« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

人生初

すでに人生の折り返し地点を過ぎてるようなトシになっても、人生初という経験はまだまだたくさん世の中にはありますな。

本日、あるじは出勤前に生まれて初めて鍼に行ってきました。

あるじ、お肌が敏感なもんで、毎年この時期になると手の指が荒れて大変なんですが、今年は腕や足(太ももの付け根から指先まで)まで調子悪いす。まあ、腕とか足はどうやら寝てる間にか引っ掻いちゃうから荒れてるんですけど。

で、しばらく塗り薬つけて様子見てれば直るかと思ってたんですが、おくさんが、

「きっと薬つけても直らないよ。体質改善しないと。それには鍼行った方がいいよ。」

って、ゆーんですよ。だもんで、

「えー、でも毎年この時期はこんなもんだし、確かに今年はちょっとひどいけど、いつもの年と別に変わってないし。」

って、あるじがちょっと異を唱えたら、

「今年、太ったでしょ。」

・・・・バッサリ切られた。

行ってきました、鍼。いろいろなやり方があるらしいですが、あるじの行ったところは細い鍼をぷちぷち刺すようなのではなくて、やってんだかやってないんだかよくわかんない鍼でした。なんか、撫でられてる感じの鍼。

あと、お灸の組み合わせなんですが、お灸もぜーんぜん熱くならないうちに外されるので、効いてるのかどうかもわかりません。

先生いわく、今回の私の場合は、急には体質変えるの難しそうなんで、週に2回くらいはしばらく通ってほしいと言われました。まあ、そーっすよね。つーか、そもそも生活が不規則でまとまった睡眠取ってないんで、生活習慣から変えないと体調なんか戻らん気がする。

でもまあ、やってる最中はとってもリラックスできて、すーぐ眠くなるくらい気持ちよかったっす。気のせいか、鍼やる前よりも痒みが抑えられてる感じがするし。なので、来週の出張行く前の日にも予約を入れました。

いまだかつて、病気になったとき以外に、自分の体をメンテするなんてやったこともなかったですが、そういうことが必要な時期に来てるんだなーと実感し、かるく凹んだあるじでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/11/29

脱がなくても・・・

あるじ、ちょっと前までは、営業とかSEとか、あるいはパートナーさんとかにも、

「なんか、鍛えたりしてるの?」

と、よく聞かれました。むしろ最近じゃ何もしてないんですが、そういう風に見えるらしい。でもって、「太ってないねー。」って言われるから、

「いやー、そーでもないっすよ。こう見えて、脱いだらすごいんす。」

って、言ってたんですが・・・。

Oracle OpenWorldあたりから、いろんな人に言われるように。。

その結果、あるじはすっかり

脱がなくてもすごいんす。

な状態になってしまってます。。。

だもんで、しばらく中断してたのですが、おとといからまた筋トレはじめました・・・

だがもう手遅れやもしれまへん。。泣けてくるなぁ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SaaS World 2007

11月29日、IDG Japan主催のSaaS World 2007に参加してきました。

初日は別のセミナーイベントに参加してたので行けませんでしたが、2日目は時間を作ってやってきました。場所は東京ミッドタウン内のカンファレンスホールです。ここで開催されるイベントに来たのは初めてですが、駅からのアクセスもいいし、セミナー中心のイベントをやるには結構使いやすいかもしれません。シャレた場所だしね。

200711291453000

あるじ、ちゃーんとイベントに参加しとります。これが証拠。

200711291439000

3月だか4月だかにやはりSaaS絡みのイベントがあったはずですが、その時はこんなに人がいなかったらしいです。しかし今回は大盛況でのようで。あるじ、基調講演に出ようと思って行ったのですが、時間ぎりぎりで着いたら基調講演の会場は満席。100名くらい入るB会場をサテライトにしていたのでそっちに行ってみましたが、こっちも満席でかろうじて座れたぐらいです。

やはりSaaSはホットな話題なんでしょーな。しかし、SaaSと一言で言っても、提供するサービスもサービスの提供対象(市場)も、ビジネスモデルも異なるベンダーがいっしょくたに集まっているセミナーなので、あまり詳しくないユーザー企業にとっては混乱するんじゃないかと思いました。なにしろ、salesforce.comとGoogleがSaaSというくくりで出てますからねぇ。

そうそう、このSaaSみたいなイベントになると、主にインフラ系のITベンダーを渡り歩いてきたあるじにとっては、ほとんど知り合いに合うことがありません。でもかれこれ3年ぶりくらいに某S社のProduct MarketingにいたWさんに会いました。S社のブースで。キグーですな。

あと、ComputerworldのK編集長にも偶然お会いしましたが、雑誌の年末進行の最中に取材されていたので、ものすごく忙しそうでした。おつかれさまでございます。

イベントの話はまあ、このへんでやめとくとして、ちょっと遅いお昼ご飯をB1F PLAZAにある、yao_ESTAbLISHにて。

200711291437001

まあ、雰囲気はいい店でしたが、ランチについてくるスープがぜんぜん出てこないから聞いたら、「なくなってしまって、今作ってます。」って言われた。まあ、しょうがないと思ってパスタを先に食べ終えて本読んでたら、食後のコーヒー持ってくるんですよー。「あのね、さきにスープ飲みたいんだけど。」って言ったら、あわててスープ持ってきた。忘れんなよー。

200711291437000

東京ミッドタウンもたいしたことねーなという印象になってしまったあるじでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/28

ぼけぼけあるじ

相変わらずヘンに早い時間に目が覚めるあるじ。

本日も4時起きだったので、6時ころに朝風呂をいただきました。アタマもカラダも洗って湯船
につかり、雑誌など読みつつ1時間くらい入ってましたかね。

さっぱりしたその後は、朝ごはん食べたり出かける支度したりしてました。

んで、アタマの形を整えようとして鏡に向かってて気がついたことが。。。半乾きのはずのアタマが、なぜか安定した感じで現状の形をキープしてる。。。

おかしいなーと思って、髪の毛さわってみたら、なーんかサラサラしてなくて、しっとり感キープみたいな感じ。

一生懸命思い出してみた結果、どーやらコンディショナーつけたあと、アタマ流すの忘れたらしい・・・。

あるじ、トシを取ったのね。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/27

Oracle OpenWorld 2007 帰国日

San FranciscoからSunnyvaleに移動したので宿泊先もResidence Inn Sunnyvale Silicon Valley IIに。ま、いつものところですな。

20071117us001

いつものお部屋。

20071117us002

11/17のSunnyvaleは快晴でした。やっぱりカリフォルニアはこうでないとねぇ。

20071117us003

例によって、Palo AltoのNew York Bagelに。

しかし今回はサイアク。頼んだのはSun-dried Tomato BagelにトマトとチーズのEGG MITSだったのに、あけてみたら岩塩がベーグルの表面にコーティングしてあるやつにただのチーズ。すげーしょっぺー。まじー。

20071117us004

取り替えてもらおうと思ったんですけど、この日はすごく混んでて、作り直させてると空港到着が大幅に遅れてしまいそう(この時点ですでに予定より40分遅れ)だったんで、泣く泣く妥協。あるじ、食い物関連では久しぶりの大敗です。。。

20071117us005

今回のレンタカーはマツダ。Midsizeを頼んでたのですが、カーナビ付がなくなってて、Compactだったらあるというので仕方なく選んだんですが、この車はキビキビ動いてくれて、それなりにパワーもあってよかったです。


20071117us006

わりとかっこいいしねっ。

20071117us007

出張の最後に食べた朝食に敗北した傷心のあるじ、しかし秋晴れのカリフォルニアに癒されながら、例によってドライブ中に撮影。

今回の出張も、まずまず充実してたと言ってよいでしょう。

おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/26

Oracle OpenWorld 2007 番外その1

11/14にOracle OpenWorldの出展会場でかき集めた販促グッズの数々。

OracleとHITACHIのco-logoやつは、ピカピカ赤く光ります。首から下げてるとカラータイマーのようです。HPのTシャツは、HPのブースでアンケートにテキトーに答えたらくれました。BrocadeのTシャツは特に何もしてないのですが、「それ、ちょーだい。」って言ったらくれました。Brocadeの5本足マッサージ器みたいなやつも、「さらにそれちょーだい。」って言ったらくれました。

20071115oow001

Sunがくれたヒカリモノのボールペン。こぞーどもに人気です。

20071115oow002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Oracle OpenWorld 2007 番外その2

Oracle OpenWorld 2007番外編。写真中心で。

過去最大規模で、単一のITベンダー主催のイベントとしてもおそらく最大であろう今回のイベント。期間中はサンフランシスコ、特にユニオンスクエアからMosconeに至るまでの道路を中心に市内をジャック。その一端をご紹介。

街中の無料配布のタウン誌みたいなのが置いてあるボックスの裏。

20071113oow014

おなじく、車道に面した側にこれまたOracleの広告。

20071113oow015

イベント会場内のエスカレータの手すりもOracle OpenWorld仕様に。

20071114oow008

30周年。Moscone NorthとSouthの間のHoward St.を封鎖して、その両端の4th St.と3rd St.に面した交差点のところにでっかいスクリーンを設置。

20071114oow012

通行止めにしたHoward St.の道路上にでっかくて長いテントを設営。ここでランチを食べます。あるじは、こっちのイベントで配られるランチボックスで良い思いをしたことがないので今回も一度も食べず。

20071114oow011

会場周辺の道路の街灯にはすべてこれが。

20071114oow017

San Francisco MarriottのエントランスもOracle。

20071114oow018

歩道にもOracle。

20071114oow021

多分、4台か5台の車体広告バスを開催期間中ずっと走らせてました。これ、ちゃんと人も乗せて走ってます。

Application Unlimitedのバス。

20071114oow036

Oracle Database 11gバス。

20071114oow013

300,000ユーザってところがスゴイ。買収しすぎだ。

20071114oow035

これ以外に、たしかもう1台、Unbreakable Linux 2.0バスがありました。

なかなかこの規模のイベントに参加できる機会はめったにないので、その意味ではとっても面白かったですが、来年はもう来れなくていいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

これって・・・

Oracle Open Worldをご存知の方はお察しのことと思いますが、あるじは既に11/18に帰国済みであります。

今書いてる「Oracle Open World出張記(食歩記ではない)」は、滞在中に書き切れなかったものを事後報告してるだけであります。

しかしあるじ、帰国後には急展開なことが待ってまして、それゆえの余計な仕事が増えてクソ忙しくなり、帰国した翌日の月曜日から4日間連続で朝8時前出社。しかもそのうち2日間は深夜のタクシー帰りで死にそーでありました。

朝こっ早く会社に着くには、5時とかには起きないといけないのですが、そんなことしてるうちに週末になっても勝手に朝早く目が覚めるようになりました。でも早く寝てるわけじゃないので、慢性寝不足です。

今日も3時半過ぎに目が覚めて、全然書き上がらないとある寄稿文の修正をしつつ、あんまりさぶいので風呂入れて朝5時に朝風呂。

なんか、これって、時差ボケをあるじの日常に定着させてしまったのではなかろーか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/24

Oracle OpenWorld 2007 6日目

すでにOracle Open Worldとは何の関係もない活動に移行しているあるじ。タイトルの「Oracle OpenWorld 2007 6日目」なんてのもうそばっかです。Oracle OpenWorldに6日目はないっ。

あるじ、本日は本社のマーケティング部門の何人かとミーティング。今回は、Globalization担当のEngineering Team、ある製品のProduct Manager、製品ラウンチのプログラムオフィスみたいなことやってるGTM TeamのDirector、Outbound Marketingに最近着任したSr. DirectorとManagerなど4つミーティングやりました。あるじ、すげー働いてます。

そんな中、US本社でDevelopment Engineeringのある部門でマネージャをやられている日本人の方と、お客様に同行してた営業とランチ。店の名前が思い出せず困ってますが、雰囲気はいいレストランでした。でも、Asian TasteのEthnicみたいな料理みたいで、メニューだけ見たらふつーの料理と思って、「今日のランチ」みたいなの頼んだ結果がこれ。

20071116001

むうぅぅっ。こ、これは。。。餡かけカタヤキソバでは・・・

一見風変わりではあるのでEthnicと言えなくもないが、ある意味ふつーのようにも思えたりして。もっとも、一番風変わりに感じたのは、この餡かけカタヤキソバをナイフとフォークで食したということでしょうか。すげー違和感だった・・・。

ランチの後も馬車馬のように働いたあるじ。へろへろになったので営業と合流し、本日の晩ご飯は医食同源の中華で疲労したカラダをいたわることに。

20071116us010

あやしげなネオンが光る、最後の晩餐会場。

20071116us002

まずは癒しの水で血管を開かせて血流を良くします。

20071116us003

癒しの水のお供、癒しのマメ。マメはカラダに良いのだ。

20071116us004

酸辣湯。でいじーが大好きなサンラータンです。でいじーは中華料理屋に行ったら、この料理のデキでその店の良し悪しを判断するらしい。あるじ的にはCupertinoで食ったやつの方が好きですが、これもおいしーす。

20071116us005

麻婆豆腐。四川風なはずなのだが、大して辛くない。

20071116us006

ありがちな炒め物。なんてゆーんだっけ、これ。ほぼ必ず食うな、これ。

営業が、なんとしてもエビマヨ食いたいけど、メニュー見てもどれだかわからず、英語でなんてゆーかもわからず、あるじ的には、「まあ、わかんかいからしょーがないすよ。」みたいな感じで執着してなかったんですが、営業、すげー執念です。

バリバリのカタカナ発音で、「マヨネーズ」とか「シュリンプ」とか言って、しまいにゃ「エビマヨ」とか言ってたんですが、ウェイターが突然何かが脳裏に浮かんだらしく、「それはこれだ。」とメニューを指差します。

Prawns with Honey Walnuts

「でもさー、これって、エビと甘くしたクルミって書いてるだけだから、エビマヨかどーかわかんねーじゃんよー。」と、思ってたらおそるべし。

 

20071116us007

ちゃんと出てきたぞ、エビマヨ。中国5千年の歴史が成せる業か。あれでなんでエビマヨってわかったんだ。

20071116us008

福建炒飯。これ、おいしかったなー。餡かけチャーハン。魚介たっぷり。エビでっかくてぷりぷり。炒飯自体もちゃんとパラパラしてたので、餡が米一粒一粒にちゃんと絡まって、とってもまいうーであった。

20071116us009

必ずあるぞマンゴープリン。ハートマークだ・・・。しかし一緒にいるのは男の営業。次回は違う状況になるようがんばりましょう。

一つ一つの料理はさすがに中華。医食同源の言葉どおり、とってもカラダによさそうな味でした。

が、全部足した量は、カラダに良いとは対極にある言葉が似合うくらい、メタボ直行コースでありました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

Oracle OpenWorld 2007 5日目のお仕事

11/15はOracle OpenWorldの最終日ですが、あるじは一足早く撤収。ホテルから歩いてすぐのところにあるハーツでレンタカーを借り、担当営業とお客様とUS本社でのランチに合流するため、San FranciscoからSunnyvaleに向けて南下。

20071115ebc001

あるじ、例によって運転しながらの写真撮影。

20071115ebc002

この日は快晴で、サンフランシスコ湾も輝いてました。

お昼には本社のExecutive Briefing Centerに到着し、お客様、担当営業と弊社のフィールドオペレーションの最高責任者とランチ。

ここでは非常に有意義かつリスキーな会話がなされ、担当営業はウレシイやらカナシイやらの状況となりました。おめでとうございます。南無~。

さらにその後の本社データセンター見学ツアーに移ると、今度はそのフィールドソリューションの最高責任者が、現在わが社にまだ在籍している共同創立者の2人を連れてきてお客様にご紹介。その2人はそのままデータセンターツアーに同行することになり、予想外の展開に当惑気味の営業とあるじ。

あんまり詳しくは書けないのですが、もう、なんか、こういうのは疲れますわ。なのでこのくらいにして、お客様いわく、非常に有意義な本社訪問であったとのことで、よかったです。

その後、お客様と晩ご飯の予定だったのですが、せっかくこのあたりに来たので少しは名所っぽいところにお連れしましょうということで、ご飯の前にHPのガレージに行きました。

20071115ebc003

んで、その後、本日の晩ご飯をいただくお店、Tantoにて。

20071115ebc004

サシミ、まともっす。おいひい。やはり現地の日本人が集まる日本食の店はぐっどですな。

20071115ebc005

肉豆腐。おいひい。この店の料理は、ほっとする系の料理が多い、癒しの味です。

20071115ebc006

サラダでっかい。このあたりはメリケン仕様ですな。でもメリケンレストランの飼葉サラダとは違って、ちゃんとオイシイので最後までいけます。

20071115ebc007_2

鶏唐。手前は蛸唐。ビールが進みますな。

20071115ebc008

癒し系料理の定番、冷奴。しかしサイズはメリケン。

20071115ebc009

野菜炒め。十分美味しいのですが、野菜自体がメリケン仕様のため、素材の味を生かすほど日本で食べる野菜炒めとは、どこか違うものを感じるあるじ。

20071115ebc010

これ、なんの生春巻きだっけなー。まあ、でも美味しい。ここの料理、ぜーんぶ美味しいす。

20071115ebc011

あるじ、これは食ってないんですが。梅干茶漬け頼んだら、梅干大盛りだった。かけた茶の色がピンクに染まるほどの量です。もはや梅干茶漬けとは違うものになっていると言えるかもしれないくらいスッパイはず。

20071115ebc012

あるじは無難に海苔茶漬け。しかし海苔の量がメリケンだった・・・。でもこれは美味しい。

この夜はスゲー食いました。そして、膨らんだきり元に戻らないおなかをみて悔いました・・・(ToT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

Oracle Open World 2007 4日目の感謝祭

あるじ、11/14の最後を飾るイベントは、$2,350のOracle Open Worldフルパスを購入した人と、VIPチケットを持っている人だけが参加できるAppreciation Eventです。

お客様のために、本社のOracleアライアンス担当に無理やりねじ込んで分けてもらったVIPチケットを、出展会場の自社ブースで受け取りました。

たいそうなケースに入っているVIPチケット。

20071114oowbj001

下の赤いリストバンドがくっついてるのが、フルパス購入者のイベント参加用パス。リストバンドをしておくと入場できます。上の青いリストバンドがVIP用。左の方にVIPの文字があります。

20071114oowbj002

でもって、このイベントはCow Palaceというところで開かれまして、そこではBilly Joelだけでなく、Stevie Nicks with Mick FleetwoodLenny Kravitzも来ており、Cow Palaceを3つの会場に分けて同時進行でライブやってました。

20071114oowbj003

Billy Joelが出てくる前の前座でもかなりの盛り上がり。ガイジンはお祭り好きですな。

20071114oowbj004

ものすげー人です。あるじは、ステージから約10mくらい離れたところに陣取ってましたが、そこからあるじの後方の様子を撮ったのがこの写真。これでもまた右半分が写ってないので、その人数たるやすごいもんだっつーのがおわかりかと。

20071114oowbj005

フルパス購入したやつがこんなにいたとは驚きなイベントです。約30万ですよ、フルパスって。まあ、確かに招待されて来てる人もいますし、そうでないのに来てるヤツもいます。あるじの目の前のヤツとかそうだったんですが、二人でイチャイチャしながら踊ってるのがいて、どうみてもITベンダーのイベントに参加しそうな人とは反対側の遥か彼方にいそうなカップルがいます。

こいつらはですね、オークションでチケット買ってきたものと思われます。あるじの同僚がちょっと調べたら、この日のイベントチケット、E-Bayで$125で売られてましたから。

そして、ついにBilly Joel登場。カメラも何もかもノンチェックだったので、あるじはいっぱい写真とって、いっぱい動画も撮ってきました。

20071114oowbj006

ま、1枚くらい載っけてもいいでしょ。

あるじ、Billy Joelのコンサートはこれが初めてです。とゆーのも、知ってはいるけど、特別ファンとかいうことでもなかったから。でもね、この日は行ってよかったっすよ。代表曲もいっぱい歌ってくれたし。約1時間半、Purple Haze、You May Be Right、Don't Ask Me WhyとかMy Lifeなど歌ってくれました。アンコールにも4回応えてくれて、なかなか大したもんでした。最後はPiano Manで観客もみんなで熱唱して終わり。

ちなみに、このときの様子は、YouTubeで「Billy Joel Oracle OpenWorld」と入れて検索すれば見ることができます。

Billy Joel、スキンヘッダーとなって誰かに似てるなぁと思いながらライブに参加してたあるじ、ブルース・ウィリスとクリソツと思いました。どうでしょ?そんなことないすか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/21

Oracle Open World 2007 4日目お仕事その2

あるじ、この日はランチも取らずお仕事に邁進です。午後のDellのMichael DellとOracleのLally Ellisonが出てくるKeynoteは人気が高く、セッション開始1時間以上前から以下のような列ができてしまいました。

20071114oow029

日本から重要なお客様が参加しており、このセッションも聞かれるということだったので、あるじはランチ抜きで順番待ちの列へ。ちょうどランチの時間だったので、担当営業がお客様を連れてランチに行ってる間に、あるじは良い席を確保するため順番待ちです。

20071114oow028

あるじ、セッション開始1時間前に入ったこともあり、かなり前の席を確保。肉眼でステージ上のスピーカーの表情がちゃんと見えるくらいです。

セッション開始時間が近くなってくると、席を求めてたくさんの人がやってきて、人はいないけど荷物だけ置いてある席を見ては、「そこ、空いてる?」って聞いてきます。そんなわけねーだろでございます。世の中そんな甘くねーですわ。でも本当に前のほうのステージ正面の席だったので、しょっちゅう聞かれます。うざい。

あんまりうざいと思ったのか、こういうのをPCのスライドショーで出して置いてるやつがいました。ブレててすいません。

20071114oow037

でも、こんなん置いておいたら、PC持ってかれるぞ。

20071114oow030

仕事の証拠その1。Michael Dellの講演を拝聴。SCMによる薄利多売だけのベンダーかと思ってたら、結構いろんなネタがあるもんだとちょっと感心しました。

「ImageDirect」ソリューションは、受注から出荷までのプロセスの中にユーザ企業の標準構成となるクライアントPCのイメージデータを、Dellのサーバ上にアップロードすることで、Dellから出荷されるPCにデフォルトの状態でイメージを搭載したPCを出荷できるっていうサービス。技術的には何も新しいものがないところをアイデアでサービスにしてるところがDellっぽいです。

でも、これで地方拠点とか都内の別拠点などにPCを展開する際、いままで入荷したPCをセットアップしてから自社コストで配送してたものを、その手間と配送コストを圧縮できるという点がメリットですね。でも自社のクライアントPCの標準構成をDellに教えてもかまわないってゆー前提であればですが。

「On-Demand Desktop Streaming」はシンクライアントとデスクトップPCのメリットを両方兼ね備えたソリューション云々と言ってましたが、ま、そんなうまいこといかんだろと思ってあるじとしてはあんまり興味なし。

「PowerEdge」サーバの話もありましたが、自社技術がまったくと言っていいほどないので技術的にはまるで興味なし。

技術的にちょっと面白かったのは、将来タブレット型PCで採用を考えてるらしいマルチタッチのデモ。こ のマルチタッチ技術は、AppleやMicrosoftで採用されているものより、ちょっと複雑な感じでした。デモの時は、パネルに5本指を同時に触れ、そのタッチを同時かつ個別 に認識し、複数のオブジェクトを同時にドラッグして位置を入れ替えたりしてました。Dellっぽくない。

あと、IT省力化、グリーンITへの取り組みとして「RE - Regeneration」というイニシアチブについても説明してました。そんな大層な取り組みがあったとは、ただのPCベンダーじゃないなと思ってしまいました。

続いて、真打登場予定のOracle CEO、Larry EllisonのKeynote。燦然と輝くOracleロゴ。

20071114oow031

Larryが出てくるのかと思ったら、この日、11/14の夜に予定されているAppreciation Event(感謝祭みたいなもんか)に出演予定の大物アーチスト、Billy Joelがステージに。

20071114oow032

Oracle30周年を引き合いに出し、自分も30年経って色々変わったみたいな話から、帽子取って「アタマも変わった。」みたいにスキンヘッドをさらして笑いを取ってました。オイシイぞ、Billy。

20071114oow033

Billy Joelに促され登壇した真打ち、Larry Ellison。

でもいっぱいしゃべってたのと、長い英語のセッションでは開始30分くらいしか持たないあるじには、彼のスピーチはもうほとんど聞こえてませんでした。でも一応、使ってたプレゼン資料もあるし後からセッションの話もVODで聞けるのでレポートは書けるのであります。

そしてあるじはこの後、担当営業とお客様と合流し、あるじの会社の製品開発部門のトップエグゼクティブとのミーティングに同席。

あるじ、この日までも当然のごとく働きまくってましたが、この日はこれまでの3日分の仕事をすべて合わせたくらい働きました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/20

Oracle Open World 2007 4日目お仕事

こういうイベントへの参加みたいな仕事は、食いもん以外のネタでブログが書けるのでありがたいですな。これ、このとーり。あるじは精力的に展示会場を見学して回ります。

EMCのブース。ストレージ専業ベンダーからの脱却をはかるEMC。でもやっぱりストレージがメイン。

20071114oow022

わりとあっさりさっぱりだったHPのブース。ちょうどこの裏手にあたるところで、Oracle DBを使用している現在のサーバと買い替え時期などについてのアンケートを取ってました。並んでましたが、あるじもテキトーに答えて景品のTシャツをゲット。

20071114oow023

Brocadeのブース。あるじ、つい先日BCFPの認定資格を取ったばかりなので、親近感がわいて立ち寄ってきました。ここでもGiveawayとしてTシャツと使い方がよくわかんないマッサージ器をゲット。

20071114oow024

IBMとSAP。Oracleにとって、どっちも競合であると同時にパートナーでもある。

20071114oow025

今回、Symantecはやけに地味だったっす。。。

20071114oow026

NECは北米の研究開発拠点で開発された新ストレージ、HYDRAStorが展示してありました。いちおう、説明員をやってたガイジンのエンジニアに話を聞いてみました。

20071114oow027

「HYDRAStor」の名前の由来と意味がですけど、由来は「HYDRA(ヒュドラ:ヒドラとも読む)」です。ヒュドラはギリシア神話に登場する怪物で、古代ギリシア語で水蛇のことらしいですが一般的にはヘラクレスに退治されたヒュドラのことを意味します。9つの首を持ち、たとえ一本首を切り落としても、すぐにそこから新しい二本の首が生えてくるため死ぬことがないという怪物のことです。

で、このストレージの開発コードネームが「HYDRA」だったらしく、北米ではそれをそのまま「HYDRAStore」という製品名に残した形で命名したようです。したがってロゴにも使われている怪獣はヒュドラなのですが、一般に言われている9本の首ではなく7本なのですが、それはなぜだかわからないそうです。

また、ヒュドラの首を切られても死なないというのにかけて、「HYDRAStore」は首(につながっている頭、すなわちノード)の3重障害があっても落ちないということを売りにしています。

ちなみに、日本では「iStorage」という製品ブランドの中の一製品という位置づけで、「iStorage HSシリーズ」として販売するようですが、このあたりは堅実な印象が強いNECらしいです。が、残念ながら、個人的にはもったいないなぁと言わざるを得ません。

というのも、これだけいままでと違う製品コンセプトとアーキテクチャを引っさげているのに、あんまりブランド力のない「iStorage」製品ブランドの傘の下にある一製品と位置づけてしまうとはもったいない。日本でも「HYDRAStore」で売ったほうがいいのにと思うわけです。

最後ですが、ヒュドラは首を切られても新しい首が生えてきて死なないんですが、ある1つの首を切られてしまうと死んでしまう怪獣です。ということは、HYDRAStorもどこかに隠れたSPOFがあるということを示唆しているのかと想像してしまいました。

ちなみにUSでは逆に「iStorage」って製品名は使えないらしいです。どっかの会社が既にそれを登録商標としてるからとのこと。

てなわけで、基調講演も聴いて出展ブースも練り歩き、このようなレポートも書けるぐらい仕事していたあるじ、この日はこの出張中初めてイベントに参加してる実感がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/19

Oracle Open World 2007 4日目の朝

Oracle Open Worldも4日目ともなると、あるじもお疲れ気味です。結構夜もメール見たり翌日の準備したりで忙しいす。そんなあるじ、朝起きた時に窓から見たサンフランシスコの朝焼け。

20071114oow001

けっこうきれいで、ちょっと気分よかったです。

20071114oow002

この日、あるじは朝8:30からのKeynoteに出席。ステージ前の最前列に座ってSun MicrosystemsのCEO、Jonathan Schwartzの講演を聞きました。

20071114oow004

久しぶりにJonathanのプレゼンを聞きましたが、相変わらずうまいしテンポもよく、スマートな感じではありますが、あるじは基本的にJonathanはキライです。

20071114oow005

このプレゼン中にJonathanがDellのサーバにSolarisをOEMして搭載するという発表をしましたが、その時にJonathan自身が壇上からDellのCEO、Michael Dellを招くという演出をしました。
外資系企業のやりそうな演出ですな。

続いて、Jonathanが招いたのはSoftware事業部門のEVP、Rich Green。あるじ、Rich Greenもキライ。

20071114oow007

Sunを辞めた後にインフラリソース管理の自動化を実現するための新興企業、Cassattに移り、あるじが当時担当していたN1というシステムコンセプトを考え出したRob GingellとともにExecutiveとして事業を立ち上げていたんです。

でも、JonathanからEVPのポジション打診されて、あっさり戻っちまいました。

Keynoteが終わったあと、Moscone Southの1階へ。Intelの45nmプロセスのシリコンウェハーが展示してありました。

20071114oow009

これはDellが提唱する「RE」という「環境にやさしい」という取り組み活動の一環で、このイベント中にこの透明なアクリル板に、ここに訪れた人に自分が「環境への取り組み」としてどんなことができるか、何をしていこうと考えているかといった思いをここに書き残していくというものです。

20071114oow010

あるじも書いてきました。

Keynoteを聞き終えたあるじ、朝食抜きだったのでこの日は再びLittle Joe'sに。

20071114oow014

この日はUltimate Omeletというやつを注文。結構でかいっす。上にのっかってるチーズがトロトロ。

20071114oow015

ど真ん中からぱっくり割ってみたら、ふわぁっとした湯気と共にアツアツの具が。

20071114oow016

これねー、ホント、んまかったっす。下にケチャップの写真あるけど、ケチャップ使わなかったっす。たまごは上に乗っかってるチーズの塩分でほんのり味ついてるしし、中の具にはしっかり味がついてるので、味付けの濃さで言えば日本人向き。

20071114oow017

このケチャップ、逆さにしてすぐ出てくるようにしてあるんですが、逆さにしたときに商品名とかのラベルがちゃんと読める向きになってます。

うーん、妙な姿ですな。


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/11/18

Oracle Open World 2007 3日目

3日目全部まとめて。ちょっと写真が多くなって重いですが。

Moscone Westに大々的にOracleの文字が。会場になっているMosconeの建物にロゴがあるのは当然ですが、会場周辺がすごいです。それはまた別のエントリで。

20071113oow001

本日はKaz Muzikさんと6月以来お会いする日。なんだかんだで年に1~2回くらい会えています。朝ごはん食べる暇なかったので、店の名前は忘れましたが、Moscone Southの3rd St.をはさんで反対側にあった店で朝食。

20071113oow002

ソフトベーグルってやつですな。

そもそもMosconeを使ってイベントやるってこと自体でイベントの大きさがわかるってもんですが、今年のOracle Open Worldは破格のスケールです。あるじ、JavaOneとか参加したことありますけど、MosconeのNorht、South、Westも使ってなお会場が足りず、周辺のホテルのカンファレンスルーム使ってセミナーやってるなんてびっくりです。

20071113oow003

おまけに、Moscone NorthとSouthの間にあるHoward St.を封鎖して、そこにテント張ってフルパス購入者のランチ会場にしてしまうなんて驚愕であります(上の写真が封鎖された道路に立てられてるゲートと巨大モニター、その後ろにテント)。

20071113oow004

Moscone Southの展示会場1階。

20071113oow005

地下1階に展示会場があります。

本日はお客様と担当セールスの3人で、本社のエグゼクティブとミーティングです。その前にその担当セールスと腹ごしらえ。

John's Grillという、サンフランシスコの老舗ステーキ屋でランチ。1908年創業。

20071113oow008

店内はこんな感じ。

20071113oow006_2

レストランの入り口を通ってすぐのところに、おそらくこれまでに店に来たのであろう有名人の写真が飾ってありました。

20071113oow007

あるじ、クラムチャウダーを注文。量が・・・。クリーミーではあるんですが、ややどろっとしてておなかにもたれそうって感じ。あと、やや塩気が強いっす。美味しいとは思いますが、あるじ的にはやや好みから外れる感じ。

20071113oow009

続いて、メインでステーキサンドを注文。ステーキ焼いたのをスライスして挟んで持ってくるのかと思ったら、ステーキ丸ごとパンの上に乗っけて持ってきよりました。。。

20071113oow010

で、ウェイトレスに、「これ、どーやって食うの?」って聞いたら、「ん?挟んで食べるの。サンドイッチだから。」ってゆーので、挟んでみたんですが。

 

20071113oow012

どんなに口を開いても入りません。奥のほうにあるグラスと比べてもわかるとおり、グラスの高さより高い・・・。肉は、単品で食うにはまずまず美味しいんだけど、挟んで食うには厚すぎるのと味が薄い。

つまりですね、サンドイッチにするとイマヒトツなんですが、バラバラで食べるとウマかったっす。

この日のあるじは、このあとお客様を本社エグゼクティブとのミーティングにお連れしたあと、Zingariというイタリア料理の店で開く20人ほどのOracleのお客様を招いての夕食会でありました。

ここでもヒジョーに多くのトラブルが起こり、あるじは必死こいてそれを乗り越えて夕食会にこぎつけたのですが、それをここで書いてしまうと「それって、要するに事前の準備とアレンジが悪いんじゃん。」で終わってしまうので書くのはやめます。はい。

20071113oow013

Zingari、美味しかったっす。さすがに日本の名だたる大企業のぶちょーさんやエグゼクティブをお招きしての夕食会だったもんですから、写真はキビシカッタす。
けど、どの料理も上品な感じで味付けもきつすぎず、見た目も楽しめる料理でした。ただ、下っ端のウェイターのサービスはいただけないところもチラホラ。

Zingariは、Westing St. Francisの裏手、Post St.とMaison St.の交差点にあります。

あるじ、本日も懸命に働きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/17

Oracle Open World 2007 2日目のランチとディナー

あるじ、本日11/12のはランチもディナーもアライアンスパートナーである日本オラクルのカウンターの方およびお客様とご一緒ということで、ひじょーに緊張しながらいただきました。

ランチは日本オラクル殿のセレクトにより、Four  Seasons Hotel San FranciscoSeasons Resstaurantのランチ。

あるじは、このランチメニューの「Square Lunch - Glazed Barbecue Pork Ribs, Herb Potato Salad,  Soup of the Day, and Panna Cotta with Blueberry Compote」をいただきました。

20071112oow011

ちなみにこちらは日本オラクルの方が選んだサラダランチで、「California Cobb Salad with Pesto-Marinated Chicken, Smoked Bacon, Avocado, Tomato, Blue Cheese and Buttermilk Dressing」てやつです。

20071112oow012

あるじ、とっても恥ずかしかったですが、ランチはどうにか写真撮らせてもらいました。

しかしながら、ディナーのほうはお客人の数も増え、日本オラクル殿もいらっしゃいましたし、なにより店内が暗すぎてフラッシュ焚いたらえらく目立ってしまうので断念しました。
行った店の名前はTommy Toy'sというフランス風中華料理という不思議な店。

20071112oow015

店に入ってキャッシャーの近くにある通路の壁には、これまでこの店に訪れた著名人の写真が。

20071112oow013

クリント・イーストウッドや荒川静香の写真もありましたね。

20071112oow014

この日のディナー、何を食べたかまったくと言っていいほど覚えてないくらい緊張し、料理ものどを通りませんでしたね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Oracle Open World 2007 2日目

あるじ、しっかり働いております。

本日はOracleの二人いる社長のうちの一人、Charles PhillipsのKeynoteを聞いてきました(Keynoteはこれをダウンロードして見ることができます)。途中からOracle Server TechnologyのEVP、Chuck Rozwatも登場して、二人してがきんちょの頃や若かりし頃の写真を見せ合っておりました。

Keynoteに出てた証拠です。どっちもちっちゃくしか写ってないけど。それに暗かったし。
これがCharles Phillips。

20071112oow006

こっちがChuck Rozwat。

20071112oow007

今回は仕事ではありますが他社のイベントに参加なので、このようにブログにも多少載せられるわけです。

これをみて、これまで「楽しそうな旅行だ。」とか、「食べ歩記」だとか言われていたあるじの出張レポートエントリのイメージも一新されることでしょう。

「お。ちゃんと仕事しとるやないかいっ。」

みたいに思うはずです。

ちなみにデジカメからのイメージデータ転送の手段を失っていたあるじ、Kaz Muzikさんのコメントを頼りにこれに似たのをCompUSAに行って買って来ました。それにしても、2GBのSDが$8とは、すごい安売りセールですな・・・。

あるじが買ったのはこれ。税抜き$11.99でした。

20071112compusa01

ちょっとフラッシュが反射しちゃって見づらいですが、こんな風にフタを開けてSDカード挿入。

20071112compusa02

Kaz Muzikさんの言うとおり、フラッシュメモリ代わりに使えて便利でした。あと、もしかしたら3日目のイベントの時に使う機会があるかもしれないと思い、ちーとも安くなってない1GBのSDカードも購入。

忙しい最中、仕事がらみとはいえ今回の出張で唯一の買い物でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/16

Oracle Open World 2007 2日目の朝食

Oracle Open World2日目の朝、あるじはホテルから会場までの道のりを少し遠回りして、昨日一緒に到着した他部門のぶちょーと一緒に朝食を。

Moscone Westよりも1本南西寄り(海と反対側)の5th St.とMission St.の交差点のところ
だったと思うんですが、Little Joe'sという店をみつけてそこで朝食。

20071112oow001

リンクは店のサイトではないですが、店内や料理の写真がけっこう揃ってたので。

あるじはオムレツの中からハム&チーズオムレツを選択。ちょっとかわいい目のウェイトレスが、自分のお気に入りはこれだって言うのでそれにしちゃいました。

20071112oow002

上にのっかってるチーズがとろっと溶けてまして、

20071112oow003

中はアツアツではふはふ言いながら食べるのです。美味しいす。

20071112oow004

店内。この日はOracle Open Worldのせいで店に入ってくる客のほとんどがイベントへの参加者でごったがえしてました(この後、この店は混み始めてウェイトレスの対応が悪くなってくるのでありました)。

たった2人で店の客を全部さばいてるので、さばき切れなくなってサービスレベルが低下。呼んでもこないし言ったこと忘れてるしで、料理はウマいが印象は下降気味。しかし、ウェイトレスのせいというより、そのリンクのページにも乗ってたオーナーのおやじがイカン。

店にいるんだから(しかもおやじ二人ともいた)手伝えばいいのに、オーナーとウェイトレスとでは仕事が違うと言いたいのか知らんが全然手を貸さずダベってるわけです。

日本では考えられませんな。

おやじ、働けよ。トシ食ってるからってディスパッチだけしてりゃいいって話じゃねーだろ、この規模じゃ。

レストランの話でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Oracle Open World 2007カンファレンスバッグ

仕事上の話はなかなか書けず、どうしてもお食事ネタが多くなるあるじの出張。食事ネタが多くなると、なかなか1日が終わらず、いっこうにOracle Open Worldの初日が過ぎていかないのであります。

20071111oow020

今回のカンファレンスバッグの中身です。

あるじ、事前購入で$2,150、当日で$2,350もするFull Conference Passを購入してるので、このようなバッグがもらえるわけです。いろいろ販促品も含まれており、それらはすべてOracle社と協賛各社のロゴが一緒に並べられています。

奥のほうにある赤い布と手前右側にある赤い袋は傘ですな。AMDとのco-logoです。傘袋の右隣は、シトリックスとのco-logoのドリンクボトル。

あるじ、本日唯一のOracle Open World関連の活動は、Registrationしてカンファレンスバッグもらってきたということのみです。

ま、しょうがないすね。この日は到着日だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/15

Oracle Open World 2007前夜

前夜といっても既にいろいろ催し物は始まってますし、夜にはOracleの2人いるPresidentのうちのSafra CatzのKeynoteもありました。
しかしあるじは、翌日以降のもろもろの準備などで早くもKeynoteに出席できず、今回はほとんどイベントに絡めないのではとゆー不安が。。。
そんな不安をいだきつつ、しかしおなかはちゃんと減るので日本から一緒に来た社員さん2人と日本料理店の三楽へ。

20071111oow014

日本人もいますが外人の比率が高かったです。こういう店は日本料理と言ってもちょっと違うというか、味付けなんかもアメリカ人受けしそうな味の可能性大。

サラダ登場。ドレッシング、かなりスッパイす。子供にはちょっと難しいかもしんないす。スッパイの苦手じゃない子でも辛いかもですな。

20071111oow015

でもまあ、美味しくいただいて、次には餃子登場。餃子には醤油なあるじなのだが、なぜかソバツユみたいなタレが。

20071111oow016

だがこれもまあまあ美味しかった。

20071111oow017

あるじが頼んだわけではないですが、面白かったので。同行のぶちょーが天ぷらそばを注文したら、天ぷらとそばが別々にやってきました。たしかにまあ、これなら天ぷらが早くふにゃふにゃになることはない。

だがしかし、ぶちょー曰く、そばが柔らかすぎるとのことでやや不満げ。

20071111oow018

あるじが注文した天丼。天丼のタレはまずまず。だがしかし、衣が厚すぎ。

みんなでつまむ用に注文。

20071111oow019

かくして、炭水化物取りすぎで初日を終えたあるじであった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Oracle Open World 2007到着日のランチ

あるじ、ホテルにチェックインしたあと、ランチを食べに同行のぶちょーとともに近くのイタリアンレストランへ。

クレトスというところ。そこそこ名前が知れているらしい。

20071111oow013

エントランスは小さいけど店の中はけっこうな席数です。ランチとしては遅い時間でしたが、お店の中は満席に近い状態でした。

20071111oow008

このパンはなかなか美味しかったです。やや塩気が強いので、同行のぶちょーはワインが飲みたくなってしまい、ワインを頼んでました。

20071111oow010_2

あるじは当然ワインの味などわからんですし、酒には弱いので必要ないものでありますが、そこはやはり社会人としてお付き合いというのがありますので、しぶしぶ同じもの頼んでいただきました。

20071111oow009_2

暗くていまひとつわからんでしょうが、このシーザーサラダはチーズの味もそれほど強くなく、塩気もあまりなくて日本人にも合う味付けでした。これ、美味しかったっす。

続いて、なんかよくわかんないけどリゾット。これは美味しいんだけど、塩気が強くてけっこう飽きます。この塩気、調味料としての塩とチーズ自体の味の濃さと両方が影響してる気がするですよ。

20071111oow011

このへんからワインじゃなくて水が飲みたくなってきたあるじ。

チーズリゾットのあとにクリーミーなのを頼んでしまったので、この頃にはもう満腹感が出てきてしまって箸(フォーク)が進まないあるじ。

20071111oow012

でもまあ、到着日のランチとしては、十分堪能できました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/14

Oracle Open World 2007到着日

あるじ、無事にサンフランシスコ到着。BURTで市内まで行こうと思いましたが、一緒の飛行機で来たあるじより年配のぶちょーさんが面倒だって言うのでタクシー。

このタクシーがまた、えらい飛ばすしガンガン割り込みするし、アメリカなのにシートベルトしてねーしで怖かったっす。

しかも写真見たらなんとなくわかると思うのですが、この運ちゃん、背が小さいせいで、ダッシュボードからちょっと上のあたりに目線があります。これって、半分くらいしか視野がない状態なのに、飛ばすわあおるわでビビリました。

20071111oow003

サンフランシスコは快晴です。あるじ、サンフランシスコってあんまり暖かいイメージないんですが、今回は温暖化の影響もあってか暖かく感じます。

20071111oow004

めでたくホテルに到着。今回あるじが泊まるホテルはHilton San Franciscoです。いちおう、高級ホテルですな。早く着いたせいで、一緒にきたぶちょーさんはチェックインできませんでしたが、あるじは、例によって英語はできないけど自分の衣食住のことに関しては妥協しないので交渉してみました。

喫煙部屋なら空いてるけどって言われたんですが、ヤダって言って、いろいろゴネてたらツインベッドのお部屋に入れてくれました。それがこれ。

20071111oow007

お部屋からの景色。

20071111oow005

20071111oow006

よさげな部屋でよかったっす。

でも明日から忙しいす、あるじ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Oracle Open World 2007出発日

あるじ、初めてのOracle Open World参加のため、サンフランシスコに向けて出発です。

この日、あるじはとある場所に立ち寄ったのですが、そしたら新宿発14:12発の成田エクスプレスに乗れなくなってしまい、緑の窓口で1本遅いのに変えてもらいました。おかげで無事成田には着いたのですが、着いてみたらビックリ。かつて見たことがない混み様。。。

エコノミーなあるじ、チェックインカウンターに並ぼうとしたらこんな有様で、どこが列の最後尾なのかもわからん状態。エコノミーのカウンター入り口が4つ開いてるの初めて見ました。

20071111oow001

これこのとおり。
さらに、JALのおねーさんが、「宿泊先の登録がされてない方はこちらにお並びください。」とか言って、あるじを違う列に並ばせたのですが、これが全然進まない。あるじ、これまでそんな登録したことなかったけど問題なかった(きっと旅行会社がやってくれてる)ので、「もとの列に戻してちょーだい。」とお願いして、進みのよい列に。

チェックインが終わった時には既に16:30。そのあと、本買ったり出国手続きしたり、ナリタ五番街でおくさんに言われたものを探したり(で、見つからず)してたら、出発1時間前の17:00を回ってました。

しかし、出発前には必ず日本のお食事してから旅立つあるじ。だって、もし飛行機おっこった時に、人生最後(になった場合)の食事が機内食というのはワビシイので。だいたいスシ食って行くんですが、今回はこの地図の12番にある、ASIAN CAFE Bowl Bowlというところでラーメンにしました。

20071111oow002

シンプルな東京ラーメンです。ちゃんと飾りつけてあったんですが、既にあるじが真ん中の具をどけてスープの味見をした後に撮ったので、あるじのPCのデスクトップのように乱雑になってます。

味はまあ、ふつー。食ってから思ったけど、これならスシにすればよかったと。これで死んでら機内食よりはマシだけど、成仏は少々困難という味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

Oracle Open World 2007日目の朝

あるじ、時差ボケ気味のスタートです。

昨日の晩ご飯でもビール飲んだ(晩ご飯の話はデジカメからの画像取込問題が解決したら書きます)のに、今朝は5時に起きてしまいました。USに来ると目覚ましいらずのあるじ。

二日目の朝はやばいです・・・。眠くて。

あるじ、普段のお仕事では特定のお客様を相手にすることはないのですが、今日はナゼかお客様のブース案内やらお食事やらが予定されており、普段スチャラカポンなあるじもキンチョーです。

いちおう、あるじの記憶にもドレスコードという言葉は存在しているので、今日は(も)ちゃんとビジネスカジュアルであります。

それにしても、早くデジカメの画像を取り込めるようにしないと、あっという間に一杯になってしまって、全然写真が取れないす・・・。

そろそろ支度を始めます。
でわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Oracle Open World 2007のエントリが・・・

あるじ、ピンチであります。

デジカメ持ってきたはいいんですが、画像取込用のケーブルを忘れてきてしまいました。
さらにこのPCは業務用のため、SDカードスロットがなく、カードから直接取込こともできません・・・

既に11/11は終了し、Japan Guide Briefingセッションなどにも参加して、お疲れモードながらもそれなりにブログネタを集めたあるじとしては、口惜しい限りです・・・。

そんなわけで、今日は写真もないしOracle Open Worldの内容に関する具体的なエントリはなしです・・・。

ちなみに、いまは夜中の12時をまわったところで、日付は11/12になりました。
明日にはなんとか解決をして、ちゃんとエントリをUpしたいと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/11

Oracle Open World 2007出発間際

あるじ、成田の第2ターミナル。

出発は18:00。いま17:17。ナリタ五番街でラーメン食ってます。

今日はものすごい混んでて、思いのほか時間をくってしまい、出国手続きを終えて中に入ったのが10分ほど前。。。

ラーメン食ってブログ書いてるヒマは、実はないのであります。

もうすぐ搭乗手続き開始だし。

でもあるじ、これからまたDuty Free行って買い物します。。。

もしサンフランシスコ行きの飛行機、出発が遅れたら、あるじのせいかもしれません。

でわ行ってきます。

続きを読む "Oracle Open World 2007出発間際"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/10

Oracle Open World 2007出張前夜

今日、11/10の土曜日は、明日の出張準備の日。

あるじは明日、サンフランシスコで開催されるOracle Open World 2007に参加するために出張であります。

あるじがかつて参加したことがある海外のイベントでは、JavaOne(リンクは去年のJavaOneのサイト)が一番大きなものでしたが、このイベントはそれ以上です。

一応、イベントに参加ということで、約25万もするフルパスを買って行くわけですが、しかしあるじ、今回は兼任業務のアライアンスマーケティング担当として参加なので、イベントそのものに参加するヨユーはまるでなし。

各種のアレンジやらお客様の同行やらで、じぇーんじぇん楽しくない出張になりそうです。

ま、出張で行く海外というものは、楽しいものではないですけどね。なにしろ、「仕事」ですから。

まだ何にも荷造りしてないあるじ。これから準備であります。来週から1週間、ブログは遠くカリフォルニアの空の下よりお届けであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/09

ビッグおにぎり

あるじ、来週のOracle Open Worldに行く準備で今日は遅くなる予感がしました。

なので、でいじーやおじょー※がゴハン食べるのガマンして働いてる横で、カップラーメンとおにぎりを買って食うことにしました。

で、近くのコンビニに行ったら、こんなん売ってた。

200711092108000

たしかに袋はでかい。で、開けてみた。

200711092109000

うーん、海苔が・・・。しかしでかい。315円。

この中には4つの具が入ってるんです。
味はまあ、コンビニにある具が違う4種類のおにぎりを食べたのとおんなじだった。

そして、おなかいっぱいで、いま最高にむいねー。

※注:新任マーコムのこと。本人、ハンドルネームを「ひらりん」と命名したら、「そんなのはいやだ。」と駄々をこねられ、本人が「『おじょー』がいいっ!」ってゆーので、そうしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/08

状況対応リーダーシップトレーニングその2

先月やったトレーニングの2回目。

今回はトレーナーがベテランらしく、まあ、それなりに有意義ではありました。

なかなか、その人のスキルやメンタル的な変化に応じたリーダーシップを発揮するというのは難しいもんですな。

でも、こうした状況対応リーダーシップスキルみたいなもんを、体系立てて学ぶことができたのは有意義でありました。

今日はなんか、カタイ内容だなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/07

22:40のあるじ

最近、また忙しくなってきてブログ書くのがつらくなってきました。

でも今日は早めに仕事を切り上げて、かつての仕事仲間と飲むことになってます。

んで、いままさに飲んでます。

ホントならこの人たちと飲んでるってのはいろいろと物議をかもし出したりするかも知れませんが、とりあえずおかまいなしですわ。

はっはっは。

今日も書く時間なさそうなので、飲み屋で書いちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/06

こじょーの味噌汁

あるじ、毎晩うちに電話して、晩御飯が存在するかどうか確認します。

いちおう、基本的には作ってるらしいのですが、こぞーどもの習い事やらなんやらで作る時間がないこともしばしば。こぞーどもの分だけとりあえずありもので作って、ということになります。あるいは、作ってあるじの分もあると思ってたら、上のこぞーが最近大量に食うようになり、あるじの分が余らないこともしばしば。

ま、そんなワケで確認します。あるじ、家にごはんあると思って帰ってみたらなかったとゆーパターンが、一番凹むし腹立つのであります。そーすると、機嫌も悪くなるので、そうした事態を避けるためにも確認は重要なのです。

前置き長いすが。。。
てなわけで本日も確認したところ、今日はあるらしい。

たまに、確認したら「ごはん、あるよ。白いゴハン。」て、主食だけがあると言われることもありますが、本日はそのようなことはなく、おかずも味噌汁もあるとのこと。

で、その味噌汁は、3歳になった下のこじょーが作ったそーな。なんでも、こじょーが具材を投入したらしい。最近はホットケーキ作ったり玉子焼き作ったりとかしたがるようで、おにーちゃん同様、料理好きになる可能性あり。

菜っ葉とニンジン、ダイコンにタマネギの味噌汁。うちのこぞー、二人とも野菜好き。珍しい・・・。

あした、「味噌汁、おいしかったよーっ!」って、言ってあげないとね。きっと、聞いてくるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

定点観測:今日のでいじー(11/5)

なぜかここ何週かは定点観測の日に限って、わが同僚でいじーと仕事している時間がありません。

本日も直接これと言って一緒に仕事したというものはなく、帰るときになってようやくちょっとしゃべって四ツ谷までの電車が一緒だっただけです。

したがって本日もろくに観測できてないのですが・・・

  • でいじー、本格的に厚着になってきました。季節を感じさせます。
  • 以前よりプロダクトマーケへのこだわりが薄れつつあるようです。
  • あるじの考えを先読みするようになり、それがまた当たるようになってきたので要注意です。

こんなところでしょーか。

今日はいまひとつ観察が足りなかったっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/04

天下市で晩ごはん

書き忘れましたが、昨日は一日が終わって家に帰る頃にはなーんにもする気が起こらないだろうということで、天下市の出店で買ったものでお夕飯。

これです。

2007110301

すごい組み合わせだ。
春巻きと餃子は大学通り沿いにある点心も食べられる中華料理屋。名前わからず。串焼きは籠田の牛テキ。ビールに合うんだ、これが。ケバブは天下市じゃなくて国立祭りの一環だと思うんだけど、国立駅に近いところにテキヤの屋台がいっぱい出てるんですが、その中にトルコ人らしき人の屋台があったとか。

2007110302

でも牛じゃなくて、チキンケバブ。でもまいうー。これもビールとの相性はぐっどでした。味噌汁は自家製。

昨日小火騒ぎだかあったのはケンタッキーの出店らしかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実は今でもテニス好きなあるじ

あるじ、本日は久しぶりのテニス。

前回テニスをしたところと同じ場所。亀の甲山テニスクラブとかいう、普通だと全然わからない場所にあるところ。道沿いからも全然見えないし、Google Earthとか使わないとまるでわかんない。

しかも、ここはあるじの家からは遠くて、早朝であっても車で40分くらいかかります。日中に行くと1時間半くらいかかります。しかも、今日はこぞーが国立市民祭にゴーいスカウトでの活動のため参加することになってるので、9:30までには戻らねばなりません。なので、今日のテニスは7:00からだけど長くても8:30までしかいられない。

なのにあるじ、今朝は免許証が入った財布が見つからず出発が遅れ、コートについたのは7:15くらい。正味1時間くらいのテニスのために、往復2時間近くかけて行ってくるあたり、あるじもまだまだテニス好きです。

今日は久しぶりだった割には、まあまあ当たってました。けど、前回に比べてどーも体重増のような感じで、やはり細かく動けないす。あと、乳酸たまるの早すぎって感じでした。けど、ダブルスのゲーム形式ではリターンはまずまずだったし、意外と前の方での前後の動きは思ってたよりは動けましたね。ダメだったのはサーブ。なんか、トスもちゃんと上がらないし、一球一球フォームが違うような感覚があって、感覚的にはものすごく違和感がありました。

あと、やっぱりラケットとストリングは新しいのじゃないとダメっすね。ラケットはもう腰抜けてる感じがするし、ストリングなんていつ張ったかもう覚えてないもん。7年前くらいまでは週末しかテニスできなくても1ヶ月に1回くらい張り替えてたし、30歳前後の頃は2週間以内に全部ストリング切れちゃうから常に張り替える必要があったもんで、いつ張ったかなんて気にする必要なかったんですけどねぇ。

でもあるじ、最近ちょっと思うところあって、あと5年だけもう一度テニスをできるだけやってみて、試合にも出てみようかなぁって考えたりしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/03

忙しい休日:ボーイスカウトと天下市

あるじ、本日は朝7:50に市役所近くの公園に。

ボーイスカウトのお手伝いです。といっても、八王子のほうのキャンプ場に子供たちの送り迎えをするだけですが。バスとか借りるとそれなりにお金がかかるので、父兄にお願いしてこういうときにはみんなで車を出すなどして対応するらしい。

で、あるじ、じぶんとこのこぞー含め5人と大人1人乗っけてキャンプ場へ。まるで土地勘なく散々迷って到着予定時刻に遅れること15分。親としての面目は丸つぶれ。

そのあと自宅に戻ると、おくさんと下のこじょーが天下市にでかけるところ。駐輪場ですれ違って、あるじもあとから追いかけることに。あるじが、だいぶ遅れて天下市の屋台が出てるところに着くと、今年は天下市の屋台のどこかで小火騒ぎ(?)があったらしく、消防車が出て消火活動してました。

ノイフランクのソーセージは今年も大人気。いっつも並んでるんですが、朝から晩までずーっと並ぶ列が消えないのはここぐらいです。あと、もじ蔵のオムソバもとっても人気。うちの上のこぞーはジンギスカンGOCHIのラム串焼きが好きですが、本日はあるじもいただきました。そんなにクセもないし、タレがうまいっす。でも熱いうちに食ったほうがいいす。

あとねー、うちのマンションのすぐ近くにある店なんだけど、10円まんじゅう売ってる店があるんです。まんじゅう1個10円。どんなまんじゅうか、すげーあやしい気がするでしょ?そこでは水餃子も売ってるけど6個300円。安いっしょ?ますますあやしいでしょ。ところがですね、水餃子、ウマイんすよ~。10円まんじゅうなんて、コストパフォーマンスでみたら驚異的にうまいすよ。だって10円よ、10円。くらやさんです。

なんてことをしつつ、下のこじょーとおくさんとは1時間くらいしか一緒にいられず、あるじは家に戻ってふたたびこぞーを迎えに八王子へ。今度は迷わずさくさく行けた。帰りもばっちり。

家に戻るとこぞーはおくさんと天下市に行きたいと言ってたのですが、下のこじょーがゴネてママは行っちゃダメだと大騒ぎ。こぞーは早く天下市に行かないとお店が閉まっちゃうので、ゴネるこじょーに頭にきててさらに大変。だもんで、あるじはこじょーに「こないだ録画したドラえもんをパパと見よっか?」とか言ってごまかしてる間に、おくさんとこぞーを外に出してこじょーと二人でお留守番。

まあ、忙しい一日だったっす。

けどまあ、たまにはこうやって、両方のこぞーの相手をしてやるってのも大事ですね。だって、今日はそのせいか、どっちのこぞーもよくあるじに色々話そうとして話しかけてきたし、よくなついてました。

ちょっと貢献度大の休日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/02

こじょー、幼稚園の面接で・・・・

今日、おくさんは下のこじょーを連れて、かつておにーちゃんが通っていた幼稚園の面接に行ってきたそうです。

昨日願書取りに行ったんですが、横浜や立川なんかと違い、前の晩からとか並ばなくてもふつーにもらえます。上のこぞーが通ってた幼稚園は、有名私立とかでも何でもないんですが、広い園内に色々な遊具があり、さらにしばらく歩いていったところには水田やらなんやらあって、色々な体験実習が年間を通してできるので、あるじはわりと気に入ってる幼稚園です。

こぞーが通ってた頃は、こじょーはまだちっちゃいよちよち歩きだったせいか、とても愛らしい感じだったので、幼稚園に連れて行くたびにお友達や先生にかわいがられてました。願書取りに行った昨日は、かつての先生方に会ったらしく、そんなこじょーが来年から幼稚園とは、「早いわねー。」先生たちも言ってたそうです。

ま、そんなワケで本日の面接におくさんと臨んだのですが・・・。

やってくれました、こじょー。

 面接では、たいしたことは聞かれず、テーブルの上のリンゴ、柿、ピーマンを見てそれが何かを答えたり、赤、青、黄色を見せられて何色か答えるだけだったらしいんだけど、先生に「よく知ってるねー!」とか「ちゃんと言えるね!」とか、誉められたら照れちまったらしい。

それを隠すためなのかわからんのですが、急に立ち上がって後ろ向くと、

「でもそんなの関係ね~!、でもそんなの関係ね~!」
「せい、オッパッピ~!」

と、やらかしたらしい・・・。しかしそこはさすがに幼稚園の先生です。先生、二人とも2フレーズ目からこじょーと一緒にすかさず言ってくれてめちゃくちゃ面白かったとのこと。で、有名私立なら面接で「でもそんなの関係ね~!」ってやったらおしまいのところ、うちのこじょーは無事入園許可証をいだだいてきたそうです。

よかった、ふつーの幼稚園で。寛大だ。

そして面接終了後ですが、今日は園庭が開放されていたので大喜びで2時間も遊んで帰って来たらしい。見てるだけのおくさんは、寒くて体が冷え切ってしまったそうです。

 でも無事に終わり良かった
おつかれさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/01

社員犬との再会

ちと古い話ですが、思い出したので。
最後に会ったのは2006年3月のとあるイベント会場でした。

あるじ、10月10日はミーティングに出席するため紀尾井町に行ったんです。そしたら、その日はちょうどこのオフィスへの出勤日だったらしく、その会社の受付にいたんです。ウェンディ。

200710101302000

相変わらずでっかいけど相変わらずおっとり。

しかしこのウェンディ、所属はCEOオフィスで社員番号0番だとか。しかもJob Gradeはディレクタークラスとのうわさ。おそるべき社員犬。

そんな偉い犬っぽいけど、近づいてって頭わしわしさわってきました。

次に会えるのはいつだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »