« 7/24~31のダイエットサマリ | トップページ | また飲むよ~ん。 »

2006/08/02

作られたチャンピオン

「弱いやつ、かませ犬とばかり試合を組んでいる。」
「強い日本人選手とは決してやらない。」

と、派手なパフォーマンスと強気の発言で人気先行との批判もあった亀田選手、元ジュニアフライ級(当時)世界チャンピオンの具志堅氏にも世界挑戦は早いとか痛烈に批判を浴び、それを払拭して実力を証明するチャンスでしたが、証明どころか結果は「作られたチャンピオン」という印象しか残せないものになってしまいましたね。こちら

観客はジャッジでもないし、ジャッジでないから判定基準についても素人。当然、観客とは見方が違うので、ジャッジはこのように判定を下したのかもしれませんが、見ていた人の多くは、「こりゃもらった!」とは思えなかったでしょう。こちらにもあるように、ファンに疑問を持たれ、釈然としない気持ちを持たれてしまった今、チャンピオンはそれを払拭しないかぎりチャンピオンとは思われないでしょうし、ファンに認めてもらえないチャンピオンなんて寂しい限りです(認めてる人も少なくはないのでしょうけど。人気選手ですしね)。

とにかく勝ってベルトは移動したのは事実なので、今後は長期的に防衛を続けていけば、あるじのような思い、チャンピオンとは呼べんと思ってるファンの気持ちは解消されていくかも知れませんが、あるじ的には、まず真っ先に次の防衛戦はランダエダとのリターンマッチをやってもらいたいですね。

でもこの階級ではもうやらないみたいなので、勝ち逃げになりそうですが。しかし、減量に苦しんだという話もありますが、上の階級から降りてきてるのよほど減量に失敗しなければ、パワー的には有利だったはず。それでこれでは、本来の階級で1階級上から絞って降りてくる世界ランカーとやって勝てるもんなのか、ますます疑問。結局、疑問ばっかり持たされてしまうというのがこの選手から受ける印象なのです。

もともと亀田選手はひいきではないので、この試合を見せられてリターンマッチもしないようなら、結局はジツによく考えられたマーケティング戦略によって作られたチャンピオンだったということで、当分は試合が組まれても見ることはなさそうです。やっぱり、強い人の試合を見たいので。

ま、あるじ的には、亀田選手はひいきでもないしランダエダのファンでもないので、喜びも落胆も悲しみも怒りも伴わない、単に第3者的に首を捻ってしまう、すっきりしな試合だったなぁと思っただけでした。

|

« 7/24~31のダイエットサマリ | トップページ | また飲むよ~ん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/11236995

この記事へのトラックバック一覧です: 作られたチャンピオン:

« 7/24~31のダイエットサマリ | トップページ | また飲むよ~ん。 »