« 歓迎会 | トップページ | フィギュア世界選手権 »

2007/03/25

日本代表VSペルー代表

2対0で勝ちましたね。

オシムは俊輔のプレースピードの遅さに苦言を呈していたという記事を見ましたが、まあ、そうだったのかも知れませんけど2点に絡む貢献をしたのも事実ですし、期待値の高さということでしょうか。

あるじ的にこの試合でうれしいなーと思ったことがいくつか。

まず2点ともFWが点取ったこと。まあ、2列目からの飛び出しとか、FKで華麗にゴールとか、DFがオーバーラップしてのミドルレンジでのシュートってのもいいんですが、やっぱしペナルティエリアの中でFWが点取ってくれるのが一番です。FWたるもの、相手のペナルティエリア内で脅威となってこそだと。

あと、日本の最終ラインに高さが加わったこと。闘莉王と中澤の二人が185cm以上あるんで、オランダとかデンマークみたいなところと当たらない限りは、どことやっても高さで互角になれますよね。これに坪井とバーゼルの中田浩二が入ったら、平均身長で182~3cmあって、坪井みたいにスピードもあるDFもいる最終ラインができそう。

それからFW。高原、技術的にはそんなにうまくなってるみたいな感じはない(てゆーか、もともと技術は高いような気がする)けど、あたり負けしないしドリブルで切れ込んで削られてもしぶとくなったっつーか、なんか体がでかくなった気がする。当たられてもぶれないで最後のところを踏ん張れるとシュートまで持っていけるし打ち切れるので、ペナルティエリアで脅威となるFWになりますよねー。

あと、巻、高原、我那覇、矢野と180cm超のFWが増えた。これにDFの中澤と闘莉王が加わると、セットプレーで180cm超のやつ4枚は並べられるので、空中戦で互角以上の戦いができる機会が増えそう。そこが互角になれば相手も意識せざるを得ないので、逆に早くて低いボールを使ったセットプレーも生きてくるでしょうし。

ま、中盤がタレント豊富なのは今に始まったことじゃないので、決して魅力がないわけじゃないですが以前と比べても特にこれといって大きなインパクトはなく。ただ、俊輔はホントにあたられても倒れなくなったってゆーか、体強くなったなーと思いました。

それにしても、最近の代表選手、ホントにけっこうでかくなってきたなー。

|

« 歓迎会 | トップページ | フィギュア世界選手権 »

コメント

こんばんは!トラバさせていただいたnmfです。

高原、足元が上手なのは前からですが、本当に当たり負けしなくなりましたよね。たくましい!さすがブンデスリーガ!俊輔が意外に(失礼)ディフェンスしていたのも嬉しかったです。

投稿: nmf | 2007/03/25 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/14378379

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表VSペルー代表:

» 日本 2-0 ペルー [nmf日記]
2007年3月24日(土) オシムジャパン、2007年の初戦に行ってきました。キリンチャレンジカップ@日産スタジアム。天気予報では「春の嵐にご用心」と言ってましたが、写真を見てもらうとわかるように、陸上トラックを覆い隠した緑のシートが風でめくれてしまうくらい、強い風..... [続きを読む]

受信: 2007/03/25 19:25

« 歓迎会 | トップページ | フィギュア世界選手権 »