« TAXI使い過ぎで会社に泊まり | トップページ | かくれんぼ »

2009/09/05

バルサのサッカースクール

9月1日、福岡でFCバルセロナのサッカースクールが開校されたとか。

バルサの育成メソッドを使って本場のコーチ陣が教えてくれて、ちっちゃいころから芝生のグラウンドでサッカーできるなら、うちの子も入れてみたいと思ってしまいますな(サッカーやってないけど)。

小中高と基本的に土のグラウンドが多い日本では、どうしても芝生の上でのプレー経験が欧州のこぞーどもには劣るだろうし、小さい頃から芝生の上でプレーできるだけで随分と経験値が違うと思うんですよねー。

ま、一方では、幼いころからバルサに青田買いされとるのかとも思えなくもないけど。でも、バルサのトップチームに極東の島国にあるスクールから昇格できるようなやつが出てきたら、日本のサッカーの未来も明るい。

それに、そのままバルサのスクールにとどまるかどうかはやってる本人次第だろうし、仮にバルサに残れなくても、その後いろんな国やリーグで経験積んでいく中で、バルサにとどまるよりも結果的には成長できたってやつも出てくるだろうし。

とにかく、こういうスクールがもっとできて、底辺の底上げになるといいなぁ。Jリーグの育成に加えて、どんどん増えてほしい。

一部の金持ちのこぞーとか、トップレベルの素質を持ってるやつだけがこういうところに行けるってのがまだまだ実情なんじゃないかと想像してますが(ちがってたらゴメンなさいねー)、ちょっとくらい才能に恵まれてなくても、子供のころからこういう環境で経験積ませると、努力で伸びてくるやつもいますからねぇ。

そんで、日本人プレイヤーが、がんがん海外に出てって、日本人プレイヤーだけじゃJリーグのレベルが維持できないくらい人材不足になってほしい。そしたら、その穴を埋めるために、いろんな国から外国人プレイヤー呼ぶでしょ。

Jリーグもチームの半分くらいガイジンになってくれれば、日本にいながらにして異国の文化や言葉、考え方などに触れられるし、それを通じてその国のサッカーの有り様も学ぶこともできるでしょ。

ワールドカップ優勝するために、バルサと互角に戦えるハイレベルな日本代表が、2チーム楽勝で作れるぐらい人材が豊富になってほしいもんです。

|

« TAXI使い過ぎで会社に泊まり | トップページ | かくれんぼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TAXI使い過ぎで会社に泊まり | トップページ | かくれんぼ »