« フィジーみやげ | トップページ | 日本人初のNHLプレイヤー »

2006/12/15

運命的な出会い・・・

あるじ、この日は、とある販売パートナー様の社内向けセミナーの講師として講演するため、その販社様の大阪支店へ出張でありました。

往路ののぞみは結構込んでましたが、あるじが東京駅から乗ったときには隣の席は空いてました。あるじは窓側。2列席なので通路側が空いています。

新横浜駅で停車し、再び発車してまもなく、隣の席のチケットを持っていると思われるお客がやってきました。20代後半と思われる背の高い女性。綺麗な人です。

最初気がつかなかったんですが、よくみると小さな男の子がそばにいます。なるほど、親子ですな。子供が小さいので席はひとつしか取ってないのでしょうが、といってもこの男の子、けっこう大きい。

まだ言葉もあまり話せない子供とせまい新幹線の中で、ずっと一緒にいて旅するのは結構つらいだろうなぁと思ってました。で、乗ってから30分くらいはとくに何もなかったんですが、ふとしたことをきっかけにその女性と会話が始まりました。

そしたら、そこから会話が弾んでずーっと話をしてました。いろんなこと話してくれたんですが、けっこう共通点があったりして面白かったっす。

男の子はうちの下のこぞーと同じ年で生まれた月も同じ(けどデカイ)。
2歳を過ぎたけどまだ卒乳できてないこと。(うちの下のこぞーもできてない)
ご主人は百貨店勤務で年末年始はあまり休めないから、先にこどもと帰省するところ。
住まいは桜新町で東急田園都市線であざみ野まで言って市営地下鉄できたとか。(あるじもかつてはこの線を使って用賀に通勤し、桜新町にはごはん食べに行ったりしたから、そこのお店の話や沿線ネタでさらに会話がすすみます)
子供連れて旅行するのは大変そうだけど、ハワイとかに行きたいとか。(あるじ、この1月にワイハー行ってきたので、そのときに得た子連れ旅行のネタ話でさらに会話は加速)。

さらにびっくりだったのが、年は10歳下だったんですけど(それは別にびっくりじゃない)、あるじとその女性の方は誕生日が同じ日でありました!

結局新大阪までずーっと話をして、向こうも新大阪で下車して、「いつも乗ってる時間長いんですけど、今日は楽しくてあっという間でした!いろいろ気遣っていただいて、ありがとうございました。」と言って去っていきました。

特に気をつかったということもないんですが、まあ、たしかに他の人が隣にいるよりあるじがいてよかったんではないかと思います。とゆーのも、あるじも元々は子供好きじゃないですが、自分に子供できてからは、子供に関してはそうとう寛容になりましたんでね。

例えば今回ですが、男の子は乗ってて飽きてきちゃうから、そのうち暴れだして振り回した手や足が当たったりするんですが、あるじはちーとも気になりません。うちの下のこぞーとおんなじだから。でも子供いない人にとっては、隣にいるだけで結構イヤなんじゃないかと思うわけです。
あと、途中で男の子が「おっぱ~いっ!」って騒ぎ出して、しょうがなく授乳させようとしたときも、「授乳させてもいいですか?気になりますか?」ってたずねてくれましたけど、あるじはちーとも気になりません。向こうは席が通路側だったから胸を隠しても見られやすいので、あるじが通路側でその女性を窓側にして隠しやすいように席を交換しました。こういうことも、こどもいない人には気づかないだろうし。

他にもお茶のしずく飛ばされたりとかいろいろありましたが、男の子もけっこうかわいい子だったし、奥さんもきれいだったこともあってか、この日のあるじはジツに寛容でありました。ぜーんぜん腹が立たない。

やっぱ、誕生日が一緒とか言われると親近感がわくんですかねぇ。

それにしても、いくら相手が既婚で子供がいるとはいえ、10歳下の女性と話するネタで一番話が盛り上がれるのが子供ネタってところが、あるじ的には悲しいのでありました。。。

|

« フィジーみやげ | トップページ | 日本人初のNHLプレイヤー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/13310593

この記事へのトラックバック一覧です: 運命的な出会い・・・:

« フィジーみやげ | トップページ | 日本人初のNHLプレイヤー »