« 時間取れず | トップページ | 森上選手、初戦突破 »

2006/06/01

ドイツ戦

昨日の朝っぱら、仕事が立て込んでたにもかかわらずドイツ戦を観てしまいました。。。あ

思ったこと。

前半まずまず。チャンスも作れてたし、とりあえず失点ゼロで折り返せたことはよいかと。相手は地元で開催国。テストマッチとはいえ大会直前で本気モード。だからこそ価値あり。本番で前半から失点すると、FWの決定力に悩みを抱える日本はくるしい。。出鼻くじかれないことが大事だからねぇ。

後半。高原、爆発!本人は特に意識してなかったとゆーが、ブンデスリーガ全部に向けて「だからオレを先発・真ん中で使えって言ってんだろーがっ!」みたいな。真ん中で使って、回りとの呼吸さえ合えばドイツ代表からだって点取れるんだぜぃって感じで。「ウィンガーなんぞやらされとったら、点取れんだろーが!」みたいな。

流れの中で1点と個人技で突破して1点。ゴールへの意識は常にあれど結果がついてこなかった高原、ここにきての2発は吉兆。1点目は飛び出しのタイミングもよかったし、何よりキーパーと1対1のどフリーできっちり決めたところがえらい。
レーマン、1点目とられたあと、そのまま崩れ落ちた姿が印象的。「あああぁぁぁぁっっ。。。。取られちったよーんっ!これでまたカーン待望論とか出てくるんだよなー、きっと・・・。うざい。。。」って、言ってるみたいだった。

2点目はボール受けてから半回転してゴールに背を向けてから起点になるフリをして、さらにそのまま反転し強引に突破しにかかって抜けて角度のないところから蹴りこんでました。ペナルティエリア付近では多少強引でも侵入を試みてファウルもらうくらいの意気込みがFWには欲しいですからねぇ。ペナルティエリアに侵入してシュートコースないからっつって、すぐパスコース探すよーなFWはいらん。
レーマン、すごい落ち込んでる顔してた。「やべぇ。。。角度ないところから決められちった・・・。DFのアホども、簡単に抜かれやがって、カーンの手先かっ!」みたいな。「2点も取られちゃって、も、ボクどーしよ。」みたいな。
それだけにその後ドイツが2点取って追いついたときには、「やったーっ!負けなくてすんだよーん!涙ちょちょぎれるぅっ!」って感じで、ちょーウレシソーでした。

1点目を失ったのは、セットプレーからクローゼに押し込まれちまいました。DFでは宮本がついてたみたいですが、どうも後手を踏んで体を寄せきれず、シュートの直前で前に飛び込んでくるところでクローゼに吹っ飛ばされて転倒してました。こういうシーン、本番でもけっこうありそー。やっぱ、後手を踏むのはつらいです。

でも、それよりもそのセットプレーになるまでのところがちょっと気に入らなかったなぁ。ずっと攻め込まれてる時間帯が続いてましたが、ゴール前でクリアしたときのセカンドボールは取れないし、ボール奪っても低い位置からボールを繋ぎにかかって何度もカットされ、いっこうにハーフライン超えられない時間帯が続いてたから、一度や二度はハーフライン超えるようなロングボール蹴りこんで、DFラインとマークを修正して守備陣が落ち着ける時間を作った方がよかったのにと思ってしまいました。そうこうしてるうちにフリーキックとられてセットプレーから失点。奪ったボール大事にするのはいいけど、2度3度やってつながんなかったんだから、間を取るためにもやっても良かったんじゃないかと。

1点取られたあとは、守り切りにいくのかもう1点取りに行くのか、チームとしてはっきりした意図があんまり見えなかったように思います。攻撃陣は点取りに行ってましたけど。

その他。

2点目取られた後に大黒投入。大黒、決めてくれよ!どフリー2回あったのに。W杯本番で1試合にFW1人につき2回もチャンスあったら上等なんだぞ、日本の場合。そのうち1回を点にできなかったら、もはや点取れる見込みナシ。お願いします、ホントに。

アレ。3バックのときはとっても生き生き。ドイツ相手にも攻めあがれてたし、攻撃はよかったです。でもやっぱ守備。後半途中までは頑張ってた、それなりに。足のあるオドンコールが出てきても、途中までは喰らいついてた。けど、終盤になって行ったきり戻ってこないことが多くなってきた。あの時間帯で同点だったり1点勝ってたりしてる状況なら、守備は必死に最後までやってほしい。できないなら代えて欲しい。

駒野。加持の代わりに急遽入ったけど、よかったんじゃないすかね。右はどっちが出てもだいじょうぶって感じがしたけど(4バックのときはわからんなー。アレと同じだったりして。)、左はほんとに守備が心配。

福西。やっぱ、福西は必要だわ。ウマいし強いし。バラック相手に股抜き食らわすし。

加持と中村の怪我が心配。

最後に田中誠、ホント残念・・・。けして若くないし、最後のチャンスかもしれなかったのに、自分の状態では貢献できないと判断。また、スタッフとして残っても年長の自分がいることでチームに気を使わせないためにドイツに残らず自ら離脱を決断。大和魂を見た。フィジカルコンディションを維持して4年後、34歳でW杯に出て欲しいす。


|

« 時間取れず | トップページ | 森上選手、初戦突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/10340729

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ戦:

« 時間取れず | トップページ | 森上選手、初戦突破 »