« ブラジル散った | トップページ | 7/2の努力と堕落と結果 »

2006/07/02

ドイツW杯準決勝予想

ドイツ対イタリア:
イタリアも強いけど、開催国の利点を生かしドイツが勝利。
クローゼが得点王に向って爆発。イタリアは王子様を出したことで逆にパフォーマンスが下がって攻撃がかみ合わず敗退ってことに。デル・ピエーロにしておけばよかった。と、なるに違いない。

ポルトガル対フランス:
ジダン→アンリのラインが確立。ブラジルを破った組織力でこの試合も守備重視のアンリ1トップでスタート。けど、デコが戻ってきたポルトガルが攻勢。フランスはこれまでチームを支えてきたベテラン勢が積み重なった疲労でキレなし。マケレレだけベテランだけど守備では獅子奮迅の貢献。でも初優勝に向けて気合十分のポルトガルが、攻めまくって勝ちあがり。

なんか、全然当たらない気がしてきた。

|

« ブラジル散った | トップページ | 7/2の努力と堕落と結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/10756788

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツW杯準決勝予想:

« ブラジル散った | トップページ | 7/2の努力と堕落と結果 »