« ちっとね。 | トップページ | 7/8その2の記録 »

2008/07/08

Sがつく業界団体でのお仕事

あるじ、月曜日はSがつくとある業界団体での会合に出席してきました。

今回は、E社、N社、B社、H社とあるじの会社の代表者が集まったマーケティング委員会の会合で、新宿にあるE社さんの会議室で実施。

あるじ、業界団体でのお仕事はぼちぼち長くなってきて、最初にやり始めたのは2003年くらい(たぶん・・・)始めたEnterprise Grid Alliance(EGA)という業界団体の日本支部での運営委員としてお仕事始めました。

その後、そのEGAという団体がGlobal Grid Forum(GGF)という団体と合併してOpen Grid Forumと名前を変えたあたりから、いまも運営委員をつとめるグリッド協議会という団体に活動の場を移して、かれこれ5年ちょっとになりますかねぇ。

んで、今年になってから、このSがつく団体でマーケティング委員会のメンバーとしてお仕事させてもらってます。ほんとは去年からメンバーだったんですが、リソース不足で会合にはろくに顔を出してませんでした。

今年は、弊社のちーふ・てくにかる・でぃれくたーがこの団体の副会長に就任しまして、あるじとしては、このちーふ・てくにかる・でぃれくたーと息の合った二人三脚で団体活動に貢献して行こうというわけです。

でも・・・。正直、海外のこうした団体の日本支部ってのは、総じてやれることが限られてて、日本支部がイニシアチブを取って策定する標準仕様だとかリファレンスアーキテクチャみたいなのはなくって、大体海外の成果物を翻訳するだとか、海外からのメッセージをちょろっと変えて日本向けにアレンジして展開するだとかくらいなもんだったりします。

何より、こういう団体の支部に会費を払って参画しても、それがビジネスにつながるのかといわれれば、はっきり言ってそれはないって感じですし。

じゃあ、なんでやってんのかと言われると・・・・なんでやろ?って感じですが、個人的にはそれなりに意味があります。普段は競争意識を持ってイベントやセミナーなどで顔をあわせて仕事してる同業他社の方々と、そういう企業の壁を超えてお互いが存在している業界全体をなんとか盛り上げていこうという意識を共有して活動に取り組んでいくってところが興味深い。

しかも、こういう団体だと、そうは言ってもどこかでそれぞれの企業の思惑ってのが見え隠れして、けっこうドロドロしたところもあったりするんですが、どーもこの団体に参加してる方々(少なくともあるじが一緒に仕事してるマーケティング委員会の方々)は、ベンダー色が薄くて、簡単に言うと「いい人たち」って感じです。

あるじ、自分が恥ずかしくなっちゃいます。見習おうかなぁ。。。

って、このエントリ、ナニ言おうとしてたんだっけか・・・・

|

« ちっとね。 | トップページ | 7/8その2の記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/41775931

この記事へのトラックバック一覧です: Sがつく業界団体でのお仕事:

« ちっとね。 | トップページ | 7/8その2の記録 »