« Oracle Open World 2007 4日目お仕事 | トップページ | Oracle Open World 2007 4日目の感謝祭 »

2007/11/21

Oracle Open World 2007 4日目お仕事その2

あるじ、この日はランチも取らずお仕事に邁進です。午後のDellのMichael DellとOracleのLally Ellisonが出てくるKeynoteは人気が高く、セッション開始1時間以上前から以下のような列ができてしまいました。

20071114oow029

日本から重要なお客様が参加しており、このセッションも聞かれるということだったので、あるじはランチ抜きで順番待ちの列へ。ちょうどランチの時間だったので、担当営業がお客様を連れてランチに行ってる間に、あるじは良い席を確保するため順番待ちです。

20071114oow028

あるじ、セッション開始1時間前に入ったこともあり、かなり前の席を確保。肉眼でステージ上のスピーカーの表情がちゃんと見えるくらいです。

セッション開始時間が近くなってくると、席を求めてたくさんの人がやってきて、人はいないけど荷物だけ置いてある席を見ては、「そこ、空いてる?」って聞いてきます。そんなわけねーだろでございます。世の中そんな甘くねーですわ。でも本当に前のほうのステージ正面の席だったので、しょっちゅう聞かれます。うざい。

あんまりうざいと思ったのか、こういうのをPCのスライドショーで出して置いてるやつがいました。ブレててすいません。

20071114oow037

でも、こんなん置いておいたら、PC持ってかれるぞ。

20071114oow030

仕事の証拠その1。Michael Dellの講演を拝聴。SCMによる薄利多売だけのベンダーかと思ってたら、結構いろんなネタがあるもんだとちょっと感心しました。

「ImageDirect」ソリューションは、受注から出荷までのプロセスの中にユーザ企業の標準構成となるクライアントPCのイメージデータを、Dellのサーバ上にアップロードすることで、Dellから出荷されるPCにデフォルトの状態でイメージを搭載したPCを出荷できるっていうサービス。技術的には何も新しいものがないところをアイデアでサービスにしてるところがDellっぽいです。

でも、これで地方拠点とか都内の別拠点などにPCを展開する際、いままで入荷したPCをセットアップしてから自社コストで配送してたものを、その手間と配送コストを圧縮できるという点がメリットですね。でも自社のクライアントPCの標準構成をDellに教えてもかまわないってゆー前提であればですが。

「On-Demand Desktop Streaming」はシンクライアントとデスクトップPCのメリットを両方兼ね備えたソリューション云々と言ってましたが、ま、そんなうまいこといかんだろと思ってあるじとしてはあんまり興味なし。

「PowerEdge」サーバの話もありましたが、自社技術がまったくと言っていいほどないので技術的にはまるで興味なし。

技術的にちょっと面白かったのは、将来タブレット型PCで採用を考えてるらしいマルチタッチのデモ。こ のマルチタッチ技術は、AppleやMicrosoftで採用されているものより、ちょっと複雑な感じでした。デモの時は、パネルに5本指を同時に触れ、そのタッチを同時かつ個別 に認識し、複数のオブジェクトを同時にドラッグして位置を入れ替えたりしてました。Dellっぽくない。

あと、IT省力化、グリーンITへの取り組みとして「RE - Regeneration」というイニシアチブについても説明してました。そんな大層な取り組みがあったとは、ただのPCベンダーじゃないなと思ってしまいました。

続いて、真打登場予定のOracle CEO、Larry EllisonのKeynote。燦然と輝くOracleロゴ。

20071114oow031

Larryが出てくるのかと思ったら、この日、11/14の夜に予定されているAppreciation Event(感謝祭みたいなもんか)に出演予定の大物アーチスト、Billy Joelがステージに。

20071114oow032

Oracle30周年を引き合いに出し、自分も30年経って色々変わったみたいな話から、帽子取って「アタマも変わった。」みたいにスキンヘッドをさらして笑いを取ってました。オイシイぞ、Billy。

20071114oow033

Billy Joelに促され登壇した真打ち、Larry Ellison。

でもいっぱいしゃべってたのと、長い英語のセッションでは開始30分くらいしか持たないあるじには、彼のスピーチはもうほとんど聞こえてませんでした。でも一応、使ってたプレゼン資料もあるし後からセッションの話もVODで聞けるのでレポートは書けるのであります。

そしてあるじはこの後、担当営業とお客様と合流し、あるじの会社の製品開発部門のトップエグゼクティブとのミーティングに同席。

あるじ、この日までも当然のごとく働きまくってましたが、この日はこれまでの3日分の仕事をすべて合わせたくらい働きました。


|

« Oracle Open World 2007 4日目お仕事 | トップページ | Oracle Open World 2007 4日目の感謝祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/17180156

この記事へのトラックバック一覧です: Oracle Open World 2007 4日目お仕事その2:

« Oracle Open World 2007 4日目お仕事 | トップページ | Oracle Open World 2007 4日目の感謝祭 »