« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/16

SFO-SVL出張-帰国日

あるじ、徹夜で撤収作業でした。大量購入のお土産をきっちりたたんでトランクに詰めるのに時間がかかり、気が付いたら朝の4時。そして、冷蔵庫には小玉スイカが半分と少々のシードレスグレープ、アンカースチームのビールが。

20080515svl001

で、眠かったけどもったいないので飲んじゃいました。。。

そのあと、グレープもいただきまして、最後に小玉すいか(とってもでかかった・・・)を半分、ぜ~んぶ食って、それをもって朝飯に。

20080516svl001

5月はお花がきれいです。

20080516svl002

世話になったこの車、足回りはふにゃふにゃでしたが、結構使えるいい車でした。アメ車も捨てたもんじゃないんですね。

今回は久しぶりにベーグル屋に行くことなく帰国となります。ちょっと寂しい。ベーグル、食いたかったけど、空港に向かう途中の近場には見つからなかったんですよね。

20080515svl003

天気はまずまず。雲がうすーくかかってますが、基本的には良い天気で暑いです。

20080515svl004

現状だと、しばらくはこのベイエリアに来ることはなくなりそうな感じですが、きっとまたいつかチャンスはあろうかと思いますので、あるじもその時を心待ちにしつつUS出張記を終わります。

次に出張記を書けるのはいつになるか、あるじも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/15

SFO-SVL出張-10日目

あるじ、最後のお勤めの日はホントにハードでした。朝飯食えず昼休みもなくぶっ通しでミーティングを行い、とても5月病のピークとは思えない働きぶり。4時間連続で4つミーティングをこなして、クローズされる寸前のカフェで、あまって安売りしてるサンドイッチとスープを買ってようやく昼食。

20080514svl001

でもまあ、空腹だったこともあり、けっこう美味しくいただきました。空腹は最高級の調味料であります。

その後、再度3時間連続で3つのミーティングをこなし、あるじはヘロヘロに。最後の晩ご飯、何を食べようか考えた末に、ふたたびMountain ViewのMaruichiへ。

20080514svl002

なんか、全部乗せみたいなやつに、さらに豚角煮をトッピングで追加し、ライスを頼んでラーメンライスに。

もう、夜食べるものとしては、驚異的なまでの炭水化物と脂の量であります。でも、あるじはおかまいなしにいただきます。

正直、真ん中に乗っかってた明太子はなくてもいいなって感じだったので、ほとんど全部をすくいあげてライスに乗せていただきました。ふつーに美味しいす。

あと、真ん中の煮タマゴは半熟で味もちゃんとついてて美味しい。チャーシューと豚角煮はゴハンのおかずにばっちりです。

あるじ、US出張10日目の晩ご飯は、シャーワセでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-9日目の息抜き終わり

試合終了後、球場内をぷらぷら。

20080513svl023

このエリア、席が4つしかないです。不思議なつくりだ。

20080513svl024

特に、外野席のつくりはすごくもったいないとゆーか、作ろうと思えばもっと席がつくれるはずなのに、やけにヨユーの作りです。

20080513svl025

センターのスコアボード裏のゲート。そこから海沿いを歩いてWillie Maysゲートまで歩きます。

20080513svl026

できたころはPacific Bell Parkと呼ばれてました。記念プレートが道路にはめ込まれてます。

20080513svl027

なんと、球場に駐輪場があります。球場の外に止めるのではなく、球場内に駐輪場完備。

20080513svl028

泳いだり飛び込んだり水の中歩いたりするのがいるらしいです。

20080513svl029

サンフランシスコ・ジャイアンツのグッズショップ。でかいっす。でもけっこう高いね、やっぱり。

20080513svl030

帽子とかロゴが入ってるやつは良かったんですが、下のこじょーに買ってったパーカーは、あとからよくみたらロゴもないし「SAN FRANCISCO」の文字もなく「GIANTS」としか入ってなかった・・・。ふ、不覚だ。。。あるじ、日本では巨人はキライなのに、まるで巨人ファンのよーに見えてしまう。

20080513svl031

夜のWillie Mays Gate。きれいです。

この出張中、最初で最後の娯楽を楽しみ、明日への仕事の力にするあるじなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-9日目の息抜きの続き

続きであります。球場内の通路。広いし、色んな店があります。ふつうにホットドッグとか売ってるところもあれば、スシを売ってるところも。でもスシはSafewayのやつなので、味は期待できず。ワインバーなんかもあります。

20080513svl018

今日の晩ご飯は、このへんでホットドッグとか買ってビール飲んでおしまい。

20080513svl019

球場内の店がある通路をバックネット裏から外野(これはライト側)に向かって歩いていくと、屋根のない通路になって、ライト側裏の海が見えます。

20080513svl017

ホットドッグとイモとチキンのセット。このイモはガーリックがたっぷり効いたやつで、オイシイす。ガーリックのイモはこの球場の定番人気メニューらしい。

20080513svl020

ホットドッグ。今日はマスタードもトマトケチャップもなし。シンプルな味付けでいただきます。

20080513svl021

今日のゲームはなかなか堪能できる良い試合でした。松井選手も見られたし、地元のジャイアンツも勝ったし、試合は結構投手が頑張ったおかげでそれなりに締まった試合だったし。おまけに、ジャイアンツの先発投手が自らホームランかましたところもしっかり見たし。

20080513svl022

試合が終わって帰るところ。楽しかったあるじ。名残惜しいのう。てなあるじを写真に撮ってくださったIga-sanです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-9日目の息抜き

あるじ、この出張中で唯一の息抜きに行ってきました。

AT&T Parkにてサンフランシスコ・ジャイアンツ対ヒューストン・アストロズの試合を観戦しにきました。チケット入手はIga-sanにお願いし、ネットで35ドルくらいだったでしょうか。

20080513svl009

Parkに面した通りの一本裏手の通りにある臨時の駐車場に車を置いて歩きます。今回は駐車料金は15ドルでしたが、人気のカードの場合には40ドルとかになるらしい。ボッタクリですな。その裏手の通りを2nd St.ゲート側から「The Catch」で有名なWillie Maysゲートへ。

20080513svl010

ゲート入ってから観客席までエスカレータで上がります。

うーん、でかいっ。ひろいっ。しかも、バックネット裏、センターに向かってやや右側の席で、ピッチャーとバッターの距離感もわかりやすい、いい席だっ。Iga-san、ありがとう!

20080513svl011

センターのスコアボードもハデハデ。

20080513svl012

こっち側にホームラン打つとスプラッシュです。

20080513svl013

Starting Lineupの紹介でアストロズの松井も登場。頑張ってるようです。

20080513svl014

初回、プレートに向かう松井選手。

20080513svl015

うーん、MLB観戦はジツに10年振りくらいですな。

20080513svl016

前回は3com Park(Candle Stick Park)が本拠地だった頃にジャイアンツ対メッツの試合を観戦したのですが、その時も気分はよかったですねー。ただ、あの時は8月とかだったので今より暑いはずですが、夜になると冷え込んでくるのでブランケットが必要なぐらいでした。

でも、今回はトレーナーを1着買っただけで、それほど寒くなく観戦。

あるじ、大喜びです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/14

SFO-SVL出張-9日目のお仕事とランチ

あるじ、13日の火曜日は朝からPalo AltoのSAPにおじゃましてお仕事です。でっかいキャンパスです。いまぶいぶいイワしてるVMwareの本社は道路はさんですぐ斜め前にあります。

20080513svl001

今回訪問したのは、SAP Co-Innovation Lab(略してCOIL)という施設の見学とそのコミュニティについての説明をいただくというのが趣旨でしたが、そのCOILのスポンサーになっている企業のロゴが飾ってありました。

20080513svl002

で、そこでレクチャーを受けてるお客様用に、朝ごはんセットが置いてあります。バイキング形式で好き勝手に取っては飲み食いしながら、この下の写真のようにプレゼンを聞くわけです。

20080513svl003

んで、そのあと知り合いが長期出張で勤務しているGoogleのキャンパスに移動し、ランチをご一緒させていただきました。

20080513svl004

Googleのキャンパス。このすぐ右横にビーチバレーのコートがありまして、ランチタイムを利用してプレーしている男女がいましたが、全員水着に着替えてやってました。仕事の合間に楽しむにしては本格的すぎます。ちなみに、私がランチ食べてまた戻ってくるときもまだやってました。

20080513svl005

本日のランチ。よく知られてる話ですが、Google本社では食べ物、飲み物はぜーんぶタダです。ゲストであっても。だもんで、Googleのカフェにはランチタイムになると、いーっぱいゲストがゴハン食べてます。

20080513svl006

ある団体は、15人くらいでまるでパーティのようにランチを楽しんでましたが、そのうちGoogleの社員は1人だけで、あとはその社員が呼んだ全員ゲストでした。Google、太っ腹です。

20080513svl007

ビジターとして入った証拠の品。

今回、またGoogle本社のエンジニアに知り合いができました。今度来るチャンスがあったら、もう少し時間もらってまたいろいろとこっちのお話を聞かせてもらおうと思って楽しみにしてるあるじでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/13

SFO-SVL出張-8日目の晩ご飯

あるじ、月曜日から全開でお仕事であります。

この日は朝食はかろうじてホテルでとったものの、昼食は抜きで精力的にミーティングをこなすあるじ。なにしろ、5つもミーティングやってしまいましたからね。

そんなあるじ、最後のミーティングが終了すると、こぞーどもとおくさんの服を買いにValley Fairに向かいまして、2時間ばかりお買い物なぞしてました。仕事にお土産の買い物にと、とても忙しかったこの日、Iga-sanのおうちにお招きいただいて晩ご飯をご馳走になっちゃいました。

USでお仕事を続けてもう何年になるでしょうか。すっかり現地の生活に馴染んでるIga-sanのご自宅の庭でチキンを焼いていただきました。

20080512svl001

ちょっと肌寒いくらいの気温ですが、焼いてる間にビールもいただいちゃいまして、こちらの生活のことをいろいろと教えてもらいました。

20080512svl002

いい色に焼けてきてます。これ、塩味だけの味付けにしましたが、シンプルな味付けがまたまいうー。

20080512svl003

Iga-sanちの庭にあるレモンの木から採れたレモン。これがまたたくさんでっかい実がなってます。これ以外に、たしかオレンジの木もあったはず。

20080512svl004

あれだけ庭が広いと、うちのこぞーなら家庭菜園始めてますな。あるじは土日になるたびに土作りさせられて大変に違いありません。

このあと、日本食をご馳走になりました。日本の大根と同じような味の大根おろしも食べられましたし、最後にいただいた炊き込みご飯がまたまいうーでありました。初めてお会いした奥様も気さくな方で、「遠慮なくどうぞ。」とすすめてくれるので、額面どおり受け取るタチのあるじは、遠慮なくおわかりさせてもらいました。

以前よりも日本食も手に入りやすくなり、生活にも慣れてきているとはいえ、やはり文化も慣習も生活インフラもまるで違う異国の地で日々の生活基盤を維持していくのは大変なことだと思いますし、ましてお子さんもいらっしゃるので教育のことや将来のことなども、この国で生きていくことを前提にいろいろと考えなくてはならないので、日本にいるよりも相当に苦労もあろうかと思います。

ですが、Iga-sanもそうですが、奥様がまたどうやらかなりの前向き思考のような気がしてて、「まあ、なるようになるでしょ。」的な雰囲気が感じられます。さすがであります。

てなわけでIga-san、ごちそーさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-7日目の晩ご飯

一日中お買い物して歩いた日の最後は、Los Altosの炭家(SUMIKA)という、カリフォルニアのオーガニック地鶏を使っている鶏料理専門の日本食のお店で晩ご飯。

20080511svl013

このすぐ近く、歩いて2分ほどのところに住むKaz-sanと待ち合わせて3人でお食事。この店は1年半前くらいにオープンした(と店の人が言ってました)らしいのですが、Kaz-sanは、ぜんぜん知らなかったらしいです。

20080511svl014

店員は気づいた限りではみんな日本人でした。対応の仕方が日本の店と同じで、何かこう、日本ぽいです。きびきび動く店員さんの動きをカメラが捉えられず、まるで加速装置付きのホールスタッフ。

20080511svl015

これ、なんだっけなー。漬物みたいなもんだったと思うのですが。美味しくいただきました。

20080511svl016

これはですね、豆腐とチーズを練り合わせたものだったと思うのですが、味はチーズでした。

20080511svl017

彩り鮮やかな焼き鳥。鶏肉には臭みもなくて、塩だけのようなシンプルな味付けで食べてもんまいし、色々味付けをしてもちゃんと鶏の味がするのでどっちでもいけます。

20080511svl018

鶏肉入りのサラダ。味は日本的。量はアメリカ的。

20080511svl019

鶏の唐揚げ。これは、シンプルにおいしかったです。ビールに合うんだ、これが。

これ以外に、最後に親子丼食べたんですが、これがタマゴとろとろで、とっても美味かったです。ランチタイムにも親子丼あるんだったら、きっと注文してますよ、あるじ。タマゴもオーガニック地鶏のものらしいですが、こっちでこんな親子丼食えると思ってませんでしたので、ちょっと感動しました。

最近は海外と言っても、日本で食べられるような食事もそんなに苦労せずできるようになったんですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/12

SFO-SVL出張-7日目のお茶

Santana Rowで寄った家具屋。名前忘れた・・・。あまりにも高さが気になったので撮ったベッド。この高さから落ちたら結構いたいかも。あと、これって大人用にしては長さが短くて(190cmもないかんじ)、ガイジンはこれには寝られないのではなかろーかと心配するあるじ。

20080511svl006

モップみたいな枕。ちょっとアタマに当ててみたけど、モップにくるまれてるみたいで気分的にちょっとイヤ。

20080511svl007

ホームバーテンダーキット。メジャーカップとかも揃ってますが、開けたときにフタの裏側についてる丸いのが、カクテルレシピ。代表的なカクテルの名前が書いてあって、そこに矢印を合わせるように回すと、必要なレシピがすぐにわかるようになってました。

20080511svl008

雑貨やにおいてあったおもちゃ。左が「こどもコントローラー」で右が「親コントローラー」。いずれも自分の意のままにならないこどもや親をコントロールすることができるというコントローラー。

20080511svl009

変わったお茶が飲めるFANTASIAというカフェ。

20080511svl010

みょーちくりんなメニューの数々。

20080511svl011

これ、なんだっけな・・・。緑茶とパッションフルーツだかなんだかと混ぜてタピオカ入れた飲み物。ほぼグリーンティの味も香りもしませんが、まあおいしいです。

20080511svl012

シンガポールで飲んだ、珈琲と紅茶を半々で入れた飲み物も売ってました。

Santana Rowはなかなか楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-7日目のランチ

本日は日曜日であります。

勤勉なあるじは、朝早く起きてホテルのちっちゃなFitness Roomで1時間ほど汗を流した後、1週間の滞在で溜まった洗濯物を片付けました。ホテルの洗濯機と乾燥機を利用し、午前中には作業終了。

でもって、本日はちょっとした買い物をしにSan JoseのSantana Rowに。たまたま仕事でこちらに来ているGoogle Japanにお勤めの知り合いと一緒にやってきました。

こちらのお店は日本の雑貨やステーショナリーが売ってる店です。日本でもあんまりみないようなのも売ってて、見ててもなかなか楽しかったですが、輸入モノであるせいか、こんなのにこんなカネは出せんみたいなのも結構ありましたな。

20080511svl001

店内はこんな感じです。この店1件でけっこう時間はつぶせます。といってもあるじは1店にいる時間は基本的に短いですけど。でも久しぶりにこういう感じで店を見て回ってたので、かなり楽しく過ごせました。

20080511svl002

ランチはSINOというレストランで。

20080511svl003

チャレンジで頼んだ飲み物。これ、なんだっけなー。強烈な味すぎてナニを頼んだか記憶が飛んでるんですが、たしか緑茶になにかを混ぜたやつで、多少は甘いらしいというのはわかったんだけど頼んでみた。

20080511svl020

この甘さは、多少とは言わない。日本では。もはや緑茶の味も香りもしない状態であった。

20080511svl004

これは美味しかったです、とっても。麺類(焼きそばだったと思うけど)を頼みました。

20080511svl005

あと、白いゴハンに麻婆豆腐。これ、すげー辛かった・・・。でも美味しいす。この店はなかなか美味しかったです。

でも、注文してないしいらないって何度も言ってんのにDim Sumもってすぐ寄ってくるスタッフはうざかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/11

SFO-SVL出張-6日目の晩ご飯

土曜日はちょこっと買い物に行って外でランチしたくらいで、あとはホテルの部屋にこもって仕事をしてたあるじ。

晩ご飯は昼間にランチに来たMountain Viewのダウンタウンで旧知の方々とお会いしてのお食事。

本日は、前回来たイタリア料理店の道を挟んで反対側にあるVaso Azzurroというイタメシ屋です。とてもアットホームな感じのお店との事で楽しみにしてました。

20080510svl005

あっという間になくなったパン。まいうー。ワインに合います。

 

20080510svl006

カラマリ。そのまま食しても塩味効いててうまいですし、レモンを絞ってあっさり味に仕立ててもいけます。さらにはソースにつけてもよし。これだとビールがいいすな。

20080510svl007

ミラノ風ブルスケッタ(って書いてある)。フレッシュトマトとレッドオニオンが乗っかってるだけですが、オリーブオイルにバジル、ガーリックが絡めてあり、フレッシュトマトとあいまって大変おいしゅうございます。

20080510svl008

ミネストローネ。あるじ、一人だけスープ注文しちゃいました。これもまいうー。チーズは好みでしょうけど、今回のはチーズなくてもよかったかな。

20080510svl009

あるじはペンネのパスタを注文。チキンが入ってますが、ドライトマトにフレッシュトマトをあわせ、さらにはアンティチョークのつぼみ、オレガノ、バジルなどが入ってて、香りもよいしとトマトで少しあっさり目かと思えばわりとしっかりした味わいです。おいしーす。

20080510svl010

Kaz-sanが注文したフェットチーネ。これもうまそうでしたな。シーフードです。平麺にシーフードにトマトソース絡めて。色合いは赤なのにメニューにはFettuccine Azzurroって書いてあった。シーフードなだけに海をイメージしてのネーミングか?

20080510svl011

最後にカプチーノ。

20080510svl012

今回のお店はとてもよかったです。料理としてもおいしいし、店の雰囲気もイタリアっぽいです。

店の親父が歌好きで、お客と話をしてても何かきっかけがあると歌いだして客に聞かせてます。この日は突如ゴッドファーザー愛のテーマを熱唱。さすがイタリアン。

さらにはWe Are the Championsを熱く歌い上げます。でもそれ、イギリスだろ。

次に出張の機会があったらまた来ようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-6日目の休日

あるじ、ようやくお休みとなった土曜日、最寄のSAFEWAYを探してお買い物に。

20080510svl001

好物のシードレスグレープとかビールとか買いに行ったんですが、結構高いのでSAFEWAYのカードを作ることに。ほぼ10年ぶりに作ります。2回目。住所は今泊まってるホテルの住所とかでOK。ちゃっちゃと作ることができます。すげーてきとー。

20080510svl003

おかげさまで安く買えました。本日買ったものはこちらです。

20080510svl002

スイカは1個4ドルとか書いてあったんですが、SAFEWAYカードがあって2個買うと6ドルになるって書いてありました。でも1個しか買わないのになぜか単価は3ドルに。アメリカのシステムはよくわかりません。

本日のお昼はMountain Viewのダウンタウン、Castro St.にある「まるいち」に再び訪れていただくことに。


20080510svl004

この日は前から気になってた赤ラーメンを注文。写真を見るとあんまり赤く見えないですが、実際はもうちょっと赤っぽい。ま、赤トウガラシだらけだから赤いんだけど。

とりあえず辛いです。うまみのある辛さというよりはただ辛い。あるじ的には、こういう辛さだとあんまり美味しく感じないので、次からは多分もう頼まないと思います。じゃあ不味いのかってゆーと、そんなことはありません。

でもやっぱ黒ラーメンがよいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/10

SFO-SVL出張-5日目の晩ご飯

この日の夜、会社のWorldWide Marketing Summitのあと、みんなしてどっかに行ってゴハン食べながらBocce Ball(バッチボール)をやるという催し物があったんですが、あるじは諸般の事情により参加することができませんでした。

あるじの新しい上司はしっかり参加していたとゆーに、部下たるこのワタクシがなんたる不覚。いやー、悲しい。

そして、そんな傷心のあるじは一人寂しく、やむを得ずに最近お気に入りの日本食居酒屋さんのTANTOに。

予約なしだと入れないことも少なくないのですが、あるじはナゼかこういうのには運があるらしい。今回もぷらっと行って、20分ほど待ったけど入れた。

ガイジン達との宴に参加できず、上司とも離れて、断腸の思いで一人居酒屋に来たあるじは、まず野菜不足解消のため温野菜サラダを注文。

野菜自体はホテルの食事が出るたびにサラダがありましたが、飼葉みたいなサラダに大してうまくもないドレッシングで食べることに飽きていたあるじ、ちょっと趣向を変えてみました。

20080509svl001

カロリー的にはかなり心配なサラダですが、味はグゥーッ!ビールに合います。切った野菜が大きいので、味付けは濃いのですが中の方は野菜の味がしてなかなかいいす。

これ、なんだっけな・・・。黒豚のなんちゃら。これもうまいっす。これもビールに合う。

20080509svl002

レンコンはさみ揚げ頼んだら、こんないっぱい来た。味は日本的だが量はメリケン的。うまいが練り物を揚げたやつはこんなに食えん。

20080509svl003

この時点で既に注文しすぎは間違いなしなのだが、敢えてゴハンものを注文するあるじ。焼きオニなのだが、正直いくらはいらなかったです。しょっぱすぎ。

20080509svl004

でも最後にいただいたほうじ茶で後味すっきり。ほうじ茶、三杯飲んでしまいました。やはりあるじは日本人であります。

20080509svl005

不本意ながら一人でお食事となったあるじ、次こそはガイジンのみなさんとお食事に行こうと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-Sunnyvaleでの寝床

出張4日目からは本社があるSunnyvaleに移動です。

今日から宿はResidence Inn Silicon Valley IIという、AMDのキャンパスが目の前にあるところのホテル。ちょくちょく使うところです。

20080516svl001

時期がよいせいか、花がきれいですな。

今回借りた車はフォードでした。ミッドサイズで頼んだのだけど、なぜか少々でかいラグジュアリーな車でした。

20080516svl002

これが今回のお部屋。まあ、いつもと変わらず。

20080508svl001

シュワッチ!!

20080508svl002

この出張中、2回目のお肌の手入れ中のあるじ。
これでまた明日からのお仕事を頑張ることができるのであります。

今日のエントリはグダグダだな・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-4日目の朝ごはんとお仕事

あるじ、SFOでのお仕事最終日であります。

午前中からしっかりセッションにも参加し、すっかり疲労困憊でようやく昼食ですが、これまたいつものようにホテルのゴハン。なんか、ランチの写真だけ並べてみると、どれも似たり寄ったりでいつ食べたものなのか見ても思い出せません。。。

20080508sfo001

不味くはないんですけどね、決して。それは間違いないんだけど。格別オイシイワケでもない。それも間違いない。

もはや疲れはピークでしたが、あるじは頑張って最後のClosing Sessionまで出席して終了後にユニオンスクエア近くのハーツまでタクシーで移動しレンタカーをピックアップしてSunnyvaleまで移動です。

20080508sfo002

ダウンタウンを抜けてる最中。OFarrell St.をMarket St.方面に向かい、Stockton St.を右折する手前のブロックあるMACY'S。

20080508sfo003

Stockton St.からMarket St.に入るところ。OLD NAVYで買い物して行きたかったんですが。。

20080508sfo004

んで、4th St.に入って高速入り口に向かってるところ。右のやや奥にある建物は、来年2月に本社主催で開催予定のイベント会場であるMoscone Westですな。

20080508sfo005

ランプから80号へ合流。

20080508sfo006

でもって101に分岐。Never Lostがちゃんと案内してくれます。ときどきバカだけど。

20080508sfo007

反対車線は帰宅の車で大渋滞ですな。

20080508sfo008

あるじ、空港からサンフランシスコ市内までの101の景色で好きなのはここらへん。左手の写真に写ってないずーっと遠くの方には、Monster Park(あるじがMLB観戦した頃は3Com Parkと呼ばれていた、かつてのThe Stick)があります。

あるじ、がんばって運転しましたが、一人だとCar Poolも使えないのでどうしても渋滞にハマり、当初予定の時間より15分ほど遅れて本社に到着となりました。

ちなみに、あるじの新しい○○は、どうもClosing Sessionを抜けたらしく、あるじは渋滞に巻き込まれて遅れてしまったのですが、とっくにホテルにチェックインして、そのあとホテルからヨユーで本社に到着。さっそくバックれるとはおそるべし。大物であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/09

SFO-SVL出張-3日目のお仕事と晩ご飯

この日のGeneral Sessionでゲストスピーカーとして登壇したJamie Clarke氏。冒険家兼作家兼話家兼映画監督ってところでしょうか。

20080507sfo020

氏の話は、現在のわが社における様々な課題を講演のテーマとしており、彼が冒険家として18年間追い続け、その間2度の失敗を経験した末に達成したエベレスト登頂までのストーリーを通して語る自身の経験を、その課題の解決に生かせるような提言にまとめたものでした。

あるじ的には、社の経営陣には大変申し訳ないですが正直に言いますと、このSummitのために名だたる経営陣がスケジュール調整して登壇し色々話してくれましたが、総じてゼニカネの話ばっかでいい加減ウンザリしてるところでこの話を聞いたので、氏の話がもっとも面白く聞くことができました。

ま、残すは明日のセッションのみとなりましたが、この日の夕方はまたパーティ。でも大した飯も出なかったので、SE Managerの方の一人と抜け出して、ホテルのコンシェルジェに聞いておすすめされたシーフードレストランに行くことに。

20080507sfo021

そこは、今朝、走ったときに写真を撮ったレストランでした。Waterfront Restaurantといいます。

20080507sfo015

店の中の雰囲気もわりといい感じ。

20080507sfo022

やはりたのんだクラムチャウダー。かなりのボリューム。やや塩気は強いが美味しくいただきました。

20080507sfo023

注文した時点ではどんな食いもんかわからなかった料理。食べたかったものの姿とはだいぶ違うが、これはこれでシーフードの味もしっかり出ててボリューム満点。いちおう、食べたかったものも含まれてました。

20080507sfo024

ま、でも純粋にカニだけを食いたいのであれば、やっぱりクラスタシアンとか行った方がいいですな。

あと、ホテルから近かったのでここにしましたが、おカネをもう少しだしてでもオイシイモノ食べたいなら、ここでないところでもっと美味しいところあるので、そっちに行った方がいいかもしんないです。

あるじ、この日の晩ご飯を食しての一番の心配は、塩分過多とカロリーでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-3日目の朝ごはん

3日目の朝食。とりあえずフルーツだけあればなんとかOKなあるじ。手前のぐちゃぐちゃっぽいのは豆腐を使った不明な料理。でもそれなりにOKであった。問題は、もっともノーマルに食べられそうと思ったクロワッサンが、実はチョコレートクリームたっぷりで、あるじ的にはアウトな食べ物でありました。

20080507sfo017

そもそも、このクロワッサンにしても他のパンにしても、甘ったるい菓子パンだけしかおいてないのに、ジャムだのマーマレードだのが置いてある理由がよくわかりません。

あるじの部屋からみた景色。自腹で一泊40ドルくらい追加すると海側の景色の部屋にしてくれると言われましたが、自腹はイヤなのでお断りしました。

20080507sfo018

2日間にわたって潮風の中をランニングしたので、お肌の手入れ中のあるじ。GATSBYのエクストラパーフェクトフマスクを使用。

20080507sfo019

このあと、体調最悪にも関わらずちゃんとセッションに出向いたあるじです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-Sunnyvaleのホテル

San FranciscoからSunnyvaleに移動し、今回泊まるホテルはResidence Inn Silicon Valley IIです。まあ、よく泊まるホテルです。道を挟んで向かいの建物はAMDのキャンパスです。

20080516svl001

時期が良いので花がきれいですな。

今回の車はフォードでした。日本車がよかったんですが、なぜかMid Sizeではなくもちっとでかい感じのヤツがおいてありました。ラグジュアリーカーっぽいです。

20080516svl002

ま、いつもの部屋。

20080508svl001

シュワッチ!

20080508svl002

この出張中、2度目の肌のお手入れ中のあるじ。

もうすぐ週末ですが、まだ翌日にはWorldWide Marketing Summitが待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/08

SFO-SVL出張-3日目のランニング復路

これ、なんのゲートだったっけな・・・。Pier 43のFerry Archなんですが。

20080507sfo011

Pier 39のハードロックカフェ。Tシャツ買って帰りたかったですが、6:00AMすぎでは開いてませんでした。

20080507sfo012

Alcatrazのフェリーがあったところまで戻ってきました。Pier 33付近です。

20080507sfo013

Pier 27の建物、なんとなくかっこよく感じたので写真に。

20080507sfo014

ちょっといい感じの建物に入ってるレストラン。

20080507sfo015

戻ってきて、Ferry Terminalから再びベイブリッジを撮影。だいぶ日が高くなって、少しだけ暖かくなってきましたが、まだまだ気温は低くて死に寸の状態です。

20080507sfo016

ちなみに、こちらが本日のランニングコースであります。Fisherman's Wharfまで行って帰ってきたってわけですな。

大きな地図で見る

だがしかし・・・本格的に風邪引きました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-3日目のランニング往路

あるじ、前日の強風潮風と寒さに懲りず、3日目も走ってみました。やはり継続性がでいじーであろうということで、体はかなり調子わるかったですが、ここで止めては体が慣れないだろうと思って。

でもあるじ、昨日の経験上、ただ走ってるだけだと3分でめげそうになるので、今回はところどころで写真を撮りながら楽しんで走ることにしました。

でもって、ホテル出て目の前、朝6:00前のフェリーターミナル。

20080507sfo001

あるじが泊まっているホテル。

20080507sfo002

ベイブリッジを背に、この日はAT&T Parkとは反対方向に。

20080507sfo003

みよ、このカンペキにハタめいているフラッグを。ずーっとこんな感じ。つまり、ずーっと風が吹いてるのです・・・。

20080507sfo004

Alcatraz島行きのフェリーが出るところらしい。

20080507sfo005

だいぶ走ってきました。この日こそは適当に走ってさっさと戻ってくるはずだったんですが・・・。

20080507sfo006

もうすぐFisherman's Wharfですな・・・。

20080507sfo008

Alcatraz島(たぶん)も見えてきました。

20080507sfo009

はい、Fisherman's Whalf到着。もうPier 45まで行っちゃいました。。。


20080507sfo010

この日もさぶかったんだけど、つい行ってしもうた。またしても帰りが大変なのです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

SFO-SVL出張-2日目の晩ご飯

出張2日目にして、ようやくホテル以外でゴハンです。

しゃちょーの企画でATRIUMというホテル近くのCalifornia St.沿いのお店でお食事会です。

20080506sfo005

今回のSales Kick-offイベントは、例年と違って管理職のみ参加のイベントに様変わりしたわけですが、日本からの参加人数は28人となり日本法人の全社員数からすると驚きの参加者数であります。

20080506sfo006

ま、なんでそんなにいっぱい管理職がいるのかについては、下っ端管理職のあるじのうかがい知るところではなく、一部のLeadership Councilの方々としゃちょーの方針なので、あるじはダマって従うか、イヤなら辞めるかのいずれかであります。

それはさておき、ゴハンとしてはまずまずのものでありました。このサラダは甘めのソースだったけど、けっこう美味しくいただけました。

20080506sfo007

なんか、スープとかも出た気がするけど、印象にないすね・・・。

あるじはメインにニクを指定。ニクは美味しかったっす。イモもおいしい。ただ、ニク、塩気不足でパンチがなかったので、少し塩とコショウを足しました。

20080506sfo008

レストランでもデザートは出ましたが、イチゴとチョコレートケーキで、まあ、それなりにおいしいって感じでしたが、期待を裏切るほどでもなく予想通りって感じです。

でもあるじは朝買った梨が食べたかったので、朝食の時にガメてきたナイフを使って梨を剥いてみました。

20080506sfo009

やはり日本の梨。食べたけど、ちゃんと美味しかったです。

ただですね、痛みが激しくて、しかもおっちゃんに選ぶの任せたら、1個なんか切ったとたんに中がぐじゅぐじゅになってるのがあったりで、品質は日本のものには遠く及びません。

ま、しょーがないすね。

でもこっちで梨食えたのでウレシカッタですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-2日目のちょっとしたこと

午前中のGeneral Sessionに引き続き、午後はみっちりWorkshopです。

いかにして優秀な人材を採用すべきか。それは経験や好みで選ぶもんではなく、周到な準備と体系化されたメソドロジによって可能となるのです。

20080506sfo003

と、のたまってたおっちゃんはパッションあふれる宗教家のようでした。

あと、休憩中に部屋にいったん戻ったときに、ちょっと感動したことが。

20080506sfo004

きれいに整頓されてるでしょ?

朝時間がなくて、この白いハンドタオルの上においてあった整髪料だの洗顔料だのは、そこらじゅうにとっちらかしたまま部屋を出てったんです。

洗顔料なんて、シャワーの時使ったから、たぶんバスタブの中に転がってたと思うんだけど。

そしたら、この部屋を担当したハウスキーパー、ぜんぶきれいに拭いてくれて、ハンドタオル敷いてその上にきれいに並べておいてってくれたんです。

過去150泊以上アメリカのホテルに泊まったけど、こんなんしてくれたの初めてですよ。

いい人もいるもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SFO-SVL出張-2日目AMのできごと

あるじ、二日目の朝は時差ぼけによりとっても早く起床。

5時に起きてしまったので、朝の支度を整えつつ、今回はちょっと運動を再開しようと思って持ってきたウェアとシューズに着替え、Fitness Roomにいきました。

5時半だっつーのに10台あるマシンが全部使用中で、さらに4人が順番待ちです。この国の人々は、こんなこっ早くから起きて運動して、夕方にはちゃっちゃと帰宅してますが、ちゃんと仕事はできてんだろうかと思ってしまいます。

あるじ、10分ほど待ってみましたが、ぜーんぜん空く気配がないので、すごすごと部屋に戻って、Wii Fitで学んだヨガのポーズと筋トレをやっときました。

それで終わりにすりゃよかったんですが、昨日タクシーで空港からホテルに向かってたとき、市内に入って海沿いのEmbercaderoを通ってたときの景色を思い出し、なかなかよさげだったのでちょっと走ってみよーかと思ってしまいました。。。

んで、半そでのウェアとショートパンで外に出たんですが、そりゃもうさぶいのなんのって、さぶいっす。海と道との間に建物があるところは良かったんですが、ないところはもう潮風がきつくてさらに試練が上乗せって感じです。でも、時差ぼけ解消には運動が一番と言われているので、あるじはそのままガマンして走ってました。

すると、遠くの方にサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地、AT&T Parkが見えてきました。あるじ、さらにおバカなことに、「せっかくだから、あそこまで行ってみよ。」と、ついうっかり思ってしまいました。もうベイブリッジは通り過ぎてたとはいえ、この時点で引き返していればダメージをおさえることもできただろうに・・・やっちまいました。。

ま、どうにか着いたものの、足は痛いしさびーしねみーしで、時差ぼけ解消どころか日常生活に影響が出そうな感じになってきました。おまけに、戻ることあんまり考えてなくて、電車賃も持たずに来てしまいましたから、また走って帰らないといけません。

こっちから走って一番手前の2nd St.のゲートまで来たからもう戻ろうかと思いましたが、これまたせっかくだからと思って、さらに奥の方のWillie Mays Gateまで行って戻ってきました。これも余計だったな・・・・。

ま、こんな風に書くと20kmくらい走ってきたんじゃないかと思うでしょうが、もう全然運動してなかったあるじにはとてもきついのですよ。地図だとこんなもんなんですけどね。

大きな地図で見る

もう帰り道はヘロヘロで、ときどき歩いたりしながらどうにか戻ってきました。。。

セッション初日から早くも危険な状況に陥り、先が思いやられるあるじですが、でも良いこともありました。

行きの時にはなかったんですが、帰ってみるとホテルの目の前、Embarcadero沿いにあるFerry Terminalに果物とかの出店を構えてる人たちがいました。

そのうちの一人が、日本の梨にソックリなのを売ってたので買ってみようと、部屋に戻ったあと朝食に行く前に再びそこに行ってみました。

そしたら、日本の梨だった。試食させてくれたのでわかりました。なかなか水分もあってオイシイ。品種はなんだって聞いたら「Niitaka」って教えてくれました。やはり日本の梨。

20080506sfo001

おっちゃんは毎週火曜日はここで、土曜日はまたちょっと離れたところに店を出してるそうです。こんなん作ってるから日本人かと思って聞いてみましたが中国系でした。

 

ちなみにあるじ、出張に来るとネタ的にはごはんのことくらいしか書けないので、だいたいそういう話になりますが、今回のようにホテルに缶詰のセッションとかに参加となると、ホテルのゴハンが合わないことが多く、ネタにする気がおきないせいか写真を撮るのをすぐ忘れてしまいます。

だもんで、昨日の夜も今朝のごはんも撮り忘れたし、でも「シマッタ。」という気もおこらず張り合いがありません・・・。

一応、ランチだけは撮ってみた。

20080506sfo002

ちなみに、マズイわけではありません。だがしかし・・・。コメントが浮かばない。。

なお、朝のランニングで全身ボロボロになったあるじですが、AMのセッションはきちんと出てました。

基本的にあるじはマジメなのです。知ってる人は知ってることですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/05/06

SFO-SVL出張-出発日

あるじ、5月5日のこどもの日に、こぞーどもとはなんにもしないで出張にでかけます。

代休もくれない出張なので家族にはひんしゅくですが、お仕事なのでどーしよーもありません。

正直、連休つぶれた上に3月の終わりから5月病に侵され、現在それがピークを迎えているあるじは、このエントリも写真だけでテキトーに済まそうと思ったりしてます。

20080505sfo001

でも、いちおう、おくさんにはDuty Freeで先にお土産買ってから出発です。

20080505sfo002

乗って、晩ご飯食べて、サケくらってるうちに夜が来て朝になりました。

20080505sfo003

朝ごはん。JALのエコノミーの朝飯、もうずっとおんなじで飽きた・・・。

今回はサンフランシスコ市内、海沿いのホテルです。空港からはタクシーで一緒の飛行機だった同じ会社のみなさんと移動。BARTでもよかったんですが、みなさんタクシーで移動するとのことだったので便乗。

20080505sfo004

外から見ても変わった形だけど、中から見るとさらに変わった形のHyatt Regency San Franciscoであります。

でもお部屋はまずまず。ベッドでかい。

20080505sfo005

めんどっちくて長い出張の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

バルーンアート-鯉のぼり編

また飲み屋のおねーさんが作ってくれました。

20080503001

毎度の事ながら、うまいんもんですな。

ところで、こいのぼりの横においてあるのは、何の花をイメージしてるんでしょ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

感謝をこめて。

今日はこどもの日。

母の日記を読み返すと、去年のこの日は、おくさんが吉祥寺で買い物をしている間に、こぞー二人を連れて先に実家に行った私は、そのあと母とこぞーどもの4人で散歩に出かけ、電車に乗りたいという下のこじょーの希望で西武新宿線に乗って、東伏見から花小金井まで往復。その後、駅の近くの焼肉屋でこどもの日のお祝いをし、「たのしかった!!」とつづってありました。

今年は寂しいこどもの日になりました。母はなく、私は今日からUS出張で、こぞーどもと遊んであげることもできません。

あれから、もう2週間がすぎました。

時間は誰に対しても、何に対しても平等で、確実に時を刻んでいきます。そして、私という人間も、悲しみはまだ消えませんし気持ちも上がってきませんが、何も食べなければお腹もすくので食事もしますし、のどが渇けば水を飲み、眠くなれば横になって眠ってしまいます。

こんな悲しみの中にあっても、生きていく上での最低限の欲求を満たそうと体が要求してくる当たり前のことが一人ではできなくなり、他人に頼らざるを得ず、しかし意図がうまく伝わらず何をしてもらうにも歯がゆい思いと、長く苦しんできた痛みがさらに増してコントロールできなくなってきた最後の1ヶ月ちょっとの間、母はどんな思いで生きていたのかを思うと、ついこみ上げてきてしまいます。

そして、そういう気持ちになったとき、私はそれを気持ちで押さえ込んで日々の生活を送ってきましたし、今でもそうしています。自分より辛かったのは母であり、母とここ7年くらい二人で暮らし、2年3ヶ月の闘病を支えてきた弟もまた私より深い悲しみを感じているはずです。仕事だって、これはあくまで私の個人的なことであり、一緒に仕事させてもらってる仲間や上司、お客様やパートナー様には関係ないことです。私のおくさんやこぞーどもだって、私がずーっと悲しそうにしてたら一緒に暮らすのがいやになってしまいますしね。

でも、そんな風に悲しみや痛みを押し込めてると、心の病になってしまったり、そこまでとはならなくても立ち直りに時間がかかったりするんじゃないかと思うこともありましたが、きっとそんなことにはならず、もう少ししたら悲しみも少しは和らいで、また以前のような私になってみなさんに会える日が来るだろうと思っています。

この2年半近くの間、本当に多くの人に力を与えてもらいました。母の病気のことは、今の会社に入社した当時の上司ともう一人の同僚にしか話をしませんでしたから、ほとんど全ての知り合いはそのことを知らずにいたことと思います。私としては、そのことで仕事にしろそれ以外の付き合いにしろ、変に気を使わせたり距離が遠くなったり、何かの負担を感じさせたりすることを避けたかったということと、何よりこれまで通りに付き合ってもらうことで、母の闘病生活を見守ることしかできなかった、焦燥感や無力感などがいりまじったやるせなさといった感情を、いっときでも忘れたり軽くしたりすることができたらというのがありました。そうすることで、できることは見守るだけということだけだったとしても、それをやり続ける気力を持ち続けたいと願っていたのだと思います。

かつての上司は、休暇扱いにせず私が母を国立がんセンターに連れて行ったり、主治医との面談で午後出勤や早退することも認めてサポートしてくれました。その上司の退職後、唯一このことを知っていた同僚には、母の件で動きが取れないときに何度代わりに仕事をこなしてもらったかわかりません。最後の数ヶ月はチームのみんなに事情を話し、大きなイベントが控えていましたが、彼らの助けによってイベントも実施でき、母の最期を看取ることもできました。

かつての職場で知り合った人たち。Sunにいたとき、私が担当していたキワモノ製品を果敢に売ってくれた、かつての若手営業やSEと時々飲みに行きましたが、彼らのいまだ変わらぬ前向きさを感じるたびに力をもらいました。かつてエンジニア時代にサポート部門で一緒仕事をした同僚、部門横断の新製品の導入プロジェクトチームで要求の厳しいお客様の対応に日々駆けずり回っていた頃の仲間とかつてのことを振り返るにつけ、困難にもめげずに頑張っていた頃を思い出させてもらい、それもまた気力を振り絞るきっかけにさせてもらいました。

一方で、US Sunのかつての知り合いや、HPに勤めていた頃の人たちからは、安らぎのような時間をもらいました。みんなと飲んだりカラオケ行ったりしてるときはとても楽しくて、つらいことを忘れさせてくれる時間を私に与えてくれました。ある人からは、私を見ていて、とてもそんな状況だったとはわからないくらい明るかったから、想像もできなかったと言われましたが、私がみなさんに会ってるときにそう見えたのだとしたら、みなさんのおかげで明るくいられたのだと思っています。

マンションの理事会で理事長をやっていたときも、本当にいろいろと大変でしたが、私の任期の時の理事は最高のメンバーが揃ってくれ、いちばん若輩の私を陰日向になってサポートしてくれ、多くのことを成し遂げることができて、辛い時期でありながら充実した時間を過ごさせてもらうことができました。また、その期間に実施したマンション内のイベントにも、多くの住民の方々に参加していただいて、みなさんと顔なじみになることができ、参加したみなさんやこどもたちの明るい様子をみることができて、その充実感や達成感が自分自身の支えにもなりました。

母が他界したときにも、多くの方からお悔やみの言葉を頂戴し、またご会葬いただきました。親しかったご近所や小学校、高校、モスクワ時代の友人・知人、なかには、初七日が終わったあとに、わざわざ遠方からご夫婦で駆けつけてご焼香してくださった知り合いや、近所でよく電化製品の設置をお願いしていたお店の社長さんもいらっしゃいました。大学時代、実家によく来てた私の友人や、この件の一連のブログを読んでメッセージを送ってくださった、かつての後輩やいま一緒にお仕事させていただいている社外の方々。一度もお会いしたことはないけど、とても楽しいブログと日記で私を和ませてくれてた方もいます。

母が他界した後にこれまでの経緯お礼とお詫びのご挨拶を書中でさせていただいたところ、かつて同じような経験をされた方々や、状況は違えど現在も難しい立場にあって頑張っておられる方々のように、おそらくはあまり他人には話したくないようなつらい経験をされている方々が、私にそのようなつらい話を教えてくれて、気持ちを分かち合おうとしてくれました。

一方、まだそういう経験のない方々も、自分には到底理解はできないのかも知れないけど、力になりたいという言葉をかけてもらいました。その気持ちと言葉をもらっただけでも、いま現在、とても励まされています。

 

もう30年以上も前になりますが、父の赴任先であるモスクワに向けて、母と弟と私の3人で羽田の搭乗ゲートで、当時小学校1年生だった私が、母に向かってこう言ったのを今でも覚えています。

「お母さん、大変だから荷物もってあげるよ。お母さんが大変な時は、ぼくが助けてあげるから。」

私にとって、当時から母は守るべき存在でした。でも、母を失くしてみて、実はいつも母親の愛情に守られていたことに気づかされました。それなのに私は、母の期待に応えるようなことはほとんどしてきませんでした。

小学校時代にやったピアノも途中で止め、英語も嫌いで勉強せず、母はかつて早稲田大学を目指していて、働いていたこともあるくらい思い入れがあって、私に入学して欲しかったようなのですが、そのための勉強などまるでせず、その思いには応えられませんでした。ハワイに家族で連れてってあげるとか、いろんな約束もしましたが、いつかまた次の機会にね、と先延ばししてばかりで、ほとんど守ることができませんでした。

そして何より、30年以上前に羽田で約束し、母も覚えていたあの時の、「お母さんが大変なときには自分が助けてあげる。」と、言ったその言葉を守ることができませんでした。病気と格闘し、辛い治療に耐えていたこの2年3ヶ月、ただただ見守るしかなかった。本当に、何にもしてあげられなかったです。

そんな情けない思いに何度も気持ちが折れそうになりましたが、そのたびにみなさんがに私に力を与えてくれました。

長くなりましたが、この2年3ヶ月の間に、私に幾度となく元気と安らぎと笑顔と気力を与えてくださったすべての方々、亡き母のために心の涙を流してくださったすべての方々に、お礼を申し上げたいと思います。

みなさん、本当に、本当に、ありがとうございました。

少し気持ちに整理をつけたくて、このところ亡き母の闘病のことを書いてきましたが、もうこれで終わりにして、いままでのような日記をまた始めようと思います。

明るくない話ばっかり続いて、せっかく訪問された方々には暗い気持ちにさせてしまってすみませんでした。

また戯れ言日記を書き始めようと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »