« 記者会見準備 | トップページ | 記者会見と個別取材のあとで・・・ »

2007/02/26

社長就任記者会見

本日は新社長お披露目の記者会見でありました。

広報ド素人のあるじが、PRエージェンシーとコンサルタントの力を借りて初めてアレンジした会見であります。
本職はプロダクトマーケティングのあるじ、今回は広報担当として司会にたちました。

結果だけ言えば、メディアカバレッジの数字やある専門誌の編集長からのコメントからすると成功に終ったといえますが、実際にはバタバタして結構パニックでありました。

本来、CEOと社長の二人だけを登壇させるはずだったのが、アジア・パシフィックのVP来日により登壇機会を作らなくてはならなくなり、無理やり3人登壇させる段取りを組んでいたのが、前の週の週末に突如来日中止となり急遽内容を変更する必要が出たりしました(でもまあ、これは本来望んでいた形になったので、あるじ的には少々余計な仕事は増えましたが基本的に歓迎できる変更でありました)。

サイアクだったのは記者会見開始1時間ちょっと前に判明した、プレゼンデータの間違いです。CEOが会見前最後のブリーフィングにやってきたとき、通訳が見ていたブリーフィング用のプリントを見て、

CEO :「お、その資料、どうしたんだ?」
通 訳:「これからやるブリーフィングで使う、あなたのプレゼン資料です。」
CEO:「ん?それは私が話す資料じゃないな。それはCTOのだ。私はその資料ではしゃべれん。」

あるじ、英語が不得意だから、CEOがヘンなこと言ってるように聞こえるんだなーと思っていました。

CEO:「この資料で話をしたことないから無理だな。そうだ、私が持ってきてるスライドで話をしよう。」

あるじ、もはやこの時点で、意味を理解したくない気持ちが強く現実逃避に走ろうと思ってました。しかし、勇気を出して、

あるじ:「でもこのデータ、本社のPRエージェンシーがこの会見用にって送ってきたんですけど。。。」
CEO:「なんでか私にはわからんが、とにかくこの資料では話ができん。今から部屋に行ってデータ持ってくるからまってて。」

って、もーあと1時間後には会見なんですけど(ToT)

あるじ、泣きそうになりながら、とりあえず資料をもらって大至急目を通し、CEOにこの資料で公にしたり配布資料として配布してはいけない内容がないか確認したあと、体裁を整えて大急ぎで会見場のPCに入れてテクリハ開始。
と同時にPRエージェンシーに、会見用に修正したデータを持たせ、近くに見つけたキンコーズで配布資料の印刷をしてくるよう依頼しました。

一方、もう記者さんは何人か既に来ており、ほんとは開場しなきゃいけない時間なのにドタバタしてて開けられません。早く来ている記者さんは前の方の席を確保したいから来てたりするんですが、開場が遅くなってしまったせいで他の記者さんもずいぶん増えてしまいました。これで前の席取れなかったら申し訳ないので、あらかじめ席を確保しておかねばと思いつつも、目の前の問題に対処するのが精一杯なあるじ。

そうこうしてるうちに配布資料も到着し、ようやく15分前に開場。でもCEOの持ち時間は15分て言ってあるのに、この資料どーみても40分コースの資料です。。。

落ち着きを取り戻せないまま、そして一抹の不安を抱えたまま会見開始。とりあえずはAPAC VPの欠席とCEOのプレゼン資料全面差し替えを詫びた後にCEOプレゼン開始。

時間を心配していたあるじでしたが、CEO、期待通り余裕で15分では終らずきっちり40分しゃべりました。おかげで当初予定してた日本法人の新社長によるプレゼンは予定してた時間の半分で終了。あるじ、あんなに時間かけて社長用のプレゼンピッチ作ったのになぁ。

2~3の質問を受けた後にいったん会見を終了すると、ぶら下がりによる個々の取材が始まりました。

あるじ、今回は広報担当なので、お帰りになる記者さんのお見送りやご挨拶などをしようと思っていたのですが、あるじが本来は製品担当マーケティングだと知ってる記者さんが何人かやってきて、「ちょっと先ほど社長が説明した内容をもう少し詳細に解説してもらいたいんですが。」てな感じでつかまってしまい、広報担当としての活動はほぼ何もできず・・・。

あるじ、広報としては、ぜんぜんまだまだでありました。。。

|

« 記者会見準備 | トップページ | 記者会見と個別取材のあとで・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/14259485

この記事へのトラックバック一覧です: 社長就任記者会見:

« 記者会見準備 | トップページ | 記者会見と個別取材のあとで・・・ »