ストレッチ15分

■4日目
朝:
バンザイスクワット1分 x 3セット
ジムにてランニング30分
柔軟10分

■5日目(帰国日)
朝:
バンザイスクワット1分 x 3セット
バンザイスクワット応用腕立て20 x 3セット
バンザイスクワット応用腹筋15 x 3セット
柔軟10分

うーん、どーすか。けっこうがんばった。

ま、減量できたとはさすがに思いませんが、現状は維持できてるはず。
さっそく今日家に着いたら体重計に載ってみようと思います。

めでたく増量を回避できた暁には、やましたさんとひろんさんから500円ずつ、約ビール2杯をゴチになれるわけです。

あるじは自信マンマンなので、さっそくお二人との飲み会をセットしたいと思うのであります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/06/17

今年3回目のUS出張3日目

出張3日目はすなわちトレーニング2日目。この日は最も過酷でありました。

朝8:10にホテルを出発。オフィスには8:20頃に到着。この日は天気が良くて気分はよかったんですが、トレーニングのことを考えると憂鬱でした。
20060615usvisit02

トレーニングルームに用意されてる簡単かつメチャクチャ太りそうな朝食をいただきつつ本日の内容についてざっと目を通します。
20060615usvisit01

8:30にはトレーニングスタート。講師のJimは話好きで陽気な一方、けっこう時間には厳しい男で8:30になったら、すぐ開始です。午前中はプレゼンピッチを使ったレクチャー中心の話。こんな感じでみんな意外と真剣です。
20060615usvisit06

例によってrush lunchです。昨日とおんなじランチボックスが登場したので、今日は昨日と中身が違うビーフのサンドイッチを選択。ちなみにランチはこれ。
20060615usvisit05
だいたいこういうランチボックスのメシは不味いと決まってるんですが、今回のはかなりイケてました。それが救いだった。珍しいこともあるもんです。シカゴ行ったときに出たランチはまさに不味いランチの典型で、口にするほどに悲しみがこみ上げてくるようなランチでしたもんね。

午後は13:00から開始。もっとも恐れていたワークショップから始まります。英語のニガテなあるじはこの手の形式は大嫌いなのですが、ま、しょーがないす。海外の大学卒業のでいじーは、この手のトレーニングはさすがに慣れてるようですが、おっくうなことはおっくうなようです。
20060615usvisit07
この日は最後に2日間の内容を振り返ってのマークシートのテストがありました。ここ最近10年くらいの間に受けたテストの中では、もっとも自信がないテストです。といって、点数が基準に達しないと何かペナルティがあるかといえばないですが。

よーやくトレーニングを終えて会社を後にしたのは6時過ぎ。一番遅くまでトレーニングルームにいました。

話は違いますが、これが今回のレンタカー、MAZDA 6とかいうやつ。でいじーいわく、日本でのアテンザじゃないかということで、タイヤはぺったんこで太いしサスは硬いしハンドルやや重で、アメリカ仕様とは思えないくらい運転しやすい車です。
20060615usvisit04

これに乗って帰途につくワケですが、この日は山場を乗り切ったとゆーことで、でいじーととある場所に行くことに。

続きは後ほど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/16

US出張2日目のお食事

2日目の朝ゴハンはホテルで。

このホテル、希望してたホテルが4件とも満室とかいうウソみたいな状況により、やむを得ず選んだところなんです。初めて泊まるのでどんなもんか心配だったんですが、部屋とかはまあ問題なし。でも食事はダメっぽいなぁと思ってたら、やっぱりダメでした。

朝食は写真取る気も起こらないくらいの、面白くも美味しくもナイ典型的なもん。がっくし。

で、トレーニング受講しに会社に行きましたが、ランチはトレーニングの中に含まれてて、どこからかランチボックスが運ばれてきて、どこに出かけるでもなくトレーニングルームでお食事。でもちょっと時間も押したりして、rush-lunch気味であんまりブレークも取れず、あるじ的にはだいぶ不満。

夕方6時過ぎにようやく終了し、あまりにもマズシイ食事が続いたせいで、あるじは美味しい夕食が食べたくなり、でいじーの希望もあってイタリア料理を食べに行くことに。

以前行ったOlive Gardenでも良かったんですが、この日はあまり記憶が定かではなかったLos Altosのお店に行くことに。たしか美味しかったはずなんだけど、1回しか行ったことなかったのでちょっと自信なし。

でいじーの危険極まりないバイオレンスドライブの車で20分ほどで到着。こちら、Ristrante Bella Vita
20060614usvisit04

本日のお食事の品々はこちら。

Focaccia
20060614usvisit06
頼んでないけど勝手に出てきた。バルサミコ酢とオリーブオイルを小皿にまぜていただきました。おいしい。

ANTIPASTO MISTO FOR TWO
20060614usvisit07
この中では、トマトのブルスケッタが一番ウマかったです。

ZUPPA
20060614usvisit08
豆がメインの具になってるスープ。豆がグズグズになってなくて、ほどよい歯ごたえで食べられたのでよかった。こういう煮かたが出来る店なら、パスタでアルデンテ期待してもだいじょぶかも。

SALMONE AL FORNO
20060614usvisit09
サーモン。オススメだと言われて食べたけど、びっくりするほどウマいって訳でもナシ。あ、でもちゃんと美味しくいただきました。メインよりも付け合せで下にしいてあったマッシュポテトと野菜の方がウマかったなぁ。

CAPELLINI ALLA POMODORO
20060614usvisit10
こっちでAngel hair pastaを食うのはけっこうなギャンブルだと個人的には思ってるのですが、ここの店では絶品とまでは言わないですが、けっこう美味しくいただけました。たいていはソーメンゆですぎみたいなAngel Hairが出てきて、ソース絡めてるのになぜかほどけずダンゴ状態てなことが多いのですが。だいじょぶでした。

20060614usvisit11
でっかいカプチーノ。

お店の中の雰囲気もグッド。
20060614usvisit12

20060614usvisit03

でいじーもあるじも酒は飲めないので水飲んでましたが、ワインリスト見た限りではそこそこ種類も取り揃えているみたいだったので、機会があれば飲んでみたいです。

総合的にはマンゾクのいく夕食でしたが、例によって食いすぎなので、どーにかせねばならない状況に追い込まれたあるじなのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年3回目のUS出張2日目

出張2日目ですがトレーニングとしては初日のこの日、お天気快晴でカリフォルニアってかんじの気持ちのいい朝。

このブログでは、詳しい仕事の話は基本的に書けないあるじですが、たまにはマジメにやってるエビデンスを残さないとということでトレーニング風景を1~2枚。
20060614usvisit02

ちなみに、この写真には、わが同僚、でいじーのパーツが写ってます。さてどれでしょー?
20060614usvisit01

トレーニングは円卓を4~6人で囲んで8卓。35人前後でやってます。向こうのトレーニングではよくある風景で、コーヒー、紅茶、ホットチョコレート、ジュース類(オレンジ、アップル&ラズベリー、コーラ、7UP)、ミネラルウォーター(CRYSTAL GEYSER)などと、お菓子類は常に常備されて、休憩時間はもちろん、トレーニング中でも食いたくなったり飲みたくなったりしたヤツはぷらぷら歩き出して勝手に取りに行って、ぱくぱくグビグビしながらトレーニングというように、ジツにリラックスした風景。

内容については・・・のちほど。概要レベルの広く浅い内容だったんですが、けっこうキツかったので1回で全部まとめて書くようにします。じゃないと終わらなくて。。。早く3日目に追いつかないと。

昔、某S社に入社したばかりの頃に参加したUSでの技術トレーニングのときのことを思い出しちゃいました。
ちょうどこんな感じで、US本社のカルチャーって、日本企業と全然違うんだなぁって、新鮮なショックを受けたときのこと。

この会社もなかなか楽しいす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の夕食

ホテルにチェックインした後、しばし休息とメールチェックを行って、あるじは同僚のでいじーとともにMilpitasのGreat Mallへ。

あるじはここ最近の出張では、来たのは2回目ですが、でいじーはずいぶん久しぶりのようです。前回あるじが来たときと同じように「ずいぶん雰囲気が変わった。」と言ってました。初めてきたころのこのモールは、客層がちょっと危なめなのが多くて、トイレとかもモールの奥まったところへ狭い通路を通っていかなきゃならず、ここで襲われたら助けを求めても誰にも聞こえんなーというような場所にしかなくて、一人でトイレ行けませんでしたもん。。。

今はMallの中の照明がずいぶん明るくなったのと中の作りをきれいにしたので、それだけでもずいぶんと安心感があります。トイレも相変わらず奥まったところではありますが、ポリスとセキュリティの詰め所があるすぐそばにあったりするので、ここのトイレだと心理的には少し安心。

こどもも遊べそうなところがいくつかあって、うちのこぞーども連れてきたら喜びそう。例えばこれとか。
20060613usvisit16
これ、口では説明しにくいんですが、手前の木の板のところからコインを投入できるようになってます。ペニーでもなんでもいいんですが。投入されたコインは、縦になって勢いよく転がりだし、この黒いやつの円に沿って回りだしてだんだん中心に向って加速しつつ回転半径を小さくしていきます。最後は、じょうご状になってる中心のところで、遠心力によって真横になりながらも高速回転するんですが、回転が鈍るとストンと真ん中の穴に落ちていっておしまい。

これを反対側のスロープからも誰かに投入してもらって、同時にやると面白い。面白かったから2回やってしまった。3回目はガマンしました。

この日の夕食は、このモールにて。フードコートでPanda Expressでも行こうかと思ってたら、でいじーがこのモールにけっこうイケる中華があるとゆーので行ってみることに。このモールのレストランて、実はあんまり期待してなかったんですが、でいじーが3回一緒に出張に来て初めてオススメしてくれたので、かなり楽しみにしていきました。

お店の名前はMayflower。モールのはじっこの方、No.222のお店。
で、頼んだ品々はこちら。

すっぱいスープ。
20060613usvisit12
辛い!うまい!。$8くらいだったけど、この量で1人あたり4杯分でした。ウマいが食えねー。でも2人とも3杯ずつ食った。

麻婆豆腐。
20060613usvisit13
日本のとはだいぶ趣が違うが、これもウマい。これも辛めだったけど、ウマいから食える。この後に出てきた炒飯にかけて食べたらなおウマい。

福建炒飯。
20060613usvisit14
こーれウマかったっす。いや、ホントに。干した貝柱戻したやつとエビとか鶏肉とか入ってるやつの餡かけ炒飯なんですが、これは辛くなくて干した貝柱の旨みとやや甘めの味付けが、辛いものばっか食べてた舌を休ませてくれるとゆーか。

で、これ食べて、ちょっと味に変化をつけるような感じで、餡がかかってない部分の炒飯を取り出して麻婆豆腐かけてると、こんどは辛い麻婆豆腐とタマゴ炒飯のやさしい味と相まってこれがまたウマい。

あと、写真撮り忘れてしまったんですが、これ以外にもう一皿、定番の空芯菜のにんにく炒め頼みました。これもすごい量だったけど、空芯菜は4分の3はいただきました。炒飯はさすがに多くて半分残しました。麻婆豆腐は完食。3人で食べるとちょうどよい量だったかも。

いや、しかし、でいじーオススメの中華屋。かなり気に入りました。次来たときも来ようっと。

帰りの駐車場にて。
20060613usvisit15

我が日本の由緒正しいライトウェイトスポーツカーにアホな装飾を施してる車を発見。うちのこぞーに見せようと思って撮ったら暗かった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/15

今年3回目のUS出張初日その2

初日のお昼はStanford Shopping Centerで。

ホテルに行く途中、101を途中で降りて行きました。その中にあるイタリア料理の店、Babbo's Pizzeriaで昼食をいただきました。

味は。。。外してもないけど、格別ウマいってわけでもなく。なんというか。。。
20060613usvisit10
20060613usvisit11

これをシェアしていただきました。

あ、そうそう、量はアメリカの食事にしては2人でちゃんと食べきれる量だったです。珍しいことに。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/06/14

今年3回目のUS出張初日その1

あるじは無事カリフォルニアはベイエリアに到着しました。

ですが今回は風邪が直らないまま出張に出てしまったので、体調的にも気分的にもノリがよくない状態にあります。

そんなあるじではありますが、今回の出張でも何かしら楽しいことはないもんかと考えているわけです。で、往路の飛行機では偶然の機会に恵まれて、ちょっとだけ楽しいことがありました。

1つ前のエントリでshitaさんがコメントされてますが、現在のJALのサンフランシスコ路線のコンフィグはL17になってるらしいのです。が、今回チェックインするときにカウンターのおにーさんが、

「今日は機材変更がありまして747に変更になっております。」

なんてゆーから、てっきり

「へー、747-300になったんだ。そんなことあるのね・・・。」

なーんて思い込んでたら、どうやら違って、747-400には変わらないんだけど、コンフィグがK13 or K51 or K61のどれか(どれかは特定できず。中をちゃんと見なかったもんで・・・)のヤツに変更になったってことだったようです。

だもんで、ビンボーなあるじは普段はエグゼクティブクラスとなってるアッパーデッキなんざ行く機会がなかったんですが、今回のコンフィグだとエコノミーでアッパーデッキが取れるので、さっそく既に予約済みの座席を変更し、めでたくアッパーデッキ最後方の窓側を確保しました。

特に地上だと、アッパーデッキから見る景色は普段と違います。あるじの席の真下くらいにドアがあって、そこに搭乗ゲートからの通路がくっついてます。
20060613usvisit01

搭乗完了で去り行く通路。
20060613usvisit02

アッパーデッキってこんなかんじ。
20060613usvisit07

窓側をとると、席の横にも収納スペースがあって何かと便利なんです。収納ケースの上にこうやってかばんとか置いておけるし。
20060613usvisit08

めでたく離陸。まだ明るいです。
20060613usvisit03

夜になってきました。このあと、真っ暗になって夜到来。
20060613usvisit04

上の写真と似たような感じですが、上からは4時間ちょっと経過してこれから朝を迎えるところ。
20060613usvisit05

朝です。サンフランシスコ国際空港着陸前。南から進入してるので写真は北に向って左手となり、101が見えます。
20060613usvisit06

あいにくの曇り空で、あるじの気分同様カリフォルニアっぽくなくて辛気臭いです。

ゲートに到着。通路が近づいてくる・・・。
20060613usvisit09

めでたく到着しました。

初めてのアッパーデッキの旅は、けっこう楽しく過ごさせていただきました、はい。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/06/13

出発間際

あるじはただいま成田空港第2ターミナルにおります。

今日、これからJL2便サンフランシスコ行きに乗って、US本社へ出張。今回はマーケティング部門に所属していて、入社後6ヶ月までの社員を対象にしたトレーニング。

うちの会社ではどんな風に製品マネジメント/マーケティングプロセスを回しているのかが、このトレーニングを通じて知ることができるのです(たぶん・・・)。

しかし、あるじは今回、風邪引いてるし調子悪い上に、先週のイベントに全力尽くしちゃってそのために先送りしてた仕事が山積み、おまけに日本代表は初戦で目も当てられない負けっぷりと、負の要素が重なって、どーにも気が重いのです。

でも楽しいこともあるかも知れないので前向きに。

1つ楽しみなことは、初めてアッパーデッキの席になったことですかね。

ま、それについては後ほど。

では行ってきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

理解できん・・・

後半途中まで良かったのに、だんだん中盤から前が動けなくなって、攻められっぱなし。

FWも中盤の前も、攻めててミスが多くなってチャンスでも決められなくなってたのに、なんであそこで小野かね。小野のデキがどうこうじゃなくて、あそこで小野入れる意味がわからん。。。しかもディフェンシブハーフ。オーストラリアだって、前掛かりで攻めててカウンター喰らうと戻れないくらいへばってたのに、前で攻めきれないもんだから相手の消耗を生かせてないのは、はっきりわかってたのに。

もし中盤厚くして逃げ切るつもりだったなら、当たり負けしない稲本とかいるだろうし。もう1点取りに行くなら柳沢さげて玉田か大黒、もしくは高原下げて巻だってよかった。

とにかく、前線と中盤の前で動けるフレッシュなヤツを2人投入して、前で攻め切ってオーストラリアを自陣から押し戻すことしないと、逃げ切ることなんてできないだろうってハラハラして見てたら・・・

チャンスで点を取れず、しかもフィニッシュまでいかずミスで取られて仕掛けられまくってたら、別に疲れてなくてもDFはいっぱいっぱいだ。この試合に限ってはDFもGKもよくやったと思うし、責めるのは酷。

負けるときは毎度このパターンだけど、今回、個人的にはヒディングとジーコの差で負けたって気がします。

アナウンサーはまだ1試合負けただけって言うけど、クロアチアどころかブラジル相手でも勝たなきゃいけなくなったこと、そして、この試合で3点を失って得失点差-2となったことを考えれば、1次リーグ突破は可能性ゼロではないだけで、ほぼ絶望です。世の中そんなに甘くないですわ。

で、日本にとってこのW杯を意義あるものにするためには、もはやリーグ突破がどうのこうのではなく、残り2試合をどう戦うかで今後につながるかどうかってところでしょうか。

どういう結果になろうと、残り2試合、4年後につながる試合を見せて欲しいです。結果として4年後ではなく今回につながったらちょーらっきーですな。

がっくし。。。

明日からUS出張だけど、も、今週はやる気ゼロ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/12

試練なあるじ

あるじ、日曜日は試練でした。。。

土曜日、上のこぞーとチャリンコ46km走破を果たしたのはよかったんですが、翌朝起きたら二人とも風邪っ引き状態に。ノドは痛いし鼻水止まらないし、二人とも微熱ありで、かなりしんどい。

にも関わらず、上のこぞーはボーイスカウトの入隊式があったため、無理やり行かせてしまいました。一方、あるじは下のこぞーのお守り。おくさんが大学時代の友人の結婚披露パーティ出席のため、美容院へセットしに。体調不良のときにこの爆弾こぞーの相手はかなりの重労働ですがやむを得ず。。。

上のこぞーを12時に迎えにいき、おくさんが12:30に出かけてから本格的に子守。この日はおくさんの実家へ。お義母さんがいるとのことで、負荷分散できるので頼ることに。

下のこぞーは、おくさんの実家に行くとなぜかハイになってぶっ飛んでしまいます。一方、上のこぞーは農作業始めたきり戻ってこなくなるんですが、この日は体調不良ってこともあり、珍しく4時過ぎに寝てしまったかと思ったら2時間半くらい昼寝してたおかげで、何も面倒みなくてすみました。

そのぶん、下のこぞーが普段2時間昼寝するところを40分で起きてしまったのは大誤算。も、泣きそうでしたが、ロードバランシングが効いてくれたおかげで、ホント助かりました。。。

で、おくさんの方はというと、今日のパーティはFurutoshiとゆーレストランで、料理としてはたいそうマンゾクのいくできばえだったそうです。Web Siteのつくりはなんだかよくわからずサイテーでしたが、料理はサイコー。

なぜにこんなに美味しい店だったのかというと、お友達のダンナとゆーのが200年の歴史を誇る蒲焼やの跡継ぎとかで、お客様のおもてなしを最優先に考えた末こうなったとか。さすがは創業200年の鰻屋主人。デザートも色々な種類のものが取れるバイキング形式で、好きなものが選べてよかったそーな。

その後、2次会は遠慮しつつも仲の良かったお友達とお茶することもできて、少しは気分転換できたらしい。

たまのお出かけでおくさんが満足できたとゆーのは、あるじにとっても子守をした甲斐があるとゆーもの。
とはいえ、さすがに今日は試練だった。。

W杯観戦も自重しようかと思ったりしました。
※でもこんな時間にブログ書いてりゃ意味ナシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/11

かなりつらいね、これ。

昨日は22:00頃から、W杯のイングランド対パラグアイを観戦。

続いて、スウェーデン対トリニダード・ドバゴも観戦。しながら、全仏女子シングルス決勝と、F1のイギリスGP予選を観戦。

で、最後はアルゼンチン対コートジボワール。

これ、毎日は無理だな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

46km

昨日の土曜日、上のこぞーがサイクリングに行きたいといいました。こぞー、誕生日のお祝いに、2代目のチャリンコを買ってもらいましたが、たいそう気に入っててもっとたくさん乗りたいとずっと言ってたので。

こぞーのチャリにはスピードメーターが付いてるんですが、私が小さいときに乗ってたチャリの頃とはずいぶん違います。いまどきのはセンサー感知式になってて、前輪のフレームのところにセンサーが付いており、一方車輪のスポークの1本になんか丸いのがついてます。この丸いのが回転するたびにセンサーで感知され、1回転する時間を測ってるようなかんじ。もちろん、タイヤのサイズで変ってしまうので、それも設定できるらしい。すんごい。

家を出たのは12時頃。こぞーは昭和記念公園のサイクリングコースを走りたいといっていたのですが、昭和記念公園はカネがかかるので多摩川に行こうと言って、今回は多摩川に。ここからは地理的に知ってる人じゃないと、どこは知ってんだかわからんと思いますがご容赦を。

家を出て、こぞーと二人、国立の大学通りから20号に出て国立府中インターの方へ。途中、谷保駅前のセブンイレブンで、ジュースやお茶、おにぎりと疲れたときのハイチュウを購入。インターを通り過ぎてまっすぐ行くと、多摩川にぶつかります。そこで、土手の上までチャリを持ち上げて、土手の上のサイクルコースみたいなところを下流へ。下って300mくらいのところでいったん川原に行って魚なぞいないかちと見学に。

15分ほど遊んで出発。府中四谷橋を越え、さらに関戸橋もこえてひたすらまっすぐ。ホントは、この関戸橋で引き返す予定だったのに・・・。もっと行きたいとこぞーが言うもんで、行ってしまいました。

夏にはよくプールにもくる府中郷土の森までやってきた。郷土の森の駐車場に止めると、多摩川べりまで近いし、ここってBBQができるようなので今度ここでBBQやってみようと思いました。

さらに下流にむかってひた走ります。すると、南武線の鉄橋が見えてきました。ここで、貨物列車が通ったのですが、南武線の南多摩駅とは違うほうに向っていくことに気づき、こぞーと見てると貨物はトンネルの中に入っていきました。南武線の線路を通る貨物は、途中で線路が分かれるのは知ってましたが、ここから分かれると知って、こぞーは喜んでみてました。

さらに下流に行って、今度は是政橋を対岸に向って渡ります。ひたすらまっすぐ。途中の稲城北緑地も駐車場があり、ちょっとした緑地でBBQやってたので、ここもいいかなぁと。ここも候補しよ。

稲城大橋の下をくぐって、くろがねやの横を通り過ぎて多摩川原橋に到着。

さすがにもう下流に行ってしまうとヤバイって感じだったので、ここで左折して向こう岸に。橋を渡ってる最中、「ここをまっすぐ行くと、ばあちゃん(あるじの母親)の家だよ。」って言ったら、「ばあちゃんちに行って驚かす!」とか言い出したせいで、鶴川街道を北上するハメに。。。

かつてよく試合に行った東宝調布のテニスコートの看板を横目に、ひたすら北上。多摩川から鶴川街道を北上すると上り坂ばっかりでたいへん。京王線も越えていきます。20号も越えて神代植物公園までたどりつきました。花好き、農作業好きのこぞーは、この神代植物公園が好きなので寄っていきたいと言ってましたが、もう14:30をまわってたし、ここに寄ったら動かなそうだったので諦めさせて出発。

14:45頃、このジョナサンまでたどり着いて、遅い昼食。こぞーはお子様ランチにソフトクリームを注文。お子様ドリンクバーはサービスでタダだったので遠慮なくいただくことに。最近、こぞーの食いっぷりがすごくなってます。今日もランチのハンバーグを、料理が来るなりガツガツ、はぐはぐ食べまくって、あっとゆーまになくなりました。先々、カネかかりそーだ。。。

15:30すぎにジョナサン出発。さらに北上を続け、車の少ない裏道をひた走り、ついに三鷹駅北口到着。

三鷹通りと平行にはしってる裏道を通って、武蔵野陸上競技場に。突き当たって右折し、さらに横の裏道を通って成蹊高校を横目に北上。練馬区関町に到着。あるじがかつて通った関町小学校をみながらその先の交差点を左折し、よーやくばあちゃんちに到着。

うーん、長かった。も、面倒だから、ばあちゃんちから帰ったルートは省略しますが、ばあちゃんちで2時間ほど休息を取らせてもらって家路に。ばあちゃんは、こぞーが自転車でここまで来たことに驚いてたのはもちろんですが、帰りのことを考えると心配でたまらんて感じでした。いや、心配かけて申し訳ない。

よーやく家に戻ってきたのは20:00。途中、武蔵小金井駅ちかくのコンビニで飲み物買ったりして休憩を取り、家の近くの国立駅では記念写真なぞとりながらたどり着きました。

家を出てから、8時間。こぞーのスピードメーターによると、46kmのチャリンコの旅。いやー、小学校1年生って、すごいもんですね。こんなに走れるとは思わなかった。最後まで頑張って走りとおしたもんね。立派なもんです。

なーんて感心してたら、おくさんに

「どこまで行ってるの?お義母さんにあんなに心配かけて!まったく、こんなに無計画な人だとは思わなかった。」

って、怒られました。

ま、たしかに、計画はしてなかった。
でも、川が海まで流れてると知って、「海に行きたいっ!」って言い出したこぞーを調布あたりに留めたことは、もっと評価してほしかったなぁ。。。

なんつって。

すいませんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/06/10

ドイツW杯開幕

始まりましたねぇ。

今日はおんなじようなタイトルのブログのエントリ、あっちこっちでたってることと思います。

昨日はA組の試合、ドイツ対コスタリカで開幕し、ドイツがめでたく4:2で開幕戦勝利!さすが地元開催。幸先の良いスタートです。バラックがいなくてもエースFWのクローゼが2発。シュバインシュタイガーがやっぱりいいっすね。左なのにクローゼの1点目は右のシュナイダーからパスもらって真ん中よりやや右よりからクローゼにセンタリングで1点目をアシストしてました。

ま、この組はドイツにとってはきっとオイシイですね。ドイツとあとはまあ、どこがきても一緒だけど、やっぱり初戦に勝ったエクアドルかな。W杯1次リーグで、初戦での敗戦は、1次リーグ突破の可能性の多くを失うくらいの厳しい状況においやられますからねぇ。

でもドイツ、頑張ってもベスト8くらいで敗退しそう。今日のメンバーにバラックが加わってアタッカーはさらに強力だけど、コスタリカ相手に2点を失ったあのディフェンス陣。。。トーナメントの初戦はおそらくイングランドかスウェーデン。攻撃力は互角だとしても、守備力の差で敗退・・・って気がする。

B組はまあ、イングランドとスウェーデンで決まりだと思ってますが、全ては初戦の結果次第。

ちなみに、今大会ワタクシの優勝予想はイングランドでした(ルーニー故障する前までは・・・)。FW(オーウェン、ルーニー)も点取れるし中盤もワールドクラスのトップタレント揃い(左からJ.コール、ランパード、ジェラード、ベッカム)。タイプは違えど攻撃力はブラジルにも負けてないす。ただ、FW同士、中盤同士でビミョーにかみ合ってない気もするけど・・・。DF陣も名前はすごい。ほぼベストメンバーで大会通じて(特にトーナメント以降は)戦うことができれば、優勝も現実的だと思ってたんですが、このチーム層が薄いのでケガ人出たらアウトだと考えてました。そしたら、大会前からアウト状態に・・・。ケガ人続出です。。。

今日(てゆーか明日の朝早く)はいよいよ死の組、C組の試合が始まりますね。アルゼンチン対コートジボワールが注目。この試合、負けた方は1次リーグでさよーならに違いありません。で、あるじはコートジボワールの勝ちに。基本的には引き分け狙いで来ると思いますが。アルゼンチン、メッシとかクレスポとかいるけど、とにかくリケルメをガンガン削って潰すことができればアルゼンチンは攻撃力半分以下だし。

引き分けだとまだわからんですが、この試合で引き分け以外の結果が出たとしたら、この組はコートジボワールとオランダがトーナメント進出だと予想してます。

あー、楽しみ。

今日は全仏オープン女子決勝もあるし。。。たいへんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

今年はたいへん

今年はたいへんだ・・・

いま全仏オープンやってるんですよね。テニスの。
昨日も夜中見たけど、今日もやるでしょ。

で、明日深夜からサッカーのW杯開幕でしょ。

で、サッカーずーっと見てると、そのうちテニスのウィンブルドン始まるでしょ。

まいにち、寝不足。。。

仕事が忙しくても、ヒマでも寝不足なのねん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/08

抜け殻

イベントが終わったあとの今日1日、あるじはひたすら眠かったです・・・。

会社にいるときも、8月に開催される、とあるイベントの出展社説明会に出席してるときも。。。
(昨日イベント終わったばかりなのに、次の日にはまたイベント絡みの打ち合わせが控えてるって、どーなんでしょ・・・)

まるで抜け殻のあるじ。

あるじは眠いのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/07

赤ぷりの朝

はい、おはようございます。

寝たのは1時。おきたの4時。赤ぷりの朝は早いのです。

これから始まるイベントのランスルーがもうすぐ始まります。

あるじは自分のセッションの練習がままならず今日の日を迎えてしまいましたが、もはや当日になると今さらどーせって感じになってしまい練習に身が入りません。

で、気晴らしにブログ。

赤ぷりからみえる今朝の景色はこんなんだった。

Akapri1

まだ暗い・・・

Akapri2

ニューオータニが見えた。

では、ランスルーに行ってきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/06

赤ぷり

あるじは本日、赤ぷりに泊まりです。

明日のイベントで、あるじが責任者となってるブレークアウトセッションのランスルーが朝5:00からあるためです。

あるじ、明日は裏方に徹して・・・いたいのですが、裏方仕事しながら自分でもセッション2つ持たされてしまってるのです。マジでやべー。

あるじ、赤プリに泊まるなんて、何年ぶりだろうって感じなのに、きっとベッドで眠ることはないであろー。ぐっすん。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

こぞーと遊ぶ。

先週日曜日、実家に行く途中、国分寺の公園で上のこぞーと遊んだ。

二人で遊ぶのは、かなり久しぶり。先週まで四苦八苦してた仕事がようやく落ち着き始め(てゆーか、もう今週の水曜日にイベント開催なので、もはややれることもなくなってきたとゆーのがホントのところだが)、こぞーどもと遊ぶヨユーが出てきたので。

ホントは下のこぞーとも遊ぶ予定だったのだが、移動中に寝てしまい、そのこぞーを連れて奥さんは国分寺のデパートに買い物に行くとゆーので別行動に。

で、サッカーボールとフリスビーと上のこぞーの3点セットとともに公園にポイっと放り出されてしまい、奥さんは下のこぞーとともに国分寺駅方面へ消えていったのでした。。

最初はフリスビー。シカゴに行ったときに買った、OLD NAVYのフリスビー。こぞーは初めて。こないだちょろっとやったけど、場所が狭くてちゃんとできなかったから、広々したところでやるのはこの日が初体験。

とりあえず投げ方と取り方だけテキトーに教えて、とにかくやらせてみる。当たり前だがヘタっぴ。けど、こどもってのはすごいもんで、取るほうはともかく投げるのは15分くらいやってたらだんだん飛ぶようになってきて、コントロールもそれなりになってきた。さらに10分ほどすると、投げる方に余裕がでてくたせいか取るのも上手くなってきた。およそ、球技のセンスは全然感じてなかった上のこぞー、しかしそれなりに上手。たいしたもんだなぁ。

取るのが難しいのは、フリスビーの軌跡をまだ予測できないから。まっすぐくるのと沈むの、向って左上から曲がってくるのはどーにか取ってるけど、右から曲がったり浮いたり戻ったりする軌道のがダメっぽい。

で、30分くらいやった頃か、ちょっとスピードがあって浮いてくるやつ、取り損ねて顔面直撃。しかも下の前歯の歯茎にあたったらしく、血が出てます。こぞー、人前で泣くのがイヤなので普段はかなり我慢強いんです。このときも、あるじに「怖くても目をつぶったらダメなんだよ。そーすると、歯にあたったりすんだよ。ばかだなぁ。」って言われて、苦笑い浮かべながら頑張ってたんですが、相当に痛かったらしく、だんだん涙が目に一杯になって零れ落ちてきました。

周りの目を気にするこぞーなので、近づいていって黙って周りから顔が見えないように抱き寄せて顔を隠してやったら、声を殺してしばし泣いてました。2~3分かそこら、ひとしきり泣くと「もう、いたくなくなった。」と言って、離れていきました。まだ血は出てたけど、口の中なのでそのうち止まるだろうってことで放置。なかなか健気なムスコです。

でも、これを機にフリスビーは終了となり、サッカーへと続くのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/05

ああぁぁぁ・・・。

東京駅で座れたから、PC開いて本格的にブログ書いてたら、いつの間にか立川だった・・・

乗りすごしてしもうた(;_;)

戻るの、めんどっちぃす。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/04

マルタ戦後半

どーもかみ合ってないっつーか、全然機能してないっつーか、やたらパスミスが多くなったですよねぇ。。

小野が後半から入ったからってゆーより(小野もイマイチですが)、その後中田(浩)、小笠原、稲本、巻って選手を変え、布陣を変えるたびにどんどんかみ合わなくなって、それゆえミスパスとか多く、カットされるだけじゃなくて受けられないようなパス、意思の疎通ってゆーかイメージ共有できてないよーなプレーが多くなってきた。

マルタ相手にこれじゃ、この組合わせでの布陣は本番ではやめてほしいな。

まったく点取れる雰囲気感じさせないわ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/03

残り3ヶ月でやらねばならんこと

長らく家族にメーワクをかけてきた、あるじのリジチョー生活も残り3ヶ月ちょっとになりました。

任期が終われば、よーやくこぞーどもと遊ぶ時間も今までよりは増やすことができます。しかも、残り3ヶ月ともなると、もはや新しいことには手をつけず、何事もなくやり過ごして任期満了を迎えたいと考えるのは、本音で言えば誰しも同じではないでしょーか。

しかし・・・

本日、6月度の理事会を開催し、定例総会の議案候補の洗い出しと各議案についての詳細の詰めなど考えたら、残り3ヶ月大忙しだっつーことがわかりました。もーたいへん。

とりあえず手をつけなきゃならんだろーてことはこんな感じ。

■議案候補関連
・長期修繕計画見直し案策定と総会前の居住者向け事前説明会開催
・駐車場使用細則変更(駐車可能サイズの変更、価格改定など)
・駐輪場使用細則策定(特に年1回の駐輪場更新および中途の申込みプロセス)
・防犯カメラ設置提案および候補メーカーによる居住向け説明会実施
・共有部(エントランスおよび中庭)のレンタルグリーンと植栽の予算化
・居住者用掲示板の設置および使用細則の提案

■上記以外残務
・第2回防災訓練実施
・鉄部塗装工事実施
・一部通路および階段の屋根設置案策定と予算化検討
・ペット許可に向けての問題提起
・期限切れ各戸備え付け消火器の一斉交換実施案検討

まるっきり仕事だ・・・。

会社でもマンションでも、年がら年中企画立案してはプロジェクト起こして実行てな感じで、ぐーたらできなくて不満なあるじでした。

さて、そろそろ本業の方もラストスパートかけねば。
(つーかまだスパートしてねーのかって突っ込まないでくださいまし。)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/06/02

落ちるパフォーマンスと落ちない体重

今日はチョーし悪いな。。更新がうまくできん。

さいきん、疲れからか寝不足からか、パフォーマンスが落ちてしまい困りもんです。
その上、体重はまったく落ちず、さらに困りもんです・・・。

うーん、なやましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/01

森上選手、初戦突破

全仏オープン開幕。クレーのスペシャリストの季節です。あるじがまだテニスけっこうやってたころはピート・サンプラスが最強のオールラウンダーでしたが、このコート、オールラウンダーは勝てません。サンプラスよりはストローカーに近いオールラウンダーのフェデラーも勝ててません。そこが全仏のおもろいところ。

極論すれば、フォアしかなくてもそれが威力のあるフォアで、試合が長引いてもその威力やフットワークに衰えをみせず、さらに気合と根性が人一倍なら優勝さえ夢じゃないのがこのコート。

森上選手、ランキング3位のペトロワ選手を破って初戦突破。こちら。相手が途中で足を痛めたらしいですが、それでも立派。いま女子は絶対的な力を持ったトップがいない群雄割拠状態なので、ランキング3位に勝てれば1位にも勝てる可能性も同じくらい有りだと思います。

でも、自分よか上のヤツに勝った後の試合って、よく格下に負けたりもするので次を頑張ってほしいです。そんで流れに乗ってもらって最低ベスト8。

期待してます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ドイツ戦

昨日の朝っぱら、仕事が立て込んでたにもかかわらずドイツ戦を観てしまいました。。。あ

思ったこと。

前半まずまず。チャンスも作れてたし、とりあえず失点ゼロで折り返せたことはよいかと。相手は地元で開催国。テストマッチとはいえ大会直前で本気モード。だからこそ価値あり。本番で前半から失点すると、FWの決定力に悩みを抱える日本はくるしい。。出鼻くじかれないことが大事だからねぇ。

後半。高原、爆発!本人は特に意識してなかったとゆーが、ブンデスリーガ全部に向けて「だからオレを先発・真ん中で使えって言ってんだろーがっ!」みたいな。真ん中で使って、回りとの呼吸さえ合えばドイツ代表からだって点取れるんだぜぃって感じで。「ウィンガーなんぞやらされとったら、点取れんだろーが!」みたいな。

流れの中で1点と個人技で突破して1点。ゴールへの意識は常にあれど結果がついてこなかった高原、ここにきての2発は吉兆。1点目は飛び出しのタイミングもよかったし、何よりキーパーと1対1のどフリーできっちり決めたところがえらい。
レーマン、1点目とられたあと、そのまま崩れ落ちた姿が印象的。「あああぁぁぁぁっっ。。。。取られちったよーんっ!これでまたカーン待望論とか出てくるんだよなー、きっと・・・。うざい。。。」って、言ってるみたいだった。

2点目はボール受けてから半回転してゴールに背を向けてから起点になるフリをして、さらにそのまま反転し強引に突破しにかかって抜けて角度のないところから蹴りこんでました。ペナルティエリア付近では多少強引でも侵入を試みてファウルもらうくらいの意気込みがFWには欲しいですからねぇ。ペナルティエリアに侵入してシュートコースないからっつって、すぐパスコース探すよーなFWはいらん。
レーマン、すごい落ち込んでる顔してた。「やべぇ。。。角度ないところから決められちった・・・。DFのアホども、簡単に抜かれやがって、カーンの手先かっ!」みたいな。「2点も取られちゃって、も、ボクどーしよ。」みたいな。
それだけにその後ドイツが2点取って追いついたときには、「やったーっ!負けなくてすんだよーん!涙ちょちょぎれるぅっ!」って感じで、ちょーウレシソーでした。

1点目を失ったのは、セットプレーからクローゼに押し込まれちまいました。DFでは宮本がついてたみたいですが、どうも後手を踏んで体を寄せきれず、シュートの直前で前に飛び込んでくるところでクローゼに吹っ飛ばされて転倒してました。こういうシーン、本番でもけっこうありそー。やっぱ、後手を踏むのはつらいです。

でも、それよりもそのセットプレーになるまでのところがちょっと気に入らなかったなぁ。ずっと攻め込まれてる時間帯が続いてましたが、ゴール前でクリアしたときのセカンドボールは取れないし、ボール奪っても低い位置からボールを繋ぎにかかって何度もカットされ、いっこうにハーフライン超えられない時間帯が続いてたから、一度や二度はハーフライン超えるようなロングボール蹴りこんで、DFラインとマークを修正して守備陣が落ち着ける時間を作った方がよかったのにと思ってしまいました。そうこうしてるうちにフリーキックとられてセットプレーから失点。奪ったボール大事にするのはいいけど、2度3度やってつながんなかったんだから、間を取るためにもやっても良かったんじゃないかと。

1点取られたあとは、守り切りにいくのかもう1点取りに行くのか、チームとしてはっきりした意図があんまり見えなかったように思います。攻撃陣は点取りに行ってましたけど。

その他。

2点目取られた後に大黒投入。大黒、決めてくれよ!どフリー2回あったのに。W杯本番で1試合にFW1人につき2回もチャンスあったら上等なんだぞ、日本の場合。そのうち1回を点にできなかったら、もはや点取れる見込みナシ。お願いします、ホントに。

アレ。3バックのときはとっても生き生き。ドイツ相手にも攻めあがれてたし、攻撃はよかったです。でもやっぱ守備。後半途中までは頑張ってた、それなりに。足のあるオドンコールが出てきても、途中までは喰らいついてた。けど、終盤になって行ったきり戻ってこないことが多くなってきた。あの時間帯で同点だったり1点勝ってたりしてる状況なら、守備は必死に最後までやってほしい。できないなら代えて欲しい。

駒野。加持の代わりに急遽入ったけど、よかったんじゃないすかね。右はどっちが出てもだいじょうぶって感じがしたけど(4バックのときはわからんなー。アレと同じだったりして。)、左はほんとに守備が心配。

福西。やっぱ、福西は必要だわ。ウマいし強いし。バラック相手に股抜き食らわすし。

加持と中村の怪我が心配。

最後に田中誠、ホント残念・・・。けして若くないし、最後のチャンスかもしれなかったのに、自分の状態では貢献できないと判断。また、スタッフとして残っても年長の自分がいることでチームに気を使わせないためにドイツに残らず自ら離脱を決断。大和魂を見た。フィジカルコンディションを維持して4年後、34歳でW杯に出て欲しいす。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »