« アドミ面接 | トップページ | 取材とプレスセミナー »

2007/03/08

IT放談会

この日、3月8日の飲み会は大変楽しい会でありました。

あるじがお世話になっているPRコンサルティングの会社の方お二人の呼びかけで、様々な立場から日本のITに絡んで仕事してる人々が集まってサケ飲みながら勝手なことを言い合う会でありました。

コンサルタントお二人のほかは、いきなり「なぜVistaはイケてないんでしょーか」と取材を始めた共同通信の記者のA氏やとある外資系ITリサーチ会社担当のPR会社のW氏、その方の元同僚で現在フリーのY氏、最近赤い帽子の会社に入られたK氏、ウォッチファイアというかっちょいい名前の会社にお勤めのA氏、そして某ITリサーチ会社のインフラ担当の大御所M氏。

何気で某S社の同窓会的な一面もありましたが、みなさま様々な経験をされて、またS社出身の方もその後違う会社を経験して現在に至っており、話す内容は大変面白おかしいのですが、ブログにはぜんぜん書けない話ばっかで困りもんです。

書ける話の中で面白いなーと思ったのは、K氏のオープンソースとそれを商売にしてるディストリビュータのたとえ話。

曰く、オープンソースソフトウェアは自生してるキノコ(ソフトウェアそのもの、あるいは拡張機能という意味か)みたいなもんで、そこらへんの土の上(コミュニティ)で勝手にどんどん生えて成長するんだが、一般人にはどれを食べていいのかわからず(機能拡張の数や早さについていけない)、下手に美味しそうだと思って食うとあたって腹を壊したり(使ってみたらバグだらけ)するんだそーな。

そこで必要なのがキノコ採りの名人(ディストリビュータ)で、ちゃんと食べられるものだけ選別して採取し、パッケージに詰めて売って歩くんだそーな。で、おなか壊してもちゃんと保険でお薬処方してくれるらしいんだが、有効期限は1年間なので、ちゃんと更新しないと1年たったらお薬くれないとゆーことらしい。

なーるへそ。

次も一応企画されるらしく、ストレス解消にはもってこいなのでまた行ってきます。

|

« アドミ面接 | トップページ | 取材とプレスセミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/14279202

この記事へのトラックバック一覧です: IT放談会:

« アドミ面接 | トップページ | 取材とプレスセミナー »