« 徹夜だな、うん。 | トップページ | 今日の予定 »

2006/08/18

気分はサイアクだ。。。

いっぺんアップしたエントリだけど、ちょっと冷静になって書き直しです。まあ、グチエントリには違いない。

徹夜した上、仕事上のことで気分はサイアクです。
もうこれ以上イヤなヤツにはなりたくないですね。

自分は間違ってるとは思わないし、明らかに非は相手にあるのです。
仕事上のことなので多くはかけませんが、仮に彼としましょうかね。我々が彼の事情をどこまで知ってるのか、彼はたぶんしらないでしょうが、我々はそれなりに知っているのです。

当初はやむをえない事情と言われていましたが、結局のところ、彼のやった行為は社会人として許されることではないもので、そうであるということをあるじを含め同僚は知っているのです。

しかし、彼が突如としていなくなったその日から、自分の本業もやりつつ彼の仕事をみんなで手分けしてこなしてきました。彼がやってた仕事の状況はまったくわからず、誰とどんなやりとりをしていたかさえもわかりません。彼が一人で握ったままにして、周りにわかるようにはしていないものが多すぎました。

それでも、彼がやり取りをしていたであろう相手に事情を話し、何をどこまでやってたのか状況把握から始め、やったことのない仕事をこなし続けました。あるじの同僚もおなじです。たしかにあるじはシニアとして雇われているので、他の人より多く仕事を引き受けました。ぼすに言われて受けたやつもありますが、自分でなるべく受けようと思って手を上げたものも少なくありません。

というのも、その時点では詳しいことは知りませんでしたが、しかし突然いなくなって余計な仕事が振ってきて、みんな不満に思うだろうけど、振られた仕事が少なければ不満も小さくなるし、彼が戻ってきたときには受け入れやすいだろうと思ったからです。あるじが多く受ければ、その分他のメンバーの負担は少なくなりますから。

でもおかげで、ちょっと前のエントリにも書きましたが、冗談でなく仕事量がいきなり倍になりました。しかも半分は勝手が全然わからない仕事。既に仕事をやりくりして取れるはずだった夏休みは、2回リスケした挙句に結局こどもの夏休み期間中に取ることはできなくなり、家族で行くはずだった旅行もあるじはキャンセルし一緒に行くことができませんでした。でいじーが、「2006年の夏休みは一生に一度しかないんだから、ちゃんと休んであげてください。」と言ってくれたけど、その言葉が胸に響きます。小学校最初の夏休み、どこにも旅行に連れてってあげられませんでした。約束したのに。

それでも、あるじは彼にはなんとか元に戻って一緒に仕事してもらいたいと思い、ある日会ったときに話をして戻ってきたほうがいいと訴えました。そして、ようやく彼は戻ってきてくれました。が・・・・

ひとこと、けじめのひとことさえ、一番最初に直接みんなに言ってくれれば、こんなことにはならかったのに。たとえ仮に事情がやむをえないものだったとしても、あるいは、とんでもないことをやらかしてしまったにしても、人に迷惑をかけたなら、まずはその人たちにかけるべき言葉と示すべき態度があるはず。。でも、まずはそれさえきちんと示してくれれば、そこから再びスタートは切れたのに。

人に迷惑をかけたら、わざとでなくてもまずは自分の言葉でちゃんと謝れというのは、うちの子供に言ってることです。しかし、彼は戻ってきたその日も次の日も、あるじの同僚に何もけじめの言葉を言ってはくれませんでした。当然、同僚は怒ります。あるじは声をかけて戻ることを薦めた手前、なんとか同僚をなだめつつ彼の一言を待ち続けましたが、結局、今日に至るまであるじの同僚やあるじに対して、そうした言葉を直接言ってはくれませんでした。

人づてで聞いたところ、みんな忙しそうだし自分もずいぶん間が空いてしまった手前、話しかけにくいということだったらしいですが、それは承知の上で戻ってきたのだろうし、言いづらくてもまずは自分の言葉でひとこと詫びて(それで許してもらえるかどうかは別として)まずはけじめをつけて、これからまた頑張りますとか言ってくれなければ、到底受け入れられるものではありません。

彼自身、なんとか仕事に復帰して皆と一緒に仕事をしようという態度は見て取れるのですが、それはけじめをつけてからの話で、それをせずになし崩し的にこられても、余計な仕事をさせられてた方は一緒に仕事をしようとは思えないし、仕事をまかせることもできないのです。

結局、もう、あるじもかばえなくなり、戻ってくるよう声をかけて促したことで、あるじも立場がない上、同僚には負い目を感じてしまっています。

そんなある日(って今日でしたが)、徹夜明けで半分冷静さを欠いてたところもあるワタクシに、まるで自分の置かれた立場を理解できてないんじゃないかと思えるようなメールを彼からもらいました。それを見て、前述のような、家族にも迷惑をかけてしまった状況になりながらも彼には期待していたにも関わらず、けじめすらつけられず、あるじはおろかあるじの尊敬する上司の立場まで悪くしてるその彼に、憤りと狼狽を覚えたあるじは、相当につらく感じるであろうメールを返してしまいました。

正直、言い方もきついし内容もきつかったけど、間違ったことは言ってないとあるじは確信しています。だが、事情を知らない人から見たら、あるじはなんてひどいヤツだと思うだろうし、そこまで言うなんてただのイジメじゃないかとも思われることでしょう。ですが、あるじとしては、あそこまで言わなきゃならない状況にさらされたことに憤りを感じるし、一方でそこで今のあるじが抱いている彼への率直な思いを書いたものの、後から思うと、もっと違う形で伝えられるし、そうすべきだったのではと自己嫌悪に陥り、後味はサイアクです。

おまけに、この話は限られた人しか知らないのに、誰から聞いたのか、あるじに「なんか、ずいぶんひどいみたいじゃない?」って伝えてきた人もいました。

言い訳もしたくないので黙ってましたが、そもそもの原因はこちらにないし、夏休みつぶしてまで他人の仕事をカバーしながら自分の仕事をこなしてきて、一緒にやれるきっかけも作ったのに立場は悪くなり、おまけにこんなことを思われ、人でなしみたいなことを言われてるこの状況の中、じっと耐えていまだに減らない仕事をこなし続けなければならない状況に嫌気がさしつつあります。

自分が過ちを犯したのなら、わびて許されずともじっと耐えて黙々と仕事をこなし、信頼を取り戻すというのもみそぎとして甘んじて受け入れて頑張ろうと思います。

でも、そうではなにのに、こんなことを言われながらなんでこっちがグッと堪えて仕事し続けなきゃならないのか、さっぱりわかりませんし、割り切れない気持ちです。

あるじは、今の仕事も会社も好きですし、色々な経験をさせてくれて、あるじにはない様々なマーケティングの知識を持つ今のぼすも尊敬していますが、こんな状態を耐えなきゃならないとは理不尽すぎて気持ちがもちません。
なんでこっちがと思わなくもないですが、代替案は考えておくべき状況になりつつあるのかも知れないです。

たまたま昨日、知り合いのエージェントが一人、コンタクトしてきたんで、ついそんな気持ちになってしまいました。。。(でもこのエージェント、いつも人の話全然ムシして、そこはイヤだっつーのみたいなオファー持ってくるから
あんまり相手にしてないけどね)

それにしても、今年の夏は、目に痛い、ジリジリとしたつらい夏だなぁ。

弱気なあるじでした。

|

« 徹夜だな、うん。 | トップページ | 今日の予定 »

コメント

お疲れ様でございます。
寝不足は、判断力を鈍らせるので、
少しお休みになっては?

投稿: ひろん | 2006/08/19 00:02

乙!

投稿: やました | 2006/08/19 07:08


abeeさん側のお話しか聞いてませんけど
(blogで読んだだけですが)
やはりお世話になったらお礼をちゃんと言う、
迷惑を掛けたら謝る、というのは私の中では基本。
それができない人もいるんですね。

やっぱり世の中には色んな人がいるなぁ。
面倒くさいですよね、人間関係。

ま、イアン・ソープも
You can not change others,
but you can change yourself.
と言っていることですし、
気持ちを切り替えるとちょっとラクになるかも
しれません。

疲れることも多いと思いますが、ちゃんと息抜きしてくださいね。

投稿: およよ! | 2006/08/25 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/11500367

この記事へのトラックバック一覧です: 気分はサイアクだ。。。:

« 徹夜だな、うん。 | トップページ | 今日の予定 »