« 6/30の努力と堕落と結果 | トップページ | すいか »

2006/07/01

杉山愛選手ベスト16

ほんとはドイツW杯のこと書こうと思ったんですが、ドイツ対アルゼンチン観たあとのウィンブルドンですごいことになっちゃったので、そっちにします。

杉山選手、マルチナ・ヒンギスを破ってベスト16に進出です。こちら
第1セットを取ったものの、第2セットを落として第3セットも3ゲームリードされたところからの逆転勝ち。スバラシイ!!

30歳になったけど、フィジカル的に大きく衰えたようなところもなく、試合運びを見てもファイナルセットでリードされている場面でも落ち着いてましたし、この日はバックハンドがよかっただけじゃなく本人があんまり得意だと思ってなさそうなフォアも不安定とかいうことがなくて、なかなかのデキだったのでは?

次はノーシードで勝ち上がってきたフランスのSeverine Bremondとの対戦。どんな選手かさっぱりわかりませんが、この調子を維持して常に落ち着いてプレーすればベスト8はかなり現実的な結果として期待できます。

ハンチュコバとのダブルスは早々に敗退してしまいましたが、結果としてシングルスに集中できるようになっているのも好影響なのかも知れませんね。

ベスト8に行けば、次はパートナーのハンチュコバとジュスティーヌ・エナン・アーデンの勝者とです。

でもまあ、まずはベスト8入りを目指して頑張ってほしいものです。W杯観戦より優先度あがってきました。

|

« 6/30の努力と堕落と結果 | トップページ | すいか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/10742849

この記事へのトラックバック一覧です: 杉山愛選手ベスト16:

« 6/30の努力と堕落と結果 | トップページ | すいか »