« Oracle、Sun買収 | トップページ | Oracleに買収されたら・・・ »

2009/04/21

OracleのSun買収で思うこと。

個人的にこの買収について、ちょっと想像をふくらましていろいろ思ったことを書いてみよーかと。

ま、事実に基づいてるところも基づいてないところも間違った理解をしてるところもあるので、あるじの空想の世界っていう前提でのことですけど。

でもって、いろいろ注目してるところを、想像をたくましくさせて書いてみました。

  1. 買収完了後、Sunのハードウェアビジネスは継続していくのか?
    HWがあるから補完的な部分もありますし、買収を決定したひとつの理由になっているのだろうと思っていますが。。。いろいろ懸念も考えられることですし (テクノロジパートナーだったサーバベンダーと競合する、これまで会社として未経験のHW事業を運営しなくてはならない(開発投資の継続、製品や保守パー ツなど在庫のリスク、工場設備などの保有、その他・・・)、すでにサーバアーキテクチャでInnovativeなアドバンテージがないなどを感じてます が、どうするのか注目しています。
    ※たしかまだ工場持ってましたよね、Sunさん。。。
  2. オープンソースソフトウェアのビジネスは?
    MySQLを持ってるSun社が傘下となると、これをどう扱っていくのか、というのもありますが、Sun社はここ数年でやたらめったらオープンソースにし てしまってますので、事業ポートフォリオにおけるOSSビジネスを拡大していくのか、それとも競合する製品については既存の自社製品へのマイグレーション を促進してOSS自体でビジネスをしていくのを控える方向にあるのか。Oracleって、オープンソースってイメージないですし。
  3. Javaって、どーするのかしら?
    感覚的な話で根拠はないんですが、IBMのJavaに寄せられてしまうよりはOracleに吸収された方がまだ残れる可能性がありそうな気がしてます。でも、そうはいってもOracleはもともとJDeveloperですし、オープンソースのJava開発環境ならIBMと同じくEclipseに注力してましたので、NetBeansふくめたSunのJavaの行く末はいずれにしても気になります。
  4. Solarisってどーするのかしら?
    オープンソースになってしまったSolaris。Sunさんとex.Sunさん以外、だれもコミュニティで開発してないであろう優れたこのOSの行く末が気になります。過去の資産から商用UNIXであったSPARC/Solaris上でOracleを動かしてるユーザーはまだ多いとは思いますが、きっとその多くはOracleに拘る理由はあっても、いまとなってはSPARC/Solarisに拘る理由はないだろうし、x86 Solarisである必要もおそらくない気がします。運用や監視などのノウハウとしてSolarisってのはあるとは思いますけど。。。
  5. さらなる人員整理?
    HW捨てるならやるだろうし、ソフトウェアだって被ってるの多いからそのうちやるだろうし、間接部門は絶対やるだろうし。。。この1月にUSでやって、日本法人もまさにいまやってるさなか、またさらにって・・・IT業界全体からすると、I就業者の数が減るってのは決していいことじゃない気がするんだけどなぁ。。。
  6. "Sun Microsystems"っていう企業名
    一時代を築いたSunの企業名、なくなるんでしょーか。。。VMwareパターンで残るといいけどなー。でも、サーバビジネス捨てるとか、SolarisやらなくなるならもうSunのブランドはいらない気がするけど。
  7. クラウドコンピューティング戦略
    そもそも、OracleってIBMとかが言ってるようなクラウドをマジメにやる気があったんだろうかといところがあるじにはわかってないのですが。。。でも、もしOracleがクラウドコンピューティングによるサービス提供事業者となるのであれば、これで上から下まで全部自社製品(というかテクノロジー)で提供可能になるわけですね。となると、サービス提供者としてだけでなく、クラウド環境構築に必要な製品の提供もすべてできますし、プライシングモデルも含め、クラウドによるサービス提供事業を考えている企業へのコンサルティングも上から下まで全部網羅したトータルコンサルティングができる下地ができちゃいました。(クラウドなら、雲の向こう側がオープンソースだろうがベンダープロプライエタリだろうが関係ないから、ごちゃごちゃ言われなくてすむし)。
  8. Oracle社の競合・パートナー各社の思惑と今後の出方
    ハードからソフト、サービス、コンサルティングにいたるまで、あらゆるレイヤのベンダーの出方が気になります。ほとんど敵に回しそうな気がしますが、逆にこれを機会にOracleにすり寄っていきそうなベンダーとかもいるかも。CISCOはこないだ発表したUCSが被るくらいで、Switchベンダーはほぼ中立のままかな。関係値も変わりそう。SAPはDBベンダーとしてのOracleはパートナーだけど、ビジネスアプリケーションは競合。でも、HW事業を継続するならDBから下のインフラ全部含めてSAPのテクノロジーアライアンスパートナーと成りえるので、パートナーとしての範囲拡大みたいな。
  9. 企業の文化的融合の難易度
    同じ西海岸ですし、本社もOracleがRedwood CityのRedwood Shoreで、SunはSanta ClaraのNetwork Circleと101沿いで近いので、IBMに買われるよりはいいんではなかろうかと。でも、SunもそうですがOracleはそれ以上に数多くのベンダーを買収しているので、もはやかつてのようなOracleのカルチャーってのはそれほど残ってないのではないかと。一方で、規模の大きな企業合併も経験済みなので、カルチャーという部分では意外とすんなりいく可能性も。給料とかそういうのはさておき。ここでも懸案は、HWビジネスの会社を買ったことがないので、ソフトウェアカンパニーにはない特有の部分をどこまで吸収(配慮しながら・・・しないかもね)できるかは注目。ふつう、このへんがうまくいかないと、優秀なやつからどんどん辞めてっちゃう(特にR&Dの連中)もんですが、景気停滞の状況が逆に助けになって、気に入らないからって辞めてくやつがそれほど多くないかもしれません(いま辞めると再就職大変ですもんね・・・)。

なーんて、好き勝手に想像してみました。けっこういろいろあるなぁ。

きっと間違いもいっぱいあるでしょーから、あるじの独り言だと思って深く突っ込まないでサラッとながしてくださいまし。

|

« Oracle、Sun買収 | トップページ | Oracleに買収されたら・・・ »

コメント

サラッ

投稿: ひろん | 2009/04/21 20:48

東京インターから見えるロゴはどうなるのか

投稿: takka | 2009/04/21 21:48

> ※たしかまだ工場持ってましたよね、Sunさん。。。

ほとんどEMSなんじゃないかな??どうかな??

投稿: やました | 2009/04/21 22:14

はいはい。つっこまないでおきますよ。

投稿: shita | 2009/04/21 22:26

とうとうその日がきましたか...

投稿: すど | 2009/04/22 10:22

@takkaさん

赤くなるかもしれんなー。でも長いからダメって言われるかも。

@やましたさん

そーなんだー。まあ、ニューアークもリンリスゴーもなくしたんだよね、たしか。

@shitaさん

つっこんでもらってもいいすよー。おもしろいかも。

@すどさん

来ました。。現実のものとなると、けっこう残念な感じです。

投稿: あるじ | 2009/04/24 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73545/44743938

この記事へのトラックバック一覧です: OracleのSun買収で思うこと。:

« Oracle、Sun買収 | トップページ | Oracleに買収されたら・・・ »