« Grand Cruその2 | トップページ | 採用面接 »

2006/10/31

おくさん倒れる

この日、月曜日の朝は、遅く目が覚めました。遅刻まではいかないものの、だいぶ遅かったのでみんな寝てるのかと思ったら、上のこぞーは既に学校に出かけてるし、下のこぞーは1人で遊んでるらしい。

『なんだよー、起きてるなら起こしてくれればいいのにさー。』

と、思ってあるじがおきてリビングに行くと、下のこぞーだけでおくさんいない。ふと和室に目をやると、おくさん、たたんだ布団の上にぐったり横になったまま動かず。

ちょっと驚いて、どうしたのか聞いてみると、上のこぞーを送り出した後、急に気持ち悪くなって立ってられなくなり、そのままたたんであった布団の上に倒れたんだそうな。

で、その後何度か起き上がろうとしたんだけど、体を起こすどころか顔を少しでも動かして頭を持ち上げようとすると、ぐるぐる回るような感覚に襲われ気持ち悪くなってまったく動けないのだと。。

とりあえず会社に連絡して午後出社にして、しばらく様子を見ていたものの、まったく回復の兆しがない。

それどころかひどくなる一方で、昼前には吐いてしまい、ぐったりしたまま。

病院に連れて行こうと思ったのだが、何しろ動かすことができない。救急車を呼ぼうかと思ったが、本人がもう少し横になって安静にしていたいというので、とりあえずは様子見しつつ、いつ救急車呼んで、あるいはあるじが自分で病院に連れて行ったりできるように、おくさんの実家のお母さんに急遽来てもらうことに。

なにしろ、こういうときに限って下のこぞーがおくさんにべったりで始末におえない。午前中、散歩に連れ出してごまかしたものの、こっちもおくさん1人家にほっといて出かけてて何かあったらまずいし、早く戻りたいのにこぞーは散歩から帰りたがらず往生した。。。

結局この日は在宅勤務扱いにして、一日中おくさんの看病とこぞーの世話。でも、下のこぞーも、こぞーなりにママが具合悪いのをわかってるのか、いつものようには甘えてないのがわかる。おくさん曰く、かなりガマンしてるとのことであった。

4時過ぎになってようやく体を起こせるようになったところで病院へ。原因はよくわからないのだが、頭部への血液の循環が悪くなってるとか。頭部とかいうとかなり心配で、近々精密検査を受けさせようかと思案するあるじでした。

しばらくの間は、程度の差はあっても同じような症状が出る可能性もあるらしいので、注意が必要とのこと。

正直、今年はいい年とは言えないことが続いている。。。

けど、めげないよ。だって、あるじが一番辛い思いしてるわけじゃないし、なんてったって、あるじはあるじなんだからね。

|

« Grand Cruその2 | トップページ | 採用面接 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/12554790

この記事へのトラックバック一覧です: おくさん倒れる:

« Grand Cruその2 | トップページ | 採用面接 »