« The GoldとMalt Selection | トップページ | 日本代表VSペルー代表 »

2007/03/24

歓迎会

本日は3月9日付でうちの部で働いてくれることになったアドミの女の子の歓迎会でした。歓迎会ったって、歓迎する側は2人しかいねーんですけど。

歓迎会会場は、わが同僚でいじーのアレンジで豆腐料理「空の庭」でございました。そんなに高いわけでもなく、しかし美味しくいただけましたし、豆腐料理といっても種類もいろいろあって飽きなかったし、今回はコース料理で「ひととおり膳~地鶏」ってやつをいただきましたが、地鶏も美味しかったです。

さて、その新しく来てくれたアドミの女性。なかなか興味深い人です。なんとゆーか、あるじがこれまで接してきた人の中では初めてのタイプというか、あんまり似たような人が見当たらない感じ。でいじーはこれを、年代の差によるものだと。まーたしかにねー。

さっそくでいじーがこのブログの存在を教えてしまったのであんまりヘンなこと書けませんが、年齢はあるじより一回り下です。あるじもついに一回り下の人と仕事一緒にするようなトシになったということです。考えるとなんとなく凹むので考えないようにしてます。

先日あるじが出張に行ったニューヨークに6年ほど一人で住んでた経験があり、そのときの話を聞いてみると見た目は細くて華奢な感じだけど、けっこう度胸が据わってるって感じです。

最初に面接したときは、ずいぶんおとなしくて口数も少ないし、細くて風吹いたら倒れちゃいそうなくらい華奢な感じで、うちみたいなとこでやってけるかなーって心配でした。でも受け答えとかしっかりしてたし、ニューヨーク留学の話を聞いて、やる気と根性はありそうな感じだったので、あるじとでいじーとしてはとりあえず契約してみてもいーんでないかという結論に、その日のうちに達してました。

その一方、この女性が面接で感じたわれわれ(あるじとでいじー)の印象はサイアクの一言だったそーな。この子、とっても素直な子で、この話を最初に本人から聞かされたでいじーは、ダイレクトに「でいじーさんたちの第一印象はサイアクでした。」と言われてちびっと凹んでました。派遣会社の社員と一緒に来たんですが、面接の前にその社員から

「みなさん気さくな人で、私もよく知ってる人たちで何度もお会いしてるから、そんなにかしこまった面接にならないと思うので、安心して気軽に臨んでください。」

みたいなこと言われたらしいのですが、部屋に入って面接が始まったところですでに印象はサイアクで、自己紹介したところでもう泣きそうで帰りたいくらいだったそうです。あるじ達がどうサイアクだったかっつーと、なんかこう人の話をちゃんと聞いてくれそうな感じはしないし、重そうなオーラをまとっているように感じたらしい。おまけに、そんな雰囲気じゃないからと言ってた派遣会社の社員は、面接始まったらとたんに何も言わず黙り込んだままでこの雰囲気を打破しようともしてくれないし、もーいやになってたらしい。

でもなんだかよくわからんが、わずか1時間足らずの面接で彼女の感じたサイアクな印象を、われわれは面接終了のころには覆すことに成功したようなのです。ま、われわれとしても、彼女が親しみを感じやすいように世間話したり、リラックスしたくだけた雰囲気をかもし出したり努力はしましたからねぇ。あまりにもくだけすぎて、危うく業務の説明するの忘れたまま面接終わるところでしたから。

そんなこともあったらしいですが、あれからもう2週間が過ぎて、彼女はすでに立派な戦力となっています。まだまだ覚えてもらわなきゃいけないこともあるし、教えてもらったこともすべて理解できているわけではないですが、彼女のよいところは全部理解できてなくてもその仕事に取り掛かってこなそうという姿勢があること。それと仕事が早いこと。あと、なんといっても、不思議でいまひとつよくわからないところが魅力的。

どーかこのままやめずにがんばってくださいまし。

|

« The GoldとMalt Selection | トップページ | 日本代表VSペルー代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/14378077

この記事へのトラックバック一覧です: 歓迎会:

« The GoldとMalt Selection | トップページ | 日本代表VSペルー代表 »