« 7/17のランチ | トップページ | ばっくでーとエントリその1 »

2009/07/19

異国のお友達と晩ごはん

みーちんぐから戻ってメールチェックしてたら、1時間ほど前に届いてたメールに気がつきました。

Iga-sanからのメール。

今週、確かに日本に来てるハズとは思ってたんですが、連絡がなかったのでおそらくお仕事がいそがしーんだろーなーと考え、声をかけてなかったんです。

そしたら、ふっとメールが来てて、今何してます?って感じの内容で。1時間遅れのリプライだったから、もう会社にはいないだろーなーと思いつつ返信したところ、すでにホテルに戻ってたIga-sanからまた返事が。

そのすぐあとに携帯に電話。よかったら、一緒に晩ごはんどお?ってことでした。

もちろんあるじ、さっそく仕事をやめちまって、待ち合わせの場所へ。

なんでもこの1週間、とーっても忙しかったようで、お食事もゆっくりとるヨユーがなかったんだとか。たぶん、時間的に、というのもあるんでしょうけど、メンタル的なところが大きかったんではないかと。

同じ会社の日本法人といっても、ほとんど初めて会う人ばっかりだろうし、過剰な期待もされてて本音を言えるような状態でもないだろうし、仕事を離れてゆっくり食事を楽しむことが難しかったようです。

そんなとき、お仕事が終わった都心でのお泊り最後の晩に、あるじに声をかけてくれたとは、ジツにうれしい限りであります。

ナニ食べましょーかてな話になったとき、「今日は肉か寿司をガッツリいきたいっ。」ってことでしたので、うろうろした結果、こちらのお店にしました。

20090717iga001

お刺身3点盛り。を、頼んだんですが、閉店まで間もなかったせいか、3点盛りの料金で5点盛りにしてくれましたっ。ごっつぁんですっ!!

20090717iga002

枝豆とトウモロコシのかき揚げ。これねー、なんかしんないけどおいしかったです。ちょうど揚物ラストオーダーだったので、追加しなかったんですが、Iga-san、すげー気に入ってて、先に一口食ってからラストオーダーでどうするか決めればよかったですよー。

20090717iga003

本日の鮮魚のカマ焼き。ブリカマでした。マグロカマを食べたかったんですが、ちょーど品切れ。でもブリカマもウマかったよ~ん。

20090717iga005

最後は寿司と青さ汁で締め。寿司はこれ以外に単品でウニの軍艦とカレイの縁側を注文。ウニはたぶんムラサキだと思いますが、まずまず新鮮で美味しかったです。バフンがあればせっかくなので注文したかったですけどね。

思えば、Iga-sanとはここ7年くらい、平均するとほぼ毎年1~2回くらい会ってるはずですが、日本で会うのは10年ぶりくらいじゃなかろーか。USに移住してからは初めてだし、良く考えてみれば、日本で一緒に食事するのもこれが初めてでした。

そーいや、Iga-sanが仕事で日本に来るのって、初めてだな。。。

なにげに初めてづくしの今回。

まあ、日本にいてもIga-sanよか全然ご無沙汰の知人もたくさんいるから、こんなに初めてがいっぱいだったなんて気づきませんでしたが、気づいてみればなかなか面白いもんです。

日本滞在中、あと1回いっしょにゴハン食えそうなので、あるじはそれを楽しみに来週はがんばることとします。

|

« 7/17のランチ | トップページ | ばっくでーとエントリその1 »

コメント

初の日本出張という不思議な体験を記録に残してくれてありがとう。あの日の私の状況を的確に表していると思います。その後1週間の日本の湿気との戦いの後、本日無事にベイエリアに帰り着きました。今度はこちらでお待ちしています。

投稿: iga | 2009/07/29 15:41

iga-san お帰りなさい。
.. と、ここは、abeeさんのブログでした。

枝豆とトウモロコシのかき揚げ、なんかおいしそうですね。

投稿: Kaz Muzik | 2009/07/31 01:58

@Iga-san

おつかれさまでした。10月にまたちょこっと会えそうですね。ワタクシは11月あたりに行けないものかカクサクしよーと思ってます。

@Kaz-san

枝豆とトウモロコシのかき揚げ、うまかったんですよー。USに枝豆ってあります?

投稿: あるじ | 2009/08/01 04:28

Nijiya で、袋に入っている冷凍物が $2 ぐらいであり、妻がわりと好きみたいで、行くとほとんど必ず買っているようです。Corn はいっぱいあるので、次に天婦羅をやる時には、是非、挑戦してみたいですね。

投稿: Kaz Muzik | 2009/08/02 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/17のランチ | トップページ | ばっくでーとエントリその1 »