ペット

2010/08/13

ヤドカリ行方不明

今週の火曜日にお台場で買ってきた2匹のオカヤドカリ。

昨日、早くも1匹行方不明になったとの報告があり、あるじ、12時過ぎに帰宅してクタクタでしたが、ベランダ回りを懐中電灯片手に探してみましたが発見には至りませんでした。

続きを読む "ヤドカリ行方不明"

| | コメント (0)

2009/09/06

いぬ。

おくさんの兄貴の家にお呼ばれしたので行ってきました。

もともとパピヨンを2匹飼ってたんですが、最近1匹追加になったので、それがデカくなる前に見に行こうという企画でした。

20090906001

でも行ってみたら既にでかかった。

最長老よりもはるかにデカく、その次のやつとほぼ同等かそれ以上。そして、飼い主曰く、一番ブサイク(実際そうであったが)。なのに女の子。

うちのマンション、まだ公には飼っちゃいかんことになってますが、なにげに飼ってる人多いので、うちもなんか飼いたいとこぞーどもに言われてます。

でもなー、うちもう、ペット2匹いるみたいなもんだし、これ以上増えてもって気はします。

| | コメント (0)

2009/07/20

まだまだいるんですわー。ムシ。

うちにはつい最近、ムシの同居人が増えました。

カブトムシの幼虫とカブトムシだけだったんですが、それに加え、なんと地物のクワガタが・・・

すごくないすか?クワガタ。

クワガタなんて、もうこのあたりじゃ獲れないと思ってたもんね。たまにコクワが獲れたって話は聞いたことあったけどね。

続きを読む "まだまだいるんですわー。ムシ。"

| | コメント (2)

2007/10/07

「ごーるでん」さようなら

縁日の金魚すくいでとってきた「ごーるでん」が、10月7日の朝、死んでしまいました。

数日前からヒレの付け根に赤い血がにじみ始めて、他の金魚と隔離して塩浴や薬浴で回復を試みたのですが、残念ながら助けることができませんでした・・・。

「ごーるでん」は、うちで買ってる金魚のうち最古参で、既に死んでしまった「のびおれ」と一緒にうちにやってきました。3年前の9月に2匹でやってきて、彼らを飼うために水槽とか一式用意したんでした。

悪いことに、隔離したにもかかわらず既に発症していたようで、他の3匹の金魚にも症状が見られます。まだ「ごーるでん」に比べて症状が軽いので、なんとか救ってあげたいです。。。

3年も一緒にいると、こんなことになってしまってやっぱり残念です。「ごーるでん」の名は、その金色に近いオレンジの体色から付けたもの。

20071001003
在りし日のゴールデン

本当に残念です。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/04

転覆後・・・

今朝、起きてみると、転覆してた金魚がやや持ち直していました。

かなりテキトーな分量でしたが、金魚の水を作るカルキ抜きの薬で新水をお湯で作り、そこに大体塩分濃度0.5~0.8%になるように食塩を溶かして、金魚をそこに移し、塩浴させつつ断食させてたわけです。

そしたら、朝みてみると、まだ微妙にバランスが悪く泳ぎ方もスムーズではないですが、転覆せず水中にいます。

ちょっとは効果あり。

しかし、この後はどうしたものか・・・

また調べないといけません。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/03

転覆病

あるじの家では金魚を飼っています。

縁日の金魚すくいで、こぞーが取ってきてしまうもんだから、やむを得ず水槽などを購入し惰性で飼ってました。

とはいえ、一番古いやつはかれこれ2年近くになり、それなりの愛情もわいてくるというものですが、最盛期で6匹いた金魚は現在3匹になってしまいました。

そんな金魚たちですが、今日おくさんからなるべく早く帰って来いとのメールがあったので戻ってみると、一匹が水槽の底の方で逆さまになって泳いでいます。決して元気そうではないですが、といって今すぐにも死にそうというわけでもなく、こりゃどーしたもんかと思いググってみたところ、転覆病という病気らしいことがわかりました。

思い当たる節がないわけではないのですが、原因は特定できず。しかも治療法も確実なのはなさそうなのですが、あるサイトである程度効果が見られるという実績のある方法見つけたので、それを試すことに。

1.以下を基本とし、2日間様子を見る。

 ① 必ず絶食。
 ② 水換え(100%新水を使用。)
 ③ 寒い季節なら25℃の水温。(1日の最大上げ幅は2~3℃。)
 ④ 0.8%塩浴。(1日目から0.8%塩浴。)
 ⑤ エルバージュ4g/100L。

2.改善が無ければ、以下を3日間。

 ⑥ 少量の餌。
 ⑦ 水換え(100%新水を使用)
 ⑧ 寒い季節なら25℃の水温。(1日の最大上げ幅は2~3℃。)
 ⑨ 0.5%塩浴。(1日目から0.5%塩浴)

しかし、あるじの家には水温を計る温度計もないし、治療用に分けられる別の水槽と酸素供給用のポンプなどもなく、やむを得ずその辺のちっちゃいバケツに新水を用意し、そこにだいたい0.8%くらいになるように食塩を溶かしました。水温はぶっちゃけカンで。

こんなんだと、期待は薄ですが、今のままほっといてもダメそうなので今日のところはこれで様子見・・・

それにしても、金魚に転覆病なんて病気があるの、生まれて初めて知ってこの目で見ました。

まだまだ人生においては、知らないことだらけです。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)