« 人の死に際して生き様を知る | トップページ | 2013年の目標 »

2012/12/31

今年を振り返って

正直なところ、あんまり振り返りたくないっつーかですね、ここ10年くらいの中では、確実に良いことより悪いことのほうが遥かに多かったことが明らかな年なもので。

ぶっちゃけ、良かったことベスト3を思い出すことよりも、なかったコトにしたいくらいなことベスト10を挙げるほうが100倍簡単てなくらいですわwww。

まあでも振り返ってみましょー。他にネタもないしねっw

今年・・・

■一番つらかったこと
自分の仕事で担当製品の業績向上につながるような活動・結果が残せず、結果的に多くの大事な人達を見送り、失うことになったこと。
オマエは所詮、こんなもんだと天に言われてるようで、時に天に唾したこともあった。ちなみにその結果は至極当然な結果に(苦笑)

■一番あせったこと
3つあった。
1つはたしか・・・香港出張の時だったかな。飛行機出発2時間前かなんかにまだ電車で中野あたりだったこと。
2つ目は、US出張中に101で追突事故起こしたこと。どーすりゃいーんだかとビビったが、ぶつけた相手が割とマトモそうなビジネスマンだったので、多少冷静に対処できた。
3つ目はやはり飛行機。US出張時にベイエリアからデンバー行くのに、前日に起こした追突事故のレポートをレンタカーリターンの時に書かされ、これにえらく時間かかって搭乗ゲートに着いた時は出発10分前で乗せてもらえなかった。。。と、思ったら、乗る飛行機がまだ到着してなかった。

■一番悲しかったこと
なし。悲しみを感じなくなっとるのかもしれん。

■一番怖かったこと
なかったな、怖かったこと。だからダメなのかも。怖さを忘れたヤツはろくな人間にならん。

■最も落胆したこと
あまりおおっぴらにしてないとあることで、1年目はなんとか乗り切って2年目に突入したものの、仕事と極めて個人的な事情によりどうしてもそれをこなすための時間と精神的余裕が作れなくなり、事実上断念したこと。
自分という人間は、とことん中途半端にできてると再認識させられ凹みました。

■最もできなかったこと
運動・スポーツ。闘うこと。自分を追い込むこと。

■一番うれしかったこと
もう一度Sunロゴを冠した製品に関わる仕事に就くことができ、まったく受け入れがたい結果しか残らなかったが、それでも1年間続けられたこと。

■一番たのしかったこと
なんだろう、楽しかったことって。ボチボチ楽しいこともあったけど、「あー、楽しかったなー!!」みたいなのは記憶にない。

■一番おどろいたこと
上のこぞーが中高一貫校の中学受験で受かったこと。
そんなテキトーな勉強で受かるほど世の中甘くないと、受験生に向かって受験前から言い放っていた。神様はちゃんと見ているぞと。
結果的に、神などいないということと自分の予想は当たらないことをわからされるハメに。

■一番自分に誇れること
なし。今年はホントに己に誇れることが何一つなかった。

■最も感動したこと
感動・・・なんだろ?
感動とはちょっと違う気がするけど、ロンドンオリンピックのフェンシング男子団体で、太田選手が残り1秒で追いついて逆転した試合観た時はサブイボ出っぱなしだった。

■経験した最も不思議なデキゴト

■最も成果が上がったこと
減量。かつてないくらい減った。今はけっこう戻ったけど、つい5日くらい前には、学生時代の体重まで1.3kgまで肉薄。今年の始めから比べたら、その時点で8.7kg減ってたことに。

■最も楽しかった場所
ハワイのワイアナエとマクア・ケアアウ。香港。

■最も面白かった本
「空飛ぶ広報室」

「中の人などいない」

■最も面白かった映画
これ結構難しいな・・・これがダントツ!ってのがない。
でも、今年観た映画、ほとんど面白かったな、あるじ的には。

「テルマエ・ロマエ」「宇宙兄弟」「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」「麒麟の翼」「るろうに剣心」「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」あたりはまあ、面白かったです。

「アメイジング・スパイダーマン」「アベンジャーズ」はCGが凄かったです。

「リンカーン 秘密の書」「ネイビー・シールズ」「ロック・オブ・エイジズ」「ジョン・カーター」は、それなり。

ちまたで人気の「007 スカイフォール」は観る気がしないので行ってない。

「最強のふたり」「人生の特等席」「ボーン・レガシー」は見そこねてがっかり。

■一番不味かった食べ物
なんだろ・・・たいがいなんでも食ったからなー。インドですらそこまでマズイ食い物なかったしな。ないかも。

■一番美味かった食い物
港屋の「鶏そば」と、行きつけのお店の「グリーンフルーツサラダ」。

■一番の発見
自分がけっこう引きずるタイプだってことに気づいた。
それと、基本的にはダークサイドで生きるほうが向いてるタイプかもしれないということ。

やっぱり、あんまり良かったことの印象がなくて、全体的には厳しく辛い年だったようであります。

といって、来年は明るく楽しい一年にしたいとも思ってないんですけどねww

でも皆様にとっては、来年はさらに明るく楽しい年になりますように。
良いお年をお迎えください。

|

« 人の死に際して生き様を知る | トップページ | 2013年の目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人の死に際して生き様を知る | トップページ | 2013年の目標 »