« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/31

大晦日

本日も働いたあるじ。

昨日拭いたがあんまり綺麗にならなかった窓の外側を新聞紙で磨き、ベランダはブラシがけで掃除、寝室の窓もおなじく拭き掃除で、拭いてばっかで腕が疲れた・・・。

下のこぞーは7時には爆睡。良いお年を。

シンプルな年越しそば(かけだな、要するに)を晩御飯に上のこぞーとおくさん、あるじの3人で食卓を囲む。
2006toshikoshisoba


こぞー、そばが足りないというので追加でゆでて、結局3人で6人前食べた。あるじ1人で3人前くらい。

上のこぞーはドラえもんスペシャルを見て、その後紅白をちょっと見て9時頃には寝床へ。良いお年を。

奥さんはテレビで紅白。

あるじはPCでDynamite。

もうすぐ2006年も終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

2006年仕事納め

本日、2006年の仕事納めでございました。

今年は公私共に昨年以上に波乱万丈の1年でありました。

公の方は次から次へとシンジガタイことの連続。転職すると最初はいろいろ戸惑ったり衝撃的なことがあったりするもんですが、日が経つにつれ徐々に慣れてきて落ち着いてくるもんです。

が、弊社の場合、業績も右肩あがりですが衝撃も右肩あがり。転職後最初の1ヶ月に感じたショックなんざ、ハナクソみたいなもんでした。いい経験させてもらいました、はい。

私の方では、これまでの人生でもっともつらい出来事に直面し、知った瞬間は言葉を失いました。けど、自分は当事者じゃないのに当事者よりショックな顔してられないし、しかし何とか助けになりたいと思いながらも自身の無力さを痛感させられえた1年でした。

しかし、私の方は当人の言葉では言い尽くせないほどのつらい状況である現実に、正面から向き合って懸命に取り組んできた努力により、ここにきて少しずつ改善してきているのです。

そういう人を見てきたあるじとしては、まあ確かに右肩上がりにびっくりがありましたお仕事関係ですが、もっともつらい時期のことでさえ、それに比べりゃハナクソ以下の全然大したこっちゃないと思えるようになりました。

来年もどーなるかわかりません。

よくなるかも知れないし、悪くなるかもしれないけど、私の方で学んだ気概を持って臨みます。

その時のそのやり方、それの結果に最善だと思わず、また妥協せず、もっと良い方法がある、もっと良い結果がでるはずと常に思いながら、その時その時の

「ベストを尽くす。」

これでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sunのカレンダー

Sunのカレンダー。
2007sun_calendar

わりとあっさりしたできあいのカレンダー。
もっとSunのコーポレートカラーとか反映させればいいのに。

でも書くところが多くて使いやすそうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/28

よーがでミーティング

世の中の会社の多くは今日までだったりする12/28、あるじはミーティングのためよーがに行きました。

本日の議題は、組み込みLinux用開発環境に最適な分散ファイルシステムとADとLDAPの統合ID管理によるアクセスセキュリティを確保したソリューションの模索、ということで集まりましたが、おなかが空いたのでみーちんぐの前にタパスタパス用賀店で腹ごしらえ。

2年近く前、用賀のタパタパのメニューからエビピーが消えたと聞いて嘆いていたあるじですが、ほぼ2年ぶりにタパタパに来て自ら確認したところ、存在してました。うれしい。

サングリアなどくらいつつ、サラダと3種類のパスタをシェアし、最後はデザートとコーヒーで締め。

ようやく本題のみーちんぐとゆーことで、主催の方の会社のオフィスに向かいましたが、あいにくお客様用のみーちんぐ部屋を押さえてなかったようで、「いたしかたなく」違う階のオフィス内にあるブレークルームでやることに。

しかし主催者、客人であるあるじたちを置いて、はばかりに行ったきりなかなか帰ってこない。あんまりヒマなので、あるじはもう1人の方が持ってきたデジカメで記念撮影。
Sybase_usb
コーヒーいただきました。ごちそうさまです。

ついでにちょっと見学。
Sybase_usb

主催者、戻ってきてわずか数分でみーちんぐ終了。もともとこのテーマは関連性も実現性も薄かったので、まあ驚きはしない結果に。

早々に撤収して、3人で帰途につきました。

いやー、久しぶりだったなー、あの場所。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/27

病は気から

あるじ、絶不調であります。

昨日の午後3時くらいに風邪ひいたんですが、今日の夕方になったら鼻水すごいし鼻声すごいし熱っぽくてアタマがぼーっと。

かなり辛かったので本日は6時くらいに撤収。

家に帰ってまず体温計で熱を測定。自分の感じでは39度は超えてると確信していたが、計ってみたら37.8度。意外とない・・・。

またなかったなー、熱。

おくさんに毎度言われるのことがあります。

「病気なりたがり。」「熱出したがり。」

ジツは意外と症状が軽いのに、気持ちで病気になってると。おくさんはこぞーどもの世話をしないといけないので、多少調子が悪くても倒れてられないから気を張ってると大丈夫なんだと。
#あるじだって、仕事があるから倒れてられないって思ってんだけどなー。

「病は気からって言うじゃない?」
「でも、パパもある意味病は気から、だね。」
「たいした症状じゃないのに、気持ちの方から病気になろうとしてるもんねっ。」

・・・ひどい言われようだ。。

あるじ、胃腸は弱いほうなのだが、なぜか病気になってもおなか直撃の症状でなければ食欲は落ちないのです。おくさんはそれを知ってます。

「具合悪いってゆーけど、晩御飯は食べるんだよね。できたら呼ぶから。」

で、ちゃんと晩御飯全部いただきました。

病になるのも直すのも、気から、なんすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/26

KYトレードのカレンダー

ガイジン同席の記者会見や個別インタビュー、イベントなどでのガイジンスピーカー起用時によく逐次通訳や同時通訳を依頼するKYトレードさんよりいただいたカレンダー。
2007kytrade_calendar

ベースはブロケードさんと一緒だけど、ポストイットが付属してて、マーケの同僚からは評判良かった一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/24

あるじの家のクリスマス

ま、多少はクリスマスっぽい雰囲気を出すにあたり、クリスマスツリー以外におくさんが飾ってくれたものです。

ちなみに、24日のイブはあるじのおふくろが来てくれて、みんなでパーティしました。昼間。

さっそく食べたクリスマスケーキ。
2007xmaseve01

リビングの壁に。
2007xmaseve02

同じくリビングの壁だけどテーブルのすぐそばの。
2007xmaseve03

玄関入ってすぐ横の壁に。
2007xmaseve04

ちなみに、この日の夜はおくさんの実家に。1日に2回クリスマスケーキを食う。
2007xmaseve05

たわけと思われるだろうが、まだダイエットあきらめてないあるじ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/18

入園規制で予定変更

12月16日の土曜日、東京ディズニーランドがクリスマスバージョンになってるとゆーので、こぞーとおくさんにせがまれ連れて行くことに。

あるじ、あそこには土日は絶対行かないと決めているのですが、上のこぞーは小学生でおまけに何の奇跡かここまで皆勤賞継続中。

やむを得ずこの日、12月16日の土曜日に行くことに・・・。しかし、着いたのは11時過ぎ。

んで、びっくり。なんと入園規制で中に入れないとのこと。駐車場はタダになってるから停めてもらって構わないが、4時までは当日券の発券はないとのこと。

かつて、入園規制に遭遇したことのないあるじ、とりあえず駐車場内に入ってみたものの、いつも停めてるようなところにはまったくスペースがなく車がぎっちり。。。

ようやく空いてるところまでたどり着いたけど、そこはシェラトン・グランデ・トーキョーベイの目の前。もはや、東京ディズニーランドは無理と思い、こぞーにTDLはあきらめてもらってイクスピアリとキャンプネポスで手を打ってもらうことに。こないだ来たばっかだけど納得してくれて親孝行なこぞー。

今回はキャンプネポスでトナカイのクッキーを焼くこぞー。
20061216campnepos1

続いて前回同様、紙粘土を使っての写真立て製作。
20061216campnepos2

上のこぞーがクッキー焼いたり写真立て作ったりしてる間、あるじは下のこぞーと2人でキャンプネポスの中を探検してましたが、予想通り30分くらいしかもたず。やむを得ず外に出て、鬼ごっこしたり散歩したり。キャンプネポスの隣にあるレストランでカレー食わせたり。。。とっても、パワーを使わされました。

よーやく、おくさんとこぞーが出てきて合流。

こぞーどもの2ショット。しょっちゅうけんかしてるけど、実は仲良し?
20061216campnepos3

キャンプネポス。下のこぞーはこの岩をよじ登ってあっちこっち移動して回るからヒヤヒヤもんです。
20061216campnepos4

最後はハデなツリーの前で記念撮影。
20061216campnepos5

これからは、こういう絶対に込んでる日に行かざるを得ないことが多くなるのは間違いないわけで、あるじとしては憂鬱です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/17

キリンラガー大正復刻版

キリンラガーの大正、明治の復刻版が出てたので買いました。

今日は大正版をいただいてみました。
Taisholager

今は麦芽・ホップのほかコーンスターチが入ってますが、大正版はコーンスターチではなく米を入れてたようです。

あるじ、ビールは基本的に麦芽とホップだけで作ったものしか飲まないのですが、今回は復刻版限定販売ということで買ってしまいました。

季節限定などの売り文句に弱いあるじでした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/16

日本人初のNHLプレイヤー

福藤選手、ついにNHLに昇格。こちら

これで、MLB、NBAにつづき、NHLにも日本人選手が。

このままNHLプレイヤーとしてメジャー契約となって残留できるか、マイナーへ逆戻りになるかはまだわかりませんが、まずはベンチ入りおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/15

運命的な出会い・・・

あるじ、この日は、とある販売パートナー様の社内向けセミナーの講師として講演するため、その販社様の大阪支店へ出張でありました。

往路ののぞみは結構込んでましたが、あるじが東京駅から乗ったときには隣の席は空いてました。あるじは窓側。2列席なので通路側が空いています。

新横浜駅で停車し、再び発車してまもなく、隣の席のチケットを持っていると思われるお客がやってきました。20代後半と思われる背の高い女性。綺麗な人です。

最初気がつかなかったんですが、よくみると小さな男の子がそばにいます。なるほど、親子ですな。子供が小さいので席はひとつしか取ってないのでしょうが、といってもこの男の子、けっこう大きい。

まだ言葉もあまり話せない子供とせまい新幹線の中で、ずっと一緒にいて旅するのは結構つらいだろうなぁと思ってました。で、乗ってから30分くらいはとくに何もなかったんですが、ふとしたことをきっかけにその女性と会話が始まりました。

そしたら、そこから会話が弾んでずーっと話をしてました。いろんなこと話してくれたんですが、けっこう共通点があったりして面白かったっす。

男の子はうちの下のこぞーと同じ年で生まれた月も同じ(けどデカイ)。
2歳を過ぎたけどまだ卒乳できてないこと。(うちの下のこぞーもできてない)
ご主人は百貨店勤務で年末年始はあまり休めないから、先にこどもと帰省するところ。
住まいは桜新町で東急田園都市線であざみ野まで言って市営地下鉄できたとか。(あるじもかつてはこの線を使って用賀に通勤し、桜新町にはごはん食べに行ったりしたから、そこのお店の話や沿線ネタでさらに会話がすすみます)
子供連れて旅行するのは大変そうだけど、ハワイとかに行きたいとか。(あるじ、この1月にワイハー行ってきたので、そのときに得た子連れ旅行のネタ話でさらに会話は加速)。

さらにびっくりだったのが、年は10歳下だったんですけど(それは別にびっくりじゃない)、あるじとその女性の方は誕生日が同じ日でありました!

結局新大阪までずーっと話をして、向こうも新大阪で下車して、「いつも乗ってる時間長いんですけど、今日は楽しくてあっという間でした!いろいろ気遣っていただいて、ありがとうございました。」と言って去っていきました。

特に気をつかったということもないんですが、まあ、たしかに他の人が隣にいるよりあるじがいてよかったんではないかと思います。とゆーのも、あるじも元々は子供好きじゃないですが、自分に子供できてからは、子供に関してはそうとう寛容になりましたんでね。

例えば今回ですが、男の子は乗ってて飽きてきちゃうから、そのうち暴れだして振り回した手や足が当たったりするんですが、あるじはちーとも気になりません。うちの下のこぞーとおんなじだから。でも子供いない人にとっては、隣にいるだけで結構イヤなんじゃないかと思うわけです。
あと、途中で男の子が「おっぱ~いっ!」って騒ぎ出して、しょうがなく授乳させようとしたときも、「授乳させてもいいですか?気になりますか?」ってたずねてくれましたけど、あるじはちーとも気になりません。向こうは席が通路側だったから胸を隠しても見られやすいので、あるじが通路側でその女性を窓側にして隠しやすいように席を交換しました。こういうことも、こどもいない人には気づかないだろうし。

他にもお茶のしずく飛ばされたりとかいろいろありましたが、男の子もけっこうかわいい子だったし、奥さんもきれいだったこともあってか、この日のあるじはジツに寛容でありました。ぜーんぜん腹が立たない。

やっぱ、誕生日が一緒とか言われると親近感がわくんですかねぇ。

それにしても、いくら相手が既婚で子供がいるとはいえ、10歳下の女性と話するネタで一番話が盛り上がれるのが子供ネタってところが、あるじ的には悲しいのでありました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/14

フィジーみやげ

12日に我が天敵およよさんとその他3人の方々と飲ませていただきましたが、その時およよさんがくれたフィジーみやげがこれ。

今日の晩酌にいただきました。

Fijibeer

特にクセもなく、あるじ的には飲みやすいビールでした。ごっつぁんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/13

誘惑に打ち勝つ

あるじ、12日は前職でお世話になった方々4人と八王子で飲みでありました。

しかしあるじの現在の勤務地から八王子までは結構時間がかかるゆえ、19:00の集合には間に合わず約1時間送れて八王子に到着・・・。

この日はわが盟友、コージーさんと飲む日でしたが、同時にわれらが天敵のおよよさんとKさん(仮に肉食メリケンボンバーさんとしましょう)の連合軍と相対し、そこに永世中立国であるBさんを加えた5人で飲むことになっとりました。

コージーさん御用達の居酒屋まで駅から徒歩10分弱とのことでしたが、あるじは場所知らなかったので携帯によるリモートナビで誘導してもらい、飲み屋に向かってひたすら歩きました。

すると、メインストリートから少し外れたあたりからアヤシイ感じになってきて、イヤな予感がしてきたと思ってた矢先、さっそく最初の関門に遭遇。

「オニーサン、イイコイルヨー。ヤスイヨー。」・・・いや、いいです。

振り切ってさらに前進すると、1分も立たないうちに第2関門。

「チョトダケ、チョトダケヨー。日本人ノコモイルヨー。カワイカラダイジョブヨー。ミテカラデイイネ、ミテカラ。」・・・いやいや、いいっす。

どーにか振り切ったかと思うとすぐさま第3関門。

「ヤスイヨー、カワイヨー。スグソコ、スグソコヨー。サワルノOKヨ。ダイジョブヨー。」・・・いや、もー、ホントにいいっす。。。

あやうく連れ込まれそうになりつつ必死に突き放し、あともう少しで飲み屋というところで最後の難関。

「キレイヨー、ミンナダイジョブネ。ヤスクナルヨー。」・・・・いやいやいやいや、いいっす。
「サワルノ、OKヨー。5千円デゼンブサワレルヨー。」・・・・いや、、、しかし、それはイカンですから。
「オニサン、キビシネー。。OK、1万円デゼンブOKヨー。ゼンブサイゴマデシテイイヨー。」・・・・・・・ホント?

しかしあるじ、そこは誠実が服着て歩いてるかのような典型的なマジメ人間ゆえ、飲み屋で待つ元同僚を裏切ることなく、きっちり振り切ってどうにか到着。いやー、陥落しかかったが強靭な精神力で持ちこたえました。

まあ、飲み会の話は内輪ネタなんで省くとして、合流が遅くなりましたがどうにか開始30分で追いついて、いつものように天敵およよさんとそのボスである肉食メリケンボンバーさんからの攻撃にさらされながらもコージーさんと連携してそれをかわしながら飲み続けたのでありました。

なかなか楽しかったっす。

しかし八王子、おそるべし。今度ひとりで来ようかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/10

こじょーと留守番

土曜日は午前中、聖蹟桜ヶ丘のちょっと先にあるトイザらスに行き、我が家のクリスマスツリーをグレードアップさせるべくLED100個搭載のライトセットを購入。

4色LED100個だとそれなりに映えますな。

夕方、おくさんと上のこぞーはボーイスカウトのクリスマスパーティに。

あるじは下のこぞーと留守番。

下のこぞーはいまや暴れん坊のいたずらっ子ゆえ、あるじの手には余るようになってきました。普段、あまり下のこぞーと絡むことがないので、たまにこうやって1対1で長い時間対峙することになった場合、あるじは圧倒的に不利です。

こぞーは、そんなあるじの不安や精神的重圧なぞおかまいなしに、己の欲求にしたがって全開で行動します。加えて、その行動パターンはちーともロジカルじゃないので、あるじは完全に予測不能です。

そんなこぞーを、あるじはいっときたりとも見失うことなく補足しておかねばと警戒を怠らないようにしているのですが、こぞーの身体能力と体のサイズは、あるじのそうした努力なぞムダだといわんばかりに、一瞬にして姿を消し、あるじが混乱していると、違う部屋から「がらがっしゃーん!」て音がします。たびたび出し抜かれるあるじ。

あるじは手玉にとられるのでありました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/09

Brocadeカレンダー

Brocade Japanからもらったカレンダーです。
2007brocadecalender

書くところが多くてよいかも。

シンプルながらカラフルな色合い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/08

UGSカレンダー

この時期、カレンダーをいただくことが多くなってきます。けっこうもらったので、各社の卓上カレンダーお披露目です。

まず最初は、UGSからもらった卓上カレンダー。
2007ugscalender

カレンダー立てるフレームもしっかりしてて、けっこう高いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うーん、びっくり。

あるじ、終わってから知りました。

これ

ノロウィルスってあなどれんなー、なんて思ってたら、Technical Symposiumの場所だった。。。

さんざん昼飯だのパーティだので食っちゃったもんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/12/07

副業に忙殺されるあるじ

Technical Symposium2日目。

先週はGartner Symposiumだったし、今週も3日間セミナーなので仕事が滞りがちのあるじ。

しかし、滞っているのは本来のお仕事の方ではなく、その他引き継いだやつのほう。目下最大の懸案は年賀状とダイアリ。カレンダーは目処がついてるので特に問題なし。

業者とのやり取りが必要なのだが、それをやっていてはせっかく参加してる意味がない。

セッション中にネットワークが使えると、ちょっとしたことはメールですぐ返せるのに通信事情がよくなくて、なかなかやり取りができずストレスのたまるあるじ。

といって、電話するためにセミナールームの外に出て話をするのはイヤ。だって、本業からするとこっちのが大事だし。

やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/06

SE向けのTechnical Symposium

本日より3日間、SE向けのTechnical Symposiumがあり、辛うじてプロダクトマーケティング担当としての自覚を失ってないあるじは、我が同僚でいじーとともに製品知識を得るべく3日間の参加となりました。

いちおう、社内だけではなくパートナー様のエンジニアの方々などもご参加いただけるプログラムです。

が、ま、正直US主導なのか知りませんが、イベントとしてのホスピタリティや準備に関しては、自社のイベントでありながら少々お粗末と言わざるを得ませんでした。どこがどうとは具体的に書けませんが。

あるじのいるマーケがメインでやってたら、まあ、こうはなってないです。でもまあ、その分、手作り感はあって良かったかも。

来年はUSでやってるヤツに一度行ってみたいです(まだその時にいればね)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/12/05

SYBASEのGiveaway

先週、Gartner Symposiumに行った時に、お仕事で知り合った元SymantecのT氏にばったりお会いしました。

現在はSybaseでマーケティング本部長としてご活躍中。

でもって、高そうなGiveawayを頂戴いたしました。ごっつぁんです。
Sybase_usb


けど、最近はこういう置物系のグッズは喜ばれない企業も増えてきました・・・。

増えてるんですよね、固定席を失くしたオフィスを採用してる企業。

私物が置けないので、もらっても困るんだよねーって、うちもこないだ言われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/04

こぞーとテニス(冬編)その2

土日連日こぞーとテニスとなりました。

日曜日はこぞーがねぼーし、ほぼ開始時間には間に合わず、こぞーも寝ぼけ気味で行くんだか行かないんだかよーわからん状態。

けど、やっぱり行きたいとゆーので、20分遅れでコートに到着。

前日、かつてのテニス仲間、Nackyと初めてチャットする機会があったが、そのときに最近は全然テニスする機会は持てず、たまに上のこぞーと早朝テニスするぐらいとゆー話をしたら、

「それはすばらしいっ!」

とゆーので、なんでか理由を聞いてみた。

Nackyも結婚し、家庭を持つようになったから、子供とのふれあいの機会を作るというのは大切だし、父親が相手してあげるのは貴重なことだ。

とか言うのかと思ったら、

「たっぷり振り回ししてもらってください!すごくいいことですよ!」

むぅ、さすがテニス狂い。そっちかいっ。

だがしかし、それは言えてる。なにしろ、テニスを楽しいと思わせるには、なんと言ってもラリーを続かせること。けど、小学1年生で毎週テニスやってるわけでもないうちのこぞーにラリーを続かせるなんつーのは、普通に考えればほぼムリ。

けど、スポンジボールを使ったミニラリーだと、ラリーの難度もかなり低くなり、多少真ん中に当たらなくてもボールも飛ぶし、と言ってそんなに遠くには飛ばず、ラリーが続きやすくなります。

じゃ、あとは何が不可欠かっつーと、こぞーの相手をする方がコートの半面を走り回ってとにかくボールをつなげること。こぞーがどこに打とうが、ネットを越えてきたボールをとにかく拾って向こう側に返すことで、ラリーが続いてこぞーは楽しくなるというわけです。

昨日は4往復ラリーができ、今日は6往復できたので、こぞーは楽しかったと言ってました。

Nackyの言うとおり、これはとてもスゴイことなのでした・・・。
こぞーが昨日よりもさらに楽しかった分、あるじはとても疲れました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/03

キャベツの千切り

今日の「世界不思議発見」で言ってたが、キャベツの千切りを日本で最初に料理に出したのは煉瓦亭だそーな。

知らなかった。

さらに詳細なウンチクはWikiが参考になるでしょー。こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/02

こぞーとテニス(冬編)

今日は朝7:00から、上のこぞーとテニスしてきました。

秋は予約でいっぱいだったから、ほとんどできなかったけど、冬の早朝は割りと空いてるのかも。

今日はさぶかった・・・。陽が差してくるとだいぶ違うけど、陽が差す頃にはテニス終わりの時間です。

以前と趣向を変えて、普通のボールを使うのやめて、大きなスポンジボールを使ってサービスエリアだけを使ってミニテニスにしてみました。

ずいぶん間が空いて、こぞーも完全に忘れてたから、きっと難しくていやになっちゃうかと思って強く打ってもそんなに飛ばず、当たっても痛くないしラケットのフレームに当ててもシビれないスポンジボールなら、ラリーも続いてとりあえずは楽しいかと思って。

このアプローチは成功でありました。こぞー、久しぶりでやっぱり教えた打ち方とか忘れてたけど、少しやってボールを打つタイミングがつかめて来たら、少しラリーが続くようになりました。今日は最高で4往復ラリーに成功。

終わったあとに感想を聞いたら、「たのしかった。」てゆってたので、まずはよしとしよう。しかし、明日も朝7:00からって、ちょっとツライ・・・。

全然カンケーないですが、テニスからの帰り、30代前半くらいの男が高級車乗ってるのに出くわしましたが、こんだけさぶい早朝にも関わらずオープンカー乗り回してるあたり、結構気合の入ってる金持ちだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gartner Symposium3日目

12/1は最終日です。

この日は、Gartnerのアナリストと1 on 1を申し込んでいたので、そこでの話がとても参考になりました。今後のマーケティングプラン策定の際に参考にさせてもらいます。けど内容はここでは書けまへんなー。あと、その話はUSのARにレポートしないと・・・。これはけっこうめんどっちぃ。

今日の昼ごはんは中華レストランにて。あるじ的には今日のランチがいちばん良かったです。やはりあるじは基本的にコメの人です。

さて、最終日とゆーことで、会場となっていたホテルグランパシフィックメリディアンの前の広場にあったクリスマスツリーなぞ写真に撮ってみました。

昼間はこんなかんじ。
Gartnersym01

Gartnersym02

で、夜はこんなかんじ。
Gartnersym04

Gartnersym03

東京タワー。
Gartnersym05
地デジ開始記念らしい。

初日にこんな写真載せると、また遊んでるとかゆー輩が出てくるので、最終日にしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/12/01

Gartner Symposium2日目

ぶっちゃけ、今日のセッションは面白くないのが多かった・・・。

あるじ、今の会社に来てからとゆーもの、対象となる製品の分野がかなり特化されており、必然的にそこに関係ある話を聞くのがメインになるので、3日間フルにあるようなセミナーイベントだと、全然聞きたいセッションがない時間帯とゆーのも出てきます。

S社やH社のときのように、サーバやソフトウェアに絡んでると、テーマも多岐にわたるので色々聞けるセッションがあり、きっちりスケジュールが埋まるのですが、今回はなかなか埋まらなかった。

今日は、Gartner Japanの営業さんと会場でミーティング予定。うちの会社、IDC Japanとは契約があるのですが、Gartner Japanとは契約がなく、これまでも契約したことがないとゆーことで、来年度のマーケティングプランの中にAR強化の一環として入れてみようかと考えて、どんなサービスが受けられるのか聞いてみようと思った次第です。

待ち合わせに現れた営業は女性の方でしたが、どっかで見たことあるなーと思ってたら、前職のH社時代にSOAプロジェクトに絡んでいた際、Gartner Japanのアナリストとのブリーフィングの調整などをやっていたH社担当の営業さんでした。

会場ではほとんど挨拶だけでしたが、来週以降で一度サービス内容と価格についてミーティングを持つ予定です。

これ以外は、最後に出たGartner JapanのAnalystのセッションだけが唯一有意義なもので、それ以外はあるじ的にちとキビシイ内容のものばかりでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »