« ゆるゆる日曜日 | トップページ | 快適な仕事場 »

2006/11/13

軸が足りない

バレーボール世界選手権、日本は残念ながら決勝ラウンドには進めませんでしたね。

しかし、1次ラウンドでは韓国にもポーランドにも勝って、2次ラウンドでもトルコに勝ち、なんと言ってもセルビア・モンテネグロに逆転勝ちしたり、栗原や大山を欠いてはいましたが評価できる試合も多かったのではないかと思います。

セルビア・モンテネグロとの試合なんかは、正直2セット目までは全く歯が立たない感じでしたが、後半3セットは見違えるようでした。

ワンジョウなど新しいメンバーの頑張りもありましたが、いずれの試合も苦しいところでは竹下の高橋(み)の両選手、とくにあるじ的にはイタリア帰りの高橋選手の苦しいとき、ここ一番のときの決定力に救われてきたように思いました。

公称170cmの身長で、あれだけデカイの相手にプレッシャー連続の局面で事態を打開する決定力を発揮できるあたり、さすがは中心選手。

ただ、2次ラウンドのイタリア戦まで、チームとしてはホントにいっぱいっぱいで上がってきた感じに見えました。

そういう戦いを続けてると、結局最後に息切れしてしまいます。そして、やっぱりこのクラスの大会でメダルを狙うなら、取りこぼしは絶対にできないということなんでしょうね。

初戦の台湾戦、格下相手に負けたわけですが、後になってあの1敗が致命的でした。

そして、誰か他に高橋なみの軸になれる選手がもう一人いたら、もう少し違った結果になってたんじゃないかと。といっても、栗原や大山がいたら違った結果になったと思うかといわれれば、それはあんまり感じないです。

やっぱりブランクがある選手が怪我からすぐ復帰したところで、大した戦力にはならないでしょうし。

でもま、ここでヘンにメダルでも取れてしまうより、不満の残るこの結果を刻み込んで北京で爆発してほしいす。

|

« ゆるゆる日曜日 | トップページ | 快適な仕事場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/12698172

この記事へのトラックバック一覧です: 軸が足りない:

« ゆるゆる日曜日 | トップページ | 快適な仕事場 »