« タンス分解 | トップページ | 11月28日はミーティングデー »

2006/11/27

思い結実、フリエ悲願のJ1返り咲き

横浜FCがJ1昇格しましたね。

城が引退の置き土産としてJ1昇格をサポーターにもたらしてくれたかのようでした。

横浜フリューゲルス消滅後、フリエサポーターの思いから誕生した市民球団の横浜FC。そんなわけであえて返り咲きといわせてもらいました。

といっても、横浜FCもここまでくるには、サッカーの実力以外の部分でもさまざまな問題を乗り越えてここまできてますし、もはやフリューゲルスを名乗ることもないので、別のチームではあるのですが。

ただ、サポーターの思いはこの2球団をまたがる心の歴史として今日に至り、思いはついにJ2優勝でJ1昇格という形で結実したものとあるじは思っています。

企業側の論理で、売却されるならまだしも合併吸収で球団消滅、市民球団を立ち上げてもフリューゲルスの名称含めた版権も横浜Fマリノスから譲ってもらなかったと聞いてます。くやしい気持ちは当時の選手も同じだったことでしょうが、その思いが合併発表後はJリーグ、天皇杯ともに無敗で1998年を駆け抜け、1999年元旦の天皇杯決勝で清水エスパルスを逆転勝ちでくだすという結果につながったんでしょうね。

この試合のことはいまでも覚えてます。映像が記憶として残ってますもん。

そんな過去を知る選手が横浜FCの選手としてJ1昇格を果たした山口選手。来年はJ1でキングカズとともにベテラン健在をアピールしつつ、フリエサポーターの思いを乗せて活躍してほしいもんです。

|

« タンス分解 | トップページ | 11月28日はミーティングデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/12840892

この記事へのトラックバック一覧です: 思い結実、フリエ悲願のJ1返り咲き:

« タンス分解 | トップページ | 11月28日はミーティングデー »