« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/31

今日のディズニーランド

夏休み最終日のせいか、空いてます。

もちろん人気のアトラクションは混んでますが、それでも2時間は待たないし、ウェスタンリバー鉄道やジャングルクルーズとかは待たないで乗れたと奥さんが言ってました。

今日は比較的涼しいし、おかげであるじはまだ元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから

ディズニーランド行ってきます。

おくさんも当然一緒ですが、しかしこぞーども二人を連れて行くのは試練だ・・・。

特に下のこぞーは一瞬でいなくなるからなー。

がんばってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/8/30の午後

昨日の午後は、ディズニーランド近くのホテルに泊まりに行くはずだったのが、上のこぞーの不手際により中止。

午前中、水泳教室があって、その前に夏休みの宿題の残りと公文の課題を終わらせておくように奥さんが言っておいたにもかかわらず、なぜだかプラレールで遊び始めて宿題終わらず。

最近、ちっとも言うことを聞かないと奥さんから聞いていたあるじは、

“そろそろまたわからせにゃーならんな。”

と思ってたところだったので、

「宿題、水泳教室行く前までに終わらなきゃ、午後は泊りには行かねーから。」

と宣言しておきました。

で、やっぱり終わらなかったので、宣言どおり中止を言い渡したら半べそかいてぶーぶー言うので、一喝。

「なんと言おーがいかねー。そう言っといたろ?自分が悪いんだからいつまでも泣きながらぐちゃぐちゃ言うな!それよか、この後もちゃんと宿題やらなかったり、決められたこと守れなかったら、明日のディズニーランドだって行くのやめるぞ?」

これでまた凹んだので、

「おまえな、凹んでる場合じゃねーぞ。やることやんなかったら、ホントに明日行けねーぞ。パパ、行かないって言ったらホントに行かないの、よくわかってるだろ?どーしても明日ディズニーランドに行きたきゃ、必死でやれ!」

と激を飛ばした結果、夕方になって課題をクリア。めでたく、夏休み最後の日はディズニーランドに行ける可能性が大となった上のこぞー。

4時頃、友達と連れ立ってセミ取りに。あるじは付き添いで、下のこぞーと一緒に。駅まで続く大学通り沿いの並木にいっぱいセミが。でもって、その木の幹や葉っぱにはセミの抜け殻が大量に。

結局、2時間くらいかけて蚊に刺されながら3匹ゲット。でも最後は逃がしたけどね。昨日、あるじの親父がかなり久しぶりに孫の顔を見にやってきたんだけど、その道すがらセミを大量ゲットしてきました。そのセミ取りの技はあるじなんかより遥か上を行き、おかげでこぞーどもにはじーちゃんに比べて下手くそだと言われてしまいました。

最後に取ったセミは、こぞーが「動くバッチ」とか言いながら服にくっつけて家に持ち帰り、奥さんにひんしゅく買ってました。

Semi

今年はカブトムシもミヤマクワガタもセミもトンボもバッタも捕ったし、まずまずであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/30

こぞーはバタフライができる

ここ1週間くらいの間に、ブログにかけそうなことはいっぱいあったんですが、どーにも時間が取れず埋もれていくネタたち・・・

それはさておき。

あるじは今日、夏季休暇取得2日目であります。ほんとは、午後からディズニーランド近くのホテルにでも泊まりに行こうと考えてたてたんですが、上のこぞーの不手際によりボツに。

なぜ午後からかと言えば、午前は上のこぞーがマンツーマンの水泳教室があったから。でもって、今日は昇級テストも兼ねていたので、あるじはおくさんと下のこぞーとともに見学に行ってきました。

こぞーの泳ぎを見るのは1年ぶりとかでしょーか。水泳教室に通わせて、年中とかだった頃にはぜんぜんできなくて泣きながらやってた練習も、今ではただのアップ代わりになってたり、クロールの息継ぎがヘタクソでおぼれかかったりしてたのが、いまや背泳ぎや平泳ぎもできるようになってます。

で、いまはバタフライ。さすがにこれは難しいのと、本人の気合が微塵も感じられないってこともあり、既に3回ほどテスト受けたらしいですがことごとく不合格。

けど、先生いわく、次は必ず受かると言われたらしく、今日は受ける前から受かった気でいるこぞー。そんなこぞーにカツを入れるあるじ。

久しぶりの泳ぎ、とくにバタフライが見られるとあって、けっこう楽しみにしてたんですが、下のこぞーがそこらじゅう、ずーーーーーーっと走り回っててそれをずっと面倒見てたからほとんどまともには見られず。。。

父親なんて、そんなもんさっ・・・

けど、途中ちょっと見たけど、バタフライにちゃんとなってましたよ、驚いたことに。でもって、最後のテストも見たけど、1時間びっちり泳いだあとだったから体力的に相当キツイはずだったのに、ちゃんと25mバタフライで泳ぎきって、最後も両手でタッチ(片手はダメらしい)して終了。

みごと合格を勝ち取ってきました。

ふだん、こういうテストとか勝負事にはちーとも執着心がなく、今日も「今日こそ絶対合格するぞ!」みたいな気合はこれっぽっちも感じさせない上のこぞーでしたが、めでたく合格となりました。

思い返すと、あるじが小学校1年生の時はバタフライなんて、ちーともできなかったことを考えれば、上のこぞーも立派なもんだと一人納得のあるじでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/29

明日、明後日

えー、あるじは8/30、31と再び休業となります。

これにて夏季休暇は終了となりますが、明日は午前中こぞーが水泳教室のテストがあるので午後から遊び。といってもノープラン。

正確にはプランはあったが予想外の出費(これ参照)に見舞われたために白紙に。

しかし、明後日は以前からの約束のディズニーランドに連れて行かねばなりません。最近、ちびっとだけ涼しくなってきてるので、明後日はそれを期待します。なにしろ、こぞー二人を連れ立って行くとなると、それはもーハードな一日になることは間違いなし。

せめて暑さだけでもなんとかなってくれんとなー。

うち、朝早く行くの苦手なんですが、帰る時間を早めてこぞーどもを9時くらいには寝かせたいと思い、頑張ってやってみるんですが、なかなかうまくいかず、結局は閉園までいることが多いんです。でもこないだ、

たまたま早く出発できて理想的なぐらいいろいろ乗れたのでエレクトリカルパレード見てすぐ帰るはずが、またしても閉園までいてしまい、どっちにしろうちは閉園までいるんだなーってことがよく理解できました。

次の日、またパシフィコ横浜に8:30集合なんだよなー・・・。

なるべく閉園までいないようにしたいと願うあるじでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/28

Microsoft Tech・ED 2006 Yokohama

明日から4日間、あるじの勤める会社は、Microsoft Tech・ED 2006 Yokohamaに出展します。

で、あるじは先週、内部統制ソリューション展の協賛・出展の責任者として奮闘してたわけですが、すっかり燃え尽きておるわけです。

とはいえ、人手の少ないマーケティング部門なので、2日目、3日目こそ夏休みということでお休みをいただきますが、ペースがつかめてない初日と何かと人手が必要な最終日だけお手伝いしにいくことになりました。

自分がオーナーではない分、気分的にはかならラクですが、開催地がいただけません。

パシフィコ横浜、うちから遠いっす。

集合は初日ってこともあり、現地に朝8:00。その時間に着くためには、あるじは最寄り駅に6:10には着いてないといけません。つまり、家を出るのは6時前。。。

すなわち、起床は5:00あたりでしょうか。こんな時間に起きて出かけるだなんて、はっきり言って自信なし。

今回のオーナーは、わが宿敵かつ同僚のでいじー。先週はあるじのために内部統制ソリューション展のヘルプに来てくれたのだが、あるじはこの場を借りて先に詫びておくとしよう。。。

すまん、でいじー。恩を仇で返すことになりそうじゃ。

いちおう、ベストは尽くすから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

ポーマーの集い

って言っても、あるじの同期と1コ下の3家族で昭和記念公園に行ってこどもたちを遊ばせようってゆーだけですが。

あいにくの天気で、いつ降ってくるかわかりませんが、まあ2時間くらいは持つだろってことで、あと1時間くらいしたらでかけてきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

思うに・・・

結局、自分で何とかできる範囲で何とかするしかないっつーことですな。

何かをアテにしてても、この流れの悪さを断ち切れるわけもなし。

結果はどうあれ、ベストは尽くしましょう。

今日、それを究極の状況でまさに実行している手本に会って、あらためて思い知らされました。

それに比べたら、あるじの運気の悪さや悩みなんて、悩みのうちに入りませんわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/25

今年の夏はダメだ。。。

はい、もー、ホントにダメですな、今年の夏は。

完全に負け組です。

2度のリスケを経て、半ば無理やり今日と8/30、31と夏休みをとりました。理由は、上のこぞーの夏休み中になんとか休みを取って、どっか連れてってやりたいと思ったからです。

で、今日は富士急ハイランドに行ってきました。出るのが遅くなって着いたのは13:00頃。おまけに、雷雨になって1時間以上遊べず雨宿り。それでも粘って15:00すぎから遊び始めて21:00の閉園まで頑張りました。

んで、子供にご飯食べさせて家路に。すっかり遅くなったし、こっちも疲れて眠くなっており、少しでも早く帰りたいとゆー状態で、かなり無理してたのは事実。

そして、ちょうど中央道八王子の共立女子大が見えるあたり、山間部を抜けて八王子料金所まで直線に変わったところでやられました。覆面に。。。

ここ、絶対スピードだしちゃダメなんです。山間部抜けたあとの直線なので、飛ばしたくなるし周りの速度もあがるのでついスピード出したくなるんです。で、普段のワタクシであれば、山間部で飛ばしてても、ここは抑え目に走ってるはずだったんですが。。。

眠いのと疲れたのとで、つい山間部の流れのまま入ってしまいました。

37キロオーバー。

次の更新でのゴールドもパーだ。罰金は\35,000ですな。

ホントにろくなことがないすわ、今年の夏は。

まじめにやっててもいいことないっつーのをこれだけ実感として感じられた年も珍しい。

厄年じゃないんだけどなー。それに、そういうの信じてもないのでかんけーないし。

も、やってらんねー。ヤケ酒くらってますわ。いま。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/24

内部統制ソリューション展おわり

終わりました・・・。

詳しくはまたのちほど追記しますんで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/23

不調

どーもおなかの調子がよくなくて、1日つらかったなー。

ぴーばら抱えての立ち仕事はつらくって、水も飲めんしご飯も食べられなかったのでした。

そんななか、『内部統制ソリューション展』の初日が始まりました。

あるじが企画したブースセッション、今回は結構苦戦しました。。。ま、予想はしていたことですが。

まあ、それでも初日としては最低限の目標はクリアしたのでまずまずと言ってよいでしょ。

ただ、チームの雰囲気がよくない。もともと少人数でまわさなきゃいけなくなったイベントなので、本来は人手がほしいところですが、人手が少ないからこそ一丸となっていい雰囲気でブース運営をまわさなきゃいけないのに。こうなることはわかっていたから今回のブーススタッフからは外してたのに、呼んでもいないのにやってきて、好きなことだけやってるってゆーその状況を同僚が見てやっぱり雰囲気は悪くなり、チームとしての一体感に欠けたまま初日が終わってしまった。

ブースやスポンサーセッションの全体統括と自分のプレゼンのスピーカー、ゲストスピーカーのケアなど、それだけでもいっぱいっぱいなのに、余計な仕事を持ち込んでくれた挙句チーム全体のパフォーマンスを落とされて、そこも間に立ってケアしなきゃいけなくなり、神経はすり減る一方でやるべき仕事の方に集中しきれない。物理的に一人増えたのに、予定してた人数で予想してたチーム全体のパフォーマンスより悪いんだから、まったく戦力になってない。

本業(あるじ、本業はイベント屋じゃなくてプロダクトマーケティングなもので)をこなしながら、それ以外の仕事もこなして、さらにこのイベントの準備のために何度も徹夜して、夏休みもつぶして、その結果本番がこの雰囲気じゃ、やってられんわ。初日の夕方にはブチ切れそうだった。

この手のイベントだと、初日より2日目のほうが成果は期待できるものなんだけど、この調子だと2日目の方が落ち込みかねない。どーにかせんといかんわ、この状況。

またグチだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/22

毎度学習せず・・・

ふっ。

あるじ、危うくスポンサーセッションのスピーカーとゆー危機は退けたものの、結局自分がコーディネートしたブースでのシアターセッションではあるテーマについて話す羽目に。

しかし、毎度のことながらコンテンツを詰めるのに時間を費やしただけでなく、今回はホントにブースに関する路地巣ティクスから何からぜーんぶやったので、自分のセッションの準備がてんでできてません。。。

あと12時間後には最初の出番なんですが、なーんと。この時点でまだピッチ、できてないよ~ん!!
それも、初めて話すスライドが半分を占めそう。。。

おとといの時点では、ホントはこの時間くらいには出来上がって、朝4時くらいまで一人ランスルーをやって仕上げの予定だったのが、8/24のスポンサーセッションで登壇させる予定の外タレと本日Welcome Dinner兼滞在中の予定の打ち合わせを持たざるを得なかったため、ちょっと前に家について、いまこんな状態。

なんで毎回こうなるかね・・・。

で、今からピッチ、作りますわ。まーた徹夜だ。ふん。どーせね。そんなもんよ。おれって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/21

内部統制ソリューション展

ちょっとネタ枯れなのと、あんまりアタマが回らん状態なので、さくっと書けるやつを。

えー、イベント情報です。

8月23日(水)~8月24日(木)の2日間、日経BP社主催の内部統制ソリューション展に、あるじの会社が出展しております。場所は有楽町の東京国際フォーラム。

あるじは出展に関する全体責任者で、スポンサー枠でもらった2日間のセッションも絡んでます。諸事情により危うく2つのうちの1つ、自分でしゃべることになりそうでしたが、さすがに出展ブースの面倒見ながらはムリと涙ながらに訴え、まいぼすの情を勝ち取り回避に成功しました。

このブログでは、あるじのお勤め先はナイショなのでどこのブースとは言えませんが、ご存知の方はぜひ遊びにきてください。また、ご存知でないかたも、会場をめぐってるうちにばったり出会えるかもしれません。

なお、あるじの仕切るブースでは、アンケートにご協力いただくと、ニンテンドーDS Liteや体脂肪計、映画のペアチケットとか置時計、健康グッズがあたる抽選に参加することができます。

末等でも4色ボールペンもらえますんで、一応ハズレなしです。

ペアチケットも20組あったりとか、けっこうな確率で当たるんじゃないかと思いますんで、ぜひこの機会にご参加を。

てなわけで、あるじは明日の午後から会場設営のため現地入りです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/20

結局のところ・・・

今日は結局、ほとんど当初予定のとおりには行かず、早朝5時に上のこぞーと立川の方のとある椚林に行ってカブトムシを探しただけで終わりました。

一応昨日の夜にバナナの実をいくつかめぼしい気に塗りつけ、最後に皮を2つに分けてある2本の木にそれぞれくくり付けてきました。

でもまあ、1回やったくらいじゃ寄ってはこないだろうと思って、全然期待しないで行ったわけです。案の定、コガネムシやらガなんかは寄ってきてましたが、カブトムシは見当たらず。とうぜんクワガタも見当たらず。あきらめて帰ろうと、最後にバナナの皮をつるした木のところに行ってみると、かなりでかいカブトムシのメスが皮にへばりついてました。

やってみるもんですな。絶対ムリだと思ってたけど。

でも、今日はそのあとがあんまりよくない一日だった・・・。市役所が委託してる先の民間業者のアホタレが、市営のテニスコートの扉の鍵を7時前に開けに来ないといけないのに、7:50になってようやく登場。けど、道端に路駐して走ってきて、何食わぬ顔で錠前を開けて何も言わず行こうとするんです。

しかし、あるじはちょっとだけ怒ってましたが、相手は30前くらいの茶髪の角刈り。あぁ、こんな人に文句を言ったら恫喝されてしまいそう。。。とは思いましたが、テニスはできなかったわけですし、一応ちょっとお話をさせていただいた方が良いと思い、勇気を出して呼び止めました。

まあ、そこはお互い社会人なので、穏やかに話せばわかっていただけると思い、しかしもう行こうとしてたので、聞こえるようにちょっと大きな声で一言声をかけて呼びとめ、一言まずは詫びたほうが良い旨を伝えたのち、勤務先と名前を教えるように言いました。

しかし、なにやら渋ってるので、ちょっと厳しい口調で促して、免許証を出させて全部内容を控え、開錠した時間を一筆書いてサインをいただきました。ついでに、携帯のデジカメで証拠写真を撮らせていただき、それら全部を携え市役所に苦情は言わせてもらい、カネは当然全額返していただきますよと、お断りした上で業務に戻っていただきました。

結局、こぞーとの3回目のテニスはできませんでしたが、併設の公演で上下二人のこぞーは楽しげに遊んでるので、まあ良いことして一緒に遊んでました。

その後、市役所の体育館に行き、苦情を言った上で9月分のコートの空きをみてテキトーに予約をし、9月の親子テニス、4回分ほど確保して帰途に。

マンションのすぐ近くにJ's Gardenがあるんですが、そこは朝モーニングセットだけやってて一度その時間に入ってみたかったので、家族4人で朝食をいただくことに。

ドリンクバーでひたすらジュースを飲みまくるこぞーども。あるじはまあ、ふつーにモーニングをいただきつつ、普段はあまり飲まない紅茶なぞをいただきました。それも、この夏は海にも行ってないので、グァバの香りのついたトロピカルとかいう紅茶を選択。ワイハーやらセント・トーマス島やらキーウェストやらを思い浮かべながら、妄想にふけってました。

しかし、今日は行動を開始したのが4:45で、朝食食べ終わって家に戻ったのが11:00。もう6時間行動してるのに、まだ午前中というのが、あるじの家では驚異的なことであります。

普段の休日は、なんだかんだで12:00近くに行動開始なので6時間動いたらもう晩ご飯の時間。それなのに今日はまだ午前中。「早起きは三文の徳」って、こーゆーことを言うのねって、実感したあるじなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/19

今日の予定:修正

あるじは起きてますよ、もちろん。ほとんど徹夜みたいな感じだし。

でも、こぞーが起きてこねー。
ホントにポケモンラリー行くんかなー・・・。もうセミ鳴いてるし、6時くらいから。今日、暑そうだなー・・・。

今年はやらないで済みそうだと思って喜んでたんだが、やっぱ1回くらいは順番回ってくるのねん。
これ、ホントに大変なんだよなー。

下のこぞーは今日はママとお留守番だ。それはそれで、下の子的にはウレシイに違いない。

下の子は反対に、朝6時前からドカドカそのへんのフスマやらドアやら叩きまくっててやたら暴力的だった。
今はテレタビーズのビデオ見てニンマリ笑っとる。こいつ、英語わからんくせに何が楽しいのかなー。

お、そういえば、上の子は結局ほとんど観なかったWorld Familyとかいうところの幼児向け英語教材のDVDとかも、下の子は喜んで観てる。ディズニーを使ってるのでロイヤリティが高いのか、ここの英語教材、新規で買うと全部で50万くらいするんだよなー。

あるじと違い、英語好き・アメリカ人好きになるかもしれんな。

なんてことを書いてるうちに、上のこぞーがおきてくるかと思ったが、まったく反応ねーな、こいつ。このクソ暑いのに、ぐーぐー寝てる。あるじは暑くて起きたのに。そう考えると、これはこれでリッパなもんかもしんない。

あちー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

瞬間風速

最近、ダイエットの状況をぜーぜん書いてないのですが、実はそれなりに続いています。

今日はさぼってしまいましたが、基本的にはどんなに忙しくても、朝は

バンザイスクワット x 3セット
バンザイ応用腹筋20回 x x3セット
バンザイ応用腕立20回 x x3セット

はやってます。

そしたら、4日ほど前に朝一番、体から水分も何もかもなくなっているカラカラの状態で体重計にのったら、ダイエット開始時から初めて3kg減という結果を得ることに成功しました。

正確には3.1k減でした。

それなりにダラクしてるはずなんですが、どーしたわけか体重は落ちつつあります。

この調子lであと3kg痩せたい・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日の予定

で、まあ、今日も仕事が終わらんあるじですが、明日は強行スケジュールで上のこぞーと遊びに行く予定。

朝8時に出発して、ポケモンラリーやりながら幕張へ。なんか、恐竜展をやってるらしいので行ってみることに。

幕張から15:45くらいまでには戻ってきて、そのままこぞーを送りに行き、16:15から上のこぞーは水泳教室。終わったらその足で立川まで行って、こぞーと二人でCarsを観ることに。

ホントにこんなん、できるんだろーか。

でも恐竜展はちょっと楽しめそう。Carsは自分でも観たいと思ってたので、ちゃんと間に合うように戻らないと。
なんにせよ、明日は7:00には起きなきゃいかんので、いい加減もう寝たほうがいいっすね。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

気分はサイアクだ。。。

いっぺんアップしたエントリだけど、ちょっと冷静になって書き直しです。まあ、グチエントリには違いない。

徹夜した上、仕事上のことで気分はサイアクです。
もうこれ以上イヤなヤツにはなりたくないですね。

自分は間違ってるとは思わないし、明らかに非は相手にあるのです。
仕事上のことなので多くはかけませんが、仮に彼としましょうかね。我々が彼の事情をどこまで知ってるのか、彼はたぶんしらないでしょうが、我々はそれなりに知っているのです。

当初はやむをえない事情と言われていましたが、結局のところ、彼のやった行為は社会人として許されることではないもので、そうであるということをあるじを含め同僚は知っているのです。

しかし、彼が突如としていなくなったその日から、自分の本業もやりつつ彼の仕事をみんなで手分けしてこなしてきました。彼がやってた仕事の状況はまったくわからず、誰とどんなやりとりをしていたかさえもわかりません。彼が一人で握ったままにして、周りにわかるようにはしていないものが多すぎました。

それでも、彼がやり取りをしていたであろう相手に事情を話し、何をどこまでやってたのか状況把握から始め、やったことのない仕事をこなし続けました。あるじの同僚もおなじです。たしかにあるじはシニアとして雇われているので、他の人より多く仕事を引き受けました。ぼすに言われて受けたやつもありますが、自分でなるべく受けようと思って手を上げたものも少なくありません。

というのも、その時点では詳しいことは知りませんでしたが、しかし突然いなくなって余計な仕事が振ってきて、みんな不満に思うだろうけど、振られた仕事が少なければ不満も小さくなるし、彼が戻ってきたときには受け入れやすいだろうと思ったからです。あるじが多く受ければ、その分他のメンバーの負担は少なくなりますから。

でもおかげで、ちょっと前のエントリにも書きましたが、冗談でなく仕事量がいきなり倍になりました。しかも半分は勝手が全然わからない仕事。既に仕事をやりくりして取れるはずだった夏休みは、2回リスケした挙句に結局こどもの夏休み期間中に取ることはできなくなり、家族で行くはずだった旅行もあるじはキャンセルし一緒に行くことができませんでした。でいじーが、「2006年の夏休みは一生に一度しかないんだから、ちゃんと休んであげてください。」と言ってくれたけど、その言葉が胸に響きます。小学校最初の夏休み、どこにも旅行に連れてってあげられませんでした。約束したのに。

それでも、あるじは彼にはなんとか元に戻って一緒に仕事してもらいたいと思い、ある日会ったときに話をして戻ってきたほうがいいと訴えました。そして、ようやく彼は戻ってきてくれました。が・・・・

ひとこと、けじめのひとことさえ、一番最初に直接みんなに言ってくれれば、こんなことにはならかったのに。たとえ仮に事情がやむをえないものだったとしても、あるいは、とんでもないことをやらかしてしまったにしても、人に迷惑をかけたなら、まずはその人たちにかけるべき言葉と示すべき態度があるはず。。でも、まずはそれさえきちんと示してくれれば、そこから再びスタートは切れたのに。

人に迷惑をかけたら、わざとでなくてもまずは自分の言葉でちゃんと謝れというのは、うちの子供に言ってることです。しかし、彼は戻ってきたその日も次の日も、あるじの同僚に何もけじめの言葉を言ってはくれませんでした。当然、同僚は怒ります。あるじは声をかけて戻ることを薦めた手前、なんとか同僚をなだめつつ彼の一言を待ち続けましたが、結局、今日に至るまであるじの同僚やあるじに対して、そうした言葉を直接言ってはくれませんでした。

人づてで聞いたところ、みんな忙しそうだし自分もずいぶん間が空いてしまった手前、話しかけにくいということだったらしいですが、それは承知の上で戻ってきたのだろうし、言いづらくてもまずは自分の言葉でひとこと詫びて(それで許してもらえるかどうかは別として)まずはけじめをつけて、これからまた頑張りますとか言ってくれなければ、到底受け入れられるものではありません。

彼自身、なんとか仕事に復帰して皆と一緒に仕事をしようという態度は見て取れるのですが、それはけじめをつけてからの話で、それをせずになし崩し的にこられても、余計な仕事をさせられてた方は一緒に仕事をしようとは思えないし、仕事をまかせることもできないのです。

結局、もう、あるじもかばえなくなり、戻ってくるよう声をかけて促したことで、あるじも立場がない上、同僚には負い目を感じてしまっています。

そんなある日(って今日でしたが)、徹夜明けで半分冷静さを欠いてたところもあるワタクシに、まるで自分の置かれた立場を理解できてないんじゃないかと思えるようなメールを彼からもらいました。それを見て、前述のような、家族にも迷惑をかけてしまった状況になりながらも彼には期待していたにも関わらず、けじめすらつけられず、あるじはおろかあるじの尊敬する上司の立場まで悪くしてるその彼に、憤りと狼狽を覚えたあるじは、相当につらく感じるであろうメールを返してしまいました。

正直、言い方もきついし内容もきつかったけど、間違ったことは言ってないとあるじは確信しています。だが、事情を知らない人から見たら、あるじはなんてひどいヤツだと思うだろうし、そこまで言うなんてただのイジメじゃないかとも思われることでしょう。ですが、あるじとしては、あそこまで言わなきゃならない状況にさらされたことに憤りを感じるし、一方でそこで今のあるじが抱いている彼への率直な思いを書いたものの、後から思うと、もっと違う形で伝えられるし、そうすべきだったのではと自己嫌悪に陥り、後味はサイアクです。

おまけに、この話は限られた人しか知らないのに、誰から聞いたのか、あるじに「なんか、ずいぶんひどいみたいじゃない?」って伝えてきた人もいました。

言い訳もしたくないので黙ってましたが、そもそもの原因はこちらにないし、夏休みつぶしてまで他人の仕事をカバーしながら自分の仕事をこなしてきて、一緒にやれるきっかけも作ったのに立場は悪くなり、おまけにこんなことを思われ、人でなしみたいなことを言われてるこの状況の中、じっと耐えていまだに減らない仕事をこなし続けなければならない状況に嫌気がさしつつあります。

自分が過ちを犯したのなら、わびて許されずともじっと耐えて黙々と仕事をこなし、信頼を取り戻すというのもみそぎとして甘んじて受け入れて頑張ろうと思います。

でも、そうではなにのに、こんなことを言われながらなんでこっちがグッと堪えて仕事し続けなきゃならないのか、さっぱりわかりませんし、割り切れない気持ちです。

あるじは、今の仕事も会社も好きですし、色々な経験をさせてくれて、あるじにはない様々なマーケティングの知識を持つ今のぼすも尊敬していますが、こんな状態を耐えなきゃならないとは理不尽すぎて気持ちがもちません。
なんでこっちがと思わなくもないですが、代替案は考えておくべき状況になりつつあるのかも知れないです。

たまたま昨日、知り合いのエージェントが一人、コンタクトしてきたんで、ついそんな気持ちになってしまいました。。。(でもこのエージェント、いつも人の話全然ムシして、そこはイヤだっつーのみたいなオファー持ってくるから
あんまり相手にしてないけどね)

それにしても、今年の夏は、目に痛い、ジリジリとしたつらい夏だなぁ。

弱気なあるじでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/17

徹夜だな、うん。

今日は徹夜決定・・・・。

マッタク腹立たしいが、腹を立ててるだけではなーんにも進まないので、腹を立てつつ手は動かすことにします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/16

思い出せん・・・

今日はまだまだやることが残ってて、でいじーからも「あんた、帰ってる場合じゃないでしょ!」とか言われながらも、GABAをキャンセルするの忘れちゃったので19:50に会社を出て英会話に行ってまいりました。

「ちーとも上達せんなー。するわけないか。」と思いながらも1レッスンこなして家にたどり着きました。しかし、今日はまだやらねばならないことが・・・・あったはず。

忘れちゃったよ~ん、やんなきゃいけないこと。。。

来週出展予定のイベントで使うアンケートのドラフトこさえなきゃいけないのは覚えてるのだが、それ以外がちゃんと思い出せん。

しかも、思い出せないなんて思ってもいなかったから、ビール飲んじゃったもんでいい気分になっちゃって余計に思い出す力が出てこないす。。。

酔いが覚めるのをのを待ってもよいが、そしたらねちゃうんだよね、たぶーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

鼻かぜ?夏かぜ?

今日も寝不足気味のままこの時間まで働いてます。

で、15分くらい前から鼻水が止まりません。
これはもしや、夏風邪ではないかと。。。

なにしろ、まいぼすはすっかり風邪っぴき。でいじーも月曜から風邪っぴき。

昨日はこの二人に挟まれてランチを食したあるじ。1日遅れで菌に侵されたやもしれません。

いやー、いっそこのまま倒れて入院・点滴なんてことになったら、どんなに幸せかって感じの火曜日でした。

も、かえろ。また家で続きやらんといかんし。

仕事ばっかやってると、視野が狭くなってブログネタにも事欠くようになるし、いいことありまへんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

うーん、はたらきすぎ。

月曜からこの時間まで会社で仕事してるとジツにつかれますな。

あと4日間もあるのかと思うとユウウツな一方で、来週に控えているイベントのことを考えると、あと4日じゃ準備が終わら~んっ!みたいな不安が振り払えず、またさらにユウウツに。。。

あるじ、悩んだところで解決しない悩みを抱えてジツに不毛。

も、かえろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/13

我が心の師

あるじが一番最初にテニスラケットを持ってボールを打ったのは小学校2年か3年の頃。母親がロシアでの生活の暇つぶしに遊びで始めた週1回だかのテニス、それに夏休みの間だけくっついて行って、コーチについでに少し教わって。その時はまだ野球の延長みたいなかんじで遠くにかっ飛ばすことが楽しかっただけ。

その後、中学校2年から3年にかけてだったと思いますが、コーチについてプライベートレッスンでテニスを本格的に。その時に初めて自分だけのラケットを買ってもらったんです。イギリスに旅行に行ったときに買ってもらったのが、mかつての名器、Wilson T2000。

そのラケットを駆使して、当時ビヨン・ボルグやジョン・マッケンローとテニス黄金期を築いていたかつての名選手、それこそがテニスにおけるわが心の師、ジミー・コナーズ(本名:James Scott Connors)です。

私の時代だと、コナーズだともうやや全盛期を過ぎたと言われてる頃で、マッケンローかボルグってのが2大スターでした。実際、そのプレースタイルや激しい気性なんかは、今でもこんなプレイヤーはいないし、今の時代に現れても驚愕と衝撃を与えてくれるであろう、ジョン・マッケンローが大好きでした。

しかし、試合に臨んでのその姿勢と、劣勢にあっても一歩も引かないその気持ちの強さに惹かれ、我が心の師はコナーズとなったのでした。

コナーズは、かつての名選手たち、ケン・ローズウォールやジョン・ニューカム、マヌエル・オランテスらを、それまでにはない超攻撃的なプレースタイルで打ち破り、その地位を確固たるものにしたんですが、当時はそれをパワーテニス到来のように言ってたように聞いています。

でも、実物のコナーズはそんなに大きいわけでもなく、体格もさほどではないし決してパワープレイヤーではないとあるじは思ってます。むしろ、そうではなかったために当時としてはめずらしいライジングショットを多用したり、フラットドライブで速い展開の試合運びでペースをつかみ、アプローチで勝負して(ボレーで勝負するタイプじゃないんで)ネットを奪ってボレーで決めるみたいなテニスが生まれたんだと思います。

コナーズって、あれほどのプレイヤーにしては意外と欠点もあって、フォアハンドは現役を引退するまで弱点だったし、上系のショットは特に強いわけでもなく、したがってサービスも左利きであるということの他は特に早いわけでもキレるわけでもないサービスだったと記憶してます。よくネットプレイもしてたけど、決してマッケンローやエドベリのように、ネットに出てこそ真価を発揮する、あるいは、アプローチまでの流れが多少悪くてもネットでリカバリできるというタイプでもないです。実はけっこう、不器用なんじゃないかと思うくらい。

しかし、どのプレイヤーと比較しても絶対に劣ることはないものが、攻める心。アグレッシブとはまさにこのこと。劣勢にあって一歩も引くことなく果敢に挑んでいくその姿は、プレースタイルによってなせる業ではなく、コナーズの超攻撃的な姿勢を持ち続けられるだけの心の強さこそが生み出しているんです。

1982年のウィンブルドンで、当時既に力の衰えと引退をささやかれていたコナーズが、前年覇者で絶好調だったマッケンローを30歳のときに破って優勝したことといい、1991年には39歳のノーシードでありながらセミ・ファイナルまで進出。敗れたものの、その相手はその年の優勝者で全盛期だったかつての世界No.1、ジム・クーリエ。

気持ちの強さで勝ち続けた男、ジミー・コナーズ。

我が心の師の名前を久しぶりに目にしたのは、かつてはロジャー・フェデラーのライバル一番手で世界No.1にもなりながら、今年に入って絶不調のアンディ・ロディックのコーチに就任したというニュース。

アメリカの不振は深刻で、今年のウィンブルドンで、たしかアメリカ勢は男女ともにシングルスベスト8に一人も残れなかったはず。

常勝アメリカの栄光がすたれつつある中、今年の全米オープンで、あるじの注目一番手はアメリカの負けじ魂の象徴のようなコナーズから、そのスピリットを注入された(はず)のロディックです。

全米、ちょっと楽しみ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/12

夏休みサービス

もともとろくにサービスしてないんですが、今年は例年になく夏休みの家族サービスがまともにできておらず、おくさんから怒られる始末・・・。

仕事を言い訳にはしたくないと思いつつも、たとえ仕事のことは理解できなくても、少しはこっちの状況も理解しようという気持ちくらいもってくれないもんかいなとけっこう腹立たしい思いのあるじ。

ま、たしかに仕事にかまけてて、たまの土日もノーアイデアなあるじ。しかし、そんなときに他人様のブログは頼りになることが最近わかりました。

今日は昼ごろまでグータラしてたら怒られたので、昼からでかけることに。いつもどおりノーアイデアでしたが、ちょっと前に見たETさんのブログこのエントリを思い出し、うちも一家ででかけることに。

上のこぞーは問題ないですが、なんといっても難関は下のこぞー。行き帰りの電車もさることながら、肝心の「ふしぎ大陸南極展2006」を観てる間おとなしくしてられるかどうか・・・。

行きの電車はラッキーでした。乗ってほぼすぐにお昼寝モード。だっこしたまま三鷹くらいから上野まで立ちっぱなしだったのはつらかったですが、騒がれるよりマシ。上野に着くと、チケット売り場で前売り購入。ちょっと安い。ものすごいどしゃ降り。雷もすごい。でも下のこぞーをだっこしたまま傘さして国立科学博物館へ。

着いてすぐ下のこぞーは起きてしまい、元気一杯になってしまったため、ろくに展示物も見もしないでおくさんとどこへやらへ消えて行きました。あとで聞いたら1時間くらいでもう外に出てしまったとか。

上のこぞーはあるじとともに展示物の数々を見学。一部紹介。

タロとジロの剥製。
South_pole02

一番最初、明治時代に白瀬中尉が南極に到達したときに乗ってた開南丸の模型。漁船を改造した、かなりムボーな装備の船だったらしい。
South_pole03

南極の氷に触るこぞー。南極の氷が欲しかったそーな。あるじはこれを溶かした水でハワイコナのコーヒーを飲みたかった。
South_pole04

ちゃんと行ってきた証拠。こういうとき、常にあるじはフレームの中にはいない。
South_pole01

結局、2時過ぎから閉館時間の5時まで、びっちりいました。ちょろっと上のこぞーに感想を聞いたところ、面白かったとのこと。よかったよかった。

番外。南極展の展示場から出てすぐのところにアル常設展示みたいなところにあった松ぼっくり。あんまりデカイから撮っちゃいました。一番でかいヤツ、縦が30cmあるんすよー。
South_pole05

ま、てなわけで、上のこぞーとほぼ2時間半ふたりきりで見学。

南極の氷には何度も何度も触ってたこぞー。越冬隊の居住棟での生活や居住設備にも興味津々。それなりに楽しんでくれたようです。

またマイミクブログをマメにチェックして、家族サービスになりそうな面白そうなモノを探しておこうと思ってます、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

明日はこぞーとテニス2回目

明日は上のこぞーとのテニス2回目です。

1時間しかないから、すぐに終わっちゃうんだけど明日はまたちょっと新しいことを教えようかと。

同じメニューって、こどもはすぐ飽きちゃうからねぇ。

明日は最初にちょっとだけ前回のおさらいをしたら、ボレーを教えようと思ってます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/10

楽天市場、市場閉鎖中

サーバベンダーとそれを入れた販社あるいはSIはぴーんちかも。こちら

楽天のシステム管理者が勝手にしくじったんだったら、ベンダー的には復旧させるためにひーこら言いながら復旧作業に必死になりながらもちょっとほっとできるけど、依頼されて自分らがメンテ中にしくじったとしたら、冷や汗止まらんなー。。。

おまけにデータ破損とか言って、バックアップから戻しきれなかったら責任問題だ。

お気の毒でんな・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/09

おくさんとこぞー帰還

3日間の旅行から、おくさんとこぞー帰ってきました。

でも、早く帰る予定だったあるじはえらく遅くなってしまい、結局、こぞーどもには会えませんでした。

でも、おくさんが起きてたので聞いてみたら、ずいぶん楽しかったらしい。少しだけ聞いてみたけど。

「たっくんが、いっぱいパパに話したいことがあるから、今の話は知らなかったことにしてね。」

だそーで。

朝、話を聞くのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/08

家事

昨日から一人のワタクシ。

今日は帰ってまず食器洗いを済ませて乾いた洗濯物をたたまないと。

明日は朝早めに起きてそーじしてから行かないとね。
一人暮らしはやることいっぱいだ。
#家族がいれば、それはそれでやることいっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も吉牛?

このままではまた吉牛になりそうな・・・

ドンブリもんばっか食ってると、また戻ってしまう・・・

うーん、もう帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

ひさびさの吉牛

なぜかUpされてなかった昨日の分のエントリ。

あまりに内容がなかったのでフィルタにかかってUp対象外と判断されてしまったのか・・・。

こんな内容でした。

---------------------------------

今日からこぞーどもとおくさんは清里の方におでかけです。

あるじは家に帰ってもゴハンがありません。

なので、会社の近くの吉牛ででいじーと晩ご飯。

そこで、つい、「豚丼大盛っ。」って言って、食っちゃいました。大盛。

あ、でも野菜サラダも食べました、ちゃんと。

やせるの、あきらめたワケじゃないっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

一皮むけて成長したいなと。

最近、目の前の仕事を片付けるのにいっぱいっぱいで、あまりこう、脱皮系の自己研鑽とかリラクゼーションに時間を使うヨユーがありません。

こんな状況に陥ってるのにはそれなりに理由がありまして。。。

この1ヶ月くらいで冗談抜きで仕事量は倍増、仕事の種類は3倍増くらいになって、予定してた家族旅行、リスケした挙句、結局あるじはキャンセルに。8/7から予定してた家族旅行に行くための夏休みも返上せざるを得ず、私だけ明日からの旅行には行けなくなりました。

はっきり言って家族は不満タラタラです。予約した頃はだいじょうぶってこっちも言ってたし、実際大丈夫になるように仕事も前倒しでやってたから、聞かれるたびに大丈夫って言ってたんですが、7月に入ってから、マッタク私自身のミスでもナンでもない外的要因によって、一気にプランが崩れ去りました。

ま、まいぼすから急遽落ちてきたそれらの仕事(自ら拾った仕事もありますが)、だーれもやらないと会社として問題なのでほっとくわけにもいかず、しかも、まいぼすにはマッタク不手際やミスがあったわけでもない状況(むしろまいぼすも被害者)で、やむを得ずまたしても家族に泣いてもらうことになってしまいました。

正直、この件に関しては仕事が落ちてきたこと自体、あるいはその仕事そのものよりも、その背景とかその後の状況・現状に関しての方が、あるじ的には納得いかないことが多いですが、一方でこういう状況になってもリカバリの効かせられるスキルがほしいもんだと思いました。あぁ、スーパーなあるじになりたい・・・。

最近、スキルにしてもやり方にしても、ちょっと上積みが少なくなってきたというか、伸び悩んできたというか、硬くなってきたなあって感じることもあるので、なんとかまた一つ脱皮して成長したいと。

先日、ナスに行ったときに撮ったデジカメの印刷が上がってきたんですが、その中の写真を見ててふと思ったのでありました。これ↓。
 
 
 
おりぁっ! っと、一皮むけて・・・
Dappi1

成虫、いや、成長。
Dappi2

けっこう、リアルでしょ。これ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/05

悩みどころ

今日みたいな日に走るとヤセそーだよねー。

でもねー、その前に倒れちゃいそーなくらい暑いんよね。さっきちょっと走ってみたけど。100mくらい。

「あ、200m以上走ると死ぬなー、まじで。」

って思っちゃったもんで、悩んでます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃避行動

最近、すっかりご無沙汰のこぞーネタ。特に下の子の話は、ここ半年くらいほとんど触れてないですが、そうしてるうちにすんごい成長してしまいました。

自分のメモ代わりに記録しておこうと思いつつすっかり忘れてた結果、下のこぞーの成長過程がよくわからなくなってきてしまいました。ビデオとかもあんま撮ってないし。小学生くらいになったら怒られそうです。

なので、ここしばらくは放置してあったこぞーネタをほじくりかえして少し整理しようと思ってます。

こぞー、もうすぐ2歳になりますが、その成長振りはおそるべしです。いたずらは相変わらずやりまくりですが、最近はカラダもでかくなり、動きも激しくなってきたので、姿かたちは我が子ながらかなり可愛いんですが、イタズラしたその結果はマッタク笑えない状況になってることもしばしば。

ゆえに、イタズラされた結果をみたときにこちらが受ける衝撃と湧き上がる怒りもでかいので、怒られ方も激しくなってきます。そしたら、最近はイタズラした後に怒られるとふとんのシーツを持ち上げ、ふとんとシーツの間にもぐって親の怒りが収まるまで退避するという逃避行動を覚えました。こんなかんじ。

怒られると、まずは「えへっ。」って感じでにっこり笑ってゴマかそうとしまうすが、それが通用しないとわかると走り出して和室のふとんのところに走ります。

んで、まずは布団とシーツの間に顔を入れるべくシーツを持ち上げます。
Ibukifutene1

アタマを入れる。
Ibukifutene2

続いてカラダを入れる。
Ibukifutene3

でもおしりから下は入らないので、ここまでで止まる。
Ibukifutene4

んで、しばらくの間は、足をじたばたしながら相手の怒りが収まるのと、自分の不機嫌な感情が消え去るのをじっと待つ。

んで、そろそろだいじょぶかなーって気配を感じると出てきて、ぱったり目があうと「にっこーっ」って笑顔でゴマかしにかかります。

ストレスからの逃避行動を会得しつつあるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

なんだか、いたたまれないです。

サンさんがまたリストラ実施。こちら

今回のはジョナサン・シュワルツが就任したときに明らかにした計画の一環なので、突然始めたわけでもないですし、年中行事として定着してきた感もあるので驚きもないですが。。。
またですかって感じでいたたまれないです。

またワタクシの知り合いの方が対象となって、サンさんを去ることになったようです。昨日もサンの方々と飲んでまいりましたが、彼らがこういうことに巻き込まれないことを祈るのみです。

なにしろ、あるじの知り合いで対象になった人は、みんな優秀な人なのに、経営陣や上位マネジメント(VPとかDirectorとか言われてる人たちが多いすね)の戦略ミスからセクション・クローズになったりとか、自分の力の及ばないところでそういう境遇になってしまった人がほとんどなので。

以前ジョナサン・シュワルツのベースサラリーが日本円で約1億円とかいうニュースが出てたことありましたが、ほんとだとしたら、現役サンの友人は減ってくわ株主として損はさせられるわで、いやな思いをさせられてるあるじとしては、回復の安定基調に乗るまでは1億円とかフザけたこと言ってないで業績に100%連動の完全歩合給にしてもらいたいもんだと思いました。

下に血を流させてばっかりいないで、ずっと上の人たちも血反吐はいて頑張って欲しいもんです。いち株主としては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/03

また飲むよ~ん。

本日は、前々職の最も長く働いた部署、業務の元お仲間との飲みです。

なんだか、すごい人数になってました。だいたい飲みに行くってゆーと4人とか。多くても6人とかなんだけど、今日は14~15人くらいいるらしい。

ふつーに飲み会になった。

ま、でも今月はもうこれで飲み会なしだな。いよいよ仕事の方が佳境に入ってきてて、もう、どう時間をやりくりしても飲んでる時間が惜しいくらいの状況になってきてるんで。

さーて、んじゃ、行ってきます。ダイエット中なの忘れないようにしよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/02

作られたチャンピオン

「弱いやつ、かませ犬とばかり試合を組んでいる。」
「強い日本人選手とは決してやらない。」

と、派手なパフォーマンスと強気の発言で人気先行との批判もあった亀田選手、元ジュニアフライ級(当時)世界チャンピオンの具志堅氏にも世界挑戦は早いとか痛烈に批判を浴び、それを払拭して実力を証明するチャンスでしたが、証明どころか結果は「作られたチャンピオン」という印象しか残せないものになってしまいましたね。こちら

観客はジャッジでもないし、ジャッジでないから判定基準についても素人。当然、観客とは見方が違うので、ジャッジはこのように判定を下したのかもしれませんが、見ていた人の多くは、「こりゃもらった!」とは思えなかったでしょう。こちらにもあるように、ファンに疑問を持たれ、釈然としない気持ちを持たれてしまった今、チャンピオンはそれを払拭しないかぎりチャンピオンとは思われないでしょうし、ファンに認めてもらえないチャンピオンなんて寂しい限りです(認めてる人も少なくはないのでしょうけど。人気選手ですしね)。

とにかく勝ってベルトは移動したのは事実なので、今後は長期的に防衛を続けていけば、あるじのような思い、チャンピオンとは呼べんと思ってるファンの気持ちは解消されていくかも知れませんが、あるじ的には、まず真っ先に次の防衛戦はランダエダとのリターンマッチをやってもらいたいですね。

でもこの階級ではもうやらないみたいなので、勝ち逃げになりそうですが。しかし、減量に苦しんだという話もありますが、上の階級から降りてきてるのよほど減量に失敗しなければ、パワー的には有利だったはず。それでこれでは、本来の階級で1階級上から絞って降りてくる世界ランカーとやって勝てるもんなのか、ますます疑問。結局、疑問ばっかり持たされてしまうというのがこの選手から受ける印象なのです。

もともと亀田選手はひいきではないので、この試合を見せられてリターンマッチもしないようなら、結局はジツによく考えられたマーケティング戦略によって作られたチャンピオンだったということで、当分は試合が組まれても見ることはなさそうです。やっぱり、強い人の試合を見たいので。

ま、あるじ的には、亀田選手はひいきでもないしランダエダのファンでもないので、喜びも落胆も悲しみも怒りも伴わない、単に第3者的に首を捻ってしまう、すっきりしな試合だったなぁと思っただけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

7/24~31のダイエットサマリ

先週1週間のダイエットサマリ。

バンザイスクワット続けてもちーともやせないあるじです。「発掘!あるある大辞典」では、被験者全員に効果が見られたらしいですが、どーにもいけません。3分間ダイエット、続けてます。2~3回1日間が空いたときはありましたが、もう1ヶ月過ぎました。3分どころか、腕立てと腹筋を追加した9分間ダイエットやってんのに。

ま、グチはさておき、先週はMixiのマイミクの皆様からいただいたアドバイスのうち、いくつかを頂戴しまして実際にやってみました。実行したアドバイスは以下の通り。

・朝飯ガッツリ食べる
・ゴハンは残す(おかわりは言語道断)
・週のうち何回かは夕食でゴハンなしですごす(ホントは代わりに春雨食べてたらしいが、春雨がなかったのでゴハンは食べないことにした)

運動してもヤセナイなら、食事の面でも変えるのはやむをえないかと。もともとは、食べるほうはまったく変えず、このダイエット方法だけでヤセルとゆーのが目標でしたが、1ヶ月様子見て挫折しました。食う方も変えないとダメそう。。。

で、以下、先週1週間のドリョクとダラクと成果になります。

■ドリョク
7/24, 26, 27, 28, 29と以下のメニューで9分間ダイエット実施
バンザイスクワット x 3セット
バンザイスクワット応用側腹筋20回 x 3セット
バンザイスクワット応用腕立て20回 x 3セット
※各種目とも1セットは1分間

7/30
朝7:00~9:00テニスの練習
14:00~17::30昭和記念公園レインボープールにてこぞーどもの面倒(これはダイエットになるのだ)

7/25,
朝飯ガッツリ!朝からステーキ!(日曜にCOSTCOで買ったステーキ肉が朝でた・・・)
7/26
朝飯ガッツリ!朝からウナ丼とさらにまだあまってたステーキが出た。

7/24~26
夕食でゴハンを口にしなかった(悲しかった・・・)

毎朝、起きたら最初にCOSTCOで買ってきたCotrexの水を200~300ml摂取(Contrex、硬水じゃないかな・・・おなか弱い人、下しそうな気がする。。)

■ダラク
7/25、バンザイスクワット、さぼってしもうた。

7/25,
朝飯ガッツリ!やっぱ、ステーキはやりすぎかも・・
7/26
朝飯ガッツリ!ウナ丼とステーキはやりすぎだな。。。

7/24の夕食
確かにゴハンは食わなかった。が、接待飲み会の店はイタメシ屋であった・・・。はい、食べました。パスタ。ピザもね。

7/25の夕食
飲み会でした。前職の方々と。大変楽しゅうございました。料理はばっちり。ゴハンなし!でもお酒、たらふくいただきました・・・

7/26の夕食
赤坂は火鍋屋とゆー、中華バイキングにて。前々職の方々と。大変楽しゅうこざいました。四川の辛いタレでしゃぶしゃぶしたニクや野菜はとても美味しかったです。ゴハンも食べませんでした。ビールも2杯くらいです。でも、ウマいからと進められたしゃぶしゃぶのタレ、ごま油と何かを混ぜてベースにしてるのかと思ったら、まんまゴマ油でした。いくらカラダに良いといわれてるごま油といえども、そのものは・・・ねぇ。

7/27
いけないと思いながら・・・ケーキ食べちゃいました。23:30に。。。

■成果
7/30の夜に体重はからかったので7/31の朝に量ったら、ダイエット開始時の体重から-2.1kgだった。
うーむ・・・。絶対これまでのドリョクが水泡となって消え去ったと思っていたのに、これまでのベストを更新しとった。

何がよかったのかなー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »