« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/16

US出張 5日目の晩ご飯

ここ3回の出張では毎回訪れているGochiでございます。

20080313nyc001

これ、おいしーんですよ。なんだっけなー、これ。。。

20080313nyc002

揚げ出し豆腐。日本の味です。

20080313nyc003

これ、なんだっけな。。。モツ煮込みだった気がする。

20080313nyc004

他にもいっぱい食べたけど今回はあんまり写真は取らず。

今回もかつて同じ会社で働いた知人とのお食事。今日もまたちょっとした衝撃的な事実をうかがいまして、勢いのある会社といえども外からではわからない事情と言うのが少なからずあるもんなんだなぁと感じさせられました。

そういう意味では、あるじの会社も大きなうねりが起きつつあります。変革の時だというのは間違いないだろうし、変化を起こし新しく取り組まなければならないことも多々あるのも事実で、何はなくともまずはやっていくという前提で、とにかくそれに取り掛かることが是とされている今日この頃です。

ですがあるじ、全員が全員そういう方向で動いてしまって、立ち止まって考えたり今一度見つめなおす、その結果としてやはりそれはやるべきではないと言える雰囲気が否とされる雰囲気の現状には、ある意味危機感を覚えています。

もうひとつ危ないなーと思ってることが。言うのは簡単だっつー話ですよ。やれっていうだけならね。力関係で言えば、上司の言うことをひっくり返すのは相当に労力を要するので、そこまでできない時はやらざるを得ないことの方が多いですから。

けど、必要な環境もリソースも与えず、スポンサーから何かを持ってくることも本社と交渉することもせず、上にはハイハイ言って下にはただやれってゆーだけの人は今のうちには有害です。そういう方々が「シニアなスキルの人」と称されてローカルでも本社でも採用され、多くなってきていることがもうひとつの危機感ですね。VPとDr.クラスが急に増えるって傾向になったとき、かつての会社でもその後ろくなことになってないんで。

で、あるじはいま、かつては本でしか読んだことのない中間管理職の悲哀ってヤツを実感してるところです。

いい経験だ、まじで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/15

US出張 5日目午前中とランチ

あるじ、この日は朝からバタバタで、朝食も取らずに会社へGO!

今回、あるじが借りた車はMAZDA 6。

20080313nyc005

なかなかキビキビ走る車で、かなり気に入ってます。

この日、午前中には1つだけミーティングが予定されていたのですがキャンセルとなり、ある意味ラッキーだったんですが、午後のミーティングに向けた資料が完成しておらず、会社のビジター用のブースでひーこら言いながら資料作り。あるじは英語がニガテなんてもんじゃない(だって、聞けないし話せないもんね)ので、資料がないとミーティング大変なんです。

だもんで、この日はランチも食いに行くヒマがなく、やむを得ず会社のカフェでランチ。あるじ、外資系はこの会社で3社目ですが、どの会社でも本社出張の際はキャンパスのなかでは極力食べないようにしてました。基本的に美味しくないので。
そして、どこの会社にいても、社内で食べるとなった場合は、だいたいチャイニーズのコンボですな。

200803140359000

うーん、すごい量です。フルーツもつけて。これにボトルの水を買って11ドルちょっと。社内のカフェなのにちーとも安くない。

だがしかし、食えないほどのまずさではないので、いちおうちゃんと食べられます。ゆえに、この量なのでおなかはいっぱいになります。そしてカロリー豊富。

めたぼ一直線がさらに加速されます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

US出張 4日目の晩ご飯

3時頃本社に着いたあと、そのまま3時間ほど仕事をして、本社開発部門でラインマネージャをしているYaz-sanと晩ご飯に。

東大出てそのあとハーバード行って卒業後はそのまま米国のITベンダーに就職。今日に至るまで○○年間米国在住で、もはや使う言葉の種類も完全にネイティブな方でして、およそあるじとは正反対の超エリートコースを歩んでらっしゃいます。

ですが、ちょっとお話してみたところ、どうもお仕事以外のところで傾向と言うか好みというか、そのあたりで共通の何かがあることがわかりました。ちょっとここでは書きにくい話ですが。

そんなワケで、4月に来日予定があるのでそのときにはゼヒ!とゆー話でこの日はまとめました。

今日の晩ご飯はYaz-sanがご存知のお店、Sushi Clubです。あんまり目立たなくてこんなところにあるんだって感じの場所なので、教えてもらわなければおよそ行くことはなかったであろうお店です。

20080312nyc015

すし屋なので寿司が食べられます。味はまずまず。こっちで食べられることと価格を考えればリーズナブルといえます。メニューも、ガイジンにはムリっぽい日本人好みのメニューも豊富。写真はないですが、白子のてんぷらとか食べたし、タコ刺もあったし。なかなかよいっす。

おばちゃんが面白かったっす。

最初、越後かなんかのビール頼んだんだけど、あとから品切れだったって言ってきたので、Yaz-sanと「ナニにしますかねー。」といってたら「じゃ、エビスでいい?」ってゆーから、「ああ、じゃ、それでいーす。」って頼んだわけです。

そんで、それぞれ1本空けちゃったのでおかわり頼もうとしたら、「キリンにしといたら?エビス、高いのよね。」

・・・先にゆえやっ。おそるべし、おばちゃん。商い上手やね。

この日のシメに食したのはカツカレー。

カツカレー頼むときも面白かった。チキンカツカレーもカツカレーもできるってゆーから、Yaz-sanはチキンカツカレーであるじはカツカレー頼んだら、「どっちか一緒にしたら?」っていうプロポーザルが。。。いや、別々に食いたいんですけど・・・。

20080312nyc016

結局、そのStrongly recommendedな提案に押し切られ、カツカレーに統合されました・・・。おばちゃん、さらにおそるべし。

このカレー、具の大きさが豪快で、ジャガイモなんか1個を半分にばさっと切っただけのでかさ。味はですね、ふつーにカレーです。なので、日本人好みだし、出張中でこっちのゴハンに飽きてるカレー好きには、ほっとできるであろう味でした。

ここはなかなかいいすね。
気軽に行けるし、オフィスからも遠くないので、今日はどこで飯を食うかあんまりアイデアない時には、「んじゃ、あそこにしとくか。」って感じで行けそう。それでもって、はずれがなさそうなんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

US出張4日目のランチ

はい、着きました。Castro St.沿いのMARUICHIでお食事。

20080312nyc012

クロらーめん。とんこつ。おいしーす。らーめんらいすにしちまいました。。

20080312nyc013

日本で食べるみたいならーめん、こっちでも食えるのにはおどろいきっす。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

NYC→SFO 移動日

あるじ、本日は珍しく予定通りにことが運び、6:30にホテルを出てタクシー自分で拾って(だって、ドアマンいねーんだもん・・・)JFKへ。

インド人のおじーちゃんに近いおっちゃんで、さっぱりナニ言ってんだか聞き取れないのだが、いっぱい話しかけてくるのでこっちも適当に応じてたら、なんとなく会話になってるっぽいのがおそるべし。

おっちゃん、最初はワケわかんねー道通るし、いっこうに高速にのらずQueensboro BridgeからQuees Blvd.をひた走るから、「むぅ、人気のないところにあるじを連れて、カネをせしめよーってハラなのか?」と、いざとなったら後ろから頚動脈しめてやろうと警戒するあるじでしたが、最終的にはおっちゃんが言ってた時間通りにちゃんとJFKについたし、NYCで通算4回タクシー乗ったけど、一番安全運転でした。

で、どーせけ経費精算だし、ちゃんと送り届けてくれたのでチップを弾んであげたら、すげー喜んでました。Win-Winですな。

JFKのAAのゲート近く。「Welcome To New York」。いや、去るところです。

20080312nyc004

AAのロゴの変遷。昔のほう。

20080312nyc005

こっちが新しいほう。右側が現在のもの。

20080312nyc006

曇天のJFK。天気のいい日もあったが、基本的にはさぶかった・・・。

20080312nyc007

さらばNYC。離陸後10分。

20080312nyc008

こんにちはSFO。着陸寸前。

20080312nyc009

飛んでる時はけっこう雲があったけど、降りてみたら割りと晴れ。NYCよりは断然あたたかいですな。

20080312nyc010

例によって高速走行中に撮影。

20080312nyc011

 

とりあえず、昼ごはん食べるところを探しつつ、本社へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/14

NYC出張 最終日の朝食

今日は、JFKを朝8:45分発のAAでサンフランシスコへ移動です。

アナリストは今日の午後にエグゼクティブとの1 on 1があるのですが、あるじはそれには同席できないので一足早く移動することに。

で、そうなると、6:00くらいにはホテルをでないとなので、朝5:30に開くはずの近くのスタバに朝ごはんを買いに。

しかしビビります、この暗さ。こんな時間にNYCの街中をうろついて、襲われても自分でなんとかするしかありませんな。だーれも歩いてないんだもん、ヘンなヤツ以外。

20080312nyc002

Madison Ave.沿い、44th St.と43rd St.の間にあるスタバ。驚きなことに、既に一人客がいて、なにやら一生懸命勉強してました。えらいなー、このひと。この時間は確かにとても静かなので、はかどるかもしれませんな。

20080312nyc001

まあ、予想通りでしたが、朝こっぱやくにはサンドイッチなどはなく、甘そうなドーナツを1つとカプチーノを購入。

 

20080312nyc003

いよいよ、NYCともお別れです。

今回も行きたいと思ってた場所のほとんどに行くことはできませんでしたが、来年も今の会社に勤めてたら、なんだかんだで理由をこさえて再び来れるよう画策でもしてみるかと思うあるじでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYC出張 3日目のお仕事ディナー

この日の夜は、当社のエグゼクティブとアナリストの夕食会です。しゃちょーとあるじも同席するように言われ、この日の晩メシはホテルのディナー。

でも、あるじはこの日、とってもショックなことがあって、もはや夕食が何であろうが全然興味がなくなるぐらいのショックな出来事に見舞われました。。。

もう、本社のPR Teamには、こういうイベントの時には顔を会わせたくないです。。。

まあでも一応、めいんでぃっしゅとでざーとだけは撮影。それ以外は、ソラマメっぽいスープと、いまだかつて食ったことのない不思議な料理がサラダとして出てきましたが、なんとも説明のしようのない料理でした。Warm Pecan Crushed Goal Cheeseてやつです。食えば食うほど口の中の水分を全部吸収してしまうような食い物。おそるべし、アメリカ。

20080311nycdinner001

これはけっこう美味しかったですよ。でも2日連続でステーキになった・・・。めたぼ一直線。

20080311nycdinner002

チョコレートの箱に入ったフルーツ。この箱を崩してこの酸味の強いフルーツと一緒に食うのであるが、この箱、相当に強化されており、フォークでちょっと突っついたくらいじゃ凹みもしなかったです。

思いっきり突き刺したら、危うく目の前に座ってたサポート部門のEVPにぶちまけるところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYC出張 3日目のランチ

アナリストは当社の経営陣やエグゼクティブとのBOFランチのため、あるじのよーな下っ端は自分でランチを食べに行かねばなりません。

しゃちょーはBOFランチに参加しない他のVPたちとランチに行こうとしたようですが、出遅れて一人になってしまいました。

この状況だと、しゃちょーとランチには行かねばなりませんが、しかしあるじ、これがラストチャンスとばかりに、どこに行くのかは既に決めてあります。

しゃちょーに言ってみたところ、「うーん、中華かぁ。」と気が進まない様子でしたが、ある理由によりあるじはなんとしても行きたかったので、「まあ、いいじゃないすか。行きましょっ!!」と、そんなことにはお構いなしに連れ出しました。

本日目指すところは、鹿鳴春(Joe's Shanghai)という中華レストラン。で、なんでここに行くことに決めてたかというと。。。

昨日、あるじはチャイナタウンの方にも行ったわけですが、最初ランチはチャイナタウンで食べようかと思ってたワケです。んで、ぷらぷら歩いてた時に、確かこのお店を見かけたのですが、昼時に結構混んでて並んでたので、時間もないことだしと思ってスルーしたのです。

で、チャイナタウンに行った話をNYC在住歴6年のマーケティングアシスタント(長いから以下、Kさんにします)にしたら、

「チャイナタウン行くなら美味しいお店、知ってたのに。しょーろんぽーの美味しいお店。」

だって。。。いや、だってあなた、ロウアーマンハッタンの方に行った方が楽しいよってすすめたじゃん、あるじに。その中のおすすめにチャイナタウンも入れてたでしょ。って、言ったら、

「うん、言ってた。でも、しょーろんぽー、たべたかったですか?めちゃくちゃ美味しいけど。」

・・・・。そんで、食えるチャンスが目の前にあったのに素通りしてしまったことを後悔してたら、「後悔先にたたず」とかゆーんです。

この話をKさんから聞かされるまでは、後悔してなかったっつーの。後から聞かされ、凹んだ傷心のあるじは、どうにかしていくチャンスはないかと考えたところ、このランチの時間に往復できるんじゃないかと考えたわけです。

しかし、チャイナタウンまでは距離がありすぎて戻って来れない。で、思いついたのが、昨日の話しの中で、KさんはチャイナタウンではなくUptownの支店で食べてたと行ってたのを思い出し、そこなら歩いて15分以内でいけると思ったのであります。

そんなわけで、行ってきました。Uptown店。ミッドタウンウェスト、W 56 St.沿い、5thと6th Ave.の間にあります。

Midtown

あるじは、とりあえず定食を注文。牛肉細切炒めみたいなの。それに付いてきた酸辣湯。

20080311nyc001

色の割には薄味。あんまり辛くない。酸味もそれほど強くなく、酸っぱ辛い系がダメな人にはいい感じだと思うけど、あるじ的には物足りず。

はい、きました小籠包。しかし、注文する時に2種類の小籠包があり、Kさんが大好きでよく食べてたとゆーのはどっちなのか、すげー迷いました。しゃちょーいなければ両方頼むんですが。。。悩んだ挙句、蟹粉小籠包を選択。

20080311nyc002

そんなに大ぶりでもないですが、小さすぎもせず。おいしそ。

20080311nyc003

これねー、ウマかったっす。すげージューシー。蟹も効いてる。なんつっても、カネがなきゃんにもできねーみたいなNYCで、初めてaffordableでまともに美味しい食い物にあたりました。これ、ホントにんまいっす。

20080311nyc004

しゃちょーが食した麺類。この葉っぱみたいなのは、高菜漬けの辛くないようなやつを炒めた感じだそうで、辛くない分締りがない感じの味のようです。ものすげー量があって、「中華は量が多くて手べ切れないから、ちょっとね。。。」とつぶやくしゃちょー。しかし、しゃちょー、これを完食してました。。。

20080311nyc005

あるじが頼んだ牛肉細切炒め。牛肉、細くないす。味はまずまず。美味しいっ!って感じにはならないですが、まあまあOKです、この値段でこれならって感じの味。

小籠包以外は割りとふつーの感じでしたが、小籠包がとっても美味しかったので来た甲斐があったってもんです。

ただ、これがKさんの言ってたやつなのかどうかが問題。。。もうひとつのは豚挽肉のみで蟹が入ってないやつだったんですよね。

はたしてあるじ、カケに勝ったんでしょーか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYC出張 3日目のお仕事

あるじ、本日は朝からアナリストのみなさんと朝食などとりつつ、さっそくのお仕事モードです。

朝食はセッション会場の入り口前のホワイエでバイキング形式だったのですが、ホワイエ自体が狭すぎて、おいてあるテーブルと椅子の数がまったく足りません。そのせいで、ゲストであるアナリストたちは、立ったまま食べてたり、ホワイエから出て通路にあるソファに座ったりして食べてます。さすがに地べたに座って食べてるのはこのレベルになるといませんでしたが。

しかしこう、日本と考え方が違うと言えばそれまでですが、もしあるじが日本でイベントを仕切ってて、お客さん招待してるのに席が足りず客が荷物を足元に置いて皿持って立って食ってるなんつーことをさせたら、営業やら社長やらからクレームの嵐です。

でも、立ってる方も特に文句を言うでも困ってるという風でもなく、うちの社員と立って食いながらにこやかに談笑しています。こっちがわも気にしてなけりゃ、相手も気にしてないっつーことなんでしょうねぇ。

ところで、既にこのエントリにたどり着くまでに、オフラインではまたしても「食って寝て、出張という名の観光」などと失礼なコメントを頂戴しているあるじですが、今回の仕事に、あるじがかつてないほどの真剣さで臨んでいる証拠を。

あるじ、外資系企業に勤め始めてかれこれ13年、ヒラ社員の割にはけっこう海外出張の機会にも恵まれ、この間に30回以上出張しました。

しかし、今回あるじは、初めて海外出張にスーツを持参し、この日はスーツ着用でアナリストをお出迎え。

今回のあるじ、ちょっと気合が違います。

さて、マジメにセッションにも参加し、一生懸命話を聞いていたあるじ。

20080311nyc006

アナリストも真剣に聞いています。ちなみに、昼食後はあるじ、ものすげー眠かったのですが、こっちのアナリストすげーなと思ったのが、2階席から下に座ってるアナリストを一人残らず観察してみましたが、誰も居眠りしてません。

20080311nyc007

こないだ新しく社長に就任したT.G.

20080311nyc008

主要な経営陣勢ぞろい。一番右はFounderの一人で、元カウボーイです。

20080311nyc009

一通り終わって、アナリストから感想を聞いてみましたが、総論的には非常にポジティブに受け止めてもらえたようです。一方で、日本で今後のビジネスを成長させていくにあたっては、いくつか懸案というか課題とそれに対する提言も頂戴しました。

その中にはマーケティングが主に舵取りすべきものも含まれていましたので、あるじとしても真剣に検討し、必要ならば策を講じて実行したいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/13

NYC出張 2日目の晩ご飯

本日の晩ご飯は、日本からお招きしたGartner Japanのアナリストと、ITRのアナリストをお連れして、しゃちょーアレンジのディナーであります。

いちおう、あるじも「ワタクシがアレンジいたしましょうか?」と申し上げたのですが、しゃちょーが直々にお店を探すと言うのでオマカセすることに。

こういうとまるであるじが気を使ってないように見えるでしょうが、しゃちょーは自分で行きたい店があるのです。なので、ここでムリに「いやいや、ワタクシが。」などと野暮なことは言わず、「しゃちょー自ら、恐縮です。よろしくお願いします!」って言ってあげるのもまた気の使いようであります。

んで、本日のお店はホテルのすぐ近くにあった、THE CAPITAL GRILLEというお店。

200803102nyc014

暗くて全然わからん。。。で、近くなのですんなり着くはずが、反対方向に歩いてしまい夜のTimes Squareに到着・・・・

200803102nyc007

当然、引き返すハメに。まあ、運動不足解消と思えばよいでしょ。

「いいな、オイスターバーとかいけて。」と、知り合いに言われたあるじですが、出張中にそんなところに行ってるよゆーはありません。Grand Centralの地下には確かにOyster Barはありますが、残念ながら行けません。

200803102nyc008

ワインリストにずらっと並んでたワインの中からのしゃちょーセレクション。5000本くらいあるらしい。でも確かに、ワインリストの中にSassicaia(サシカイア)があるのを見つけて、「おお、すげー。」と思いました。ここ何年かの間に行ったことのあるレストランでは初めて置いてある店にあたりました。

久しぶりに飲んでみてーと思い、しゃちょーに、

「しゃちょー、珍しい赤ワインが置いてあります。イタリア最高の赤のひとつですよ。」

といって薦めてみたが、いくらするか聞かれて「$270です。」って答えたら却下された。やっぱし、そうよね。

しゃちょー、最初アラカルトで選んだのがこれ。

200803102nyc009

うーん、なかなかの美味。かなりさっぱり系の牡蠣です。人によっては、生牡蠣のこの潮くささがどうしても気になってイヤだという人は少なくないですが、これはいけました。あるじもどっちかっつーと生牡蠣食べたあとの後味があまり好きじゃないんですが、これは気になりません。

続いて、まあ、よくあるサーモン。

200803102nyc010

必ず食べるクラムチャウダー。これもなかなかクリーミィで、塩気も強すぎずおいしいす。でも、あるじはもう一度ボストンでクラムチャウダーを食いたいす。

200803102nyc011

そして最後に搭乗した14ポンドのステーキ。21ポンドを食えと店員に薦められたが、いらんと言って14ポンドを選択して正解。食えないっつーの。

200803102nyc012

焼き加減はミディアムレアを選択。

200803102nyc013

いちおう、ナマといえども余熱であたたかくなってるし、プレートも熱々になってたので最後まで美味しく頂戴しました。といいつつ、2切れ残しました。食い切れませんでした。。。

まあ、なんだかんだでアナリストのお二人もお食事を堪能していただけたようですし、しゃちょーとの会話で、いまのうちの日本法人がどうなってんのかもある程度ご理解いただけたんではなかろうかと思います。

このあと、あるじ的には、今日しゃちょーが話をした中で、必ずしも良い印象を抱いてはいないであろうトピックについて帰国してからフォローすることと、今回のアナリスト向けイベントに関わるレポートをどうやって書いてもらうかをプランするのがお仕事であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYC出張 2日目の夕方

夕方になってしまってすっかり肌寒くなったトライベッカから、次はどうしようかと考えていたら、今回のイベントに参加いただいたアナリストから携帯に連絡がありました。

どうやら無事にホテルに着いたようなので、あるじはお仕事を中断してホテルに戻ることにしました。

200803102nyc001

ちょうどFranklin St.を歩いてたので、そのままVarick St.に出てFranklin駅から地下鉄にのることに。

でも、最初に乗るほうを間違えて、South Ferry方面のホームに入ってしまい、どうもホームから反対側のホームに行ける道が見当たらなかったので、いったん表に出て反対側の道路の入り口から入ることにしました。下の写真はその正しい方の入り口。

200803102nyc003

そしたら入れないでやんの。で、思い出したんだけど、たしか1 Day Unlimitedのカードだと、使ってから18分だか経過してからじゃないと次に使えないっていう話だった。

18分もじっと待ってられないので、あるじはやむを得ずホテル方向に向かって18分歩くことに。Varick St.を北上。

Hudson Square近くにあったPolice Station。女性の警察官も歩いてましたが、服の上からでも相当に鍛えられているとゆーのがわかりました。おっかねーす。

200803102nyc004

Hudson Squareの横にあったTribeca Cinemas。

200803102nyc005

なんか、最近Festivalでもやってたんだろうか。

200803102nyc006

んで、Tribeca Cinemasを通り過ぎたら18分経過してたので、Varick St.のCanal St.駅から①に乗ってTimes Squareまでいき、そこでGrand Centralとの間を往復してるシャトルに乗って無事帰り着きました。

うーん、ちょっとゴハン食べに出ただけなのに、なぜか戻ったら17:00であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/12

NYC出張 2日目のさらなる昼食後

World Trade Center跡地の地下から歩いてPark Place駅へ。

20080310nyc025

あるじ、ここから③のUptown方向へ行こうと思ったのですが次のChambers St.で降りて少し思案。①に乗り換えてSouth Ferryまで行き、フェリーでStaten島に行ってみるか、それとも戻るべきか。

Staten島にも行ってみたかったんですが、結局時間がないしこの日は風が強く、フェリーなんか乗ったら風邪引くかもしんないなーと思ってやめました。

再び③に乗って北上開始しましたが、ふと思い立って隣駅のFranklin St.で下車。トライベッカを少し散策することに。

このあたりの建物はなかなか特徴的で面白いす。

20080310nyc026

最近、自分で自分を撮りつつ不自然に見えない写真を撮影することにぷちハマってるあるじ。なかなか難しいす。

20080310nyc028

インテリアショップとかもぼちぼちあるし、有名なTribeca Grillなんかもありますし、ぷらぷら見て歩いてもそこそこ楽しめます。

20080310nyc029

20080310nyc031

若い赤ちゃん連れの女性がぼちぼち訪れてくるBabyやInfant向けのショップ。

20080310nyc032

見た目、特に変わったところのないおもちゃ屋だったんですが、店の入り口が高いところにあるので、ちゃんとベビーカーでも入れるようなスロープがついてます。

20080310nyc033

それなりに楽しめたんですが、でも最近景気が悪いのか、この3月でCloseするという店が多くあり、空いたままの貸し店舗も目立ちます。ちょっと寂れ気味?

石畳の道なんかもあって、NYCっぽい感じがしないけど、それはあるじがNYCを知らないからだけなのか。

20080310nyc034

NYCは石畳の道路は割と多いんですかね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NYC出張 2日目の昼食後

店の前の通りを2~3ブロック東に歩いたところにある交差点で地下鉄の駅を発見。
Boweryとゆー駅ですな。ここでJに乗ります。

20080310nyc019

前回来た時には気がつかなかったのですが、NYCの地下鉄、ドアの位置が左右非対称なんですよね。ほら。

20080310nyc020

ドアが開いたときに正面から撮ったんですが、反対側のドアが正面にないでしょ。なんで非対称なつくりにしてんのか、あとで調べてみよっと。

でまあ、帰ろうと思ったのですが、1年前に初めて実際に見たあの場所にもう一度行ってみようかと思い、降りる駅を変えました。

Fulton St.で降りて、Fulton St.を西に歩いていくと、去年と同じように工事中のグラウンド・ゼロがありました。
同じように工事中なのですが、1年前には工事してなかったところが今はフェンスがずいぶん前にせり出してきて(写真右手側)、当時の写真のパネルなんかが展示してあったスペースがなくなってました。

20080310nyc021

あるじNYC3日目午前中その2」の2番目の写真みたいなのはもうどこにもおいてありません。

フェンスに供えられていた花束2つ。

20080310nyc022

Amazing Granceをフルートで演奏してたおじーさん。この人、去年もいたな。毎日いるみたいです。

20080310nyc023

去年はただ掘り返してただけの場所も、だいぶ基礎工事ができてきているようです。

20080310nyc024

こうして、姿を変えていくグラウンド・ゼロは、やがて再開発計画に従ってビルも建てられ再利用されいくのでしょうが、あの悲しむべき事実がかつてあったことを忘れないようにしないと、とあるじは思うのであります。次にNYCに来る機会があってら、時間がなくてもここには訪れようと思うあるじです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYC出張 2日目の昼ごはん

さて、ようやく本日のランチ会場に到達したあるじ。

Lombardi'sとゆーピザ屋。

20080310nyc011

けっこう有名らしい。あるじ以外にも店内で写真撮ってあるいてんのが3~4人おりました。
店内もレンガ造りでなかなかの味わい。

20080310nyc013

かつてこの店で腕をふるったピザ職人の写真でしょうか。

20080310nyc018

趣のある店だが、トイレにはこんなもんが貼ってあります。。。

20080310nyc012

従業員はシゴトに戻る前に手を洗いなさいと。うーん・・・。これ、けっこういろんな店で、おんなじようなの貼ってあったけど、NYCではトイレに行っても手を洗わないのは常識なのか・・・。まだまだNYCのことを理解できてないあるじでありました。

今回あるじが注文したのは、マルゲリータとホワイトピザのハーフ&ハーフ。この店はマルゲリータがうまいと聞いたのでまずはそれを選択。

続いて、お店のウェイトレスに他にお勧めはないか聞いたら、マルゲリータと材料はほぼ同じだけど、それにさらに別のチーズを加えてトマトソースを使わないホワイトピザっつーのがあるとのこと。「わたしのお気に入り」だと言うので、じゃあそれを半分ということにしてもらいました。ハーフ&ハーフはメニューに載ってなかったような気がするけど、きいたらOKだといってました。

で、出てきたのがこれ。

20080310nyc015

いちおう、20"はやめて小さい方の14"にしたんですが、やはりでかい・・・。
こんなのに乗っかって出てきます。

20080310nyc016

みよ、この一切れのでかさ。

20080310nyc017

でもね、これ、うまかったですよ。マルゲリータすごい美味しかった。けっこうオリーブオイル使ってるんだけど、そんなに油っぽい感じはしないし、生地は薄めだけどクリスピーな感じではなくむしろモチモチした感じすらします。

チーズたっぷりですが、塩気はあんまりないですね。マルゲリータはトマトソースの味がする分だけそのままでちょうどいいのですが、ホワイトピザの方は2切れ目で味が物足りなく感じてきます。

でも、コショウをちょっとかけたりドライペッパーをかけたりして味に少し変化をつけるだけでまたいけます。

だがしかし。

そういう問題とは別次元の理由により完食達成できず・・・。
生地のはじっこのところがなにげに量があって、そこ食べてるとすぐお腹いっぱいに。く、くるしかった・・・。

リフレッシュ用に注文したラズベリー味のイタリアンソーダ。これもウェイトレスのお気に入り。

20080310nyc014

けどなー、あるじのトシで、この生クリームたっぷり乗っかったラズベリーのイタリアンソーダっつーのもね。。

隣のテーブルが旅行者っぽい若い女の子4人だったので、イタリアンソーダ飲みづらかった。

おなかがいっぱいのあるじ、そろそろホテルに戻らねばと店をあとにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/11

NYC出張 2日目、ランチへの道のり

朝ごはんのエントリのすぐ後がお昼ごはんでは、まるで食っちゃ寝しにNYCまで来てると思われてしまいますが、午前中は早起きしてお仕事をしていたわけであります。

夕方にはあるじが普段いろいろと情報交換させていただいている、Gartner JapanとITRの業界アナリストが到着する予定なので、それまでにできるだけお仕事を片付けておかねばならないわけです。

したがって、4時おきで11時過ぎまでシゴトしてました。

で、7時頃に食べた朝ごはんはすっかり消化・吸収され、次の空腹サイクルに突入していたため、あるじは12時近くにランチを取るために外出することにしました。

幼い頃に、旧社会主義体制下の某国でとても怖い思いをした経験を持つあるじは、こういう世界有数の凶悪犯罪発生都市にくるとものすごく慎重になり、お出かけなんてトンデモナイし、もはや精神状態は

 「殺られる前に殺れ。」

モードなわけですが、かつてNYCに6年在住経験のある(しかもハーレム地区・・・)あるじのチームのマーケティングアシスタントが、

「あるじはハーレムには行かないほうがいいよ。時間がないなら、ロウアーマンハッタンとか下の方に行けばけっこう楽しいよ。」

って教えてくれたので、下の方に行くことにしました。

ホテルを出て、2ブロックほど南に下りるとGrand Centralがあります。

20080310nyc002

暗いな・・・。去年はここにあるMichael Jordanのステーキ屋でランチしたっけ。そんで、ここから⑥に乗って南下。

20080310nyc003

「何ぴとたりともおれの後ろに立つんじゃねぇ。」とばかりに壁を背にして立つあるじに、近くにいた人もそんなあるじのオーラを感じてか、あるじに不可解な目で様子見って感じですが。

Canal St.駅に到着して地下鉄出口を出てすぐの通り。いきなりチャイナタウン真っ只中って感じです。

20080310nyc004

でもってあるじ、今日はピザを食べようと思ったので、ここから20分くらいらリトルイタリーがあった場所まで歩きながら街並みを見て行こうと思ってたんですが、Canal St.と交差しているLatayette St.を北に向かって歩くはずが、間違って南下してしまい、すげー歩いてしまいました。

でもおかげで、ちょっと複雑に入り組んだチャイナタウンも見て回れたし。こんな感じで。

20080310nyc005

Bayard St.沿いの街並み。

20080310nyc006

ピザ屋に向かって一直線のMott St.沿い。ぐちゃぐちゃ。

Mott St.を北上してるうちにふたたびCanal St.に到達。それを一本超えたぐらいから、左となりに平行しているMulberry St.に行ってみると、そこはイタリア料理の店が多い通りでした。かつてのリトルイタリーはこのへんらしい。しかし、一本となりに来ただけでこんな寂れた感じになるとは。

20080310nyc007

この通り沿いにあったアンジェロって店も美味しいらしいので、ここに入ろうかとも思いましたが月曜は定休日でやってませんでした。

20080310nyc008

再びMott St.に戻って北上するあるじ。もう、いい加減ハラペコですが、最初に間違えて南下した分がたたって、結構疲れてきました。

めげ気味のあるじでしたが、時々見かけるこの文字が気になって撮った写真がこれ。

20080310nyc009

美容とかエステっぽい店の看板には、なぜか21世紀という文字が使われているのをみかけますが、こりゃーいったいなんででしょう?

さて、店まであと1ブロックというところで、いきなり通りの様子が変わってこんな感じに。

20080310nyc010

トラック、アートというよりは単に落書きされまくっただけのような塗装が施されてます。「なんか、カネよこせって言われちゃいそーな通りだなぁ。」と思うあるじ、臨戦態勢で通りを突っ切ることに。

めでたくお店にたどり着けるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYC出張 2日目の朝ご飯

2日目、寝不足気味なのに朝4時に起きてしもうたあるじ。

7時には完全にすきっ腹。

本日の朝食はこれ。

20080310nyc001

昨日、寿司田マディソン店で作ってもらった巻物弁当。

しゃちょー、いつの間にか頼んでて、あるじの分もくれました。しゃちょー、言うこともやることもむちゃくちゃだけど、けっこういい人かも。

冷蔵庫もない部屋ですが、窓際に置いておけばすげー冷たいし、巻いてる具が漬物なので一晩で腐ることもないでしょーと思って、朝まで取っておきました。

しゃちょー、どうあってもホテルのメシは食いたくないらしい。

あるじ的にはらっきーな朝食でした。

ごっつぁんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

NYC出張 初日の晩ご飯

今回も前回同様、マンハッタンのグランドセントラル駅近くのホテルに宿泊。今回のホテルは、The Roosevelt Hotelという伝統ある(というか古くさい)ホテルです。

ブロック一区画全部使っているみたいですが、ブロック自体が小さいこの地区だと大して大きく見えませんし、つくりが古いせいか部屋もちっちゃい・・・。

ロビーはけっこうきれいなんですけどね。

20080309nyc007

でも、部屋はちっちゃいしせまい・・・

20080309nyc008

トイレと風呂もせまい。ガイジン、こんな大きさでだいじょうぶなのか?

20080309nyc009

ま、そんな心配はさておき、本日の晩ご飯は寿司となりました(日本出るとき食っちゃったよ・・・)。

今回の出張にはしゃちょーも一緒で、しゃちょーはNYCには10回くらい来ててマンハッタンは良く知ってるとゆーのでおまかせ。ホテルから北に4ブロックくらい行った、同じミッドタウンイーストにある寿司田マジソン店に。

20080309nyc010

いやー、けっこう有名な江戸前のすし屋に来てしまいました。もはやこの店で食うとなった時点であるじは自分で払う気なし。こんなとこで好きなように食ったらいくらするんだか・・・

それと、さすがにあるじ、店内で写真撮れる感じじゃないし、しゃちょーと一緒なのでいつものような写真は断念。

ここの店長(板長ですかね)の中野さんと言う方に、カウンターに座っていろいろお話を聞かせてもらい、けっこうためになりました。1日たっちゃったし酒も入ってたのであんまり覚えてないんですが、だいたいこんな感じ。

  • 日本酒
    いま、空前の日本酒ブーム(は言い過ぎじゃないかと思うけど)で、けっこう買えるところが増えてきた。とはいえ、普通のビールなんかだけを扱うようなリカーショップでは扱えず、ワインなんかを扱えるライセンスが必要なので日本酒がそのへんで買えるようにはまだまだならないらしい。
    他の州や都市ではまだ手に入りにくいので、飛行機じゃなく車で10時間とかかけてやってきて、内陸では手に入りにくい魚と一緒に酒を大量購入していく日本酒好きもいるとのこと。
    南部美人」をいただきましたが、ここの蔵は海外進出に積極的で、いろいろ海外で売れるための工夫をしてるそうです。実際、五代目蔵元になってからそういう活動が活発らしい。
  • 野菜
    日本のような野菜はこっちで手に入るのか聞いたところ、大根とか白菜もある程度はあるらしい。いずれも韓国人が韓国料理用に栽培したものが市場に出回るらしい。ただ、白菜は日本のものより水分の少ないものだとのこと。日本の白菜は水分が多く、キムチに適さないためらしい。大根も青首大根とはいかないけど、近いものが手に入るとのこと。冥加とかも作ってるところがあるらしいが、竹の子は日本から輸入しているとのこと。
  • ウニ
    カリフォルニア産の紫ウニだそうな。こっち側では日本とおんなじようなバフンウニが手に入るらしい。
  • ホテル
    昔からある古いホテルは、上層階に行くほど安いつくりで、スイートとかは2階とかにあったそうな。昔はエレベータみたいなのがちゃんとなかったので、上層階に行くのは大変だったかららしい。このホテルもその類のようです。
  • 白サーモン
    ニューヨーク在住の日本人でもタイミングが合わないと口にできないとかいうサーモン。2万匹だかに1匹くらいの割合で、身の色がサーモンピンクではなく白い身のキングサーモンがとれるらしい。
    で、あるじは普段の行いがよいので、めぐり合わせがよくこの日は白サーモンがありました。一貫2000円くらいするんでしょーか。しゃちょーが食うというのであるじも食うと言いました。
    白サーモン、ふつうのと違って、サーモン独特の生臭い感じがしません。味は確かにサーモンなんですが、淡白な感じで後味が普通のよりもあっさりしています。こりゃうめーす。
  • 白マグロ
    白マグロなんてもんはなくて、カジキマグロのトロの部分だったり、ひどいのになると何とかっつー深海魚を白マグロと称して出したりしてるらしい。

などなど。

最初におまかせでおつくりなぞいただき、そのあとは白サーモンの握りをふくめ10貫ほどいただいて、最後は赤だし味噌汁。

お値段、気になります。だって、純米だけど南部美人720mlのやつで60ドルするんですよ、このお店!

なんかねー、ちらっと見えた数字が$3XXって書いてあったんだよなー。いま105円くらいとしても、一人で○万円に届いてるくらいだと思うんですよね。。。

で、あるじは払いませんでした、とうぜんながら。

ごっつあんですっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NYC出張 現地到着

無事離陸後、めずらしく窓側の席に陣取るあるじは空の景色を堪能。

20080309nyc004

アッパーデッキにいるという感覚は地上でこそ感じるけど、上に行ってしまえばまるで関係なし。ただ、アッパーデッキの窓側は、すぐ近くに荷物をいろいろ入れられるので便利。

今日は眠かったので、CAが飲み物をサーブしてくれる時から、ビールだのを頼んでは飲んで、ゴハンも食って即寝しました。途中、何度かおきて、そのたびに映画は観るものの、あんまりちゃんと観ないうちに夜明け。

20080309nyc005

今回、唯一通しで観た映画は「ミッドナイトイーグル」。米軍のステルス爆撃機墜落をめぐり、様々な人の人生がそれに巻き込まれていくなか、墜落した爆撃機に搭載されていた核を起爆しようとする某国の謀略を阻止しようとする元戦場カメラマンとその仲間達との戦いで、国を守るのではなく一人息子の未来を守ろうとする戦場カメラマンの悲壮な決意によって実行された最後の防衛手段によって、戦場カメラマンは・・・というお話。

映画の中で首相が、「こういう事態になるまで我々にも知らされていなかった事実があった。」みたいなことを言ってる場面がありますが、実際、ステルス爆撃機に核を搭載してても米軍はなーんにも言わんだろうし、核を積んだまま日本の領空を飛び回っていることであろうなどと思い、日本てなめられてるんだろうなぁと思ったりしました。

一方、いまや2児の父となったあるじ、同じような立場になったとき、こんなふうに決断することはできるだろうかと思う反面、国を守るために死ねと言われてもできないし、やりたいとも思わないけど、この子たちを救うにはそれしかないんだとなれば、やれる気がするとも思いました。

なーんて、この映画自体はけっこう泣かせる系の話だけど、あまり興味がなかった割には鑑賞後にいろいろ考えてしまいましたが、そうこうしてるうちに到着してタクシーに乗ってるあるじ。

20080309nyc006

今回は、前回と違って比較的まともなタクシーと運ちゃんだったので、やや安心モードです。今回の運ちゃんは、あるじのことを「サー」と声かけてくれて、荷物も持ってくれたしいろいろ教えてくれたから。

前回は、ラリってる感じで目が遠くを見つめっぱなしの運ちゃんが、「にーちゃん、ナニがしてーんだって?」って聞いてきて、こいつヤベーと思った記憶があります。「ナニかをしてーのではなく、ホテルにいきてー。」と言ったら、「ホテルか。。。ホテルでもナニかしらできんだ。うへへ。」みたいな感じで、だんまりかと思えば時々独り言みたいなの言ってた運ちゃんだった。。。飛ばすし。

今回はよかった・・・

今回もJFKからマンハッタンまでどの道を通ってるのかよくわからんかったので、明日は地図を買おうと思ってるあるじでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/09

NYC出張 出発間際

今回、かなりばたばたでした。

荷造りに朝の7:00までかかって、最後にパスポートとチケット確認したらNEXのチケットが入ってなかったっす。

あわてて7:45に家を出たけど、駅でNEXのチケット買うヒマなく、少し遅くなるけど日暮里経由で京成の特急で成田へ。

乗り換えとか面倒(JR船橋駅から京成船橋駅までスーツケースガラガラ引いて歩くのめんどっちぃです)でしたが、どうにか出発1時間45分前に到着。

あわただしくチェックインして、残り1時間半だけど、やっぱり寿司は食うあるじ。

20080309nyc001

あと、やっぱりバタバタしてて、去年この空港で買った「地球の歩き方 ニューヨーク」を家に忘れてきたので、やっぱり購入するハメになるあるじ。

それでもエクセルシオールでコーヒーまで買って、なんだかんだで搭乗開始予定時刻の11:30には搭乗ゲートにいるあるじ。えらい。

20080309nyc002

JALのゲート付近、いつのまにか無線LANのサービスが提供されており、快適なインターネットアクセス環境でこれを書くことができました。前回出張時(去年の12月)にはなかったんだけど。

ちなみに、今日乗る飛行機はこれ。

20080309nyc003

機首が見えませんが、あるじは本日、2階席窓側のシートであります。ちょっとウレシイかも。今日は晴れてるし、空に上ったらきれいな濃いブルーのはず。

搭乗開始が遅れて、ものすげー並んでます。今日は満席です・・・。空港はガラガラなのに。

まあ、でも遅れてるからこんなブログ書いてられるんですけどね。さて、そろそろ店じまいして、搭乗に備えるとしますかね。

けど、、、JALって最近、いろいろ細かいヘマをやらかしてるのでちょっと心配ではあります。搭乗開始が遅れてるのも整備に手間取ってるのかも。

まあ、とにかく、行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NYC出張

あるじ、本日よりNYC出張であります。

今日のところは雨ですが雪にはなっていないようで、気温も7℃くらいあるらしい。そんなに厚着していかなくても大丈夫そうです。

正直、今年もNYCでのイベントに参加できるとは考えてなかったですし、今回に限って言えば行きたくないというのが本音です。

前回(去年の同じ時期)に行った時はけっこう楽しかったんですけどね。こんな感じで。

あるじ、NYCへ
あるじのNYC初日その1
あるじのNYC初日その2
あるじのNYC初日その3
あるじのNYC初日その4
あるじのNYC初日その5
あるじNYC2日目のお仕事
あるじNYC2日目のお食事

あるじNYC3日目の朝食

あるじNYC3日目午前中その1
あるじNYC3日目午前中その2

今年はムリだな。

置いてきた仕事は山積で、それはこっちでもやらにゃーいけないし、滞在中に日本との電話会議も2本入ってるし。

なにより、今回はしゃちょさんと一緒の参加なので、なんだかんだで行動を共にさせられそうです。

でもってあるじ、今日出発ですが午前3:54現在で荷造り完成度が0%のため、非常にクリティカルな状況であります。

ま、ちんたらブログ書いてられる状況でもないので、そろそろマジメに荷造りします。

NEX乗ってる間と空港での搭乗開始までの時間には、あるじの部下の一人、マーケティングアシスタントから出されてる宿題をこなしてから乗らないと、月曜日の電話会議で怒られちゃいますし。。。

つーわけで、またのちほど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »