« リセット | トップページ | 7/1の記録-メゲ気味あるじ »

2008/07/01

雨中のジョグ

先週の日曜日、ダイエット目的ではじめたジョグとかやろうか迷ってました。だって雨だし。でも、ちょっと思うところもあったので走ってみることにしました。

こんなに雨が降ってる中で、傘もささずに何かをするというのは随分と久しぶりです。かつて、テニスの試合によく出てた頃などは、リゾート地の試合に出ると日程の関係からどしゃぶりでも試合やったりしたもんですが(その場合はもはやテニスとは違う競技になってますが)、そうでもなければテニスは雨の中やりませんし、サッカーや野球やってたのなんて中学くらいまでだし、アイスホッケーやってたときは吹雪の中でやったことはありますが、雨中での経験はなし。

雨といっても、昨日はそんなに寒いわけでもなく、むしろ湿気がすごくて走りづらかったです。当たり前のことですが、走るほどにシューズもTシャツもパンツもびちゃびちゃになって重くなるし、カラダにまとわりついてきて動きづらくなるし・・・。さすがにこの日は帽子被って走りました。じゃないと顔中びちゃびちゃになるんで。

それでもあるじ、前回よりも5分長く走ったし、ダッシュも1本多くこなして頑張ったって感じです。

それに、普段と違って、雨の中を走ってると、なぜかいろんな考え事ができますね。この日、アタマの中ではジョギング中のサントラとしてGReeeeNの「キセキ」がリピートされ続けてまして(あるじ、普段もジョグしてるときはiPodとか持っていかず、何も聞かないで走ってます)、とりあえずジョグのテンポは「キセキ」のリズムに合わせて走ってた感じ。

夜道を雨が降り注ぐ中、30分かけてじっくり走ってきました。

そのあいだ、おふくろが亡くなってからこれまでのことを振り返ってみて、自分の今の年齢からおふくろが亡くなるまでの年齢までに、どんなことがしたいのか、できるのか、何をすべきなのか、などと考えにふけったり。

あるいは、あるじがいまやっていることは、本当にいまやるべきことなんだろうか、とか。単に苦しい状況から逃げようとしているだけのような気もするし、一方では状況が変わるのをただ待っているのではなく、自ら行動によって打破するためには当然のこととも思えるし。

はたまた、今、気持ちの中で大きくなりつつあるこの感情は、一時的にいろんなことが絡んでいて大きくなっているだけで、ちょっと間をおいて冷静に考えればすぐに我に返ることができる程度のもので、感情に任せず自重すべきなのか、それとも、体裁など気にすることなく、最初に感じたこの思いのままに行動すべきなのか。

なんか、そんなことずーっと考えて走ってたら、ビミョーにストレスでした。

でも雨中ジョグは考え事をするにはいい状況なんだってこともわかりました。

びちゃびちゃになるけど。

|

« リセット | トップページ | 7/1の記録-メゲ気味あるじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リセット | トップページ | 7/1の記録-メゲ気味あるじ »