« 人事を尽くして天命を待つ | トップページ | こじょーとタラちゃん »

2008/07/06

デキる女性広報

先週、金曜日のこと。

あるじ、当初予定していた飲みの予定が諸般のジジョーによりなくなってしまい、この日の予定は特になしになってしまったのですが、以前うちの会社と契約していたPRエージェンシーの担当者のKさんが転職することになり、彼女と飲んでくるとおじょーが言うので連れてってもらいました。

今のPRエージェンシーは外資系ですが、以前は日本のPRエージェンシーを使っていました。本社PRチームの意向で、5~6社によるコンペをやった結果、残念ながらそのエージェンシーは落ちてしまい、彼女を含め当時弊社を見てもらっていた4人の担当者とはお別れとなりました。

そのとき、コンペに落ち、しかしこれまで一緒に仕事をしてこれたことに対して、おそらくは悔しさと悲しさの入り混じった思いが込められた涙をこぼしながら感謝の言葉を述べていたのがKさんでした。

本社PRチームを率いるSr. DirectorのE.B.は優男ですが、言うことキツイしものすげーおっかねーんです。あるじは英語ができないこともあって、ちょー苦手なのですが、うちのおじょー曰く、『E.B.は○○さん(あるじのこと)、ぜったい気に入ってますよね~。』といいます。それはそれで危険な香りがしちゃうのですが・・・。

そのE.B.ですら、「彼女はこれまで本当によく頑張ってくれていた。だから、最後に契約終了となった時には、彼女にこれまでの感謝の気持ちを込めて何か記念品を贈ってあげてくれ。」と、費用は本社持ちでいいからと言って日本を後にしたくらい、頑張っていただけでなく、気の毒な状況が多かったのです。多くは書きませんが。この日のコンペも孤軍奮闘って感じで、一番上の上司なんか逆に足引っ張ってましたからね。あるじ、このときはまだマーケティング全体の責任者的立場だったので、この上司の態度でもうこことはやらないって決めましたから。

そんなわけでこの日のあるじ、久しぶりの再会にちょっとうれしくなっていました。Kさんは元気に頑張っているのか、どこかでやっぱり気になってましたし。彼女は以前のように、おっとりしつつも元気で前向き、さらに天然なところも健在でした。

前置きながくなりましたが、そんな再会として選んだ場所(選んだのおじょーですが)は、渋谷にある桜ヶ丘 椿堂です。なかなか良さげな雰囲気。料理もちょっと創作料理っぽい感じで、素材もオキナワ料理の素材なんかよく使ってるみたい。なので、Kさんが、「この店、オキナワですか?」って聞いたら、店員さんが「いえ、渋谷ですっ。」って、茶目っ気です。

んで、これがちょっと気に入った、ミニトマトのキムチ。キムチはなんでも放り込んでおけばいーのか。ミニトマトのキムチ、けっこうウマイ。

200807042004000

これは・・・なんだっけな。ねぎとろとアボガドのたるたる。

200807042004001

このよーに、クラッカーにつけていただきます。さて、この写真の手タレ(ハンドモデルね)はだれでしょー?あたった方には抽選であるじから5000円の高級ボールペンをプレゼントっ!(まだあればね。)

200807042005000

さて、この日はKさんとのお話もなんですが、ジツはKさんの後輩のこれまたkさん(後輩だから小文字のk)が、かつておじょーが勤めていたPRエージェンシーでの仕事や雰囲気のことなど、いろいろと聞きたいということで一緒に来てました。

最近、初対面の人にもよそ行きの自分を最後まで演じきることができなくなっているおじょー、いつその仮面が剥がれるのかとあるじは半分面白がってましたが、なんだか本日は様子が違います。

最初からいつものよーな調子で、上司を上司とも思わんよーな扱いであるじと会話しつつ、相変わらずツメが甘くあるじから逆襲をくらってはいじられているキャラをみせつつ、kさんが真剣こいて質問しだしたあたりから、突然のキャラ変え。

20代半ばのkさんのお話をじっくり聞いてやり、そのあとにはこれまでの経験や知識を元に、以前勤めていたPRエージェンシーの説明をしながらも、現在はインハウスの広報担当としての自分なりの意見を交えて丁寧に彼女の質問に答えています。完全におねーさんキャラで、人生と仕事の先輩として若い社会人のkさんにやさしく接するおじょー(おじょーだってあるじからしたら10歳も若いんだけどさ・・・)。

むぅぅ。。。会社じゃいっぺんも見たことないこの姿、この振る舞い。しかも、話す内容もしっかりしたもんで、いつものようにガイジンなみに日本語に難儀している姿もなし。いったい、ナニが彼女をここまで成長させたのか・・・。上司がいいのかな?(笑)

最終的には、kさんはすっかりおじょーの言うことにインスパイアされた様子で帰って行きました。さらにはKさんが後から言ってたのが、今回転職するにあたっては、当時おじょーがKさんにアドバイスした一言をずっと心に留めて、それを参考に職種を含め決めたそうです。おじょー、すげー影響力!(だがおじょー、当時自分がナニをアドバイスしたか、まるで記憶になし。他人の人生をさゆーしながら本人まるで覚えてないところがおじょーたるゆえんか・・・)

ま、てなわけで、あるじとしては部下(もーすぐ部下じゃないけど)の新たな一面をうかがい知ることができ、なにげに有意義な飲み会になっちゃいました。

|

« 人事を尽くして天命を待つ | トップページ | こじょーとタラちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/41753379

この記事へのトラックバック一覧です: デキる女性広報:

« 人事を尽くして天命を待つ | トップページ | こじょーとタラちゃん »