« 残念な運動会 | トップページ | ちょっと新鮮 »

2007/10/04

状況対応リーダーシップトレーニング

本日は1日拘束によるマネージャ向けのトレーニング、「状況対応リーダーシップ」なるものを受けてきました。

先日の小田原軟禁トレーニングに続いてマネージャには出席を義務付けられたトレーニングであります。

あるじとしては、先日読んだ本に触発されて、ほとんどムダとも思われるような仕事であっても自分の時間を費やしているわけなので少しでも身になるものにしようという意識を持ってコトにあたるように心がけています。

しかし・・・。この日のトレーニングはかなりイケてないす。。。

まあ、テーマは悪くないですし教材もひどいデキということもなく普通に使えるとは思うのですが、教材をこういう内容にするのであればトレーナーには相当のスキルが求められることになります。内容詳細は省略。

で、その肝心のトレーナーが受けてる側からするとスキル不足にしか見えない。先日の小田原軟禁トレーニングのファシリテーターほどではないですが、この教材の内容とそれに基づく口頭説明とホワイトボード主体のレクチャーをするならば、明らかに説明する内容が浅くて足りない。さらには、進め方も悪い。今やってることがどういう目的でなぜ必要か、どういう前提のもとに行うのかといったような説明がないままいきなり始めてしまうので、ただ言われるがままにやらされてる感が非常に強い。

この日もマネージャの中には参加をされない人が見受けられましたが、どうせやるならそういう人に「あのトレーニングは出ておいた方がよかったですよ!」って言われるようなものを提供してもらいたいもんです。

今回のようなレベルだと、「出なかったやつが正解。」みたいに思われかねないですからねぇ。。。

ま、あるじとしては、それでもそれなりに出席したメリットを得てきましたが、費やした時間がそれに見合うかと言われると、見合うとは言えないですね。

|

« 残念な運動会 | トップページ | ちょっと新鮮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/16695865

この記事へのトラックバック一覧です: 状況対応リーダーシップトレーニング:

« 残念な運動会 | トップページ | ちょっと新鮮 »